ランキング試算(12月06日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 11月29日現在

現在ポイント 554   本年の対戦成績 3勝9敗(39勝15敗 含むCH,Q)

現在ランキング 100位(-1) 本年年初 417(-∞) 本年最高位 99位

現在100位の選手とそのポイント  Kei Nishikori (JPN )  554点

今年使い切らなかったカード

プロテクトランキング 順位 @106位  使用数 8枚 残り 1枚

WC           年間  5枚  使用数 3枚 残り 2枚

今週はDavis Cup Finalだけです。Serbia と France の選手にポイントの変化がありましょう。12月6日のランキングが全豪のエントリーに使われます。

今回は調べなかった下位選手のBerankisの優勝で都合2つ順位を落としましたが100位です。99位はMathieuの562点です。100位のポイントを560点以上と見て記事を書いてきましたので、554点だったことがちょっと気がかりでした。でもジャストフィニッシュで100位以内を維持しました。

先週の記事で書きましたように、昨年の最後のロシアとオーストリアのCHのポイントが失効します。これらの大会で高得点を得ているBERRERやGRANOLLERSは50位台40位台ですからその失効点は錦織選手には関係ありません。

関係のある準々決勝あたりの得点の失効で効いてくるのは、BeckとBrandsの二人で、554点をちょっと下回ります。最終戦の7ポイントゲットが大きくものを言いました。

ですから6日付けは98位となり、全豪へはエントリー時点でDAになると思います。12月9日頃の発表を落ち着いて待てましょう。

年末までランキングは多分このまま推移するでしょう。それにしてもきっちり年初の目標を達成したことは素晴らしいです。そして来年はキャリヤーハイを目標とし、45位も眼中に置くという頼もしい発表がありました。日頃の体調管理をしっかりして怪我の無い年になるといいですね。

豊田でのCH大会は日本人選手が大活躍でした。残念ながら添田選手は準決勝まででしたので、全豪には予選からとなりましょう。10月頃の104位のキャリヤーハイ時に更に一歩抜け出せなかったのが痛かったですね。添田選手に勝った伊藤選手は杉田選手にも勝って優勝しました。彼らも全豪予選にはDAできると思いますので、来年は楽しみな年になりそうですね。

現在わたしが確認できた今後のスケジュール(錦織選手のエントリー状況)です。

1.03 Chennai 32Draw DA     Berdych、Cilic、Gasquetらの参戦

上位選手について

  • Nadal、FedererはRRを3勝し、更に決勝へ進出しました。久しぶりの両巨頭の対決はFedererが2:1で勝利しました。
  • 決勝ラウンドに残ったDjokovicは3位をキープ、Murrayは4位に返り咲きました。
  • Berdych、Ferrer、そしてRoddickの順位はそのままで終わりました。

そしてDavis Cup Finalのポイントを加えても上位選手の順位は変わらないと思います。

From netdash@鼻血

更新がなくご心配をおかけしておりますが、充電中です。かならず復帰しますのですいませんがもう少しお待ちを・・・。

33 件のコメント

  •  100位死守!!素晴らしい≧▽≦きゃ~!!!!

     しかも、来週のランキングは98位!!!!!

     圭、やったね^^)/おめでとう!!!!!!!

     
     来年はいよいよ、修造ごえですね~(^0^)v 

      引用  返信

  • 団長さん、お元気そうでよかった。充電中でも、ケイメヒコさんのランキング試算のおかげで、いろいろ盛り上がってましたよ。

    全豪エントリーリスト出るのが楽しみになってきましたね。
    圭君は実力と運を持ってますね。もっと抜かれてしまうかと思っていたのに、ベランキスだけでしたから。
    ケイメヒコさんの仰る通り、添田さんのトップ100が達成できなかったのが残念でした。逃したのは二度目ですもの…

    怪我さえなければ、来年のトップ50はクリアできるはず。大いに期待しています。

      引用  返信

  • 11月29日付けのランキングで錦織(554点)の上にいるのは
    500点台 16人
    600点台 14人
    700点台 7人
    800点台 10人
    900点台 10人
    ジャスト1000点で世界43位

    つまり、600点までは45点取ると16人も一気に抜けるけど、600点以上になると45点取っても数人しか抜けないということですね。2011年こそは本当にATP250以上の大会にしか出なくなるでしょうから、チャレンジャーが主な得点源だった2010年(372点/554点=67%)のように「昨日も勝った、今日も勝った」とは行かないと思われます。要は今年のアジアシリーズの時のように全く勝てない苦しい時期が出てくるかも知れません。まずはChennaiから全豪までの1月シリーズでなんとかTOP80(あと70点)に入れればいいですね。即ち、Chennaiで1勝+次のSydneyかAucklandで予選通過+全豪で1勝=77点。そしたら2月のSan Jose(ATP250)、Menphis(ATP500)、Delray Beach(ATP250)、3月のIndian Wells(Masters1000)、Miami(Masters1000)は本戦ダイレクトインの可能性が高いと思います。(もうSan JoseはWCをもらえるのが決定?)

    ATP250の1大会で45点を取ろうと思ったら、QF進出、つまりシード選手=TOP40以上の選手を最低1人は倒すのが条件になります。しかも上のプランで行くと、3月からはもう18大会枠に引っかかって減算されるポイントが出て来るかも知れませんから、より点が伸びにくくなりますね。さあ、来月からはいよいよ我々が望んでいた世界ツアーレベルでのドキドキワクワクってヤツですか!

      引用  返信

  • すみません、上の書き込みで「来月から」は「再来月から」の間違いですね。もう気分はすっかり師走になってました・・・すみません。

      引用  返信

  • しかも「Menphis」は「Memphis」の間違いだし。重ね重ねすみませんです。

      引用  返信

  • 圭くん、おめでとうございます~!
    100位でフィニッシュできたのはやはりすごいです。
    9日ごろの最終結果を待つのが楽しみです。

    来年は松岡修造越えを目標に、どんどん上位ランカーを倒していってほしいですね。

    デルレイビーチは応援に行かなきゃ・・・。
    マイアミも行きたいとこだけど・・・・ちと遠い・・・。

      引用  返信

  • 皆様のコメントに応答しようと思いますが、中々できないでいます。
    先週の皆様のコメントはとても嬉しいこと続きでした。
    今、1時間以上かけて書いたコメントが、送信したが、書き込まれずに消えてしまいがっかりです。もう一度書き直す気力がないので、ざっとかきます。

    わたしはこのランキング記事を大会前に大会後の変化の様子を大体分かったら楽しいだろうなと始めました。最初はメールで記事を送り団長によって書き込まれていました。が、団長からブログに直接アップすることが許されて続けてきていますが、今でも整形・修正・公開その他の事柄はわたしにはできないので、みな団長にお世話をかけています。
    始めると自分の能力の無さが知らされて行き詰まりですが、団長に励まされて、始めた以上できる範囲で毎週継続させることが肝要なこととして努力しています。

    ここでのランキング記事のアップはわたしの専売だとは更々思っていません。わたしのしていることは、コリコリさん、2Rさん、みつさん、ひろQさんがわたし以上にミスも見落としも無くおできになると思われます。他にもいらっしゃるでしょう。やってみようじゃないかと手を挙げてくださる方を本当に心待ちにしています。

    実際、わたしの能力のことが限界の第一ですが、こちらの通信回線の品質・速度が悪く、先ほどの送信が完了せずに止まってしまったことも、それが原因だと思います。そうでなくてモデムのinternetのランプが赤くなって切れると復旧に最低でも48時間かかります。大切な時にこういう事態に陥りますので、ほんとにどなたかいらっしゃいませんかね。

