日本チームは2勝3敗の惜敗、プレーオフにワールドグループ残留の望みを賭ける

2勝2敗で迎えた最終戦、添田 vs. ポスピショルはポスピショルのストレート勝ちとなり、日本チームは2勝3敗でカナダに惜敗しました。

ランキング通りの結果となってしまいましたが、添田も全力を尽くしました。
ポスピショルがホームの大声援の中、実力をしっかりと発揮しました。

全体を総括しますと、エースの重責を果たした錦織の活躍はもう本当に凄い、鳥肌ものです。
ダブルスの添田・内山も勝利こそ逃しましたが、チーム戦としての役割をしっかり果たしました。
シングルスNo.2は2試合とも力及びませんでしたが、全体としては力を出し切っての負けではないでしょうか。
悔しくないとは言いませんが、日本チームは以前から言われているようにダブルスの強化が急務。内山が育ってきていますが、錦織に単複3連戦を強いることは極力避けたいので、カギとなることが多いダブルスをなんとかしないと今後も苦しい対戦が続くでしょう。

シングルスの50位以内の選手を育成するより、ダブルス専用選手を育成する方が近道だと思われます。内山はこのまま育ってもらうとして、あと1人、ビッグサーバーでネットプレーのできる選手が欲しいところですが、当面は錦織、添田、伊藤竜馬の誰かが内山のペアを務める状況が続きそうですね。
今回添田・内山が良かったし、伊藤・内山パターンも含めてちょっとツアーを回ってコンビネーションを磨いても良いかもしれません。

シングルスNo.2についてはランキング的にも、ワールドグループの中に入ってしまえば勝率が悪くなってしまうのも仕方のないところ。
デ杯は精神的負担がきついし、ツアーとはまた少し違った勝負となりますが、基本的には実力を上げていくしかない。
錦織が勝負強い、ギアを上げられると言いますがそれも確かな実力があってこそ。
逆に言えば、惜敗した添田・内山が勝負弱いということでは決してないです。心技体全ての要素が合わさって勝敗が決定します。
伊藤竜馬と添田は違ったタイプの選手で、ウェポンを持っているが押される展開ではトーンダウンしてしまいがちな竜馬に対し、我慢強く安定感があるものの爆発力が欲しい添田は、相手によって起用を分けていく必要が今後もあるでしょう。
また、彼らの後継者として数年以内に西岡、中川、ダニエル、内田など若い選手が育っていくことも必要です。
錦織は今後しばらく全盛期と言える期間が続きますから、そのうちにいろんな条件が噛み合ってさらにすごい結果を(ワールドグループ入りで既にすごい結果)出してくれることを期待しましょう。

77 件のコメント

  • 現地応援の皆様、お疲れ様でした。臨場感あふれるレポートをありがとうございました。
    負けてしまったからという理由だったんでしょうけど、選手団が挨拶もそこそこに引き上げてしまったというのはやはり残念ですね。
    次回は応援の皆様にも十分な配慮があることを期待しています。

    下団さん、いまさらですが∇高田コーチ、沖縄出身だけに「那覇!那覇!」
    すぐにわかった私って年がばれる・・

      引用  返信

  • 日本選手やチームの皆様、はるばるカナダまで行かれた方々、錦鯉の皆様、お疲れさまでした。

    錦織選手の大活躍はじめ、ダブルスでも惜しいところまでいっただけに、落ち込みました。
    でも今の実力ではこの結果ということで、今後の強化が大事ですね。

    内山・添田ペア、良かったですね。でもやっぱり団長さんの言われるような、ネットプレーもできるビッグサーバーがいればなあ…
    松岡さんのようなビッグサーバー、体格のせいか、日本ではなかなか出てこないですね。身長でいえば太郎君あたりが向いているような気がするんですが、身長だけじゃないですもんね…

    ともあれ選手が一番悔しい思いをしたでしょうし、若手・ベテラン共々、今後も応援しています。

      引用  返信

  • MIYAさん、KANさん、ありがとうございますm(_ _)m
    できればホームで試合させてあげたいなぁ。この時期、どの選手にとってもデ杯出場はフィジカル的に厳しいので、スケジューリングをどうにかして欲しいですね・・・ATPと連携を取って、もっと選手を大事にして欲しいなぁ。選手合っての大会なので。

    赤黄色さん、デルポは(チリッチと自分は)本調子じゃないので、プレイできればIWのダブルスに出場し、マイアミに備えたい、という記事を読みました。チリッチも結構深刻な状況ですね。

    はんなりさん、植田監督の対応はちょっと残念でしたね。テレビを通して応援の声はこちらに届いていたし、応援している映像をみて「選手たちの力になるだろうなぁ~」と感じました。いわば応援団は5人目のメンバーですよね。初めてのアウェイ、負けてしまったという事で余裕がなかったのかもしれませんが、監督の言動は選手に少なからず影響すると思うので、植田監督にはどっしり構えて欲しいですね。

    お!たっちゃん、IWの本線DA???

      引用  返信

  • 今からでは完全な結果論となりますが、
    第4シングルには西岡選手を使うべきだったんじゃないかなぁと思います。

    その理由は3つ。
    一つ目は、団体戦ではタイプの異なる選手で構成する方が相手チームは対策が取りづらい。
    西岡選手のように下がって拾いまくる守備型選手はプレッシャーのかかる試合では特に有効。
    対戦相手から見ると、自分から攻めないとポイントにならない。でもスピンの効いた深く攻めにくいボールが返ってくる。そうかといって甘いボールを返すとカウンターが飛んでくる。相手はリスクを負ったショットが必要になります。
    今回のような国を背負う試合では、試合が進むにつれメンタルからくる疲れが蓄積されてきます。5セットマッチという長丁場でさえプレッシャーとなります。
    卓球の団体戦でも韓国のカットマン(守備専門で時に攻撃してくる)に福原選手も石川選手もよくやられていました。不思議なのは個人戦では勝てるのに…ですよ。

    二つめは西岡選手のランキングは145?ですが、上り調子一本です。西岡選手は昨年のプロデビューから最高ランクを着実に更新してきています。常に階段を上がってきている選手です。
    デルレイではマトセを破っています。十分に勝算はあったと思うんです。

    三つ目は、IMGで厳しいノルマを毎年達成してきている選手です。次の大会もチャレンジャーでのポイント加算より、IWの予選突破を狙っている。「常に上へ」の目線がゆるぎなく、挑戦的で闘争心があります。身長171cmという大きなハンディーがあるのに、世界に立ち向かっている。
    アジア大会でも金メダルを取ったように大きな大会になるほど、力を発揮するのではないでしょうか?

    若手育成のためにも、今回の大会では、西岡選手を見たかった。
    わずか身長が171cmなのに、世界で戦っている西岡が見たいですよね(実は、これが最大の理由だったりして 笑)
    9月のプレーオフでは、西岡選手の躍動を是非お願いします!植田監督!
    万が一負けたとしても将来の日本につながります。

      引用  返信

  • 高田コーチがブログ更新されてました!

    http://www.tennis-navi.jp/blog/mitsuru_takada/cat1316/046106.php

    カナダ、アメリカ在住の方々、そして、日本からも多くの方々がバンクーバーまで応援に来てくれました。
    今回はアウェーでしたが、皆様のお陰でホームのようにも感じ、本当に力になりました。

    本当にありがとございました!!

    改めて,カナダまで応援に行かれた方々,本当にありがとうございました。9月のプレーオフはKeiくんが出場しないとしても,みんなで全力で応援しましょう!!

    それから,竜馬選手IWのDAおめでとう~♪ 「やれば出来る子」なので,シード選手をぜひジャイキリしてほしいですね。

      引用  返信

  • IWの予選ドロー出ました。豪くんは第2シード、西岡くんは21シード。太郎ちゃんもDAできました(((≧▽≦)))リンクはまだ更新されてないけど、貼っておきますね。
    http://www.atpworldtour.com/posting/2015/404/qs.pdf

    ■IW予選R1■
    添田選手-BOLT選手(AUS/164位)
    西岡選手-ZVEREV選手(GER/1067位)WCの選手、ラッキー!!
    太郎選手-BERRER選手(GER/161位)

    圭くんも到着したみたいですね~
    Kei Nishikori @keinishikori · 6分 6分前
    First hit at the @BNPPARIBASOPEN today. Feels great to be back here.

      引用  返信

  • 連投スミマセンm(_ _)m
    IWの予選ドローとOOPも出ました~。
    http://www.bnpparibasopen.com/en/2015-live/draws
    http://www.bnpparibasopen.com/en/2015-live/order-of-play

    中川君、早稲田のFuに出場するようですね。見に行きたいなぁ~
    http://www.itftennis.com/procircuit/tournaments/men's-tournament/info.aspx?tournamentid=1100034151

    Number Webより。
    カナダが用意していた「対錦織コート」相手の策を逆手にとった2勝の内実。
    http://number.bunshun.jp/articles/-/822856

      引用  返信

  • 現地で応援された皆様レポート楽しく読みました。ありがとうございましたm(_ _)m
    会場で流れているとの事だったので、私はツイッターで応援してました!
    チームは負けてしまったけど、ツイッターは63%まで行ったようで、これは嬉しかったデス^o^

    竜馬は第1試合という状況と、アウェーの空気にのまれたのか爆発できず残念でした。
    でも、ラオはTop選手ですから、仕方ないですね。
    ダブルスはファイナルセットしか観れてません。
    でもウッチーのプレーすごく良かった!このペアはいいですね。
    勝負の分かれどころ添田のゲーム、やはりあのダフォが痛かった。
    なので、第5ラバーは挽回する為にも添田が出るだろうと思いました。
    しかし第5ラバー1setまた勝負のサービスゲームでダフォ。
    そのゲームは急に硬くなったようで、ストロークも伸びてなかった。
    1stセットは何が何でもタイブレに持って行きたかったですね。
    そうすればもう少しポスピシルにプレッシャーがかかったはず…
    いつも圭の試合ばかり見てるので、あぁ、ここはもっと深く角度つけてほしいとか
    ここで攻めてぇ〜とか思ってしまうんですが、贅沢な要求かなぁ>_<
    こういうところを打ち破れると、添田ももっと上にいけるよ!頑張って〜!
    ポスピシルはサーブ、ネットプレー、スライスの使い方がすごくいいですね!
    勝負の掛け方も上手かったです。皆さんの書き込みを見ると、ケガで少しランクが下がってるだけなんですね。
    今後ちょっと気になる選手になりました。(かわいいしね!^o^)

    そして圭のラオ戦は、ほんとうにシビレました。鼻血ものでした!
    (上で紹介された山口さんの記事を見て)高速サーフェイスを利用してしまう順応力と
    ゆるがない集中力に鳥肌です。
    ワンチャンスを生み出す為にプレッシャーをかけ続ける勝負の上手さ。
    そのチャンスをモノにする力はすごいですね。強くなったな〜〜^^
    ブレバされても揺るがなかった。そこにラオはプレッシャーを感じてしまったのでしょうか。

    チームは負けましたが、圭の試合を通じて竜馬&豪にはもっともっと奮い立って欲しいし、
    若いメンバーにも刺激になったでしょうね。
    西岡くん伸びてきてるから、9月あたりに経験してもらいたいですね!

    語彙に乏しくだらだらと長くなり失礼いたしました。m(_ _)m
    とても見応えのあるデ杯でした!

      引用  返信

  • 伊藤選手IWにDAできて良かったですね~。
    IWの1回戦はシード選手とは対戦しないので、1回戦勝利を!
    (96ドローでシード32人は2回選から)

    あと3人もMSの予選に挑戦してくれてなんか嬉しいです。
    MSと500は予選でも1回勝てばポイントが入るので、もっとチャレンジして欲しいなぁなんて思います。

      引用  返信

  • 伊藤選手ほんとに少しの差でDA良かったです。

    改めていうのもなんですが、添田選手とほとんど差がないのに、ランキングってシビアですね。圭のシード順にも言えますが。

    予選3人出てくれたら、本戦前よりドキドキできていいですね。
    せっかく男女共催なので女子も注目していたんですが、4人出ていたのですが予選1回戦で全滅ですね。伊達選手もケガで苦しんでいるみたいですね。奈良選手も昨年のリオ優勝分が失効してランク落としてますので、頑張ってほしいです。

    GAORAが1日分放送してくれるので、3人とも頑張って本線入りして、テレビでゆっくり観戦したいです。

      引用  返信

  • @MIYA さん

    高田コーチのブログ紹介ありがとうございます。
    高田コーチは、選手団がいなくなってしまった後も、ガックリと動けないでいる応援団や、そこに自然に集まってきた日本人サポーターのところに長い間いらして、寄り添ってくださっていました。
    いつも挨拶したり、応援団の写真を撮ったりされていたのも高田コーチでした(^^)

    ヨッシーや中川選手も、応援団の太鼓に合わせて壁をドンドンやったりして、一体感があったんですけどねえ…。
    選手たちも、しっかり挨拶したかったんじゃないでしょうかね。

    カナダの応援団は、学生のマーチングバンドで上手いし揃ってるし、まあかっこいいんです(*゚▽゚*)
    それが日本の応援団に被せて、かき消すように演奏を始めるので、負けじと日本も頑張るという応酬。
    応援団のみなさん本当によく頑張ってくださいました。
    選手も心強かったことでしょう。

    ツイート合戦もすごかったですねえ。
    カナダにツイートしてサポートしよう!と、会場では何度もマイクで煽っていましたが、結果が表示されるたび日本の方が伸びていて盛り上がりが伝わりました。
    ツイート紹介で知っている名前を探したのですが、残念ながら見つけられず(._.)
    唯一「茜」さんというのがあったのですが、こちらのあかねさんじゃないですよね(^^;

    連日デ杯を引きずった長文すみません!
    もう落ち着きますw

      引用  返信

  • @はんなり さん
    応援団の皆様の想い、絶対選手やコーチ、スタッフに届いたと思います!!!私も頑張ってツイートしましたが、こんなにも応援してる人がいるんだ~って心強いですよね(^▽^)こういうのも、現地ならではレポートなので興味深いです、ありがとうございますm(_ _)m

    圭くん、チャンコーチと練習始めたみたいです~
    https://www.youtube.com/watch?v=n3u7h3PCgC0&feature=youtu.be

      引用  返信

  • 少し前に「NHKでマスターズ放送」の書き込みがありましたが、NHKのサイトに詳しく載っていました。(既出だったらごめんなさい)
    インディアンウェルズとマイアミは2回戦から決勝まで毎日1試合、準決勝・決勝は生で放送予定
    またツアー ファイナルは男子シングルス全試合を放送するそうです。
    NHKの力の入れようはすごいですが、これを機にテニス全般への興味が高まる事を期待してます。
    それに先立って「ツアー放送開始スペシャル」もあります。
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennis/index.html

      引用  返信

  • MIYA さん、伊達選手は心配ですね(T_T)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150310-00010006-tennisnet-spo
    以前に伊達選手自身は単複両方で頑張りたいみたいにコメントしてみえましたが・・・本来の利き腕を痛めて無理するのは辛いですね(T_T)

    みけさん、ありがとうございます(T_T)せんだみつおさんのギャグというと「なは!」しか思い浮かばなかったもので・・・
    マスターズの放送は楽しみですね(≧▽≦)

    広州CHの1Rで守屋選手が 5-7、7-6、6-0で逆転勝ち!1、2セットともに5-4のSFSを落としての苦戦でしたが、勝てたことが大きいと思います。2R以降も勝ち進んで復調してほしい!
    太郎選手、IWの予選に入れて良かったですね~(^^)ソースを貼れませんがマイアミの予選もWCをもらえるみたいな情報(IMGパワー?)もありましたので、少しずつでもポイントを稼いでほしいですね!
    皆さん、頑張れ~!

      引用  返信

  • >下団さん
    伊達さん,本当に心配です。前の現役のときから,基本,思いつめるタイプなので,シングルスは観ているこちらの方がつらくなります。ダブルスに専念した方が,ファンも楽しめると思うのですが…。左はそもそもの利き手で,バックは左手主導で打つタイプですし,その影響で右肩も痛めてしまったようなので,今回はかなり深刻かもしれません。

    スレの流れから脱線ばかりでスミマセン。

      引用  返信

  • スレ違いですがもうすぐIWのドロー発表ですね。
    IWはマイアミで4シードとれる位の活躍で十分かなと個人的には思っております(もちろんいけるとこまでいってほしいですけどね!)
    そしてマイアミで爆発!してくれたらいいなあ。
    クレーは失効多いのでそれまでに貯金が増えることを願ってます。

      引用  返信

  • やっと錦織VSラオ、フルで見れました。
    すごいっすね。 デ杯1Rのベストマッチでしょ
    錦織選手の頭の悪いプレー 冴えわたりですね
    普通は、プレー内容とか、これからすべきこととか、起こりうることまで、頭で考えて、それを目の前のテニスで表そうとするんですね
    でも最後の表現の部分、必ず頭と体にギャップが出る
    普通 絶対 そうなります すると、ファイナルセット 4-4 から、必ず 硬くなる
    錦織選手は頭を媒介せず、テニスから感じて それを直接テニスで表現する それだけの生来のセンスがある
    日本人は 頭を使え と訓練されてきたけど それはある程度までは正しいけど そっから上は 頭を使わないほうが 強かったり します
    こういうの、集中力とも言うんでしょうが、集中力と 頭は 反比例するんですね。
    こういう選手、いま フェデラー、ナダル、そして錦織くらいでしょう
    ジョコビッチでさえ、競ると頭が出てきたりしますよね
    錦織選手と 他の日本人選手を比べるのは酷ですね
    錦織選手は やっぱり テニスのセンスが尋常じゃないですね。

      引用  返信

  • たくさんの皆様から暖かい励ましのお言葉をいただき、本当にありがとうございましたm(__)m
    10日の夜に無事帰ってまいりました~(^^)/
    日本チームとしての負けは残念でしたが、対ラオニッチ戦での魂のプレーを観戦できたことは、一生の思い出になりました。
    圭くんの気迫は凄まじく、ラオくんも会場全体も、その雰囲気に飲まれていたように思います。
    まるで、青白い炎が身体から立ち上っているようでした!
    勝利の瞬間の喜びは、もう言葉には言い表せず、今思い出しても胸が震えてくるほどです。。
    また、その喜びをこのブログで知り合えた方々と分かち合うことができ、本当に感謝に耐えません。
    次はマスターズですね!デ杯で得た自信と勢いで、初マスターズ制覇に向けて頑張れ!!Kei!

    bucchiさん、イタリアチームも負けちゃって残念でした。。でもダブルスは勝ってましたね(*^^)v

      引用  返信

  • >ジェルミさん

    お帰りなさいヽ(*´▽)ノ♪ 応援お疲れ様でした♪ またレポートもありがとうございました

    あの試合を生で観れたのは、本当にうらやましいです。後で今年を振り返った時に、また一つの転機になったとなるのかもしれませんね(^-^)/

    青い炎が見えましたか…。いつものほんわかとあの勝負師とのギャップがたまらないですね!!

      引用  返信

  • @ジェルミ さん
    お帰りなさい(((o(*゚▽゚*)o)))行く前は色々不安だったと思いますが、思い切って行って良かったですね!圭くんの魂のプレー、テレビでも伝わって来たので会場で見たら迫力あったでしょうね〜羨ましい♪───O(≧∇≦)O────♪応援とレポート、ありがとうございました*\(^o^)/*

    でもでも、またIWも始まるのでノンビリしてられないですね〜。日本人選手も沢山出場するし、ボレッリも応援しなきゃだし、もう忙しいわぁ〜(笑)。私もいつかジェルミにさんにお会いして、圭くんやボレッリを一緒に応援したいです

      引用  返信

  • ジェルミさん
    おかえりなさい
    現地での応援お疲れ様でした&レポありがとうございました

    ラオ君との対戦 本当に凄い気迫でしたね
    テレビで観てても鳥肌ものでしたが 現地で体感されたものはそれはそれはすざましいものだったのでしょうね
    青白い炎が身体から立ち上がってるよう とは実に見事に言い得た表現ですね

    必要以上に大声を出すわけでもなく 特に派手な動作を見せるでもなく
    静かに集中を高め 気迫あるプレーで相手を威圧する小さくて大きな大きな選手
    本当に魅了されますね

      引用  返信

  • ジェルミさん、無事の帰還、お疲れ様です(≧▽≦)
    Iwでボレリ選手は再びラオ選手の近くにいますね~再度のジャイアントキリングを期待ですね!
    ところで北〇の拳ではラオウ〇ッチが赤いオーラ(闘気)でケイ〇ロウが青いオーラをまとっているみたいな設定のゲーム?があるそうですが・・・それが見えるとはジェルミさんは格闘技経験者(@_@;)?
    それは冗談として、錦織選手は強者が持つ独特の雰囲気を身につけてきましたね~険しい道程ですが、さらなる進化を期待したいですね!

      引用  返信

  • MIYAさん、bucchi さん、しまちゃんさん、ありがとうございます!
    拙いレポにお褒めの言葉をいただき恐縮です(/_;)
    現地でも、数では負けてましたが、ツイッターでの応援や、皆様のコメントに、こちらこそ毎日たくさん勇気をいただいていましたよ!
    下団さん、そんなゲームがあるのですね!圭くんはいつも、静かに燃える青い炎のイメージです。言われてみれば、ゲームではないですが、動きの美しさが剣舞のようでもありましたね。。
    ・・って私もデ杯を引きずって、また語ってしまいましたが、IWにモードを切り替えて応援します!(^^ゞ

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。