錦織圭、キャリアハイの4位を決める!!(2015アカプルコ準決勝)

2015 Acapulco (ATP500)
Semifinal
Kei Nishikori[1] def. Kevin Anderson[4], 6-2,3-6,6-3

錦織圭が自己最高ランクとなる4位になることをこの試合で決めました!
女子では伊達さんが同じく4位になったことがありますが、男子ではもちろん日本初。

ジョコビッチ、フェデラー、ナダルのすぐ下に「錦織圭」の名前が乗ることになります。私は今、震えています。
しかも他大会含めた今週の残りの試合の結果次第では3位もありえるということではないですか・・・。

試合の方は、終始錦織ペースで進みながらも2ndセットにミスが出たゲームがあり、少しアンダーソンの調子を上げてしまった部分があってファイナルセットまで行ってしまいましたが、アンダーソンが決めきれずミスを出したこともあってそんなに心配にはなりませんでした。
調子はいいと思います。

メンフィスでの試合+ハードトレーニングの修行が効いてきているのでしょうか。疲れも見ていて感じません。
体の状態も、今年は痛そうなところがあってもリタイアまで至るような感じではありませんよね。
全てにおいていい方向に向かっているのではないでしょうか。
4位というランキングにふさわしい成績、内容だと思います。
あとはグランドスラムで・・・。その実力はあります。実力はあっても実現できる保証はない世界なので、今はその時を静かに待つのみです。

決勝はフェレールがくると予想します。最近は単に勝っているだけでなく内容的にも錦織が上回っていますが、遅いサーフェスだと話はまた変わってきますので、楽観はできないでしょう。

でも、昨年のクアラルンプール→東京の2周連続優勝の再現をぜひ見たいですね。

70 件のコメント

  • 圭大好きさんのお話にうんうんと頷きました
    地固めの年かぁ 今年のチーム圭はそうなんだろうなと私も想像しています

    圭くんのデ杯参戦は本人に出たい意志があるのなら仮に身体に負担が出てしまう恐れがあっても それを尊重し応援したいです
    また反対にNo.1になる事を最優先にデ杯を回避したいのが圭くんの意志であるのなら 勿論それも尊重し応援したいです
    圭くんの選ぶ道を応援したいです

      引用  返信

  • 圭 大好き! さん、本音は単複3連投でエースとしての役割を果たしてほしいですm(__)mプレーオフ回避は勿論、デ杯でのプレッシャーを越え活躍し 自信を得て メンタル面でも成長して飛躍した選手も過去には沢山 いますので。
    カナダのネスター選手、(おそらく)ポスピショル選手組を倒すには錦織選手と添田選手or内山選手の組み合わせでないと勝機は少ないと思いますし・・・
    ジョコビッチ選手やナダル選手のようにデ杯でエースとしての役割を果たし、ツアーの参戦義務を消化して超人達の仲間入りをしてほしいですが、植田監督が気を遣いそうな感じもしますし・・・
    どんな決断になるかわ分かりませんが、ただひたすらに応援するのみですね(≧▽≦)

      引用  返信

  • 世界4位おめでとう!
    明日も勝ってtop4を確定させてくれ!

    デ杯ですが、錦織はデ杯と言うか代表での活動が好きみたいですし、山口さんの記事にも出ていましたが13年の不調からの脱出の切っ掛けになったのもデ杯コロンビア戦(この時は現地で見ていてなんだ錦織絶好調じゃんと思いました)だと思うので、少なくとも単には出るんじゃないでしょうか。
    錦織は体調に不安が有ったり、出たくない時ははっきりと出ないという決断をできる選手だと思ってます。

    余談、勝手にデ杯カナダ戦の出場予想
    1日目 錦織、伊藤 (ラオ相手に爆発力がある伊藤の方が可能性があるのではないか?)
    2日目 錦織・内山組(1日目が2勝、もしくは2敗の場合内山・伊藤組)
    3日目 錦織、添田 (デットラバーになった場合変更有、最後までもつれた場合やはり添田に頼るしかないでしょう。)

      引用  返信

  • 4位おめでとう!!

    次は元祖鉄人ですね。

    以前のスレで、フェレールは昨年末から錦織にしか負けてないって話でしたから、ここでまた記録更新してほしいですね(笑)

    向こうも相当な執念で向かってきそうですけど!

    1位になるための体力向上計画、壮大な取り組みですが、手首を始めとした関節の怪我だけには気を付けてもらいたいと思います。

    頑張れー! *\(^o^)/*

      引用  返信

  • 赤黄色 さんの 勝手にデ杯カナダ戦の出場予想に全く同意です。

    その前に 明日の決勝戦、フェレール選手戦に勝利してほしいですね(^^)/

      引用  返信

  • 祝4位!!!!
    おめでとう!!
    勤務中で昨日まで生観戦できず、今日こそと思ったら9:00スタート…
    急な予定が午前に入り、泣く泣く2セット目以降は録画です。
    今見終わりました。
    感動ですぅ~~~~!!
    明日は、1週間分まとめて前例全力応援!!

      引用  返信

  • yuriさん、圭 大好き!さん、下団さん、はんなりさん、KANさん、しまちゃんさん、
    ありがとうございます! オリンピックを考えると確かに今回の参戦がベストですね。教えて頂きありがとうございます。

    自分も長期的な視点からは地盤固めには大賛成です。

    ただ、去年の全仏前のクレーでのナダル相手の決勝で圧倒してての怪我からのリタイアが頭から離れません。圧倒的でしたよね、クレーのナダル相手に。

    そして、今年の戦い方を見ると本当に強くなり、本当にGSが狙える位置まで来たんだな~と。
    それを考えると去年の繰返しだけはして欲しくない! という保守的なマインドが。。。

    でも、皆さんが仰るように、本当のトップの仲間入りにはデ杯の参戦も乗り越えるべき壁。。。

    錦織選手18才の初優勝の時からこのサイトにお世話になっていますが、無事これ名馬なりを祈ってやみません。

    テニス団体戦経験者ですが、団体戦は精神的に充実すると無理ができてしまうのを知っています。
    仲間の為にフィジカルの限界を超えてプッシュ出来てしまうのが団体戦。。。

    健康だけは守って欲しいです!

      引用  返信

  • 明日の決勝戦は日本時間で12時頃からですね。応援しやすい時間ですね(^^)/

      引用  返信

  • 遅ればせながら、
    おめでとう!
    自力でのランキング4位獲得!
    夢のようです。

    yuriさんが紹介された記事タイトル
              
              クールな錦織「申し訳ないが、どうも思わない」

    って、凄いでっす…、

    本人、チームにとってランキングの浮き沈みは勿論、織り込み済みでしょうし、今は決勝のことしか頭に無いのでしょう。
    優勝でランキング4位に花をそえてね~
    (個人的には瞬間3位は要らない、マスコミもうるさいし、3位はナダルを倒してからでいいっす。)

    今日の試合は久しぶりに、ちょっとヒヤヒヤしましたが、明日のためには良かったのかも。
    大会中、ずっと2セット勝ちの絶好調を保つのは大変ですもんね。

      引用  返信

  • 電車内 さん、お気持ち分かります(T_T)あのマドリッドのナダル選手戦にあのまま勝利していたら 1シーズン中にジョコビッチ選手、フェデラー選手、ナダル選手、マレー選手を倒すという偉業が達成されていたかもしれませんしね~
    錦織選手とチーム圭を決断を信じて応援していきましょう(^^)/

      引用  返信

  • 四強時代に他選手で4位に食い込んだのは、
    フェレール、バブリンカ、デルポ、ソダーリング、
    錦織選手はたぶん五人目、かと思います。
    すごいところに来ましたね。
    ありがとうございます

      引用  返信

  • デ杯は錦織くんは出たいと言っていたのではなかったかな・・・
    (なんの記事だったか忘れましたが)

    ハリソン、絶好調だったからこのまま押し切るかと思いきや、
    トップ選手は強い!

    明日の決勝は楽しみですね。

      引用  返信

  • 決勝進出、4位おめでとう
    1セット目見て今日は大丈夫だろうと、席を外していたら
    フルセットになってるのでびっくりしました
    2セット目どうしたのでしょう?絶好調だったのに
    あんなにあっさりとられる圭くんが久々で・・・
    集中力の低下なのか、アンダーソン選手がすごかったのか
    本人も原因がよくわからないと言ってるのが心配です。
    フェレール選手はダブルベーグルで勝って絶好調、遅いコートも得意なので
    全豪のようにはいかないでしょう。かなり厳しい接戦の勝負になると思います
    今日の試合のような突然フォーカスが崩れて別人のようになるのは怖いですね
    フェレール選手はアンダーソン選手のように自滅はしてくれないでしょうから。
    でもこのレベルの大会で決勝の勝率が高い圭くんが必ず勝てると信じて明日は応援します。

      引用  返信

  • 世界に改めて”Kei Nishikori”を印象付けるためにも、ぜひ勝ってほしいですねっ!

      引用  返信

  • ATPサイトにフェレール談が追記されてました。
    “Tomorrow I play against Nishikori,” said Ferrer. “The last matches against him have not been very good. I hope to be able to turn the situation around. He is playing very well. I need to be very strong physically and mentally. Kei has changed. Physically and mentally he is a very dangerous player. He is a consolidated Top 10 player.”

    ”明日錦織と戦う。前回当たった時はあまり良くなかった。自分はこの状況をひっくり返すことができると思っている(希望)。錦織はとても良いプレイをしている。彼に勝つためには肉体的にも精神的にも強くなくてはいけない。ケイは変わった。肉体的にも精神的にも非常に危険な選手だ。彼は全てを合わせ持ったTOP10プレイヤーだ。”

    と大まかな訳ですが・・フェレール、やはり相当な思いとリスペクトをしながら闘志を燃やしていますね。今日もハリソン相手に2、3セットは素晴らしいテニスをしていました。本当にミスをしない。

    明日はきっと素晴らしい試合が見られることでしょう。でもって錦織に優勝してもらいましょう!

      引用  返信

  • 赤黄色さんに同意です!
    >錦織は体調に不安が有ったり、出たくない時ははっきりと出ないという決断をできる選手だと思ってます。

    ホントそうですよね〜。今までの経験や試練を一つも無駄にはしない賢い選手ですよね。デ杯出場には賛否あると思いますが、何より錦織選手が出場すると決断した時は、心配ご無用って事なんじゃないでしょうか(^_^)v

      引用  返信

  • 京都CHに3日間行ってきました。
    本日、竜馬君、シングルス、豪君、内山君ダブルス敗退でした。
    CHクラスとはいえ強い選手一杯です。
    改めて圭君の成績ほんと凄い事なんだと実感しました。
    欧米人は骨量が多いのでしょうかね。
    プレ-はパワフル、気持ちもハングリ-さを感じました。
    豪君を3日間観ましたが、顔色が余りよくないようにみえました。
    今回のカナダ戦は厳しい戦いになりそうです。
    私はWOWOWで応援です。

    カナダには月曜日立つそうですね。
    皆、体調に気をつけて頑張って欲しいです。

      引用  返信

  • だんちょ、おひさです。
    でも第2セットのサーブの不調はどうしたんでしょうか。
    4位のプレッシャーでしょうか。
    一試合内でのサーブのジェットコースターはやめてほしいです。
    でもあれだけサーブ入らなくて、MPでのあのサーブは相手もいやだったでしょうね。
    まさかそれをねらってた??
    スクールでやるコーン狙う練習を圭君も試合の時にイメージしてやればサーブもっと入るんじゃない?
    チャンさんよろしく。
    なんてわたしがこんなこと言うのもおこがましいですが。
    でもサーブに頼らないでここまできた圭君えらい!
    まだまだ夢の途中ですね。
    圭君がんばってください。だんちょも。

      引用  返信

  • 今日は11時頃から出かける用事があって、2セット目で仕留めてくれ~って思ってたのですが(^^;)。
    それで、新幹線の待合室で流れたお昼のNHKのニュースで勝利を知りました。
    いや~、良かった!
    それと、まだ決勝があるのでとりあえずですが、4位おめでとうですね。

    明日は全部観れそうなので、楽しみです。
    頑張れ!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。