ランキング試算(3月03日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 2月24日現在
現在ポイント 1715  本年の対戦成績 12勝3敗
現在ランキング 20位(-5) 生涯最高位11位
本年記録 年初 17位 最高位 15位 最低位 20位
現在レースポイント  620  8位(+0)
現在8位の選手とそのポイント   Federer, Roger (SUI) 4305
現在10位の選手とそのポイント  Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2785
現在12位の選手とそのポイント  Haas, Tommy (GER) 2435

今週も世界各地で500大会二つと250大会一つが開かれます。
錦織選手の今週は休養・リハビリで,参戦辞退しました。

錦織選手について
ポイントは 現在点1715-失効点0=基礎点1715 ベスト18点=45です。
Gulbisが失効で下に行きますので,19位スタートです。

越される可能性のある人 3回戦進出 Anderson、Dimitrov
            決勝進出  Gulbis、Simon
            優勝   Kohlschreiber、Pospisil

トップテンについて
・今週はDjokovic、Del Potro、Berdych、Federer、TsongaがDubaiに
 Ferrerr、MurrayがAcapulcoに参戦します。
・Djokovicはどんな成績でも2位です。
・Ferrerは優勝するとWawrinkaの上3位に戻れます。
・Del Potroは優勝して自力5位キープです。
・MurrayはDel Potroが準優勝の時、優勝で5位があります。
・BerdychはMurrayが準優勝の時、優勝で6位があります。
・Federerは優勝しても、8位のままです。
・Tsongaは決勝進出で、9位があります。

錦織選手の参戦予定(の想像)

※大会開始日、開催地、カテゴリー、ドロー数、エントリー状況の順です。
(GS:グランドスラム、MS:マスターズシリーズ、500:ATP500、
 250:ATP250、DA:ダイレクトアクセプタンス)

2014年度 
北米MSシリーズ
2.17 Delray Beach 250 32Draw DA
2.24 Acapulco 500 32Draw DA
3.06 Indian Wells MS 96Draw DA
3.19 Miami MS 96Draw DA
4.04 Davis Cup 準々決勝 対Czech 日本開催(多分有明)

クレーシーズン
4.07 Casablanca、Houston 250 28Draw (2/26判明)
4.13 Monte-Carlo MS 56Draw (3/19判明)
4.21 Barcelona 500 48Draw (3/12判明)
   Bucharest 250 28Draw (3/12判明)
4.28 Oeiras、Munich 250 28Draw (3/19判明)
5.04 Madrid MS 56Draw (3/26判明)
5.11 Rome MS 56Draw (4/02判明)
5.18 Düsseldorf、Nice 250 28Draw (4/09判明)
5.25 Roland Garros GS 128Draw (4/16判明)

21 件のコメント

  • 昨年は、自分が休んでいる間に皆が負けて、転がり込んで来た11位でした。
    そりゃあ、居心地悪いですよね(((^_^;)
    今年はライバル達も好調!
    お互いに競いあってのランク向上なら、変なプレッシャーもなく良いんじゃあないでしょうか♪8(*^^*)8
    怪我を克服するたびに強くなっていく圭。
    待ってるよ~!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつもランキング試算ありがとうございます。

    なんだか、去年まではまだまだ下位だと思っていたグルビス、フォニーニやら、ディミさん、そしてポスピショル君まで随分ランキングが拮抗しちゃっていますね! いつの間にやらという感じです。
    ケガが心配だけれどIW,マイアミ頑張ってほしいですね。
    でも、何よりも本当にケガだけはしてほしくないです。
    たらればですが、やっぱりメンフィス、デルレイの強行出場はもっと考えてほしかったな。。。

      引用  返信

  • 確かにAcapulcoの辞退は誤算だったでしょうね。
    ただ、世界のトップ、或いはGSで優勝を目指すなら今後もこのようなチャレンジは必要と思います。

      引用  返信

  • 私は、マスターズ前に休養できた、はるばるアカプルコまで行かなくてすんだと良い方に解釈しています。
    追突事故の影響は後から出てくることも考えられますから、様子見のためにもフロリダにとどまっていたのは良かったと思います。
    マスターズで快進撃してくれたら良いですね。

    テニス誌に面白い話が載っていました。
    全豪オープンでマレー選手と練習した時錦織選手の最初の一打はアンダーサーブで、慌てふためくマレー選手、周りはドッと沸いたそうです。
    なんとこれはレンドルコーチの入れ知恵だったそうで、チャンコーチの他にもレジェンドの方と交流できているのは嬉しいことです。

      引用  返信

  • みけさん、楽しくなるお話ありがとうございます。アンディと練習する中でレンドルに言われてアンダーサーブで開始するなんて本当に大物になりましたね。まあ、元々天然に大物ですけどw

      引用  返信

  • Pospisilは1回戦敗退でした。 現在のところ最悪24位です。

    3日付け 25日現在 1715 19位 12勝3敗 620

    越される可能性のある人
    今日の勝利 Anderson、Dimitrov
          対Querrey 対Baghdatis  
              決勝進出  Gulbis、Simon
              優勝   Kohlschreiber

    事故時の話が公式ブログにアップされています。

      引用  返信

  • 先週の試算で議論になっていたロッテルダムの0ポイントですが、今週付けでラオニッチが消され、ワウリンカは残ったままです。

    http://www.atpworldtour.com/Rankings/Singles.aspx

    どういうルールなのかますますわかりません。ラオニッチ陣営がミスに気づき指摘、ワウリンカ陣営が気づいていないだけなのでしょうか???

