オールキープで準決勝進出!(2016メンフィス準々決勝)

2016 Memphis (ATP 250)
Quarterfinal
Kei Nishikori[1] def. Mikhail Kukushkin, 6-2,6-4

西岡がクエリーに3-6,4-6で敗れSFでの日本人対決は実現しませんでしたが、錦織は全キープでストレート勝利しました。
試合内容は前のゲームごと実況記事をご覧下さい。

今日はククシュキンの捨て身の攻撃に対しディフェンスの場面も多かったですが、余裕はあったと思います。
サービスエースを7本放ち、SFM以外のサービスゲームではほぼショートラリーでポイントを取れていました。

ククシュキンはリスク覚悟のフラットテニスで攻撃を貫きました。
2ndセットはそれが上手く行って錦織を苦しめましたが、最後は精度の甘さが出て錦織に凌ぎきられてしまいましたね。
でも下位選手が上位選手と対戦するときの正しい戦い方だったと思いますし、ナイスショットが何本もありました。気持ちいいテニスでしたね。

準決勝はクエリーと対戦しますが、58位とは言え錦織は過去に何回か負けており4連覇に向けての天王山と言えるでしょう。
ボトムハーフはシード勢全滅で18歳のフリッツ(ベッカーにファイナルタイブレで勝った)と102位ベランキスが上がってきています。

ちなみに今大会はベスト8に錦織、西岡の2人の日本人が残りましたが、これは

1973大阪(坂井、九鬼)
2012チェンナイ(添田、杉田)
2012アトランタ(錦織、添田)

以来、4回目のことだそうです。
西岡、今日は勝てませんでしたがプレーしていました。
近いうちに50位が狙える選手だと思います。

スコア推移

スコアリング by 赤黄色さん
カッコ内はサーブ
1:1stサーブ、2:2ndサーブ、A:サービスエース、D:ダブルフォルト、c:センター、w:ワイド、f:フラット、s:スライス、sp:スピン

Set1
G1 九 ○○○××××○×○×○×× 0-1
G2 圭 ○○○×××○○ (121212A1) 1-1
G3 九 ○○○×○ 2-1
G4 圭 ×○×○○○ (1wf1wf2cspAcsl1cf1wf) 3-1
G5 九 ○×○×○××× 3-2
G6 圭 ○○×○×○ (1cf2bsp2bsp1wf1csp1csl) 4-2
G7 九 ×○○×○○ 5-2
G8 圭 ×○×○×○○○ (2sp2wsp1wslAcf1wf2wsp1cf1wsp) 6-2

Set2
G1 九 ○○○××××× 0-1
G2 圭 ○○○○ (1wsl2csp2wsp1cf) 1-1
G3 九 ○××○×× 1-2
G4 圭 ○×○○××○○ (2bsp1wf2cspAwf2csp2bsp1wsp2bsp) 2-2
G5 九 ×××○× 2-3
G6 圭 ○○○××××○×○○ (Acf2bspAcfl1bsp1cf2csp2bspAwf1wsl1wf1cf) 3-3
G7 九 ×○××× 3-4
G8 圭 ○○○○ (2wsl1wf1wsl1csp) 4-4
G9 九 ○○××○×○○ 5-4
G10 圭 ××○○×○×○○○ (1cf2csl1wsl1bf2bsp2bsp1cf2bsp1cf2bsp) 6-4

20 件のコメント

  • 圭くん、ベスト4進出おめでとう*\(^o^)/*

    2ndセット、ククさんも調子を上げてきている中、第9ゲームでの1ブレイクアップ勝利、ナイスゲームでした。SFMは、またヒヤヒヤしましたが、最後のファアで気持ちよく終われました。

    クエリー戦も楽しみです☆
    4連覇まで、あと2つ、頑張れー!!

      引用  返信

  • 圭、準決勝進出、おめでとう!(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*)
    今日のククシュキンの攻撃は凄かったです(((^_^;)
    そんなククシュキン相手に、最後まで正攻法で対処出来たことは大きいと思いますm(__)m
    さあ次は、今大会初のBIGサーバーww、クエリー戦ですね~!p(^-^)q
    サーフェスが遅くなったので、ますます圭に有利かな?
    早い展開で振り回して、クエリーのミスを誘おう!!!ヾ(´ー`)ノ
    まずはこれから試合が続くので、しっかりリカバリ、よろしくですm(__)mm(__)m

      引用  返信

  • たった今、GAORAのATPマガジンを見ていたら面白い特集をやってました!
    TOP10選手のブレイクポイントのセーブ率です。

    錦織はファーストサーブでのブレイクセーブ率はナダルと同率67%で最下位(涙)。
    ですが、なんとセカンドサーブでのセーブ率は62%で首位なんです!!(驚)。
    ジョコやロジャーでさえもセカンドでは60%には届かず、錦織が圧倒的な1位です。
    なんとも不思議な結果でした。

    これってブレイクポイントの時の錦織のファーストの確率に起因してるのかな?
    そうだとすると、ファーストが大事なポイント(ブレイクポイントとかSFMとか)でしっかり効果的に入りさえすれば、ファーストでのセーブ率ももっと上がりそうな気がします。

    最近、ATPマガジンで色々なスタッツ比較の特集が組まれていで面白いです。
    去年のアウトドアでの勝率はジョコが1位でマレー、ロジャーときて4位が錦織でした。

    当たり前なんですが、こういうスタッツを見れば見るほど、もう錦織は完全にTOP10に定着してるプレイヤーなんだなあとしみじみ思います。

      引用  返信

  • 1:1stサーブ、2:2ndサーブ、A:サービスエース、D:ダブルフォルト、
    c:センター、b:ボディ、w:ワイド、f:フラット、sp:スピン、sl:スライス
    です。
    細かいところ間違っているかもしれません。(ワイドかボディかとか、スピンかスライスかとか)
    よく見えてなかったところもありますので、あくまで参考程度にです。

    錦織、今日は足がよく動いていたような気がいます。守備が良かった。
    次はクエリー、ビックサーバーで難敵ですがあっさり行っちゃってください。
    GO!Kei!Go!!

      引用  返信

  • yuri様、興味深いスタッツをありがとうございます。今日もセカンドサーブでもブレイクを凌いでいましたね。最後のSFMはファーストサーブに助けられていたような。サーフェースが変わるというのは、とても選手に影響するのですね。明日もクエリー選手に対して、サーフェースも利用してしっかり勝ちきってもらえれば。まずはゆっくり休養(ともいかないのでしょうか)して、明日に備えて下さい。お疲れ様でした。

      引用  返信

  • ギャヒー、赤黄色さんのスコア…ますます磨きがかかってますね(@_@) 
    見れませんが皆さんのコメントが救いです!
    ベスト4、おめでとうございますm(__)m

      引用  返信

  • yuriさん
    面白いデータですね。
    勝手な推測ですけど、ファーストサーブでもセカンドサーブでもセーブ率がほとんど変わらない(67%と62%)のは、要するに、ファーストサーブとセカンドサーブの威力がほとんど変わらない、セカンドサーブでのセーブ率が高いということは、ストロークの力でポイントを取っているということなのかな、と思います。
    ただ、ブレイクポイント以外の時には、もうすこしファーストサーブの時のポイント獲得率が高いような気がしますし、逆にセカンドサーブの時のポイント獲得率が低いような気がしますよね。少なくとも、ファーストサーブとセカンドサーブのポイント獲得率の差が5%以上はあるはず。
    そうすると、ブレイクポイントの時には、ファーストサーブを威力よりも確率重視で入れに行っているんじゃないのかなぁ(だからファーストサーブの割にはセーブ率が高くない)、と思ったりしました。

      引用  返信

  • 錦織くんはさすが!
    西岡くんはクエリーのサーブをリターンできたときは、互角に感じました。
    1つでもブレークできていたらなぁ・・・。

      引用  返信

  • 中尾さんとダンテは今日はまったくお揃いでしたねww

    第2セット4-4で、ここ取って欲しいなあって時、ちゃんと取ってくれる、ほんとにさすが!です

      引用  返信

  • やっぱり圭君勝つと嬉しい。パワー貰えます。期待し過ぎて負けるとショックで
    立ち直れない私。ですが

    やってる本人が一番大変な思いで・・・メンタルコントール出来ないの?と簡単に批判してしまう私。
    一喜一憂せず圭君が大成出来ると信じ応援して行こうと今日の試合みて思った私。
    スポンサーやいろんな柵あり乗り越える事は至難の業だとは思うけど
    圭君らしくのびのびテニスを楽しんでやってくれればいいのかなぁ、と思った私。

    明日の朝早い試合だけど私自身もメンタルコントールし一喜一憂せす冷静に応援しようと思ってます。

      引用  返信

  • 試合自体には関係ないんですですが、m(__)m
    皆様、どう思われますか(T_T)
    応援風景画映し出された時ハチマキに“神風““特攻”
    って、なんか、すごく憤りをかんじました
    細かいこと書くきはしないけど、

      引用  返信

  • けんじさん

    同感です。
    『特攻』は、もう止めて欲しいです❗️

      引用  返信

  • 日本人対決見たかったな~
    どうでもいいけど西岡の試合の時に解説者もアナウンサーもたまに西岡のことを
    間違って錦織って呼んでたのが気になった(笑)
    やっぱり紛らわしいのかなあ

      引用  返信

  • ククシュキンってもっとランキング上位で良さそうな気がします。

      引用  返信

  • 明日もテレビで観戦出来て嬉しいです。今日ついてしまった手首、気になりますが、きっと明日も躍動してくれますように!

      引用  返信

  • バキスキーさん

    以前のゆきんこりさんレポによれば、米国アナウンサーが西岡のことを『NISHIKORA』とアナウンスしていたとか…。
    ニシコラ…コラって…😅

      引用  返信

  • 試合中のデータでも示されていたように今日は守備的でしたね。クク選手のストローク力を認めた上での戦術でしょうか。球威、コースとも抑えリスクを減らし、相手の攻めを受けきり、勝負所で攻撃に転じて確実に取りきるという理想的なテニスでした。
    クク選手も中盤はサーブのコースも厳しくなりストロークも素晴らしい攻めをしていましたが、全く焦っていませんでしたね。さすがです!錦織選手おめでとうございます!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。