フルセットにもつれるも、最後は突き放して勝利(2010ビンガムトンCH1回戦)

2010 Binghamton Challenger
1st Round
Kei Nishikori def. Kevin Kim[5], 7-6(4),3-6,6-2

公式ブログ更新はまだのようです。

本日は寝坊して出遅れてしまいましたので、そのまま家を出てしまいました。すいません。

みつさん、4さんはじめ、実況掲示板に参加してくださったみなさんがスコアをつけてくださいました。ありがとうございます。BFさん、スタッツをメールで送ってくれてありがとうございました。

1stセット

3−2からブレイクしますが、次のゲーム30−30からダブルフォルト。そのままブレイクされてしまいます。

このあたり、引き続き課題です。

タイブレークに縺れ込んで、1−4とリードを許しますが6連続ポイントで一気に取りました。

2ndセット

キムが攻勢。先にキムがブレイクして1−3でリードされます。

2−4で迎えたリターンゲームをブレイクして3−4。盛り上がりますが次のゲームをまたブレイクされ3−5。そのまま3−6で落としました。

ファイナルセット

第1ゲーム、4つのブレイクポイントをしのぎますが5つ目で力尽きてブレイクされます。

続く第2ゲームもキムの40−15。もうこの時点でかなり状況は厳しかったはず。

しかしここから怒涛の挽回が始まります。

4ゲーム練習してあっという間に4−1。次のゲームはキープされますが、その次からまたポイントラッシュで一気に6−2で勝利を決めました。

本日は試合の入りでいきなり劣勢になることがなかったというのが良かったと思います。

2ndセットはもっと上手くできたはずだったが、と錦織はつぶやいていますが、内容はよくなってきているとのことです。

Won a good match tonight. Beat Kevin Kim in three sets. Could have played a little better in the second set but overall I feel like I continue to get better. Now to the hotel for a massage and get ready for doubles tomorrow.
Facebookより

ブレイク後にすぐブレイクバックされたり、ファイナルの最初でいきなりブレイクされたりと試合運びは最近の傾向通り、見ていてハラハラします(今日は見てなかったけど)が、最後、一気にポイントを重ねて勝ってしまうあたりが非凡だと思いました。

2回戦は逆フラグが発動し、CapdevilleでなくBalleretが上がってきました。最近、私の逆フラグはますます絶好調です。
有力選手と書いたボールやベランキスは負けるし、レヴィンにいたっては欠場・・・。本当に本当に自分が怖い。
というわけで2回戦の勝敗予想はせず、Balleretの情報だけ載せておきます。私も知らない選手です。

Benjamin Balleret (モナコ)
27歳
269位 (最高204位)
185cm、85kg
右利き

今年はクニツィンとマルシェンコに勝ったくらいで、目立った成績はありません。クニツィンとは1勝1敗。

それより6月7日からのスロバキアのKosiceチャレンジャーで「ミロスラフ・メシール」と対戦して、しかも負けているのが非常に気になります・・・。まさかあのメシールじゃないよね・・・22歳らしいし。別人?息子?マルチナ・ヒンギスパターンで、親が目シールに憧れてミロスラフって名前を付けた?

2回戦は本日(夜〜明朝)には行われません。添田豪の2回戦が11時30分(日本時間)から、添田・錦織のダブルスがAM6:30以降に行われます。正確には以下のオーダーオブプレイを御覧ください。

オーダーオブプレイ

13 件のコメント

  • 応援お疲れ様でした。

    「ビッグ・キャット」メシール懐かしいですね。
    ATPのPLAYERSガイドにはMiloslav Mecir Sr.と表記されてるのに、この22歳のMiloslav Mecirには、Jr.の表記もPersonalも何もない。う~ん分からない。もし息子なら今元祖メシールは46歳だから24の時の子供っすか・・・気になるので誰か知ってましたら詳細よろしくです!

      引用  返信

  • ひろQさん

    実は朝弱いのですorz

    げおっち

    貴方もやっぱり気になるか。気になるよねえ・・・。

      引用  返信

  • ググったら出てきました。やっぱりそうみたいです。
    MTF:http://www.menstennisforums.com/showpost.php?p=9837274&postcount=42
    ITFの選手プロフィールにも父とコーチの名前として記載されている。
    ATPの父の方のプロフィールにもこう書いてありました。
    Residence: Prague, Czechoslovakia Wife, Petra; Son, Miloslav
    (Born 1/20/88)
    ああ、仕事ちゅうなのに~w

      引用  返信

  • 息子です。ちょっと変わったタッチの不思議ちゃんなテニスをします。5年前にスロバキアで見たんですが、まだ続けてたんですな~。

      引用  返信

  • 昨日、今日と実況板での応援、みなさん、おつかれさま!
    結果は残念でしたけどダブルスにも出場できる位回復して
    きたという事で、勝手に喜んでます。

    明日のOOP出ましたね。現地時間11時開始の2試合目です。
    NBではないのでライスコチェックしながらですね。
    相手の選手はどんな選手なんでしょう???

      引用  返信

  • ひろQさんの提供してくださった対戦相手の戦跡なら勝てる、と
    思いつつも一抹の不安・・・ダブルフォルトなんとかして

      引用  返信

  • >もうひとりのきょうこさん!
    動画情報ありがとうございました!!同じところ何度も見ましたw
    Guccioneの流れるようなプレイもステキでしたね。
    あ、豪君のブログに載ってた二人の試合写真の笑顔もステキですね♪

    今晩の試合は夜中なんですね~。一眠りか夜更かしか悩む~。
    対戦相手のベンジャミン・バルレの応援フード全く思いつかない~。
    ん~モナコ出身てこことで…モナコ料理は無理なので…アイス「ちょこモナカ」でいいかな~(>_<)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。