    BerankisはLithuania人で錦織選手より半年遅れの誕生で今20歳、トップ100の最年少です。昨年はフューチャー、今年はチャレンジャー中心に活動して来た人のようです。今年はNottingham CHの決勝で添田選手を破り優勝、そして先週、CH大会で最大のポイントのHelsinki CHでPrzysieznyに勝ち優勝して躍進しました。今年のATP大会はSan Joseだけですが、予選から勝ち上がり準々決勝まで行っています。また、WimbledonとUS Openでも予選から勝ち上がり2回戦へ進出しています。毎年少しずつ着実にランキングを上げてきているようです。最高ランキング対戦者勝利はPrzysieznyが76位の時でした。つまり、Przysieznyに2週連続して勝っていたわけです。

    来年のことで言えば、DAできたChennaiで準決勝進出以上でIndian WellsのDAが見えてきます。高望みかなぁ。でも来年の目標を達成するためには4月までに最低400ポイントゲットしておくことが必要と思われ、この位の勢いが欲しいところです。その後も今年以上の成績が必要です。ですから、開いた週にはCHに参戦し、ポイントゲットしてできるだけ早く50位ぐらいに到達し、ほとんどのATP大会にDAできる状態に持ち込んで欲しいと思います。
    今年はDraw運に恵まれたとは言い難い状態でしたので、来年はトップ4との対戦は3回戦あたりになると良いなって、甘いか。

      引用  返信

  • 圭君、100位以内奪取おめでとう!
    ひろQさん、ケイメヒコさん、クリスマスプレゼントのような心躍るワクワク記事をありがとうございます♪
    前の記事でも、みつさんやコリコリさんや他にも多くの方々のポイント・参戦予想、ニシコリ情報など、情熱の深さに感動です。ありがとうございました。
    みなさんの記事がスゴすぎて読む目も Σ(@0@)こんなになってますw
    これだけの分析力!みなさん、ポストオリバー狙ってますねぇw
    (いや、それ以上いけるw)
    圭君のことでワクワクできるってホントしあわせです♪
    団長さん、こんな鼻、いや、華のあるブログ、ありがとうございます。

      引用  返信

  •  よかった  良かった!!!
     団長さんの、生死が、確認できて!?(はは 失礼しました)
     この上は、思う存分 充電なり、リフレシュなり 冬眠なり、どうぞどうぞ !!
     

      引用  返信

  • す、す、すみません!
    各大会のエントリーカットオフがその6週間前のランキングで決められるということがすっかり頭から抜け落ちてました!
    なので僕が上で書いた「1月シリーズで70点以上」というのがもし達成されても、それがエントリーに効いてくるのはMiami Masters1000以降なんですね。つまり2月のMemphisやDelray Beachに本戦から出るにはWCが必要かも・・・ 去年レベルのカットオフなら今のランキングでも本戦DAされそうなんですが、今年はどうか。
    いや〜、勉強になりました。

    >ケイメヒコさん
    なるべくお手伝いしたいと思ってます!

      引用  返信

  • Chennai大会は要の大会です。
    基本的なおさらいをしておきましょう。
    参戦できなければ、ポイント獲得の機会がありません。
    参戦して、勝利して始めてポイント獲得し、ランキングアップの可能性を得るのです。
    ランキングは次の参戦のためのランキングで、エントリーランキングと言います。相対的に強さを示すとは言えますが、強さのバロメータを示すことが目的のランキングではありません。

    ランキングが100位だからATP大会に参戦できると思っていませんか?
    ランキング100位前後ではGSのDA可能なレベルであって、ATP大会へのDAはほとんど無理です。これをお忘れの方がランキングなど気にしないで良いと言うだけです。もちろん、人気のない大会ではDAもできましょう。Chennaiは同一週の3つの大会で一番カットオフが高かったから(つまり参戦希望者が少なかった)DAできたのです。だからこそ、逆にこのチャンス・参戦できたときに勝利しなければなりません。
    Indian Wellsのエントリー締切は1月24日です。これは全豪中ですからその前のランキングになります。つまり、1月2週目までの大会の成績に寄ります。2週目の2大会は250大会でもDrawが28と少なく、全豪前週と言うこともあり、人気が高く毎年カットオフは50位あたりです。とてもDAは無理です。ですから基本的にChennai での成績に寄ります。Indian WellsはMSで96と一番Drawが多い大会ですが、上位者は参戦義務があり、DAの76人枠は殆ど埋まり余裕がありません。本戦DAにもそれほど巾がありません。もし、Indian WellsにDAなら1回戦が木曜日からですから、前の週のDavis Cup(勝ってもポイントが得られない)に出ても移動時間が取れますが、予選から参戦という状態では、Davis Cupに出たら予選開始に間に合いませんのでDavis Cupに出られません。もし、Davis Cupに出る選択をしたなら、この大切な時期に少なくとも2週間ポイントゲットのチャンスを失うことになります。今年はテニスできない体でしたからすっきり辞退できましたが、来年は日本人トップです。しかし、勝負の年としている自分の今後のために辞退するのかどうか迷うところです。Chennaiで充分な成績を残せなかったら、もしわたしがマネージャーなら翌年には参戦できる状態にする大切な大会だからとして、来年もう一年だけ辞退することを勧めますね。
    ですから、錦織選手にとってChennai大会は多くの中の1つの大会ではなく、来年の目標に向けた参戦計画を容易にするとても要の大会で、準決勝進出が望まれます。Indian WellsにDAし、次のMaiamiにもDAできるようになります。
    もしChennaiで準決勝進出に失敗してもMaiamiには全豪後のランキングです。フロリダ拠点の錦織選手はMaiamiでWCを発行してもらいやすい大会ですが、全豪で最低3回戦に進出して心配のないランキングでDAして欲しいです。最低、この状態まで持って来ていなければ、目標達成が困難になりましょう。Maiami後60位台のランキングになっていれば、今年のポイントをカバーしながら、余裕を持った参戦計画で行けるようになりましょう。つまり、多くの中の1つの大会をこなすというスタンスで行けます。そして秋以降、今年のようなプレッシャーを持たないで済むようにすべきです。

      引用  返信

  • ひろQさん

    お言葉ありがとうございます。
    どういうことをしていただけるか、考えましょう。

    えみっちさん
    本当ですねぇ。
    これでは、もしChennaiに勝ち進んでも、SEを発行してもらえないのではないかな?
    するとChennaiは本当に集中して頑張って、準決勝進出して欲しいです。Draw運にも恵まれますように。

      引用  返信

  • 錦織君の実力的にも、爆発力にも(勝ち進む時は勝ち進む)、私自身は4月頃までの70位以内到達(+150点獲得)については結構楽観視してます。もちろん故障さえなければ、ですが。

    と言って、ケイメヒコさんの書込み拝見すると、やや楽観的過ぎるのかもしれません。ただ、マネジメントスタッフ含めて錦織君も来年のランキング戦略については十分考えてることとも思いますので、やっぱり何とかなるのでは、という気がしますが。「修造超え宣言」するぐらいですので、楽しみに応援したいと思います。

    来年はもう少し、WOWOWやGaoraでの応援ぐらいしたいですしね。

    ケイメヒコさん、いつも有難うございます。ひろQさんも。

    団長、充電期間を有意義にお過ごし下さい。

      引用  返信

  • 今回ある程度きっちりしたコメントをできたのは
    ケイメヒコさんがまとめていただいたおかげで。。
    再確認みたいな感じでできたのでよかったです。
    あとは錦織選手の頑張った成果を
    見届けたかったという思いもあったかなぁっと。。

    ほんとに週始めに間違わずにできることって難しいことだと思います。
    特に現在の順位では、チャレンジャーの大会からツアーの予選にまで
    確認が必要になってくるので大変な作業だと思います。

    毎週始めに記事アップされていることがありがたいことで
    このことでランキングについても興味を持ってたし、
    調べることでいろんな選手のこともわかるようになってきたし、
    いろんなことを考えて試合をチェックできる楽しみになったところもあります。
    (ATP finalの週にチャレンジャー大会をチェックするって
    不思議な感じでしたが。。。楽しかったです。)

    記事がアップされた後、気づいたことを知らせたいと思って
    コメントしてしまうのであげあしをとったように感じてしまうかもしれませんが、
    やさしい目で見ていただければありがたいです。

