【寝てもうた!】違う展開の2セットをともにタイブレークでしのいで2年連続の4回戦進出!(2016インディアンウェルズ3回戦)

2015 Indian Wells (Masters 1000)
3rd Round
Kei Nishikori[5] def. Steve Johnson[30], 7-6(6),7-6(4)

すいません!寝てもうた!!

ベッドに入ったら2度と起き上がれない気がしたのでTVの前のソファーで寝ていたのですが・・・気がついたら朝6時でした。
今までも寝坊したことはありますが、試合が終わるまでというのはほとんどないはず・・・不覚です。
内容は夜の再放送で確認致します。

実況掲示板を追いかけて流れを把握して・・・と(掲示板、ありがたい)。
1stセットは最初のサービスゲームを落としてからの土壇場3-5からのブレイクバック。
2ndセットは逆に先にブレイクして5-3からブレイクバックされ、2セットともタイブレークですか。

どちらも錦織っぽい落とし方といえば落とし方ですが、被ブレイクはどの場面でも痛いもの。
最初に落としたら「スタートが悪い」と言われ、SFSやSFMを落としてら「もったいない」と言われ、大量リードから落としたら「中だるみ」と言われます。
そこはトータルで考えて、ブレイクされたということよりも2セットともタイブレークを勝負強く制したことに注目したいです。

今年は最初のブリスベンからそういう印象を持っているのですが、昨年より「早めになんとかする」という意識が高いように思います。
いくら挽回が強い錦織と言っても、1stセットをダウンし、2ndセットもブレイク先行されるといった段階まで来ると、その後相手がいいプレーをしてしまうと、錦織がどんなに頑張ってもどうしようもないことが良くあります。

そうなる前に頑張って挽回する、挽回は早ければ早いほど後が楽という意識でプレーしているように見受けられます。
集中力が昨年までより高まっているのではないですかね。

それと、ジョンソンのようなビッグサーバー(1試合平均エース10本弱)と対戦する際はどうしても競ったスコアになりがちです。
4回戦のイズナー戦も同様になるでしょう。
ビッグサーバーに対してはまずリターンを返してボールに触らせること、ブレイクできないまでも粘りを見せておくことが大事だと思います。
そういった細かい点がタイブレイクになったときに相手へのプレッシャーになることでしょう。
イズナーのサーブはジョンソンよりさらに高く弾んできますが、仮想イズナーとして良い予行演習にはなったのではないかと思います。

18 件のコメント

  • 団長さん、ドンマイです!

    なかなか記事がアップされないので心配してました。

    という私もまだ試合見てません(^_^;)
    仕事終わったら録画をみます。

    イズナー戦の前に今日のような試合ができたことは良かったのですね。
    ぜひ高い壁を乗り越えてほしいです!

      引用  返信

  • 私も眠い目をこすりながらうつらうつらしていて全ては見られませんでしたが、第一セットのほぼ全てと、第2セットの後半は試合展開を把握できました。最近の錦織攻略法で応戦されて、浅いサーブをぶったたかれたり、早めの強烈なフォアショットを叩き込まれたりと大いに肝を冷やしながら見ていました。また、ジョンソンのバックハンドスライスが効いていて、思うようなストローク展開が出来ない場面も多かったように思います。しかし、ネットダッシュ様のおっしゃるとおり、去年から勝率があまりよくなかったタイブレをしっかりとって勝てた勝負強さはさすがでした(1stセットタイブレの2-6からの逆転は特に)。明日も苦しい展開になるかもしれませんが、勝ちきって欲しいです。

      引用  返信

  • 見ても楽しい試合ではなかったので、お休みされてよかったかもしれません。なにはともあれ勝てたのでよしとしましょう。次が勝負です。でもSteve Johnson、あんなにチャンスがありながら、勝てそうになるとミスをする。正直なところ同情してしまいました。最初は2ndサーブを徹底的にたたかれて「まずい」と思いましたが、途中からは大事なところになるとミスをしてくれて。。。2セット目は彼を応援したくなるくらいでした(そうすると圭がミスをしてもあまりハラハラしなくてすむ!)。Isner戦は圭もギアをあげてくると思います。

      引用  返信

  • 2回のタイブレはドキドキしましたが、圭くんが冷静で、どこか安心して見ていました。(いやそれでも1セット目の2-6はヤバイ…と思いましたが)

    それよりもBHDTLがあまり無かったのが少し気になりました。2回戦はあれほどしばけていたのに…と思ったのですがジョンソンのスライスへの対応が難しかったのでしょうか。

    イスナー戦は弾むセカンドを叩けるか、あとファーストの率をもうちょっと上げないと、といった感じですね。

    第4試合ではライブ観戦はキツイので結果を見ずに録画視聴となりそうです。
    頑張れ!!

