錦織圭、反撃が遅かった・・・パワーに押された前半が痛い(2018全仏オープン4回戦 vs. ティーム)

2018 French Open (Grand Slam)
4th Round
Dominic Thiem[7] def. Kei Nishikori[19], 6-2,6-0,5-7,6-3

パワーに押された最初の2セット

よく反撃したんですが、序盤の2セットがね・・・。
錦織が悪かったのもあるしティームも最高の出来でしたね。
パワーに押されましたね。

乾いたコートコンディションに異常なまで跳ねるティームにまったくタイミングが合わず、力をボールに伝えられていませんでした。
取られるにしてももう少し攻略の目処を立てておきたかった。

序盤で流れを作ることに成功したティームはほぼノンプレッシャーでバカスカ打ちまくってきました。
特にサーブが凄かったです。215km/h前後でありながら1st確率が途中まで8割くらいありました。
しかしそれも、錦織が調子付かせた面があったと思います。

気持ちを切り替え調子を上げた3rdセット

3rdセット以降は錦織のプレーが良くなり、ティームにもプレッシャーがかかるようになりました。
最初の2セットほどは思うようにゲームを支配できなくなりましたが、サーブだけは入れば取れるという目処があったと思われます。
最後の最後で硬さを出してミスしてくれ、セットを取ることができましたが、このサーブを攻略出来ない限り苦しい戦いが続くだろうと思われました。

最後までサーブを攻略できなかったことが響いた4thセット

4thセットに入り、錦織のストロークは良くなったのですがティームのサーブが落ちず、先にミスをしたのは錦織でした。

しかし、錦織のミスは多くはありませんでした。
4thセット6ゲーム終わって錦織のミスは僅か2本(鼻血によるカウント)。ジャストアウトの打ち込んだリターンと、異常に跳ねてきたセカンドサーブのリターンアウトだけでした。

しかし第7ゲームの最初に2本のミス。これが痛かった。とにかく痛かった。サーブが入らなかったことが痛い。ラリーになれば錦織に高確率でポイントが入るようになってきてはいたものの、ティームのサーブではポンポンとサーブあるいは3球目で決められ30−0になりますが、錦織のサーブでは最初から一進一退の攻防でミスの許されないゲームを強いられます。このプレースタイルだと1セットに1回のブレイクは許容範囲と言えます。その代わりそれ以上に相手をブレイクしたい。

結局プレッシャーがかかればかかるほど、ティームはぶんぶん振り回せば良く、最後のゲームなどもTVの画面越しに力みが思い切り伝わってきましたが(マッチポイントでドチャンボフォアを吹かした)、もうとにかくティームにとっては自分のパワーを信じるのみ、という感じでしたね。そういう点はパワープレイヤーの強みです。

総評 & どうすれば良かったか

とにかく序盤にティームのパワーに、跳ねに全く合わなかったことが全て。
メンタルが、とか言われることは分かっていますがそういうメンタルにさせられてしまったのです。
3セットでずるずる負けなかった点は良かったと思います。

今日、勝つためにはどうすれば良かったか。

私は、(伊達さんも言っていたように)ティームのボールに合わないというのを早めに認めて、ラリーを長くすることを目的に早めに切り替えて欲しかった。
ボールに慣れるためには時間が必要です。また、ボールを打つ回数が増えれば確実に慣れることは出来ます。
これにより2セット連取されるにしてももう少し目処を立てることができたと思います。

次に、フォアのストレート。ティームはバックも強力ですがフォアで多くを決められていました。特にフォアのクロス打ち合いでは負けていました。自分のバック側にオープンスペースはできますが、フォアのストレートで高い弾道で時間を稼ぎつつバックのクロスを誘って体勢を立て直す戦術があれば良かったかなと思います。
ボールが厳しすぎてなかなかそういう球は来なかったかも知れませんが。

チャンスは4thセットの最初だったと思います。
この時間帯は明らかにティームに気落ちがあり元気がありませんでした。
1−0のティームサーブでDFがあり15−30がありましたが、ここで2本1stを入れられました。1本でも返せていたらなという感じです。
そして2−1からの第4ゲームではラブゲームでキープを許してしまい、「今のゲームのキープのさせ方はちょっとティーム復活させるかもしれない」と実況記事に書きましたが、その通りになってしまいました。

やはりもう少し1stサーブの確率は上げて欲しいですね。この試合は61%。平均的な錦織の1st確率なのですが、エースが取れるサーブではないので確率はどうしても必要です。4thセットのブレイクされたゲームも1stサーブが入らないゲームでした。

私が思うに、錦織は跳ねる球が苦手。
そこそこ高い球は好き。でもそれ以上に高い球は力が入らない。
これは身長のせいもあります。178cmは一般的には低い身長ではないですが、190cmの選手が腰の力が入る打点のとき、錦織は胸か肩の打点です。
ティームやナダルの跳ね方をされると、顔やそれ以上の打点にもなることも。で、力の入る打点にするためには下げられます。

この下がってからの攻撃力が復帰後の課題だと思います。下がって打ったセカンドサーブへのリターンは浅くなって逆襲されることが多いですし、当たりが薄くなることもあります。
前に入って早いタイミングで攻撃したい錦織にとってはイライラするラリー展開ですが、クレーコートではそれも我慢しなければなりません。

次にクレーでティームと対戦することがあったら、まずは早いタイミング狙いでいいですが、難しいとあれば早めの切り替えで慣れること重視、我慢をしつつチャンスに前に出るという作戦が良いのではないでしょうか。

今日の試合は上記のような対策を全て上手くやれば勝てたかも知れませんが、基本的にはクレーではティームの方が強かったと認めて良いと思います。
最初の2セットはもう少し良いプレーが出来たとは思いますが、あの展開になってしまえば打つ手が無くなることもある程度仕方ないというか、ありえる展開の1つかなと思います。

でも毎回あのようになるとは思えません。錦織が優勢に試合を進めることもあると思います。ティームがミスもなくパワフルなショットを入れ続けてきたことが第一の勝負を決めた要因だと思います。

悔しさは残るが落胆はなし

ということで、2015ツォンガ戦(序盤は完全な自滅)や2016ガスケ戦(雨上がりの決まりにくいコートで無理に攻めた)と比べると落胆はありません。
強い選手に負けたので。

ティームの力みがもう少しあれば逆転もあり得た試合で、スタッツは完全に負けていますが惨敗ではないと思います。

やっぱりグランドスラムを勝つことは難しいということです。

ティーム、ズベレフ、ジョコビッチ、ナダルと4つ勝たなければ優勝できないんです。なんと高い壁でしょう。
単純に各試合の勝率が50%だとしても、優勝する確率は6.25%ですよ。
確かに、勝利の期待があって臨んだ試合でしたのでそこまで来たということが重要です。
ブレイクスルーとまでは行きませんでしたが、勝つべき相手にはしっかり勝って復帰後の経過は順調です。手首も問題ありません。
元気にプレーできる機会が多ければそれだけ成績を残せるチャンスが増えます。期待していいと思います。

芝のシーズンは例年、怪我が多いシーズンなのでとにかく怪我をしないように願うだけです。
手首に加え臀部や膝の故障が心配ですよね。

クレーシーズンは負けた相手がナダル、ジョコビッチ、ティーム。一方チリッチ、ズベレフ、ディミトロフに勝ちました。良かったと思います。
世界一を求める人には物足りないでしょうが・・・。私は、世界一を目指して欲しいですが何より前進することが重要だと考えています。
前進し続けている限り、いつかチャンスが来ます。

328 件のコメント

  • さすがナダル選手、今日の勝利への覚悟みせてもらいました。
    シュワルツマン選手!素晴らしいプレーを見せてくれてありがとう!!!!!!
    今後の錦織選手との対戦が楽しみになりました(⌒▽⌒)

    1人で占領して騒いでスミマセンでしたm(__)m

      引用  返信

  • 雨の中断が、日を跨いだとは言え、ナダル選手、の修正力というものでしょうね。
    昨日の1stセットは、ナダル選手、がキリキリ舞いさせられて、シュワルツマン選手、の展開の速い、攻めのテニスが衝撃的でした。今日も、最後まで、ナイスファイト❗でした。
    ロランギャロスの、雨は、ナダル選手、に見方してばかり、と、ちょっと、怨み節。

      引用  返信

  • ナダル選手勝利。本当に神様に愛されることも必要なんですね~。
    シュワルツマン選手、あわやと思いましたが残念でした。でも素晴らしいテニスでした。

      引用  返信

  • 皆さまこんばんは。

    ティームへの敗戦によるあまりの傷心のため、ここに来るのもままならない精神状態だったのですが、
    昨日の穂積・二宮ペアの大活躍!
    そして、シュワ君のすばらしい第一セット!
    に癒され、帰ってまいりました。
    テニスで凹んだ心を癒してくれるのは、やっぱりまたテニス。

    シュワ君、頑張りました。
    最終的なスコアはさすがナダル、ってなりましたが心踊る試合を観せてくれました。
    もっと長く観てたかったなぁ。

    ところで。
    私の2018RG・SF以降電撃突撃観戦の企てとその顛末を、どなたかの参考になるかな、と思って少し書き置いておこうと思うのですが、ご容赦いただけますでしょうか。

    結果として、私今現在、我が家のTV、WOWOW経由観戦中である事を先にお伝えしておきますw

    宿敵ペールから粘っこく勝利をもぎ取った翌日、とある旅行サイトで準決勝〜決勝の日程で滞在可能なパリ9区のお宿をひとまず確保。
    これは宿泊開始日の確か3日前まで無料でキャンセル可能でした。
    スケジュールに合った航空券も、まだ残っていることを併せて確認。

    そして、シモン戦の始まる前にRG公式HP経由で男子準決勝の通し券購入・・・団長の呟かれていたようにラウンジ利用権付きのお高い席数席しか残っていませんでしたが、どうせ行くなら!&行かなくなればresaleは確実だろう、との見込みで思い切ってポチリ。決勝戦は全く残ってませんでしたが、resale狙い、それでダメならとにかく当日会場にいるだけでもいい!と割り切りました。

    そうそう、その過程で、アカウント作成時に恥ずかしながらfirst nameとlast nameを逆に登録してしまっていたことに気が付いてプチパニック。このままじゃ、身分証明とチケット券面の名前が違う、って入場時に言われちゃう〜と慌てましたが、HPからはアカウントの修正が不可能の様子。思い切って問い合わせ先のメールに「間違って登録しちゃったんだけど、どうやって直せばいいですか?」と拙い英単語の羅列で尋ねてみたら、なんと、30分も経たないうちにすぐにお返事、「こっちで直しておくからだいじょうぶだよ〜」と(くらいのニュアンスに感じた)迅速親切なご対応。直後ログインし直したら、まぁ、本当にもう訂正完了されてました。FFT、素敵。

    そして運命の土曜日。
    朝からず〜っと、これまたとある旅行サイトで当方居住地直近空港からシャルルドゴール空港までのフライトの残席数と睨めっこ。木曜日仕事終わっての夜に出発、日曜日決勝を見届けてその夜出発・日本に月曜日着、のスケジュールが可能なフライトが売り切れないかどうか、1時間に何回もチェックしつつ試合開始を待ちました。この時点では、各便合わせて10席くらいは残っていました。合わせてRGまで徒歩圏内のホテルが確保可能なことも確認。

    圧倒的に2セット先行された時は、ははは〜、と脱力していたのですが、3セット目を取り返したときは、この試合勝ったら、QFで例え敗退になってもいい、ゼッタイ航空券もポチる!と堅く決心して応援しておりました・・・。

    ・・・魂はRGに入場していたので、終わってしまった時の抜け殻感、半端なかったです。

    そして月曜日には準決勝チケットのresaleも無事完了し、一銭も払うことなく、私のRG生観戦妄想は終了いたしました。

    しかし、今後の圭のGS優勝生見届けに向けて、良い予行練習になりました。
    なんとかなる。
    家庭も仕事も省みなければ。

    ってことが、分かりました。
    次のチャンスに向けて、改めて着々お金貯めよう。

    願わくば、圭が2週目突入決定次第設定される応援ツアー、旅行会社が組んでくれないかな〜。
    ひとりでも行くけど、仲間が一緒なら尚心強いな、とも思います。
    ここに集われている錦鯉仲間の皆さんと一緒に、生で優勝が見届けられたら嬉しくて心臓止まるかも。

    長々とお目汚し、失礼いたしました〜。

      引用  返信

  • しばらく見ない間に、記事とあまり関連があると思えない、しかも 個人で Twitter につぶやくような投稿も多く含んで、どんどん流れていっている…
    実況掲示板ならまだしも、記事は、
    「錦織圭、反撃が遅かった・・・パワーに押された前半が痛い(2018全仏オープン4回戦 vs. ティーム)」
    でした。
    これまでいろいろ意見が飛び交った経緯があるのに、私を含めて、なんだかなぁ、と感じられているかたも多いと思います。
    (オブラートに包みましたが、正直せっかく楽しみにこちらに訪れたところが、ちょっと不快な気分に…)

    やはり、記事に沿ったコメントが流れていってしまうのは、読むだけの方を含めて多くの方の本意ではない気がします。
    つぶやくような投稿を含めて頻繁に投稿されている方に、一呼吸置いて、時間をおくなり、フォーラムへ移動するなりもっと配慮がほしいんです。
    あけびさんが謝罪を含んだコメントをされているし、いつもはスルーしてしまうのですが、繰り返されてしまうので、たまには自分から言っておきたいと思って書かせていただきました。
    投稿する場所とか頻度とか内容とかバランス感に配慮がある方のほうが多いのに、不快な印象を与えてしまったら申し訳ありません。
    恐れ入ります。

      引用  返信

  • mahaloさん 他皆さま並びに団長さま

    作法解さずに長々と申し訳ありませんでした。
    以前にも、海外応援の件について、ここで皆さまにお尋ねしたり、親切にお教えいただいたことがあるのでご容赦いただけるかな、と思って書き込んでしまいました。

    団長さま、私の先の書き込みの削除をお願いできれば幸いです。
    よろしくお願いします。

      引用  返信

  • ryomamaさん,
    いやああ〜ε-(´∀`; ) 読んでいるだけで冷や汗が出ました(o_o)
    すごい行動力ですね!(◎_◎;)
    まるで国内の試合に行く手はずのような素早さ!(◎_◎;)!(◎_◎;)
    結果行かずともryomamaさんは確かに全仏の地へ足を踏み入れたのだと思います。
    素晴らしい予行練習になりましたね(⌒▽⌒)
    実現のその日を私はうちのTVでしかと見届けますよ✌️
    楽しみ楽しみ❤️
    貴重な経験をコメントしてくれてありがとうございました(⌒▽⌒)

      引用  返信

  • あっ、スミマセン!
    私のもです。
    ごめんなさい🙏
    ツイッターとかやってないものですから、錦織選手の試合のときの調子で
    書き込んでしまいました。
    気をつけますね。

      引用  返信

  • ryomama さん、ごめんなさい。
    ryomama さんに向けた言葉ではありません。
    いつもなら、禮さん達がフォーラムへ誘導されるなり、うまくバランスが取れるのかなと思います。
    ryomama さんの投稿、私もあわよくば、今週末の渡仏を考えていたので、面白く読ませていただきました。

    以前、団長さんもおっしゃっていましたが、頻度の問題が大きいと感じています。

      引用  返信

  • ryomama さん、ryomama さんのコメントを「鼻血ブログラボ」の、
    「GS&MSチケット入手の仕方(2018年版)」に転記させていただきましたm(__)m
    何方かの参考になるかと思いますし・・・(`・ω・´)ゞピシッ!

      引用  返信

  • そういえば、今頃は「外れる予想」のスレが立って、そちらで4R以降の話題は盛り上がってましたが・・・
    団長さん、お忙しいのかもしれませんね~(。´・ω・)?

      引用  返信

  • 皆様、鼻血ブログラボに下記のトピを立てましたので、よろしければ観戦の感想等は、こちらをご利用くださいm(__)m
    「2018🇫🇷全仏OPテニス🎾SF以降 」

      引用  返信

  • 久しぶりの投稿。以前通りすがりの投稿者に変なコメントされたので、暫く控えてました。
    下団さん、僕は前からそういうことを団長さんに提案していたんですよ。錦織敗退後も大会は続き、それについてコメントしたいのにコメントする場所がない。錦織の次の出場大会までは記事がたたないので仕方なく敗退記事にコメントせざるを得なくなる。すると必ず記事に関係ないという批判が出る。この繰り返しでした。

    フォーラムにトピ立ては有り難いですが、メールアドレス必須のため書き込みに躊躇する人も多いですよ、きっと。僕だってそうです。
    今後も、錦織敗退後、優勝者を見届けるまでのコメントはフォーラム・オンリーとなるのでしょうか。

      引用  返信

  • 錦織圭選手のご両親がファミリーボックスで応援する姿を見れない限りトップ10に返り咲くことはあり得ないと思います。
    初心に返って自分のテニスを見直してほしいと心から思います。

      引用  返信

  • 温帯低気圧 さん、お久しぶりです(`・ω・´)ゞ
    そういえば、熱帯・・・なんとか さん、とかいらっしゃいましたね~(。´・ω・)?
    フォーラムに 腕白坊主 氏が、ほとんど見られないのは、メールアドレスが必須なのが大きいかと思いますが・・・
    14年以降、錦織選手の知名度が爆発的に上がって、鼻血ブログの知名度も上がりましたよね~
    その為に色々と記事を書くための制約も増えたかもしれませんね・・・
    注目されるが故に、色々とバランスも難しくなったかと思います(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • mahaloさま
    コメントに気付くのが遅くなり申し訳ございません。
    猛省しております。ご指摘ありがとうございました。

    団長さま、下団さま、みなさま、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

      引用  返信

  • 下団さん,
    お手数をおかけし、すいませんでした。

    フォーラムのお誘いもありがとうございます。
    以前、何度か挑戦してみましたが上手くいかず挫けてしまいました。
    再度チャレンジしてみます。

      引用  返信

  • おけい さん、メールアドレスが必須になる以外は、スレへのコメントと同じですよ~\(◎o◎)/!
    アドレスは、捨てアドレスでも大丈夫ですよ~(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • ズベレフ「クレーコートで3敗したが相手はみんな凄い選手だった。」
    ズベレフ選手も錦織選手のことを凄い選手として、そして超えるべき壁として捉えているんでしょうね。
    ズベレフ選手から見れば、昨年のワシントンでは完封勝ちを収めましたが、今年のモンテカルロでは大熱戦の末敗北。
    次は絶対勝ってやると思ってるでしょうし、それは錦織選手も同じ。
    この2人の戦いも今後要注目ですね。

      引用  返信

  • メールアドレス必須となっているのはフォーラムの仕様なのです。メールアドレスは収集するつもりはありません。ご不便な思いをさせてしまい申し訳ありません。
    下団さんらのおっしゃるように、捨てアドレスで結構です。

      引用  返信

  • 今日は。
    記事とは無関係で申し訳ありませんが、鼻血ファミリー情報です。
    RGジュニアに出場中の田島尚輝選手、BOYSシングルスは2Rで敗退しましたが、BOYSダブルスで見事SF進出です。

    シングルスでは、前哨戦2大会のSFで2連敗したジュニア・ランク1位、第1シードのセバスチャン・バエズ選手に敗れてしまいました。これで今季クレーでバエズ選手に3連敗…。こうなると私の中でバエズ選手は、錦織選手に対するジョコビッチ選手のごとくの存在です。

    で、ダブルスのSF対戦相手は何と、そのバエズ選手組! しかもこれまた第1シード。もはや因縁としか思えません。田島選手のテニス道をことごとく邪魔するバエズ選手(苦笑)を、今夜はぜひ撃破して頂きたい。注目の試合開始は今夜21:30頃開始です。

    その他の日本ジュニアたちも含めて、フォーラム・日本選手情報「2018全仏ジュニア」トピにて応援しておりますので、よろしければぜひ。

      引用  返信

  • 団長さま
    お忙しい中、団長さま直々にフォーラムの説明をして頂き恐縮しております。

    フォーラムデビューを目指して頑張ります。

      引用  返信

  • 前記事【ドミニク・ティームの研究】(続)

    EurosportのThe Coach、セレナのコーチのPatrick Mouratoglouによるティームの解説が興味深いです。
    1)1stサーブはこの2年で15km/hも速くなり、今年ベルディヒ並みの速度。(以前紹介したようにティームのサーブはビッグサーバー並みです。)
    2)1stサーブの44%はunreturned。
    3)デュースのワイド(スライス)サーブが特に正確かつ効果的で、85%の確率でポイント獲得。(錦織戦もそうだったし、第4セットティームから5−4で、30オールからデュース2ndでワイドに逆を突かれた)。
    4)1stサーブのリターンが返ったとしても、ティームは89%の確率でフォアハンドで両サイドにヘビー・トップスピン強打しており、コースが読み難い。

      引用  返信

  • 【マルコ・チェッキナートのトップスピン】

    昨年のウインブルドンで錦織選手がコテンパンにしたチェッキナートですが、突然(クレーが)強くなったわけではなく(まぐれでトップ10クラスに3連勝は出来ない)、粘り強いトレーニングでシングル・バックハンドなど強化して、ショート・クロスのウイナーも打てるようになったようです。トップ選手のフォアとバックハンドのトップスピン率とサーブ&リターンゲームの勝率合計の相関(プロット図)について、これまでチェッキナートは公式試合数が少なく、また下位ランクのため、ATP Stats Leaderboardsにデータが存在せずプロットしてませんでしたが、2018年のサーブ&リターンのデータは存在する(ほとんどクレー)のでそれで置き換えてみました。また最近進境著しいシャポヴァロフのデータも置き換えています。

    ◯ チェッキナートは片手バックハンドで、そのスタイルの選手の例に漏れず(片手バックハンドの選手のトップスピン率は高い。唯一の例外がナダル、どうやって両手で高スピン掛けてるんですかね?笑)、モンテ・カルロとローマのバックハンドのトップスピン平均は、2730rpmと調べたデータではガスケに次ぐ2番目でした。フォアハンドも2835rpmと高いです。
    ◯ 上のEurosportのThe Coachビデオでは、QF前のチェッキナートの(ローラン・ギャロスでの)バックハンドの平均トップスピン率は3028rpmという情報があり、これが正しければ、ガスケ並みのバックハンド・高トップスピンということになり、しかもガスケだけかと思っていた、バックハンドのトップスピン率がフォアハンドよりも高い二人目の選手、ということになります。上のビデオでも言ってますが、片手バックハンドのDTLとかドロップ・ショットが武器です。
    ◯ チェッキナートのフォアハンドのショット速度平均は129km/hという情報があり、これは全豪オープン2014-2016平均(フォアハンドバックハンド)のナダルの128km/hよりも速いです。
    ◯ 今年のデータではサーブ&リターンゲーム勝率合計は95%(100%が勝率5割に相当)で高くないですが、最近ブタペスト(クレー)優勝など調子を上げていました。
    ◯ ライブランキングでは今日現在45位(!)もランクを上げて、錦織選手のすぐ次の27位です。グラス適性はまた別問題ですが、チェッキナートをなめたらあきまへん、ですね。

      引用  返信

  • チェキナート対ティーム戦はサンプルオブレッドクレーそのもの。使えるだけ広くコートを走り回る、少しクラッシックな戦法かもしれません。
    それを折れたの、心がとか、ドロップは小心の表れとか、前に行けとか、少し松岡氏からは旧体育会系臭がしてきます。この試合が、フルセットになったらどう言うのかな。実況の方も少し心が離れてるような。
    私は、錦織選手にもこの2人のようなポジションでレッドクレーを戦っていたらもっと長い試合になっていたとと考えてます。

      引用  返信

  • 今晩は。
    鼻血ファミリー情報です。
    つい先ほど、田島選手/スタイラー選手組が6-2、6-1という圧倒的スコアで、バエズ選手/セイボス-ワイルド選手組[1]に完勝し、見事決勝進出です! 田島選手、おめでとうございます。

    団長さまも呟いてらっしゃいますが、今日は田島選手、スタイラー選手ともにサーブが絶好調だったようで。サービス・ゲームはほぼほぼラブ・ゲームが続き、終わってみれば試合時間はたったの41分!
    これでバエズ選手にリベンジが半分完了。次はWBジュニアのシングルスでぜひ雪辱を!

    ちなみに田島選手の相方さんのオンドレイ・スタイラー選手は、対戦相手セバスチャン・バエズ選手のダブルス元相方さん。手の内知ってる相方さんにも恵まれ、作戦もドンピシャだったのでは、と。

    さて、決勝の対戦相手はこのあとのSFもう1戦で決まります。片や第2シード、片や第5シード。どっからでもかかって来んかいっ。

      引用  返信

  • 一言さま
    鼻血ファミリー田島選手については、団長さまも時々記事にされることもあるので、彼についてはコメントしてもよろしいでしょうかと記事内コメントでお尋ねしたことがあり、フォーラムのみでというお話も特別なかったので、予定と結果のみコメントしています。

    では今後、田島選手についてもコメントは差し控えます。

      引用  返信

  • デルポトロが結構好きでを応援していたのですが、やはりストレート負けで、ショック・・・
    そうなると、これまでナダル相手に一番健闘したのはシュワルツマンでしたね。
    ビデオを見ていたら、確かに1セット目は、シュワルツマンは2015年の錦織君の対ナダル戦をほうふつとさせました。
    錦織君はあのテニスを取り戻すのは難しいのかな。
    あれをやったとしても、後のフィジカルのダメージが強すぎるので封印しちゃったのかしら?

      引用  返信

  • 下団さん、その節はどうも笑
    結構な腕白坊主たちがわらわら出てきて困ったです笑 そして今も困ってます。

    年に四回しかないGS。なのにSF以上はコメントできない。こんな魅力的な決勝に決まってもここで語れない。有望ジュニアが決勝進出しても触れられない。何ですか、このクソ自主規制は。

    BIG4の話題も、杉田やダニエルや西岡についても、今後は錦織の対戦相手になるか、団長さんが記事にしない限りコメントできませんね。
    もちろん、錦織以外の選手のスタッツも観戦レポートもみーんなフォーラムのみっと。
    こんな状態、皆さん納得されますか。

      引用  返信

  • 温帯低気圧さん
    お気持ちは分かりますし、まぁ何事も程度問題って事なのかもしれませんが(で、その程度が人によって感覚が違うので、これぐらいはオッケーと思う人と、多過ぎ~~って思う人が対立してしまう)、以前に団長が、あくまでもブログであることがベースなので、記事を書くならちゃんとした記事を書きたい、単に「ベスト4が出そろいましたね、楽しみですね」みたいな内容の薄い記事(≒単なる掲示板になってしまう記事)は極力書きたくない、とコメントされていて、でも色々なテニスの話題について語りたい・意見交換等したい人が大勢いる、ということでその要望に答えるためにわざわざフォーラムを作ってくれたのだと思うので、フォーラム利用が基本になるのはやむを得ないのでは?
    もちろん、記事との関係性が薄いコメント等が禁止されているわけでは無いので(これも団長がコメントされていたかと)、決勝が超楽しみ、とか凄い決勝だったとかはコメントしても良いのかなぁと思うのですが(回数が多過ぎたり、長すぎたりしなければ)。

      引用  返信

  • nakaさん,
    的確な、それでもって読む方に充分配慮した大人なコメントに感服します。
    素晴らしいです。全面的に賛同いたします。

      引用  返信

  • 温帯低気圧さん,
    私も以前は同じように思っていました。団長さんがちょこっと記事をあげてくれればとか、記事に沿っていなくてもテニスの話題なんだからいいじゃないのとか、という事です。しかし、そうではないのだと思うようになりました。
    ここは団長さん個人のブログなんです。GSやATPの公式サイトでもないのです。当然、団長さんが書きたい時に書きたい事を書くものなんです。私たちはコメント欄を開放してくれているからコメントを書けているだけなのです。勿論コメント欄が賑わっていれば団長さんも嬉しいと思いますので、その点においては対等に近いかと思います。(団長さんの記事が素晴らしければコメント数も増えるが、興味ないとなればコメント数は増えないという事)
    記事に対してコメントしたいと思えばコメントする。記事にないことで話しをしたい事があれば話しを出来る場所を探して見つけるか、自分でブログを立ち上げるという事になるのではないでしょうか?

      引用  返信

  • 錦織選手、週末までゆっくり休むのかと思っていたらすでに練習開始しているようですね。
    サービス練習入念にお願いします。

      引用  返信

  • nakaさん、youkoさん、返信有難うございます。
    言われることはよくわかりますし、僕も頭では理解しています。団長さんのコメントも全て読んでいます。

    ただ僕は、この風潮がどうにも嫌なんです。ナダルの試合のライブ応援的なコメントが続いただけでやれツィッターだの、ジュニアのコメントがあっただけで即フォーラムだだの、そのくせ、それは面白く読ませて頂いた?
    結局読むがわの興味のあることに対するコメントはよくて、興味のない事象に対するコメントは排除したいだけじゃないかと思うんです。

    テニス好きの興味の対象なんて千差万別。その多様性を許容していたのが団長さんのブログではないのでしょうか。

      引用  返信

  • 温帯低気圧さん、
    >「読むがわの興味のあることに対するコメントはよくて、興味のない事象に対するコメントは排除したい」ように思えてしまうお気持ちは
    判らなくはないんですが、
    「団長さんの記事のテーマに沿ったコメントがどんどん流れていってしまうこと」に対して、それを好ましく思わない人もいらっしゃるということなのではないでしょうか・・。
    私は自主規制しすぎない範囲で柔軟な<コメントの仕方>が有っていいと思いますが、
    団長さんの記事のテーマに沿ったコメントが「あまりにも早くどんどん流れていってしまい、自分に返信くださった方がいらっしゃっても
    気づかないままになってしまったり、いろいろな方々の意見をじっくり読む間もなく話題が流れていってしまっていた」なんてことは、やはり
    残念に思います。そういう状況も過去にあったように思います。
    とはいえ、ガチガチに自主規制してしまえば窮屈で利用しにくくなってしまいますね。
    要は程度問題なのですが、その程度というのが人によって違うことが
    問題を複雑にしているのだと思います。
    本当は参加する私たちがちゃんとコメントの内容を考えてバランスをとれることが理想なのですが、バランスの取り方も感じ方も人それぞれなので不満を持つ人はどうしても出て来てしまいます。
    実際過去には不満をぶつける人も出て来てこのブログが荒れた時もありました。ブログが荒れることは団長さんの本意ではないと思います。
    そんなこんなで、
    「私たちは団長さんの好意に依ってここに参加させていただいているのだ」ということを思えば、ある程度の決め事は止むを得ない部分があるのだと思います。

      引用  返信

  • 全仏も残すは決勝のみとなりましたので、プレビュー記事を書きました。
    https://yuri-san.com/

    ナダルが王者の意地を見せるのか、ティームが初のGSタイトルを取るのか、楽しみです。

    その前に、日本人の女子のペアがGSダブルス初優勝をかけて戦います!
    全力応援です!

      引用  返信

  • 温帯低気圧さま

    私の言葉が至らないのが悪く、「排除したいだけじゃないかと思う」という印象を与えてしまったところは申し訳ありません。
    私が書いた「投稿する場所とか頻度とか内容とかバランス感」とはいっても、naka様や 風様もおっしゃられているように人それぞれで、温帯低気圧さまがおっしゃる「千差万別、多様性を許容」というところも私なりに賛同するところなんです。
    ただ、多様性があって、いろいろな書き込みがある反面、「記事が流れていってしまうから、コメントがしにくい、できなかった、読みにくい」ということも、ままあって、程度はあるというころで、
    もっと具体的に言うべきだったとしたら
    「進行中の試合の実況的なコメントは、フォーラムでやりましょうよ。」
    「記事とは関連性が薄い発展しそうなコメントは、うまく促して、後はフォーラムでやりましょうよ。」
    「そのほうがベターでは。」
    という思いは、今回、一参加者のひとつの意見として、静観せずに書き込みをさせていただいているところは、御容赦ください。
    言葉と表現、タイミングはもっと選ばないといけないというところは、反省しております。

    あとは、団長がご提供くださる貴重なこのスペースで、団長様と皆様がより良いと思われる形に合わせて、一参加として楽しませていただけたら有り難いです。

      引用  返信

  • おけい様

    謝罪のコメントをいただいて、恐縮してしまって、おけい様が書きたいコメントを躊躇される思いにさせてしまって、申し訳ない思いです。
    記事とは関連性がなくても皆さんのコメントや情報が、ここに訪れる楽しみであるところは、大いにあるんです。
    ただ、以前から加減というかバランスが気になることがあって、今回、言葉と配慮に欠けるコメントしてしまい反省しています。
    どういうバランスででコメントしたらよいかは、自分でも揺れというか迷うところで、だいたい躊躇してコメントを控えてしまうのですが、団長様、下団様、禮様をはじめ、いろいろな方のフォローがありますし、ここ数年、たまにですが自らも記事、フォーラムにコメントをしている次第です。
    私のコメントは一つの意見と参考に留めていただいて、おけい様も引き続きこの貴重な有り難いスペースで皆様方と楽しまれていただくことを願います。

      引用  返信

  • mahaloさん、返信有難うございます。
    僕もちょっと言い方がキツかったと反省しています。もう少し言いようがあったなと、申し訳なかったです。自ら温帯から熱帯に変わるようではいけませんな。でも主旨はわかって頂けたかと思います。

    あと、多くの方が勘違いされているように思うのですが、団長さんが「流れていく」ことを危惧されているのは「記事」であって「コメント」ではありません。
    団長さんは、錦織沈殿時の「週刊海外テニス」スレや、僕の提案した「優勝を見届けろ」スレ等、中身の薄いもしくはないスレを立てることによって、本来読んでほしい記事が流れていくことを危惧されていたはずです。

    記事に寄せられるコメントはそもそも「流れていくもの」です。それが証拠に、錦織勝利後のレビュー記事には、一晩で100コメ超えなんてザラ。頁もどんどん増えていき、コメントはどんどん流れて行ってるじゃないですか。でもそれを「流れていくからやめて」とは誰も言わないでしょう。
    再度読みたいコメントは自分で探すものです。ブログ主が便宜を図る必要は全くありませんよ。

      引用  返信

  • mahaloさま、

    お上(笑)のご意向は、nakaさんが適切に纏めて下さった通りだと思います。基本的に本ブログはその話題に関したこと、その他の選手や試合の話題はフォーラム(ただし過度にならない程度で本ブログでコメントしたり、フォーラムに案内したり)というスタンスでいいんじゃないでしょうか。一番つまらないのは自主規制でコメントしづらくなることで、鼻血ブログの魅力は、お上(しつこい)の見識はもちろんのこと、(小生みたいな観るだけの)ド・シロート(フランス語みたい)からセミプロの方々まで自由に発信された様々な意見を聞けること、だと思っています。

      引用  返信

  • 男子シングルス決勝がいよいよ始まりますね(⌒▽⌒)
    どちらの応援というのも定まらないまま、始まります。
    私としては、純粋にテニスそのものを楽しむことにしようかな…。
    フォーラムにて盛り上がりましょう\(^o^)/

      引用  返信

  • 温帯低気圧さん,

    ともかく一度フォーラム使ってみてはいかがでしょう?
    必須となっているメールアドレスは適当(aaa@aaa.co.jpとか)でも通ります。

      引用  返信

  • 禮 さん、はい、仰る通りかと思います(`・ω・´)ゞ
    ただ、以前に、団長さんに「危うい状態・・・」と申し上げたこともありますが、最低限のルールやマナーも心得ていないと思しき方々のコメントに引っ張られてエスカレートし、それこそ他の方々の怒りを買うような失言、暴言をコメントされた方々もいらっしゃいます(ΦωΦ)
    名指し、注意等をすれば良かったのですが、下手すれば大荒れになりかねませんし・・・(>_<)
    初心者の方々を指導し、Jrの父兄さん達からもアドバイス等を求められることもありましたが、お師匠様達からは「時には厳しい事も言って、最低限のマナー等は教えないといけない。それをしないと、せっかく教えている方々が、後々辛い目にあう可能性もあるからな・・・」と注意を受けたこともありますm(__)m
    深みにハマった、ただのテニオタの言葉なので、全てに納得して頂けるとは思いません。それでも、どこか心の片隅にでもおいてもらえれば・・・と思いながらコメントすることもありますm(__)m

      引用  返信

  • 私も、「程度」の問題だと思います。
    団長様が提供してくださったフォーラムの活用をお勧めします。
    皆さん仰っている通りメールアドレスは捨てアドレスで構わないです。

      引用  返信

  • https://mobile.twitter.com/EntryLists/status/1006217650345775104
    錦織選手関連なので、ここでコメントします。

    来週のハレ500、イズナー選手がOUTです。
    これで錦織選手の「繰り上げシード」の可能性がかなり高まりました。

    32ドローですから、ノーシードのままだと初戦で「いきなりロジャー様」・・・なーんてパンチが効いた事態も有り得たので少しホッとしています😅

      引用  返信

  • ゆうたさん,

    情報有難うございます。
    ただでさえドロー運のよろしくない錦織選手、シードがつくのはせめてもの救いですね。

    あとは復活の芽が出てきた杉田選手にもよいことがありますように。
    頑張っている人には幸運もないといかん。

      引用  返信

  • ハレ500のシード見込み
    1シード:フェデラー選手
    2シード:A・ズべレフ選手
    3シード:ティエム選手
    4シード:バウティスタ=アグー選手
    ここまでが上位シード
    5シード:プイユ選手
    6シード:チュン選手
    7シード:コールシュライバー選手
    8シード:錦織選手
    ここまでが下位シード
    9番目:ガスケ選手
    10番目:ルブレフ選手
    *第2シード予定のズべレフ選手は欠場の可能性もありそうです。
    *ジョコビッチ選手がロンドン500にWC参戦。ハレ500にフォニーニ選手orカレーノ・ブスタ選手のWC参戦がなければ錦織選手はシード入りです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。