【レビュー完成】ソウザを左右に振り、ストローク戦で完勝(2019全豪オープン3回戦 vs. ソウザ レビュー)

2019 Australian Open (Grand Slam)
3rd Round
Kei Nishikori[8] def. Joao Sousa, 7-6(6),6-1,6-2/p>

今日は安心して見ていられました。
ただ、1stセットはもったいない試合運びでしたし、フォアのストレートがサイドに切れて行くショットが何本もあったのが気になりました。

1ブレイクアップしての第4ゲーム、入れるだけで決まるボレーを、力を抜いて打ってしまいミス。その後2本のダブルフォルトがあり、最後も簡単なフォア打ち込みを、過剰なまでのスピードで打ってしまいアウト。
感覚が良すぎて余裕を持ちすぎてしまった感じでした。

このあたり、難しいところ。
余裕を持つのもリラックスするのも大事だし、気を抜かないことも大事。
決して気を抜いたわけではないでしょうが、こういうもったいないミスから流れが変わってしまうことも何回もありました。

ソウザの得意なフォアハンドに多く集める配球もあり、その後はキープが続く展開。
バック狙いを温存したのか、2回戦でできなかったストローク戦を多くしておきたかったのか、理由は分かりません。
余裕はありましたが、タイブレークまで行ってしまっては、確実にセットを取れると言い切れない状況になったので少々、もったいなさを感じました。

タイブレークでは本領を発揮し、8-6で奪います。
すると2ndセット以降はフォアハンドを修正し、バックへの配球も増え、ソウザを右に左に振り回すようになりました。

1stセットはソウザに回り込みをかなり許してしまっていましたが、バックDTLからの展開(そのまま決まってしまうことも)、バックのクロスでフォア側を空けさせておいてのオープン攻撃、が多く見られるようになりました。

2試合連続で4時間超えのフルセットマッチを戦い抜いてきたソウザは、2セットを取られたところで足の付け根の治療でMTOを取ります。
体が悲鳴を上げていたと思います。

錦織が希望通りのストローク戦で快勝しました。

前半のフォアのサイドアウトのミス、気を抜いたようなボレー数本、これだけが反省点でしょう。
最終的には大きな問題ではありませんでした。

2試合、フルセットマッチを戦ったにしてはダメージもなく、いい感じで2週目を迎えられると思います。

4回戦はフォニーニに勝ったカレニョブスタ、また実直ストローカーでソウザをさらに粘っこくしたタイプだと思います。
フォニーニの方が読めないプレーをするので、良かったと思います。

次こそロッドレーバーアリーナでやりたいですね。

34 件のコメント

  • 次戦はカレーニョ・ブスタですよね?
    ダブルスも出てるから疲れてないかなぁ。

      引用  返信

  • 結果としてはおおよそ想定はしていましたストレート勝ちですが、内容としてはまだまだ7.8割の出来ながら、要所を抑えなおかつソウザの出来がか2NDからガクッと落ちたのも要因と思います。

    でも4R以降に上げていく伸び代があるのは希望と思える内容だと思います。

    余談ですがなおみ選手の試合間があまりにも静かでしたので2回レッツゴーなおみコールの音頭を取ってしまいました。

    恥ずかしかったけどある意味快感でした。
    次のラウンドでも音頭取り狙っていきます。

      引用  返信

  • 「カレーのブルッケスタにカツ!」
    ブルッケスタにカレーパウダー少々ふりかけて…。メインはスペイン産イベリコ豚のカツでお願いします。

      引用  返信

  • カフー様の勇気にアッパレ!
    現地応援の皆さま、ありがとうございます。

      引用  返信

  • ぱぶろ かれーにょ ぶすた

    すぶた の他に ブルスケッタもあるなんて

    個人的には酢豚がツボですね。

    月曜日に勤労ニシキゴイの皆さまや
    現地オーストラリアで入手出来そうな
    他の手頃ないいやつを思いついたら提案したいです。

      引用  返信

  • カフーさん、現地応援の皆さん
    4回戦以降も最高のレッツゴーコール、Keiコール、なおみコールをお願いします!!!

      引用  返信

  • マッチポイント、フォアハンドクロスのウィナー。完全にフォアハンド復活。ラリー戦では負けない錦織圭が戻ってきた。
    ROMさんのカツカレーにカレーパスタ、大賛成。今から準備するぞ~(^^)

      引用  返信

  • カレーのロブスター❣️素晴らしい👏
    何故か笑っちゃいましたwたぬんどさんのHNにも以前からツボw
    でも、入手困難やわ〜😆

    さすがにROMさんは、いろいろ思い付きますね👍
    カンタンなヤツにしよっと。ブルスケッタ、エエかも。

    普段フードに参加なさらない方も、案外イケてる案をお持ちでは⁈

    カレーニョ ブスタは、ダブルス含めてもう4戦闘っているそうな。疲れてると、良いなー😈

      引用  返信

  • 錦織ベスト16!素晴らしい!!

    カレーニョ・ブスタとは初対戦なんですね~。
    良い試合が見れそうです(できれば圧倒して欲しい)。

    カレイ入りのブイヤベースでも作ろうかな?

      引用  返信

  • なんだか今回ずっとイライラ
    してますよね?
    ミスはどんな選手でもするのに
    いちいち表情をゆがめて
    オーバーリアクション。
    もしかしたらブリスベンの時
    ほどの調子ではないから自分
    に対しての苛立ちをつのらせて
    るのか、焦っているのか。
    でもこういう行動、感情の
    アップダウンって脳に疲労として
    確実に蓄積されていくし、
    良いことなんかひとつもないのに、
    なんで自制できないんでしょう?
    大型の欧米選手に比べたら
    はるかに少ないスタミナで戦わなく
    てはいけないハンディがあるんだから
    できるだけ無駄を省いていく努力を
    しなくては。そういうところは
    同じくらいの体格のアグーや
    ゴファンが上手にやってる。
    完璧主義者なんてただのナルシスト。
    1年通して100でプレーできる選手
    なんてジョコぐらいしかいないのに
    高望みし過ぎ。
    70から80の状態でもどうやったら
    勝てるのかもっと考え尽くすのがプロ。
    彼の試合から石にかじりついても勝ちたい
    という泥臭い執念みたいなものを
    感じられないのは、そこらへんが原因かも。

      引用  返信

  • カレーニョブスタ初対戦ですか。
    どうりで
    鼻血 錦織 ブスタ 応援フード
    で検索してもでない訳ですね。
    カレーのロブスターってシンガポールあたりの料理にあったような。
    今のところ料理としては一番食べて見たいかも。

    ちなみにベスト16でレースランキング同率1位に返り咲いたみたいです!

      引用  返信

  • いかまきさん,

    錦織くん、サッカーの本田圭佑との対談で自分のことを「完璧主義者」「試合中に怒りの感情がなければダメだと思う」と言っていたので、そういう面が表に出てきてるんじゃないでしょうか。
    むしろいままで自制してきたのをやめたのかもしれませんよ。

      引用  返信

  • 今日の試合は錦織選手にとっては良かったかもしれませんね。錦織選手が完全に上位互換的な立場をとりつつ、自分の展開で終始持ち込めていた印象を受けましたし。

    イライラ感がほぼ皆無だった様な気がします。

    次戦相手のカレーニョ・ブスタ選手、フォニーニ選手よりもクセが無く噛み合う相手だと思いますので展開的にも非常に興味深いです。

      引用  返信

  • お久し振りです。

    私は、カップ麺の、カレーうどんを用意しました。
    そのこころは、

    「う(ど)ん」が入ったカレーのスープだ!

      引用  返信

  • いかまきさん
    それはちょっと決めつけが
    過ぎる上に偏った考えでは?
    心理学的にこうである、
    みたいな根拠はあるのですか?

      引用  返信

  • きょうは割合冷静にプレーしてたと思いますが。。

    でも以前より声を出すようになりました。
    いいことだと言われてるし、私もいいと思います。
    その方が自然ですもん。
    体の大小に関係なく、皆自分なりのやり方で
    気持ちを発散させてミスを忘れて集中しようとしてる。
    お客さんでも審判でもなく、自分を叱咤激励してるんですよ。
    それも含めて応援したいですよね。

      引用  返信

  • 遅い感想ですみません、私も楽天でのソウザ戦は現地で茫然としてしまいました。組み伏す気満々過ぎて攻めまくり、急にリタイアでした。あれから錦織選手も色々あり、29歳の今の強さがある。納得です。

    ブルスケッタ!カツカレーとカレーパスタ!カレーのロブスター!うわお、素晴らしい!ウンの入ったカレーも!ブイヤベースも美味しそう!
    いや〜〜凄い豊作ですねー、
    でもこれが私の頭の中でずっとリフレイン、カレーのスブタ。私もステファンふぁんさんと同じ、酢豚にツボ派です!
    『勝つ!カレーと、酢豚』

    現地応援の皆さま、次戦も応援頑張って👊
    カフーさん、音頭取りよろしくです!!

      引用  返信

  • いかまきさま
    Numberが錦織選手と大坂選手の特集号を出しています。秋山英宏さんが書いていらっしゃる錦織選手の記事に答えがあります。読んでみたらいかがでしょう?

      引用  返信

  • すっかり出遅れましたが、圭、ストレート勝利での4回戦進出、おめでとう❗😍😍😍❤️❤️❤️⤴️⤴️
    ソウザの動きが落ちた第2セット以降は、あまり参考にはならないかもだけど、何はともあれ省エネ勝利は必須だったので、とっても良かったです❗ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ♥️⤴️⤴️
    出来れば次もこんな感じでお願いしたいですm(__)mm(__)mm(__)m♥️⤴️⤴️←準々決勝に向けて、なるべく体力温存をはかってね~❗👊😆🎵♥️⤴️⤴️

      引用  返信

  • 勝利おめでとう!でも勝負はこれからだ!
    気合を入れろ!
    きついときはもっと声を出せ!
    やるしかない!
    全力で応援してます。

      引用  返信

  • いかまきさん、テニスというスポーツを実際やってみるといいですよ!いろいろ大変だとわかるんで!
    みんなに反応してもらってよかったですね笑

      引用  返信

  • 実は昨日は京都に行っており、結果を知らない状態で帰ってから録画をライブ感覚で見る予定でした。
    ところが昼食に入った店で、学生らしき集団が「錦織、負けた」と聞こえたので、慌てて耳をふさぐ(笑)。
    スマホのテレビで第1セット3-3までは見ており、ブレイクもされイマイチだったので、もしやと少し憂鬱な気分も持ちつつ京都観光。
    一縷の望みを持ちつつ覚悟して深夜に録画を見たら、おっ、第1セットとった。タイブレークも一進一退だったので、ああ落とすんだなと思ってたのでヨシと。第2セットもとって、これはやったかな。終わってみたら完勝。
    学生め(笑)。でもそのおかげでホッとした感が倍増。
    次も勝って、とにかくジョコビッチ連敗街道に終止符を。

      引用  返信

  • ソウザ選手、マイエール選手とのペアでダブルスQF進出\(◎o◎)/!
    タフですね~Σ(゚Д゚)エエデェ~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • いま wowow つけていたら、wowow の放送ブースに錦織選手がきてダバディさんや伊達さんと談笑するコーナーが放送されました。昨日生放送されたのを再度放送した感じでした。リラックスされている感じでほっとしました。

    ソウザ戦の振り返りでは、第1セットは硬さもありミスもあったが、第2セット以降は良いプレーができたと言ってました。DF x 2 で落としたゲームについては「何よりも伊達さんに見られているのが怖かった」と笑える(笑えない?)コメントをされてました。

    どうあれ、良かった点、修正すべき点など、とても冷静に(コーチ陣らとともに)分析、把握済みのような口ぶりで、2週目に向けてとても良い状態にあるように見受けられました。

    楽しみです〜

      引用  返信

  • 男子シングルス4R VS カレーニョ=ブスタ選手
    Margaret Court Arena
    日本時間の1/21日RM4:00以降の開始予定です。
    前の試合がPM2:00以降開始予定の女子シングルスなので、ファイナルINするようなら開始が遅れるかと思いますm(__)m

    Rod Laver Arenaを経験したかったですが、男女ともに1、4シードが順当に勝ち残っているので、入る余地がなかったですかね~(ΦωΦ)

      引用  返信

  • プレーは副音声で観ていましたが、昨日の1セット目、ネットにあえて出ず、理想のフォアを取り戻そうと集中しすぎていると感じてました。解説者が1セット終了後、圭にガッツポーズ少なく、体調の不安を口にしましたが、伊達さんが、小さくガッツポーズしてるし問題ない、と仰ったのにはさすがと思いました。
    全米で観た針の穴を通すようなフォアのコントロールショットも素晴らしい武器ですが、2セット5ゲーム目の下がりながらの吠えたフォアストレート、最後の鋭いクロスウィナーのようなショットが打てて、より自信も戻ってきているのでは。
    圭の今年の意気込みは並々ならぬものを感じて、ワクワクが止まりません。勝負強い鬼のメンタルに加えて、威力とコントロールのストローク、ネットプレーの旨さ、サーブ力全てが揃ってきた今、どうか怪我だけはしないでと祈るばかりです。
    ROMさん、いつも紹介ありがとうございます。早速Number購入しました。Numberの表紙ってほんと素敵ですよね。この前紹介してくださった、圭のヘルスマネジメントの対談が掲載されたJAL SKyward 11月号も、九州出張でJALに乗った時、持ち帰ってきました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。