      引用  返信

  • 辞退の申請の時期が問題だと思います。
    しかし、Rotterdamの辞退者の内、間違いなく0ポインターになっておかしくないSimonにペナルティがありません。
    運用の問題です。しっかりして欲しいですね。

      引用  返信

  • はじめまして。いつも楽しく読ませてもらってます。
    みけさんのコメントを読んで、思い出しました。
    アンダーサーブ、実はチャンコーチが現役時代に実際に試合で使ってますよね。
    しかもレンドルコーチ相手に、全仏の準決勝(だったかな?)で!
    その年チャンコーチはエドバーグを破って全仏優勝しましたが、錦織選手のコーチがちゃんであることを意識したレンドルコーチの茶目っ気であれば楽しいですね。

      引用  返信

  • レンドルコーチは現役時代から知己のある人達にはユーモア溢れる方なのだそうです。ある大会で練習後にシャワーを浴びて腰にタオル一枚の格好でいた所に、知己のある記者が偶然居合せて「oh!なんてセクシーなんだ!」と言ったら、スリット状になったところをヒラヒラさせて太腿を見せながら、鼻歌まじりに軽くダンスを踊ったそうです。                                 また、練習相手として、まだ無名だったサンプラスを自宅に招いてアドバイスをして飛躍の切欠をつくったりとか面倒見もよい一面もありますし、マリーはレンドルコーチに色々な面で助けられたでしょうね。

      引用  返信

  • ぐうさん、記事によれば当然チャンコーチを意識してのアンダーサーブ指示だったようです。
    レンドルコーチにはユーモアあふれる一面もあったんですね。
    チャン、レンドル両コーチも当時の思い出話に花を咲かせたんでしょうか。

      引用  返信

  • Anderson、Dimitrovとも勝ちましたので、
    現在最悪24位は変わりません。

    3日付け 25日現在 1715 21位 12勝3敗 620

    越される可能性のある人
              決勝進出  Gulbis、Simon
              優勝   Kohlschreiber

      引用  返信

  • レンドルの現役時代はよくマッケンローと比較され、
     悪童vs堅物 
    というイメージで語られることが多かったと記憶しています。
    試合中も、感情をむき出しにして奔放にプレーするマックに対し
    レンドルは無表情で淡々と凄いショットを繰り出したりしてました。

    そんなレンドルも、実際はユーモアあふれる方だったのですね。
    あの頃のスター達が、現在も指導者として大成しているのは、なんとも感慨深いものがあります。

      引用  返信

  • マレーを見守るときは微動だにしないレンドルですが、チェコがデ杯で優勝したときは後輩たちの頑張りに涙していましたね。

      引用  返信

  • みけさん、記事のご紹介有難うございます。
    私は、著名なスポーツ選手の引退を扱ったWOWOWの番組で見たのですが、虚をつかれたレンドルがミスをして、チャンがポイントをあげていました。
    全仏準決勝という大舞台で、しかも17歳で、アンダーサーブで相手の虚を突く戦法を取るとは、チャンコーチはものすごい知恵と度胸の持ち主だったのでしょう。そうした点も、チャンコーチから学べると素晴らしいでしょうね。

      引用  返信

  • ぐうさん、チャンとレンドルの激戦は4回戦でした。レンドルは89年に全豪で初優勝してNO1に返り咲いて「偉大なチャンピオン(年間グランドスラム達成)になるチャンスが来た!」と気合十分でした。一方でチャンは前哨戦のクレーでのエキシビションマッチでレンドルに勝っていたのもあって某テニス誌では伏兵に挙げられていました。そしてあの激戦・・・アンダーサーブを打ったチャンの度胸も素晴らしかったですが、最後のパッシングショットも実はネットインで勝利の女神がチャンを選んだ瞬間でしたね。

      引用  返信

  • Gulbis、Simon共に負けました。
    現在最悪22位になりました。

    3日付け 28日現在 1715 21位 12勝3敗 620

    越される可能性のある人
        優勝   Kohlschreiber
      今日 準決勝 対Berdych

      引用  返信

  • Kohlschreiberは準決勝敗退でした。
    これで、3日付けが決まりました。

    3日付け 1715 21位 12勝3敗 620

      引用  返信

  • 3月1日のSao Pauloの準決勝はHaas対Lorenzi、Bellucci対Delbonisで、
    Dubaiの決勝はBerdych対Federer、AcapulcoはAnderson対Dimitrovです。

    3日付け 1715 21位 12勝3敗 620

      引用  返信

  • 下団さん、訂正ありがとうございます。

    レンドルとの対戦だったので、準決勝だと思い込んでいました。
    記憶に頼るのはいけないですね。
    ちなみに、エドバーグとの決勝はリアルタイムでTV観戦した記憶があるのですが、レンドル戦は忘れていました(笑)
    レンドルコーチ、ごめんなさい。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください