ランキング試算(4月28日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 4月21日現在
現在ポイント 1985  本年の対戦成績 17勝4敗
現在ランキング 17位(+1) 生涯最高位11位
本年記録 年初 17位 最高位 15位 最低位 21位
現在レースポイント  1025  12位(-2)
現在8位の選手とそのポイント  Murray, Andy (GBR) 4040
現在10位の選手とそのポイント  Isner, John (USA)  2555
現在12位の選手とそのポイント  Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2370

今週はBarcelonaの500大会とBucharestの250大会です。
錦織選手はBarcelonaの500大会の方に参戦します。

ここで、500大会の参戦について一応お復習いしておきましょう。
・年間シード選手は500大会を少なくとも4大会参戦しなければなりません。これに該当する大会は各500大会とMSのMonte Carlo大会です。Davis CupやOlympicはランキング計算上は500大会の欄に記載されることがありますが、これらは4大会の参戦に数えられません。500大会参戦が4大会にならないと(4 – 参戦数)大会分のペナルティが付きます。その場合ほぼ期末の大会からずらした期日の大会が割り当てられます。また、4大会以上参戦していても500大会枠に一つも記載されないことがあります。500大会枠にペナルティの記載がなければ参戦義務を果たしていることになります。それは500大会に参戦していてもその獲得ポイントが少なくて、計算される500大会以下のベスト6に入らなかったからです。
・4大会には全米後の500大会に少なくとも一つ参戦する必要があります。全部で4大会以上参戦していても、この期間に一つも参戦していなければ1大会分のペナルティが付きます。
・各々の500大会自体には参戦義務はありませんので、年間シード選手も自らエントリー申請が必要です。年間シード選手はエントリーしたら例えその時のポイントが少なくても即DAになります。ですから参戦義務がない大会だからと言って、大会の格を維持するため年間シード選手のエントリー後の参戦辞退にはペナルティが発生するルールがあります。下位選手の場合はノーペナルティです。ですから250大会のように参戦辞退はフリーではありません。250大会も含め罰金というペナルティは参戦辞退ごとに科せられています。500大会のポイントペナルティに関しては参戦辞退の条件によってはペナルティが付きます。このペナルティの付与はルールブックに書かれていますが、その読み取り方で色々な見方が出ていますし、ATP自体にもルールブックに変更はありませんが。その時々によってルールの適応に変化がみられます。わたしの理解する基本は「アメリカ東海岸時間の金曜日の正午以前の正式な参戦辞退申請はノーペナルティです。」ですが、いつATP事務局へ正式に申請が出されたかは部外者には判断できないことになります。ケガの場合、医師の診断書添付、あるいはオンサイトの医師の所見などが必要です。またドローはこの時のリストによって行われるはずですが、大会によってその時間以前にドロー開始時間が来たりしますので、ドロー開始時点になるのかどうか不明です。ですからこの項によるペナルティはATPの発表までは不明と理解しています。また、選手側からの申し立てにより後から修正していたりもありますので、本当に単純ではありません。
わたしは大雑把に言って最初に発表されたドローに載らなかった人はペナルティ無しと判断しています。載った人は申請のタイミングの問題だと思っています。
・付せられたペナルティは通常では解消されません。しかし、ある特別な場合に年間で一つだけ解消されるようです。滅多にないことですし、その解消される条件は不勉強で知りません。
・21日付けのランキング発表から推測するとMonte Carlo大会はMS大会の規則運用ではなく、500大会の規則運用と言えそうです。

錦織選手について
ポイントは 現在点1985-失効点0=基礎点1985で、17位スタートです。
第4シードですので、2回戦からです。

28日付け  21日現在 1985 17位 17勝4敗 1025

基礎点   1985  ベスト18 45
2回戦敗退 1985 (+0)  (Bautista o Kubot)最高で17位があります。
3回戦敗退 1985 (+0 45-45)  (Paire)最高で17位があります。
準々決勝  2030 (+45 90-45) (Robredo)最高で17位があります。
準決勝  2120 (+135 180-45) (Ferrer)最高で14位があります。
準優勝  2240 (+255 300-45) (Nadal)最高で13位があります。
優勝   2440 (+455 500-45) 最高で12位があります。
この表は基礎点についての試算で、実際には勝利加点が付きますので、日を追う毎にここに表示した順位は下がる傾向にあります。ベスト8以上で加点があります。シードを守ってベスト4以上が期待されます。Bucharest参戦者の下位者は優勝しても超えません。

消化ゲーム数  0
勝ち残り 錦織選手より上位選手 5
     錦織選手       1
     錦織選手より下位選手 60
現在の錦織選手を次勝って超える選手 0
       ベスト4で超える選手 1 Robredo
       準優勝で超える選手 -
       優勝で超える選手 -
ですから、現在ほぼ18位を確保していると言えます。

トップテンについて
今週の参戦者はNadalとFerrerだけです。
・Nadalはどんな成績でも1位キープです。
・Ferrerもどんな成績でも5位キープです。
つまりトップテンで順位の変化は起きません。

錦織選手の参戦予定(の想像)

※大会開始日、開催地、カテゴリー、ドロー数、エントリー状況の順です。
(GS:グランドスラム、MS:マスターズシリーズ、500:ATP500、
 250:ATP250、DA:ダイレクトアクセプタンス)

2014年度 
クレーシーズン
4.28 Oeiras、Munich 250 28Draw エントリーしていません。
5.04 Madrid MS 56Draw DA
5.11 Rome MS 56Draw DA
5.18 Düsseldorf、Nice 250 28Draw エントリーしていません。
5.25 Roland Garros GS 128Draw  DA

102 件のコメント

  • 100大会目のBarcelonaは、本当に安心して応援できました。
    テニスでは試合ごとの記録はよくまとまっているのですが、大会ごとの記録ってどこかにまとまっているものなのでしょうか。せっかく調べたので、空気を読まずに錦織選手の過去100大会の記録をメモしておきます。

    優勝 5回 (2008 Delray Beach, 2012 Tokyo, 2013 Memphis, 2014 Memphis, 2014 Barcelona)
    準優勝 2回 (2011 Houston, 2011 Basel)
    ベスト4 9回 (2008 Stockholm, 2011 Delray Beach, 2011 Eastbourne, 2011 Kuala Lumpur, 2011 Shanghai, 2012 Kuala Lumpur, 2013 Brisbane, 2014 Brisbane, 2014 Miami)
    ベスト8 11回 (2007 Indianapolis, 2009 Brisbane, 2011 Chennai, 2012 Australian Open, 2012 Buenos Aires, 2012 Barcelona, 2012 New Port, 2012 Atlanta, 2012 London Olympic, 2013 Madrid, 2013 Tokyo)
    ベスト16以下(勝利あり)38回 (2007 1回、2008 4回、2009 1回、2010 2回、2011 6回、2012 9回、2013 12回、2014 3回)
    初戦敗退 35回 (2007 3回、2008 6回、2009 4回、2010 7回、2011 9回、2012 2回、2013 4回、2014 0回)

    今年に入って初戦敗退がないのが、やはりすごいですね。

      引用  返信

  • ジェルミさん

    >私たちが圭くんを応援しているのは日本人だからではなく、本当に魅力的なテニスをしているからです。
    わたしもこちらに来てたまたまつけたESPNで錦織選手が映ってました。すごい魅力的だって感じたのが最初です。
    そして鼻血ブログに行き着き、団長の各選手のチャレンジャーのポイントなど求めに従って記事用のデータを集めたりしました。2008年頃からランキングデータをメールで送り始めました。当時はWEBは読めたのですが、コメントはできなかったのでメールのやり取りでした。Macが壊れたり、体がこわれたりしてました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください