あれ?負けてないはずだけど負けた?腑に落ちないチームの敗北。錦織は単でモンフィスに勝利(2015IPTL神戸大会 初日)

2015 International Premier Tennis League (IPTL)
Kobe 1st day
Japan Warriors vs. Indian Aces
Mixed D: Sharapova/Herbert 6-5 Mirza/Bopanna
Women’s S: Sharapova 6-4 Stosur
Legend S: Safin 2-6 Santoro
Men’s D: Nishikori/Herbert 4-6 Monfils/Bopanna
Men’s S: Nishikori 6-4 Monfils
Total: Japan Warriors 24-25 Indian Aces

セット数ではなくゲーム数で勝負が決まるこの大会。錦織率いるジャパン・ウォリアーズは3勝2敗と勝ち越しながらゲーム数で24-25と負け越し、残念ながらインディアン・エーシーズに敗れました。

ん?ちょっと待て。確かこの大会、第5セットは特別ルールが適用されていたじゃないか。

LAST SET IMPORTANCE

The final Set of each Match is played until the team with the highest overall score wins the final game. However, if the second-placed team wins the fifth Set and is still behind in the total number of games won, the Set continues until that team wins enough games to tie the overall games score, or the leading team wins one more game. If the overall game score gets tied, then a Super Shoot-Out is played.

The official Website of the International Premier Tennis League | Format | IPTLWorld.com

大会公式サイトより引用。これを分かりやすく日本語にしますと、

  • 第5セットを取ったチームがゲーム数で負けている場合、そのチームがゲームを取り続ける限り試合は続行する。
  • 負けていたチームがゲームを取り続けてタイに持ち込んだら、スーパーシュートアウトで勝負を決める。
  • スーパーシュートアウトは10ポイントタイブレークだが、9-9になったら次の1ポイントで勝負を決める変則型。
  • タイに持ち込む前に、それまでリードしていたチームが1ゲーム取ったらリードしていたチームの勝利。

これを本日の結果にあてはめますと・・・

  • 第5セットの錦織 vs. モンフィスは錦織の6-4で終わりましたが、チーム全体としてゲーム数は24-25で負けていたので、試合続行。
  • 錦織が次のゲームを取ると、25-25になりスーパーシュートアウトで勝負を決める。
  • モンフィスが次のゲームを取ると、26-24でインディアン・エーシーズの勝利。

これが正しいルールのはずですが、なぜか錦織 6-4 モンフィスの時点で試合が終わってしまいました。

TVの放映枠の問題?ルールの理解が進んでいない会場の雰囲気に流された?なんとなく?
様々な憶測が流れました。
ルールをいろいろ変えてみるのは(私はあんまり面白いとは思いませんが)、まあいいです。でもルール自体が変わっちゃうのはなあ・・・。

そもそも上記ルールにより、

「いくらビハインドでも理論的には逆転可能!」

ってするために、セット数ではなくてゲーム数で勝負を決めることにしたんでしょうに・・・。

意味ないじゃん!!!

と思っていたところでしたが、その後のテレビ朝日の解説によって、

「モンフィスが怪我のため、棄権を申し入れた」

とということが分かりました。

そうか、ウンウン。それならしょうがないね!

( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ ) ってなるかーい!!!

棄権はしゃーないです。モンフィスお大事に。
でも、棄権したけど勝利?なーにそれ、ウフフ(はーと)

分かりにくいです・・・。
公式戦じゃないから、お祭りだからいいじゃん?ってノリなのでしょうか・・・?
様々な独自のフォーマットもそうですし、この大会って日本人の感性に合ってるのかな・・・?と思わずにはいられませんでした。

ですが、シャラポワ、サフィン、錦織、奈良などスター選手が同じベンチに座り笑顔でハイタッチ、そんな光景が見られただけでもワクワクしたのは事実です。

関西のテニスファンにとっては待望のイベントだったことでしょう。
観客席が近く、フェンスが低くてサービスが飛び込んでくるくらいでした。
サインも楽天オープンよりはもらいやすかったように見えましたし、イベント的要素が強いということで選手もファンサービスに対する意識も高かったですね。
選手と2ショット写真を撮って一生の思い出になった人もいたことでしょう。
そういうところは良かったなあと思いますし、錦織も体調は悪くなさそうなのでイベントとしては成功ではないでしょうか。

明日は錦織の出場予定はないようですが、恐らくベンチには座ると思います。
あと2日、現地組の皆さんは存分に楽しんでくださいね!
余力があれば、現地レポートもお待ちしております!!

13 件のコメント

  • 団長様、早速にありがとうございました。やはり、モンフィス棄権により、あの結末になったのですね。本当に豪華なメンバーの試合を沢山見ることが出来て、幸せでした。あとは圭君、体調に気をつけて、怪我だけはされませんように!モンフィス選手、お大事に!

      引用  返信

  • 団長さま、解説ありがとうございます。モヤモヤして眠れないところでした…。と言いたい所ですが、やはりモヤモヤしますねーww
    棄権なら何故交代のルールが適用されなかったんでしょ?私はテレビ観戦でしたが、WOWOWさんも混乱してましたね。「とりあえず今日のところはこれで終わりのようですw」って、ちゃんとルール解説してたのになんだか可哀想になっちゃいました。
    エキシビに熱くなってもしょうがないってことなんですかね…。圭くんの笑顔がたくさん見れたので、良かったと思うことにします…。。

      引用  返信

  • 5セット目の特別ルール…勝っている方が棄権すれば、そのままチームの勝ちが決まる、なんていう抜け穴があった?

    素人の遊び仲間のテニスでもそんなデタラメなルールは適用しないですよね。
    お祭り、エキシビションとは言え、勝負事には勝ちたい人々が集まっているでしょうに。

    折角、魅力的な選手が集まっているのに、運営がめちゃくちゃだと興ざめも甚だしい。
    ここは潔く、運営側の謝罪と今年は「5セット目の特別ルール」見送りを決めて欲しいものです。

    本日以降の試合で、特別ルールが適用されると昨日のJAPANの負けはなんだったのか?となってしまう。

    プレーの中での「遊び」は合っても良いと思いますが、ルールの「デタラメさ」があっては台無しです。

    一晩明けて、ちょっと怒りがこみ上げて来てしまったので、雑文失礼しました。

      引用  返信

  • 現地観戦して参りましたー
    最後は私も試合終了したと思って帰り仕度を始め 会場を後にしちゃいましたがまだ終わってなかったんでしょうか💦
    各席に置かれていたパンフには細かくルールが説明されていたのですが 浮かれててちゃんと読んでなくて第5セットの特別ルールは見落としてました(^_^;)

    でも 大会はとても楽しめましたよ〜
    夜に開始の第2試合に間に合えば と思っていたところ 予定が変わり 第1試合に間に合うように出発できる事になりウッキウキで出かけましたv(^▽^v)♪

    圭くんは第2試合ですが お客さんは結構しっかり入っていて(特に上の方が)
    まだ試合開始前でしたが中に入った時から音楽と照明の効果もあってか既に熱気を感じる会場の雰囲気で 早めに来られていた隣席の方から「ついさっきまで錦織君が髪の長い選手(ブラウンね)と練習してましたよ」と聞いて なるほど〜!圭くん登場の余韻が残ったこの空気感だったのね と納得!

    そうこうしているうちに 外国人のMCの方がマイクを持って踊りながら盛り上げ始めましたが 観客の反応も良く手拍子で応えながら ワクワクで選手入場を待ちました
    会場はそんなに大きくないので一体感を感じやすいと思います

    キリオスのサーブやショットのスピードに 何度も「おぉ〜」っと歓声が上がったり サントーロのマジックに感嘆のうなり声が聞こえたり モンフィスに「アレー」の掛け声がかかったり ジャパンウォーリアーズに関係なくナイスプレーには自然に拍手が起こったり 会場の雰囲気も このお祭りのような大会を楽しんでるって感じでした
    モヤやサフィンなどレジェンドの入場の際の歓声が大きく 古参のテニスファンも当然多くいらっしゃったようですし
    反対にトイレ待ちの列に並んでいて聞こえて来たのですが「圭くんとシャラポワくらいしか分かんないねー」などと話されてる方もいらして 新しいテニスファンが生観戦に足を運んでいる実感に圭くん効果だなあと嬉しくなりました

    圭くんの男ダブも含めてレアなダブルスや レジェンドの試合が観られたり 団体戦ならではのベンチでの盛り上がりなど楽しめる要素がいっぱいでした

    個人的にはサフィンのファンだったので 生サフィンが観られて感激です!
    しかも 現役当時のような怒りを出しながらのプレーが懐かしくて❤️まぁるくなったサフィンなんてサフィンじゃない?!ですもんw
    ベンチのチームメイトはレジェンドには気を遣うでしょうから ハラハラしてたかもしれませんがw

    他の選手も もちろんツアーの試合程の集中力ではないですが 結構マジに試合をしていたので見応えありました

    圭くんはベンチでも飾らないいつもの圭くんで 他のチームメイトが立って拍手してても ワンテンポ遅れて拍手してたりw かと思えば誰よりも早い反応でナイスプレーに拳を突き上げて応援したり
    負けちゃったけどピエールとのダブルスの時には会場の音楽に合わせて体を小刻みに揺らしてノリがら歩いていたり リラックスして楽しんでいたのではないでしょうか
    シャラポワも自分が出ていない時も音楽に合わせて体を揺らしていたり 選手の楽しんでいる雰囲気が伝わってきて良かったです

    では 圭くん出ないようですが本日も行って参りまーす

    シャラポワが音楽に合わせて体を揺らしたり 圭くんもダブルスの時のコートチェンジの際にリズムにあわせて体を動かしたりしていて

      引用  返信

  • すみませーん
    さっきのコメントの最後の2行 書き直しながら気付かずペースト しちゃってダブってしまいました(^_^;)

      引用  返信

  • 昨日の大会をみていてやはりシャラポワはスターなんだなと改めて思いました。顔も大人になったし。鍛え上げられた立派な身体が放つオーラに、ベンチでとなりに座っても奈良選手はちょっと話しかけづらそうでした。

      引用  返信

  • しまちゃんさんレポートありがとうございます。
    すごくワクワクが伝わってきます。(いいなぁ〜〜)
    またお聞かせくださいませ!^^

      引用  返信

  • しまちゃんさん
    現地レポ、ありがとうございます
    m(__)m

    今日も楽しみなカードばかりですね。羨まです。生セレナ、迫力ありそう。

    テレビで観てると、観客の反応がうすいなぁと感じるときがあったのですが、会場は盛り上がってたのですね〜
    良かったです。(デ杯を見た後だから静かに感じたのかも…)

    錦織、エルベールペア、負けちゃって残念だったけど、スーパープレーもいっぱいあって楽しかったですね。もう1回、見たいなー

      引用  返信

  • さきほどのWoWoWのtweetにありましたが、「最終セットの特別ルールは大会側のルール変更により、適用されない事となりました」そうです。
    https://twitter.com/wowowtennis/status/672335739116322816

    昨日、公式ホームページに書かれていた気がする特別ルールも、12/3 18:00現在削除された気がします。
    http://www.iptlworld.com/format

      引用  返信

  • まぁ、確かにルールに関しては「?」ではありますけど、まだ試行錯誤って事ですね。最初に見始めた時はパワーポイントやノーアドに結構違和感ありましたけど、確かに戦略的になる部分もあるので面白いとも思います。興行的に成功してあと何年か続けばルールもこなれてくるでしょうね。私的には総ゲーム数では負けてしまったとはいえ、モンフィスに勝ったには違いないから良しとしたいですけど、スロースターターの圭君には少々不利ですね。

    チケットがかなり高額なんですけど、男女のトップ選手が同時に見れると思えばそんなのGSの2ndWeekのセンターコートくらいしかない訳で、「おいしいとこをちょこっとづつ」みたいなもんだと思えば価値がある気もします。夢のミックスダブルスとかレジェンドも見れる訳ですしそんなに悪くはないかな。でも私にはちょっと手が出ませんけど(汗)。

    サントーロ、現役時代の印象はあまりなかったんですけど、凄い戦略的なテニスで面白かったな。

      引用  返信

  • 皆様情報ありがとうございました
    昨夜は
    ・5セットマッチの特別ルールが早速適用されゾ
    ・錦織の活躍でチームが逆転勝ちするかも
    なんて、ワクワク、期待感があっただけに物凄い肩透かし→一夜明けての怒りコメントになってしまいましたが少々大人気無かったようです。
    全面的にルール無適用ということであれば良しとします。

    チームの勝敗はともかく、各選手の試合はほぼ真剣勝負ですしね。

    本日は錦織不在のようですが、他の試合を楽しみます。

      引用  返信

  • 初めまして。私も気になり、ネット検索とともに、直接WOWOWに問い合わせメールを送りました。「最終セットの特別ルールは今年は適用されない」のだそうです。

      引用  返信

  • roroさん ryoさん ありがとうございます

    お祭りのような大会のワクワク感が少しでもお伝え出来たのなら嬉しいです♪

    楽天の時でもそう思うのですが 会場の雰囲気はテレビを通して観ると少しおとなしめに感じますよね
    デ杯のような大声援とはいきませんが拍手や手拍子で楽しく盛り上がってますよ(^^♪

    2日目のご報告もまた書かせていただきますね

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。