      引用  返信

  • 皆様もおっしゃっているように、圭君の1stサービスの確率、イスナー選手のサービスにとにかく触ってコートに返すことが鍵でしょうか?明日は開始時間が読めず、調整も難しいかと思われますが、何とか集中力を高めて良い試合になれば、と思います。応援する方は胃が痛くなりそうですが、頑張って応援します。明日が圭君にとって良い一日になりますように!

      引用  返信

  • お待ちしておりましたイズナー様、あなた様への準備は万全です。 と言いたいですが…

    去年のマイアミではBPなく、イズナーの1st入ると78%取られた上に2ndではそれ以上の81%取られて完敗でした。いやー、よく跳ねる2ndでした。でもワシントンで雪辱したからもう大丈夫! っていうわけにはいかないんですね。ワシントンのイズナーはウィンブルドンから4戦目でお疲れのとこ、錦織はウィンブルドンのあと充分休んで満を持しての出場。2ndをなんとか48%に抑えての勝利。そもそもIWはマイアミ以上に跳ねるし。

    そしてイズナーはこのIWは大好き。去年はジョコに2ndを50%に押さえられて負けたけど、それでもマイアミで30%(錦織は81%!) に押さえられたよりはだいぶマシ。錦織がそのイズナーの対ジョコのIWでの2nd pt won を50%以下に押さえるのはだいぶ難しそう。なんせ錦織とジョコの背の高さと手の長さが違うから。いっそ今日のコーリーみたいにすご〜く後ろで待ってた方が良さそうに思うけど、でも錦織は” “I couldn’t really step in today, so I will try to play more aggressive tomorrow,”って。

    そもそもデ杯終わってお疲れでしょうからIWは無理せずケガしないようにってなことだったから、ここはケガだけを気を付けて目一杯アグレッシブに行っていただきたい… けど、サープん時は、ダブルセカンドでもいいから1stを入れる。レシーブん時は、1st山張り(去年のワシントンはこれが結構当たった、って言うか研究成果) 2ndは下がってでも返してストロークに持っていく。ストロークは、跳ねない深いスライスを使って頂きたい。跳ねるとイズナーのちょうどいいとこに行っちゃうよ。イズナーはストロークが長引かないようにダメ元でも早めに仕掛けて来るから、それが決まっても気にしない。とにかくフォアもバックも低いヤツね。そうそうそれからポジティブにドロップショット。あれパッシブにやるとだいたい失敗するから。

    と、長々好きなことを言わせていただきましたが、とにかく頑張って頂きたい!

      引用  返信

  • ジョン イズナー…また応援フード考えにくいですね。鯖料理は出尽くしましたか?鯖サンドは記憶に新しいですね。
    大鯖の味噌漬けあたりはどうでしょう?
    その心は…ビッグサーバーに味噌をつける…苦しいですね。
    明日は用事があって出かけるので試合見られないんです。今朝も起きれませんでした。
    第二試合当たりだとお弁当作りながら見れるんだけどな〜。
    イズナーのドッカンサーブ、どうにか打開策を見つけて欲しい。

      引用  返信

  • ジョンソンってビッグサーバーですか?そんな風に思ったことがなかったんですが、ビッグサーバーの定義ってどの辺なんでしょう。

    現役だとラオニッチ、イズナー、カルロビッチ
    以前ならサンプラス、イワニセビッチ、サフィン、ロディック、ベッカー、修造も?

    このあたりのサーブスピードが220km/hとか簡単に超えて、エースでポイントを取りまくるデカい人達(ロディックはでかくないけど)をビッグサーバーと呼ぶのかな?と思っていたんですが。

      引用  返信

  • @yuri さん

    団長の記事にもありますが、一試合に10本弱コンスタントにエースを取ってればビッグサーバーでしょう。
    身長のデカさでビッグって訳でもないのでは、
    って私は思ってますが、正解ではないかもです。

      引用  返信

  • 応援フードですが、
    チヂミのことを韓国ではジョンと呼ぶこともあるそうです。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%82%E3%83%9F
    で、とりあえず小麦粉をまぶして、とき卵を付けて焼けば、なんとなくジョンと言って良さそうな感じ(^^。
    http://cookpad.com/search/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E6%96%99%E7%90%86%20%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3
    なので、水菜に小麦粉ととき卵を付けて焼けば、水菜を使ったチヂミ(ジョン)だと言い張っても良いのでは?、ジョン・イズナー(みずな~)
    美味しいかどうかはよく分かりません(^^

      引用  返信

  • Expat様、私もジョンソンくんに同情してしまいました。
    第1セットのタイブレはジョンソンくんの目のトラブルがなければ取られてたと…
    それにしても第2セットはせっかくいいところでブレークして53、さあSFMっていう最高の流れだったのに…又か…
    でも今日SFM落としたのは錦織選手だけではなかったですね〜ジョコビッチも第2セット53でSFM、40-0まで普通に行ったのにその後スマッシュミスやらエラー連発して落とした(^_^;)ジョコでもやらかすのね〜ちょっと笑ってしまいました。

      引用  返信

  • nakaさん
    ナイスアイディアですね。私もチヂミのジョンまでは思いついたのですが、伊豆菜なんて無いよな〜とか。そっか、水菜〜で、okですね👍
    Reiさん
    なまかんせん、ドライブということはIWのお近くに在住でしょうか?現地の人も圭君を応援してくれたのは嬉しいですね!今夜のイズナー戦は行かれますか?であれば是非レポートよろしくお願いします🌴

      引用  返信

  • 私は1試合あたり8本以上のエースを取る人をビッグサーバーと個人的に定義しています。
    ですので私基準ではジョンソンはビッグサーバーですね。
    イメージではなくてデータで区切って考えています。
    ジョンソンは2015年に64試合で620本のエースを取ってますので10本弱。
    錦織はここ2年、4本台後半だと思います。昔は3本以下の年もありました。
    これが8本とはいかなくても最終的に5.5本くらいまで上げることができれば、No.1も見えてくるのではないかと期待しているところです。

    トップ10ではナダルとフェレールのエース数が少ないです。
    この2人と錦織がトップ10では「リターンゲーム型」選手と定義できるかと思います。

    ちなみにイズナー、ラオニッチ、カルロビッチ、ロペスあたりが完全な「サービスゲーム型」選手で、ブレイク率が低いです。
    彼らがリターンゲームまで強かったら彼らがBIG4ということになってしまうでしょうw

    ジョンソンもブレイク率は15%ですので「サービスゲーム型」選手ですね。
    そういう意味でイズナー前にジョンソンとやっておくのは良かったと思っています。

      引用  返信

  • あ、プレビューと間違えてフライングしてしまいました。 失礼しました。

      引用  返信

  • @netdash さん

    なるほど~。1試合当たり8本のエースですか。
    あ、団長の記事にケチをつけたわけではありません。誤解しないでくださいね。

    私の中ではまさにラオニッチやイズナーのその高さからそこに230km/hとか打たれたら手も足も出ませんよ的なタイプがビッグサーバーだったので・・・。後は強烈なサーブが武器でサービスキープできる確率がとても高い選手、という感じですかね?あくまでも、私の個人的なイメージですが。

    イズナーVSマウの全英での記録的な試合も典型的なビッグサーバー同士の試合ということになるのかな?

    いずれにしても、明日はイズナーに気持ち良くエースを打たれないようにくらいついて返して欲しいですね。以前ジョコがイズナーのひざ下位を狙った低いスライスで封じ込めたように、スライス使っていっぱい走らせたいですね。

      引用  返信

  • イズナーサービスでラリーになったらスライスで粘る。
    これってめっちゃ有効な感じします(^O^)/

      引用  返信

  • ジョンソンの生涯エース率(エース数/試合数)は約9.38で、
    アンチッチ(約9.29)、サフィン(約8.84)、チリッチ(約8.49)、
    ソダーリン(約8.40)、トーマス・ヨハンソン(約8.28)らを上回っていますので
    十分ビッグサーバーと言えると思います。
    ちなみにイズナー約16.78、ラオニッチ約15.43、カルロビッチ約19.27です。

      引用  返信

  • 良かった、団長も寝過ごし組だったんですね~!(;A´▽`A♥←良くはない!
    ようやく録画を見終わりましたm(__)mやっぱり、ここぞ!のポイントでふかしてましたね(^_^;)💦かなり頑張って我慢していますが、フラストレーションは貯まってそうです!σ( ̄∇ ̄;)
    それと、あのボールガール、特にネットの二人は最悪でしたね~(;´д`)アウウ 圭が待ちきれずに、まだ走っているのにサービスを打つシーンを、初めて見ました(+_+)💨 大会側はもっと特訓してくれないと、選手のイライラが高まるでしょうm(__)m
    とにかく、圭はよくストレートセットで勝ちきりました(;A´▽`A
    イズナー戦はもっと大変だけど、何とか切り抜けて欲しいなぁ~!σ(*´∀`*)♥←大先生との試合を思い出すんだ~❗(/≧◇≦\)ウヒョー♥

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。