ほろ苦いレッスンは、次回に望みを繋ぐ大接戦(2015WTFラウンドロビン第3戦 vs. フェデラー)

2015 ATP World Tour Finals
Round Robin Stan Smith Group
Roger Federer[3] def. Kei Nishikori[8], 7-5,4-6,6-4

いや〜、見どころ、勝負のポイントがありすぎてどうまとめればいいか分かりませんが、一昨日のベルディヒ戦と合わせて内容的に見るべき点が多かったので、来年に繋がる試合だったと思います。

でも負けは負けなので、錦織は相当悔しいに違いありません。私も、あそこまできたら勝って欲しかったな〜、という思いもあります。
が、現状の力を出し切っての負けですし、力を出し切れば通用するということを再確認できたので、自信になったと思います。

フェデラーは、これまでの対戦の中で最も多彩なフェデラーだったと思います。
1stセット4-4まではどちらかというと錦織ペースだったと思います。それまで錦織はストロークのウィナーを1本も浴びていませんでしたし、ラリーになったら高い割合でポイントを奪っていました。
しかし、4−4から強いのが王者のテニスですね。言い換えれば、マージン(余裕)の違いです。

私が大学の頃、強い先輩に「最初から全部の武器を見せるな。4−4まで隠し持っておけ」と言われたことを思い出しました。
錦織のリズムになりかけていたところを、サーブの配球を変えることによって錦織の足を封じました。しかもセカンドサーブで。
ストロークでも、あえて狭い方に打ち甘い球を引き出してからオープンコート。
バックの強打にはスライスを滑らせミスを誘い、
錦織に余裕がないことを見抜くとドロップショット、ネットプレーと仕掛けてきました。

これだけ途中、押していながら最後はセットを取られてしまい、やや気落ちが見られる錦織。
ショットとしてはバックのストレートを(いいショットもありましたが)、もっと自在に使えるようになったらな〜とやはり思ってしまいました。

サーブ力に差があるのは短期的にはどうしようもないので、連続して1stサーブが入らない場面を作らないこと、これだけでも効果があると思うので意識して欲しいです。
具体的な本数として3本連続で入らないと黄信号です。あと、デュースからは確率高く入れないと。

しかし、今日はやはりフェデラークラスの選手に勝つためには攻めないとだめだと再確認しました。
しかもミスを一定以下に抑えることも同時に求められます。1stセットの終盤まではウィナー>エラー状態を維持してかなり良い感じでした。
が、前提的にはフェデラーの方が効率的なゲームの取り方をしていたかな。

2ndセット、トーンダウンしたままストレート負けをしなかったのが今日の最大の収穫だと思います。
最初から全力で走って、逆も突かれていたので体力的には相当な負担があったことと思います。
それによってプレーレベルが一時、落ちましたがそこから持ち直して2ndセットを取ったのは本当に素晴らしい。

ファイナルセットも息切れすることなく、最後ほんの少しの甘さによって敗れてしまいましたが、「完走した」感があって充実した試合だったと思います。
全米以降の調子を考えれば、この大会で1勝してフェデラーにこれだけのレベルの高いテニスをすることが出来たのは上出来だと思います。
「錦織の年末帳尻合わせ」は今年も健在でしたw

オフシーズンに様々な強化、対策を練って欲しいと思っています。

・サービスのフォーム改善
・スマッシュの安定感
・デュースサイドのワイドサーブへの対策
・バックハンドのストレートの使い方
・跳ねるセカンドサーブ対策
・高い球で後ろに押しやられたときの対処

やることありすぎですね・・・。
そして、来年こそ1年間通じて怪我なくツアーを回れること、これが一番ですね。

今年の結果は、去年と比べると物足りないと感じるかもしれませんが、去年と同じ54勝を上げています。
平均的に勝つ力は去年よりアップし、ちょうど全米準優勝分だけポイント、ランク的に及ばなかった感じです。
1位を目指す上ではもう少し結果を出したかったのは事実ですが、概ね1年間がんばって良い結果を出したと言えると思います。
いいときも悪いときもありますが、来年も変わらない気持ちで応援していきたいと思います。

オフシーズン、まだドリームテニス、IPTLとありますのでよろしくお願いします。

224 件のコメント

  • 皆んなさまの リアクション 100% 同感!チャンピオンのテニス🎾 観衆の心をとらえる 面白みが 見えにくい 、対して ラージャーや 錦織K やラファ のプレーにある パーソナリティー(人間味)が 人の心を捉えると云う意味で。錦織Kには スター クオリティーが溢れてます!🎾

      引用  返信

  • いつの時代も完全王者はアンチも多くなって、判官贔屓の日本人にとってはなおさら今の完全無欠のジョコビッチは応援しにくいですよね。

    ボルグ、マッケンロー、レンドル、フェデラー、ナダル 過去 今のジョコビッチと同等の無敵感に溢れていた人と比べても遜色無いというか、むしろ上を行っている気がします。

    ジョコビッチ戦になると私も若干相手寄りの目線で見てしまうことが多いので、(上述の選手全員に言えました)、来年はもっとジョコ自身のプレーの凄さに注目してみようかと思います。

    果たして年間GSが取れるか?全仏が取れるか?
    錦織はジョコビッチに必ず辿りつくことを目標にして欲しいです。
    ベスト8以上に残ることになりますし、なにより一番参考になるプレーヤーでしょう。

    フェデラーのボレーセンスは真似できなくても、ジョコビッチのボレーに出る戦術は真似できそうです。
    カルロビッチのサーブは打てなくてもジョコのプレイスメントは目指すべき方向に思えます。
    なにより、あの攻守一体のストロークは調子が良い時の錦織そのものな気がします。

    来年は今年以上に対戦数を増やして、厳しいレッスンを受けてもらいましょう。
    たまに先生の調子が出ない時は、やっつけてしまうのも恩返しですし。

    3年以内に打倒ジョコビッチ!

    まぁ、その他の先生方にも時折稽古つけてもらいながら‥

      引用  返信

  • 節穴さんのジョコ感、おっしゃる通り!カムイさん、そうジョコはプレイスメントが神がかっている・・。圭も得意と思いますが、絶対的にジョコはミスが少ないですね。

    コメントを下さった皆様、本当にありがとうございます!お言葉をいただくと本当にヤル気がでます。
    そう、イマドキすぐに素人が撮った写真、とわかるところがイイでしょう?・・(T_T)。

    O2ですが、隣のレストラン街にある食べ物でさえ、持ち込みは禁止です。もう一度セキュリティがあり、超ミニサイズのキットカットでさえ没収され、中にあるホットドッグ、ハンバーガー、和食も、そういったスタンドのもののみが法外な値段・・いえいえ、席で堂々と食べられるものです。ホットドッグやサンドイッチは6ポンド、ハンバーガーは9ポンド、です。全米のハンバーガーは同じ数字、9でしたが「ドル」ですから、ロンドンの方が60%くらい高いことになりますね。250mlのコーラは2.5ポンド、450円以上じゃないですか。
    帰りは一万人以上が最寄り駅からの地下鉄を利用するのでO2の入り口まで続く長蛇の列になります。20分近くかかるでしょうか、駅に入ってしまえば驚くほどすんなりとぎゅうぎゅう詰めでもない電車に乗れますが、同じ待つのでしたらO2内でギリギリまでいた方がいいですね。ギフトショップでは、ツイッターであげて大人気だったマグカップやタオル、シャツなどたくさんありました。プログラムを10ポンドで買うと、中に毎日のデイリーアップデートの引換券が付いており、プログラム売り場に持って行くと毎日、前日の結果報告の冊子をもらうことができます。

    この日のシングルスマッチはマリーvsナダルでした。スピードのある強打はマリーですから、彼が押しているように見えるのですが、何よりもとにかくテニスは相手コートに返し続けた方が勝ちなのだなあということを実感させられた試合でした。ナダルのスピンも素晴らしかった。マリーはデビス杯のために一つか2つしか試合をしないかも、との報道をここに流したのは私ですが、ポイントを失えば本気で悔しがっていた様子からは多少なりとも手を抜く可能性はおくびにも見えませんでした。実際私はその報道のことはすっかり忘れていましたし。私のまさに真ん前にメディカルトレーナーの人が座っていたのですが、マリーが後ろを向いておもむろに指でチョキチョキ、はさみのマネして「scissors」って言ったのです。ベンチ真後ろからは何に使ったのか全くわからず、翌日になって新聞を見るまでそれは前髪を切るためであったとは知りませんでした。イギリスの新聞の見出しがおしゃれです。”Hair stylist Nadal left fringe with Murray” ですって。

    シングルスの後はデイであろうとナイトであろうとすぐに会場から出されます。各ブロックに「出て下さい」用の人員が配置されますので。で、ブースに入って遊びました。二人組で8人の選手に関するクイズ「今シーズン1セット取られたあとに最終的に勝つことが多かったのはどちら?Nishikori or Djokovic ?」など一瞬考えるものもありましたが簡単なものもたくさんあり10問やって勝敗を競います。また、実際の優勝カップを持って撮影してもらいました。写真はもらえます。メルアドにも送ってくれます。 実際今回の優勝者がもらうカップなので触らないで、でもハンドルはいい、というのでハンドルにベタっと触ったら違う、リボンの部分のみで!って・・ジョコごめんなさい・・。でもハンドル部分、プラスチックなのお?と思えるほど、リカちゃんの家具みたいな、なんかチープな感触でしたけどどうなのでしょう。
    続きます。

      引用  返信

  • これらのブースはコート2,3と隣接しています。すぐ目の前にフォニーニとボレッリが練習していました。二人共イタリア人の絶対に知人ではないおじいさんに何やら話されていましたが(絶対テニスのアドヴァイス!(^o^))、ちゃんと話を聞いてあげていて驚きました。ベルディヒ練習時には、他の選手のインタビュー(しかも今回のトップ8ではない人達の)が大音量で流れていて、練習に支障をきたすほどのボリューム。トマシュのコーチがスピーカーの線を切ってやるっていうジェスチャー。止まったのにまた始まったらトマシュも観客側をみて「どうするよコレ!」と肩をすくめるポーズをして笑っていました。その前からトレーナーとニッコニコでしたので、圭に敗戦後であるにもかかわらず、まだ試合ができるのが嬉しいのだなと感じました。

    会場で印象的だったのは、TVで見るよりセンスのいい青いライトが本当に綺麗だったこと。そしてチャレンジの最中は真っ暗になりスポットライトの証明が客席を照らしていき、これは熟睡中に家族にバチッとスイッチオンやられるほどの凄いマブシさです。
    他の試合でもやったらかっこいいのにそれではファイナルズの特別感がなくなるか。それにしても今年のロンドンは暖かく、とうとうO2クーラーをかなり効かせました。
    ダブルスではドディグがスーパープレイを連発して楽しかったです。ダブルスの選手でも試合前のフォームアップ中、あのドクッドクッの心電図演出の電光掲示板に出身や身長体重などの情報が流されます。少しでも選手のことがわかった方が楽しめる、という気遣いが嬉しいです。ですが本当のことを言うと、時差ボケがたたってこの試合中、何度かウトウトしちゃいました!サイドコート二列目というのに、全く会場が暗くて助かりました。隣の老夫婦に笑われましたが、次のワウリンカvsフェレールに備えてスッキリできて良かった・・・でもファイナルズの二列目で寝るなんて(;´д`)トホホ…  ごめんなさい。

    フェレールはワウに対してセットポイントまで取ったのに、それでも勝つのがワウリンカ、上位である証ですね。今回高さのない真横で見て、どうしたものか、フェレールの身長の低さが、なぜかテニスしやすそうに見えたのです。ラクに普通にフォアを打つと自然にちょうどオーバーネットの高さに行く。なんだか高さちょうどいい、と感じてしまったのですが違いますかね。サーブは不利ですが。
    スタンはとにかく客席を見ますね。このヘンのあなた達はどちらの応援?と言わんばかりに私達周辺を見て”Call me Stan if you are on my side.”って言われたので何人かでスターン!と言ってあげました(ほんとはちょっとフェレール・・)。そして、勝利後、コートを去る前にサインをいただくことができました〜。

    ちなみにアメリカに戻ってTVを見ていたら、選手に今シーズンの自己採点をお願いしていて、10点満点で、とお願いしているのにみんなずっと喋っちゃって☺ちゃんと数字で言ったのは圭とベルディヒのみ☺。ベルディヒは7.5点、圭は「怪我があったので」7から8の間、ノヴァックは今まででベストシーズンだそうです。

    帰りの車の中では運転手がコンゴ出身のものすごいジェントルマン(サスガUK、多いー)。テニスを見てきたと言ったらすかさずNishikoriですねっ、って!すご〜い圭。 ロンドンに着ていった服、持って行ったカバン、全てが愛おしく感じて荷ほどきできないほどです。圭が練習の時にしばらく笑っていたこと、ベルディヒもフォニーニもとにかく笑顔が多かったことなどもあり、選手が全体的に幸せそうに見えてたまりませんでした。本気で負かしたいライバル同士なのに、世界トップ8人のみが経験できる孤独と幸せをシェアしている。同じ経験は世界で8人のみ。圭は今回はじめてロンドンでセンターコートに足を踏み入れた時、「エモーショナルになった」と言った時の声色がなんとも感慨深く、そこで戦う日本人を見せてもらえる私達も本当に幸せですね。

    “Singles is about to start.” のアナウンスを聞いて背中がゾクゾクしながらエスカレーターを駆け上った。こんな経験をさせてもらって本当に圭くんに感謝です。乱文失礼致しました。

      引用  返信

  • ゆきんこりさん
    たくさんの写真とレポートほんとにありがとうございます。
    みなさんおっしゃる通り、写真はプロでない1ファンが撮った感がすごくいいですね。かえって自然な表情が撮れてるように思いました。
    選手が全体的に幸せそうにみえた・・・というレポートになんだか胸がほっとしたような安心したような気持ちになりました。
    トップ8人のみが参加できる特別な大会、そこで戦えることの幸せを感じ厳しい試合をも楽しいんでいるのでしょうか?
    ゆきんこりさんもとっても幸せな時間を過ごしたようですね。選手から幸せのおすそわけですね(^^♪
    これからも現地レポートでゆきんこりさんの幸せを私たちにわけてくださいね。

      引用  返信

  • ゆきんこりさん、お疲れ様です。ご無事で帰国されて何よりです。いつものように私たち鼻血ブログ読者のためにロンドン現地レポたくさん寄稿してくださってありがとうございました!m(__)m臨場感溢れるレポ、ゆきんこりさんならではの特ダネてんこ盛り、全部楽しく読ませて頂きました!感謝の一言につきます。私も圭君のようなあり得ない日本人プレイヤーを応援出来る幸せを思いっきり噛みしめてます。圭くんにも感謝。土曜日のドリームテニス運良くCS席ゲット出来たので楽天以来また圭くん生観戦出来る幸せな時間が待ちきれません(^o^)/

      引用  返信

  • ゆきんこりさん素敵なレポートありがとうございます。なんだか自分が行ったかのように思えるくらい楽しいレポートで、幸せな気持ちになれます。
    メンフィスワシントンと錦織さん出なくて、ゆきんこりさんレポート聞けなくなるのちょっと寂しいです。

      引用  返信

  • http://www.tennisworldusa.org/ATP-FINALS-2015-The-Best-Matches-at-the-O2-Arena-articolo28105.html.2
    追追記: ここでは、WTFのベストマッチの第3位に錦織対ベルディハ戦、第2位に錦織対フェデラー戦が選ばれました❗️(個人的にはこれが1位になるべきだと思いましたがm(._.)m)第1位はジョコ対フェデラー決勝戦。 でも圭くんの試合が上位3試合のうち2試合にベストマッチと評されていること自体が凄過ぎます‼️

      引用  返信

  • よしさん、早速に情報有難うございます。(私も一位でいいんでない?と思いましたが)凄いわー❗️

    ゆきんこりさんレポートに、私も皆様と同意、最後は胸がキュンキュンしました💗
    たくさんのレポート、お疲れ様でした。
    深く感謝申し上げます🙇🏻
    ゲンかつぎが上手くいって、来年もこの素晴らしい舞台で錦織選手を応援できることを祈ります。

      引用  返信

  • よしさん、では、スタン・スミス・グループの方がパフォーマンス・クオリティ高かった!てことじゃないでしょうかっ!錦織選手、すごいですね~。

    ゆきんこりさんの文体、憧れます。臨場感とワクワク感がストレートに伝わってきます!写真みて思い出しました。ガスケ、待機してたんですね~。ツォンガも?すっかり皆さん忘れてたでしょう?やっぱりツアーファイナルズは出てナンボ、ですね。出番のなかった二人、めっちゃ悔しかったでしょうね。来年も彼らとだけでなく、熾烈な争いに…楽しみです!

      引用  返信

  • ゆきんこりさん
    臨場感あふれるリポートありがとうございました&無事帰国何よりでした。
    結局何試合観戦できたのでしょうか?
    ※既出ならごめんなさい。

    ワウとのエピソードがはまりました。
    私なら錦織戦でも思わずスタン!
    と叫んじゃいそうです‥それは無いか‥

    何気にフェデラー戦だとフェデラー応援してしまう日本人ファンって多かったりするんですよね。(私の家族がそうだったりします)

    私もいつか上海あたりで現地観戦してみたいものです。

    P.S. フェデラーが来期のジョコビッチについてコメントしましたね。
    「今年の状態は続かない」
    フェデラー以外が言うと負け惜しみにも聞こえますが、自らの経験からの発言だけに説得力があります。
    フェデラーの予言は当たるのか、それとも一強時代が続くのか、
    来年の攻防が今から楽しみです。

      引用  返信

  • よしさん、自分も錦織xフェデラーが1位だと思いました。決勝戦より断然、面白かったんだけどなぁ。

    ジョコビッチ、何度も言ってますが強いですね。年間勝率93%、16585P て凄すぎます。
    もう敬意を表します。

    ライン際いっぱいに深くコントロールされたショット、スピンの効いた攻めさせない2ndサーブ、攻守一体の正確なストローク、どれをとっても隙がありませんでした。今大会のパフォーマンスを讃えたいです!

    「永遠に勝ち続けることは不可能」とフェデラーが言ってます。来シーズン、誰がジョコを倒すのか?また楽しみです。
    錦織くんには、もちろん対ジョコ筆頭選手になってほしいです。

    ゆきんこりさん
    やらかしましたね。ジョコより先に優勝カップを触るなんて…(ハンドル部分チープな感じに見えますねw)
    たくさんのレアなレポ、ありがとうございましたm(__)m

    本当に世界のトップ8しか体験出来ない最高の舞台に連れていってくれた錦織くんに感謝しかありません。
    6週間後が待ち遠しいです。

      引用  返信

  • ゆきんこり さん、涎が出そうなほどに羨ましいレポート ありがとうございます(`・ω・´)ゞピシッ!
    これからも楽しく貴重なレポートを期待しておりますm(__)m

    よし(Yoshi) さん、WTF関連の情報ありがとうございます(`・ω・´)ゞピシッ!
    今回のWTFはフルセットに縺れた試合が3試合で、その内の2試合が錦織選手絡みでした。
    初戦のジョコビッチ選手戦でテニスは良かったですが、スコアは惨敗・・・普通なら精神的に立て直すどころか、コートに立つのも難しいと言いますか、怖かったのではないかな~と想像したりもしますが・・・
    改めて錦織選手の精神力の強さを感じましたね~ベスト3に2試合も選ばれるなんて嬉しいですね(≧▽≦)

      引用  返信

  • 🙇🏻大訂正🙇🏻

    錦織選手はフェデラー戦第一セット、エアケイはしていなかったんですね💦
    バックハンドのジャックナイフではなくて、フォアハンドの場合を言うんですね。
    私はジャンピングショットは全てエアケイなのかと思っていました。
    大変、大変お恥ずかしい…。
    高度な専門家のファンが多いこちらのブログ、生半可なメディアの記事より信憑性がある、と言われるブログに…。
    その他たくさんトンデモコメント書いてマスネ、きっと。(空気読んでないし。)
    本当にごめんなさい。

      引用  返信

  • ゆきんこりさん(^-^)v
    詳細なレポと、たくさんの写真ありがとうございます( 〃▽〃)
    ボレニーニの写真や、練習風景までも思いがけず嬉しかったです(≧▽≦)
    私も来年はロンドンに行きたいな~♪

      引用  返信

  • 錦織さん、ブログ更新されてます。
    冷静にきちんと分析してるし、頼もしい言葉もあり、ますます来年が楽しみになりました(*^_^*)

      引用  返信

  • 引き続きコメントくださった皆様、(T_T)感謝、感謝です。一人ひとりにお返事したくてたまらないのですが、団長さんのお宅のリビングで食い散らかす客みたいになりそうなので・・。でもありがとうございます!

    そびさん、メンフィスとDCなくなったからもう観戦しない?いーえいーえ、そんなことでへこたれませんよ。たしかにDCは近いですから残念ですが、そもそも「小さい大会で圭」状態が狙いなだけだったので、同じ飛行機に乗るならメンフィスもマイアミも変わりません(まだ行くかは決定していませんが)。トロントはドライブでも行っちゃう。とにかく行けるだけ、行きたいです。

    ryoさん、「ジョコより先にトロフィー」。。そっか・・・やったあ!

    カムイさん、私は仕事の関係ですぐに戻らねばならず、丸々2日いただけなのです。でも8人全員、ダブルスも全員見れることになります。月曜の朝に子供達を送り出して木曜放課後には間に合うという強行スケジュールでした。「もっと行けばいいのにバカだなあ」というパパと「もっと孫の世話サセロー」という優しいグランパグランマがいるからこそできることですね。それでも十分不良ママですが。

    圭vsロジャでロジャ応援、、結構いらっしゃるのですかねえ。確かに日本からのスイス国旗応援団はかなりの存在感でしたが。ツイッターではテニス繋がりでのみやっているのですが、そこでベルディヒに告白されたら付き合うか、という話題になり、「フォニーニが好きだから断る」とかなかなかやりますね、日本女性!私は速攻つきあいますが、圭vsベルディヒの試合では、彼氏を応援できない自信がありマス!じゃあダメじゃん。だって圭のテニスの方が魅力的。しかし、練習でのベルディヒ、紳士服のマネキンより完璧な美貌で驚きました。

    それとハイ、私も圭vsロジャーがベストマッチだったはず、と信じています。
    そう言えばATPストアではそれほど多くない商品数の中に真っ白なニット帽に折り返し部分に小さな日の丸、というものが売っていました。写真ははばかられましたのでありませんが。イギリスのゴージャスOL女性二人組は、圭はアジア人で小さいのに凄いから心打たれる、と。そうそう、そこなんですよね。フランスにも圭を見に行く!と一生懸命圭だけを撮っていました。

      引用  返信

  • とても遅い書き込みになってしまいましたが、本当に痺れる…心奮えるフェデラー戦でした。
    フェデラーとあんな試合をする日本人選手がいるって、お伽噺のよう。
    ゆきんこりさんの楽しい大会リポや、皆さんの読み応えある書き込みのお陰で、いまだ落ち着けない(笑)
    来年は人智を超えた世界に…いやいや一歩ずつでいいから頂上に向かって前進して行って欲しいですね。祈!

      引用  返信

  • ゆきんこりさん!!わ〜〜嬉しいです!
    トロント、マイアミ!
    アメリカツアーもう今からワクワクです。
    本当いつもレポありがとうございます〜。

      引用  返信

  • ゆきんこり様
    何回にも分けて、とっても詳しいレポートありがとうございます。
    生で見られる幸せ。うらやましいかぎりです。
    これからも観戦レポート 楽しみにしています。

      引用  返信

  • @ゆきんこり
    一進一退 辛抱強く彼は彼のペースと自信を保って貫いて行くと思います!気がついた時には其処まで行ってると疑う余地無しデス!錦織圭はまさしく最も 日本人ラシイ身の動きと個性を持ってます!まだまだこれからが本番なのでマラソンのつもりで見守りたいと思います🎾😄!

      引用  返信

  • フフフ、4日ぶりのこのトピへの書き込みが節穴さん🎈 momoさん、そびさん、風さんもありがとうございます!

    日本人らしい身のこなし、そうですね。地面から全身が近い分、安定しているように見えます(ヒヒヒ、無理やりのメリットだけどでもホント)。私は、勝ちへの執念がメラメラ激しく外見に現れているのは意外?フェデラーが一番くらいに見えるのですが、圭もかなりですよね。静かな闘志の炎が内面でメラメラ。愚直に日々ボールと向き合って、勝ちたい勝ちたいと思い続けるのが毎日の人生・・。

    今年はいろいろありましたが、スランプも過ぎてしまえばほんの小さな石ころに思えます。
    来年の期待にワクワクするだけで、ほんの数ヶ月前の負けの連鎖など取るに足らないことに思わせるのですから圭ってやっぱり大したものです!

    今年こういったアナウンスを一体何度聞いたでしょうか。WTFの登場の時も流れましたこれ。
    The first ever male player from an Asian country to reach a Grand Slam singles final. He became the first man from Asia to qualify for the ATP World Tour Finals. とても誇らしくて清々しい気持ちになります。

    今日中国の英字新聞を読みました。South China Morning Post では、アジア人のニシコリは我々の国民と何が違うのか、心臓の大きさが違うのか、とにかくアジア人にできるのなら我々国内でも世界トッププレイヤーを!と躍起になっていましたヨ。これからは下からも来ますからね、がんばれー、圭くん。そして我々はミュージシャンの通訳のように背後から「大丈夫、絶対勝てるから」と囁き続けて後押ししましょう☆  あと何年も!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。