    それで、ランキング記事のことですが、
    他の方が手を挙げていただくことでもかまわないのですが、
    僕自身は毎週の作業は大変なことだと思うのですが、
    団長さんかケイメヒコさんが週始めに記事をあげていただくのが
    ありがたいです。

    お時間がないときもあると思いますので、
    負担にならないようにしていただければ幸いです。

    またドローや勝ち上がりみてコメントすることになると思いますが、
    よろしくお願いします。

    長文で失礼致しました。

      引用  返信

  • わたしも先週までは、来年は全豪スタートって感じでしたから、オーストラリヤの前哨戦ばかり気にして、年初のダッシュは難しい状況だなって思っていました。ですから実質はMaiamiスタートでの目標達成のことばかり考えていました。で、コリコリさんのChennai DAの情報で、これは今年カムバック賞を得られなかったけど、夢はそれ以上の賞に膨らんだのです。もし、来年は30位以内に入れば、最も進化した選手に選ばれるチャンスが大いにあり、それを実現するためのスタートを切れる絶好のチャンスと一人浮き上がっていたからです。
    Chennai で準決勝に進めれば、Indian WellsもDavis Cupにも問題なくこなせて、公表された来年の目標以上へ到達できる道が整うと思ったのです。実際はそう甘くはないでしょうが、可能性が膨らみます。
    まぁ、ランキング好きのファンの妄想と笑い飛ばしてください。

      引用  返信

  • ChennaiのDAよかったですねぇ。
    Chennaiと全豪でスタートダッシュを決めて
    どーんと加点できればいいなぁ。

    全豪 ベスト8かベスト4とかできたらなぁって
    思っていましたが。。甘い考えですねぇ。。

    デビスカップでないといけないのかなぁ。。
    個人的には無理しないでほしいところですが。。

      引用  返信

  • わたしは何時も書いているように、ミスや見落としの名人と自認しています。ですからそれへの指摘がちゃんと根拠のあることであれば、ありがたいことと受け止めています。知っている範囲、思っていることの自説(足りない部分は大いにありますが)を持ってしつこく議論することはあっても、相手が揚げ足取りをしていると思うことはありません。

    ランキング試算はいつも今行われている大会の結果を記録しながらしています。一週間の結果が出てからまとめても同じなのですが、毎日毎日している方が負担が軽いです。
    先週はインターネットがつながらなかったので、つながった時、皆さんの記事が本当に助けになりました。つながらなかったこともあって普通ならNadalの試合だけになる所Finalsの試合をTV(ESPN)で殆ど見ました。

      引用  返信

  • ニックのブログで、Eddie Herr boys’14でNaoki Nakagawa beat Jared Woodson 6-1、6-1とありました。
    圭君もほめていた子ですよね。

      引用  返信

  • chachaさん
    中川君のこと教えてくれてありがとう。結構気になっているんです。圭君のほかに誰かアカデミーのエリートコースに入るプレーヤーが出てこないのかなぁって。頑張ってほしいです。

      引用  返信

  • sabumasaさん、有難うございます。
    早速見てきました。明日が楽しみです!!

    団長、ついにカムバックですね。
    期待しています。

      引用  返信

  • えみっちさん、Naoki Nakagawa beat Sumit Nagal 6-3,
    4-6、6-1、boys’14で準々決勝進出です。
    なんかうきうきしますね。

      引用  返信

  • 遅くなりましたが、ケイメヒコさんのコメントの中に自分の名前があるのにびっくりしました。

    確かに何度か指摘?したことはありましたが、基本的に自己計算はマスターズやグランドスラムなど強制加算があったりする大きな大会ぐらいしかしないのでそのあたりではまだまだだと思っています。
    トップ10あたりならあまり大きな変動もないのでわかりやすいのですが、100位前後となると調べる範囲も多く情報も少ないので本当に試算は難しいです。
    今回のデル=ポトロのような大幅なダウンがあればその分計算もずれますし、大会が多い時期は大変です。
    それに加えて18大会枠の関係で失効点も読みづらいですから。

    今後は激しく謎なデビスカップの加算方式の検証なんかやってみたいですね。
    そんなデビスカップ、いまはダブルスがあっている頃でしょう。予想通り、いや期待通り最終日までもつれましたね。

    そして錦織選手、とにかく今年はドロー運がよくなかったので、運を磨いてほしいです(笑)

    まずはチェンナイですね。
    とりあえずベスト8以上を期待しようと思います。

    とりあえず全豪かここで一人でもいいので(ある程度勝ち上がってから)トップ10と対戦してほしいですね。
    相手がロディックやソデルリングあたりだったら多少興味深いですが、ドロー運にかけましょう(笑)

    フェレールとの再戦というのも面白そうです。

    しかしやはりやはりロジャー・フェデラーこの方との初対戦もみたいです

      引用  返信

  • フランスがLlodraのダブルス起用が当たり、2ダウンから巻き返し2-1リードです。
    Monfilsが対Djokovic戦にも昨日のプレイを持続させることができるか?
    ま、SimonとTipsarevicの対決にもつれるとどうなるか分かりませんね。

    >今後は激しく謎なデビスカップの加算方式の検証なんかやってみたいですね。
    是非是非お願いします。
    前年の獲得ポイントはその回ごとに52週で失効するし、1回戦に出ないで準々決勝に出て勝った時のポイントは1回戦のポイントしか得られないし、消化試合の分はポイント無しとか、ちょっと複雑怪奇で、わたしにはとても無理で投げています。

    >しかしやはりやはりロジャー・フェデラーこの方との初対戦もみたいです
    ほんとうに是非3回線あたりでの対戦を希望します。来年は実現して欲しいですね。

      引用  返信

  • デビスカップですが検証するとなると、おそらく回戦ごとに設定ポイント異なることもあるかもしれませんし、シングルスの勝利数によって変わってくることもありそうですね。

    ワールドグループなら多少はマシなのですが、それ以外となるとほぼ情報が入ってこないのでかなり厳しそうです。

    来年はとうとうスイスがワールドグループから陥落しました。まあフェデラー出てませんからね^^;
    毎年1回戦には出ずプレーオフには出て残留を決めるというイメージがありましたが、今年はプレーオフにも出ませんでした。

    この先フェデラーが出場するかはわかりませんが、もしこれも加算の対象なら相当厄介ですね・・・
    まあ加算されなかったら三十路のフェデラーがあえて出るとも思えませんが。

    デビスカップ、全部のポイントまとまってるので1戦あたりのポイントがわからないんですよねー・・・

    やるにしても全て終わってから今年の当該選手の戦績を調べて比較・・・となりますが相当骨のいる作業ですね。
    さすがにチームの勝敗に依存ってのはないでしょうし。

    まあワールドグループ未満の統計は唯一容易に情報が入る日本チームに依存でしょうね^^;
    加算されないならそれはそれで手間が省けますが

      引用  返信

  • 12月6日付ランキング98位ですね。

    ランキング調査班の皆様の予想通り(^_^)

      引用  返信

  • Davis Cupの加点はワールドグループのみです。
    ワールドグループとの入替戦も入ります。
    それ以下の試合についてはポイントが付きません。
    1回戦から有効な2ラバーづつ参戦し、全勝して優勝したときのポイントが700点です。今年のDjokovicで430点です。

      引用  返信

  • やったーーーー
    98位!!!
    目標達成(年内100位以内)
    おめでとう!

      引用  返信

  • 私も嬉しいから記念に書いとこうっとw

    ☆98位!☆ 目標達成、おめでとう!!! 有言実行スゴイヨ!

    100~120位くらいでも十分おめでとうなんだけど
    二桁の数字見ると、やっぱり格別、じぃ~~~~~んと来ますね。

    今日のFacebookの写真も充実感みなぎってるように見えました。
    目力が増したような、凛々しいというか・・・とにかくすごく嬉しいんです!おめでとう!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください