錦織圭、大事を取ってアントワープは欠場も、ウィーンには出場予定

錦織圭はアントワープ1回戦の直前で欠場となってしまいました。
1つ前の記事で、「経験則から50%以上の確率で欠場ではないか」と書きましたが、本当にそうなってしまいました。
こういうときだけ逆フラグが機能しない・・・。

「肩が100%ではない」錦織圭が試合直前に棄権。次戦はオーストリアのATP500大会を予定 | THE DIGEST

ただ来週のウィーンには出場意欲を示しています。そのあたりはまた、記者の長谷部良太さんが詳しく教えてくださっています。
ほぼ原文のままだと思います。ありがたいですね。

と、不安な内容と希望が持てる内容が同居するインタビューでした。

現地まで行って試合直前まで決断をしなかったということは、出場できそうな感じもあったということ。
一方で痛みが長引いているというのは潜在的な悪化リスクがあるかもしれない(ないかもしれない)という状況であること。
そして、改造したはずのフォームが悪影響を及ぼしているかもしれない可能性。

ちゃんとフォームをチェックしてみたいですが、肩を痛める動きってどんなのだろう・・・。
背中の方に引きすぎると肩がロックされてしまいますが、どちらかというとそれを抑える方向のフォーム改造をしているように見えるしなあ・・・。

ともかく、今年はもうGSないし、無理をする場面ではないのは明らか。
ウィーンには出場する意向なので、回復を祈るしかないですね。

我慢です我慢。

我慢が美徳とは全く思いませんが、それでも我慢が必要なときはある。今がそれ。
錦織もファンも。

前にも書きましたが、こんなときでも応援し続ける者だけが来たるべき歓喜の瞬間を見逃さない。
今はその瞬間が早く訪れることを願うのみです。

67 件のコメント

  • 団長さん、涙が出ました…「応援し続ける者だけが来たるべき歓喜の瞬間を見逃さない。」それですよ、それ!
    私達への力強いエールをありがとうございます!

      引用  返信

  • 肩の状態については全仏のあの尋常じゃない気候も一因でしょうね。屋外でテニスをする環境では無かったですし。そう考えるとナダル戦まで行かなくて良かったかなぁと、もしあの状態でナダル戦を完遂していたら大惨事になりかねなかったですし。

    全仏前に本ブログやテニス賢者の方々のSNSが全仏回避に言及していたコメントが有りましたがこの参戦が正解だったか否か・・・難しいところですね。

    ただアントワープでも練習はしていますし、「故障の発生や再発」ではなく「状態を戻すのに少し時間がかかる」のであればさほど悲観する事はないとは思っています。

      引用  返信

  • トラバリア選手戦で途中棄権しても良かったのでは❓と思ったりもしますが、前向きに捉えれば勝負師の本能、執念が戻ってきた❕❕と・・・_(._.)_
    修造さんにも何度も我慢させられ?ましたし、日本男子で世界で戦える選手が出て来るのを待ち続けた日々を思えば何でもありません。
    それに、錦織選手を追いかけて世界に挑戦している選手達が色々と話題を提供してくれてます( `ー´)ノ
    錦織選手にも良い刺激になっているかと思います。いつまでも・・・待ってるでぇ~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • 来るべき歓喜の瞬間を見逃したくない!
    我慢します!
    応援し続けます!
    団長さんいつもありがとうございます!

      引用  返信

  • 長谷川さんの取材記事は本当にありがたいです😊
    何せ本人はなーんにも発信してくれないですから、、、😁
    記事を読んだ時は、プレー姿を見たい気持ちと出て欲しくない気持ちが半々でしたが、棄権が決まったときには少しホッとしました。
    痛みを抱えた状態で戦っても思うようなプレーが出来ないし、勝っても負けてもこちらは不安しか残りません。ベンチでトレーナーに処置してもらって所を見てるのは辛いです。
    以前錦織くんが「痛みのなかったことはない」と答えていたシーンがありましたが、トップアスリートは皆何処かしら痛みを抱えて戦っているんですね〰️

    痛みが無くなり余計な事に神経を使わずに思いっきりコートの中を走り回ってほしいです。
    私の好きな錦織くんの姿は、リターンの時の豹のような目付きで待つ姿とベンチでタオルを被って集中してる姿です。これが見れた時はだいたい勝ちました。
    それもこれも体調が良くなければ出来ない事なので、そういう錦織くんになるまで待つ事にします。
    欲を言えば、もうちょっと情報発信して欲しいですね〰️😵
    ほぼ変人扱いの錦織ファンがここに居るのだから😁

      引用  返信

  • 錦織応援団長と、
    錦鯉たちと共に、
    錦織選手の
    歓喜の瞬間を
    見届けたい、味わいたい‼️

      引用  返信

  • 団長さんの仰る通り、無理する場面ではないと思いますので直前での欠場は英断だったと思ってます。
    ただ、長谷部さんの記事(インタビュー)を読んで気になったのは、全仏後に肩の検査をしてなかったかのような内容。30歳を超えて身体のメンテは十分に行っているものと勝手に考えてましたが。陣営にはプレー向上だけでなく身体のケアについてももっと考えて頂きたいなと感じています。

      引用  返信

  • 錦織選手のコメントに肩の状態を診てもらったとの
    話がないので、やんさんのように私も不思議でした。
    時間がたてばよくなるものなのか、検査くらいは
    すべきではと思いますが、どうなのでしょうね。
    会場でも練習をしていたようですし、判断するタイミングが結果遅くなり
    対戦する相手が変わった選手のことを考えるともう少し決断は早いほうが
    よかったのではと素人には思えます。直前に対戦相手が変わることは
    選手からするとすぐ対応できるものなのでしょうか・
    昨夜の棄権で思ったことは、錦織選手の体調がまず一番!
    完全に治癒してから試合に出てほしいと思います。
    今の有望若手選手がいる状況では、元気であることが必須でしょう。
    どこまでも拾い続けるスタミナは、トレーニングと専属の栄養士さんの食事がいいかと。
    元ダンテコーチが戦略家と聞きましたが、今はどなたが担当されているのでしょうね。
    痛みをチームに話すことができていないのは、いつかのウインブルドンのチリッチ戦も
    そうでしたね。チームとの信頼関係、土台固めも勝ちにつながるような気がします。
    どうか焦らないでほしいです。完全復帰を楽しみに待ちます。

      引用  返信

  • 全仏2回戦の後半(第4セット辺り)でMTOを取って治療してもらい痛み止めの薬を飲んでいたと思います。当然、試合直後に医者に診てもらっていると思いますけどね。プロの選手なら必ずそうするはずではありませんか?
    試合直後に診てもらった時、医者に炎症を起こしているので、予定していた試合は休めと言われたのでは?で、だんだん良くなってはきたものの、痛みが完全には引かず、その原因は医者もわからなかったのでは?
    今回の欠場についても、チームだけでなく、医者とも相談した上の決断だと私は思っています。
    ま、あくまで想像の上の単なる私見ですけどね。

      引用  返信

  • 棄権した明くる日は力が抜けてぼーとしてましたけど、
    今は元気になり、我慢できます。とにかく元気な姿でプレーできますように!何もできないのが歯がゆい
    ただただ祈るだけ!

      引用  返信

  • 2018年の秋頃からロンドンへの錦織圭の快進撃が鮮烈に記憶に残っていて、同じような活躍を期待してしまいますが、こんな状況ですから条件の整った時にこれぞ錦織圭というテニス を見せてくれるまでじっと我慢ですね。
    もう3回は観た2018年のウィーンの録画を見直します。

      引用  返信

  • あの時のウィーン 、 ティエムに勝ちましたよね〜♪

    早く試合が観たい!!!

      引用  返信

  • フォーラムの内山選手トピで、下団さんや ゆうたさんも度々紹介して下さっている鈴木貴男さんのブログです。

    10/20付 メッセージ
    http://suzukitakao.jp/mobile/blog/post/20736

    貴男さんは内山選手に帯同している関係で、今回のダブルス棄権についても短いですがコメントしてくれています。
    怪我は誰にとっても辛いものですが、錦織選手はこれまで数多くの怪我を経験して 進むべき時と身体を休ませるべき時を肌で感じて来た選手だと思っています。ましてや若さと体力で乗り切って来た頃とは違いますから、場合によってはじっくり回復させると本人が判断をしてもおかしくないと思っています。
    試合での良い感覚を失くして欲しくない気持ちは山ほどありますが、無理だけはして欲しく無い…(・_・;

    ウィーンに出場出来るならそれに越した事は無いですが、貴男さんの言うようにここは我慢の時だと思います。
    《 応援し続ける者だけが来たるべき歓喜の瞬間を見逃さない 》
    団長さまの至言を噛み締めています。

    ステファンふぁんさん、Grannyさん
    2018年のウィーンは、錦織選手の圧倒的な強さと 紙一重の差で闘いを打ち勝って行く両方があって、何よりも素晴らしいあのショットのバラエティが観られて大好きでした。WOWOWオンディマンドにもまだありますね。また観たくなりました😊

      引用  返信

  • Grannyさま リッコラさま
    2018楽天からウィーンあたりの好調時の錦織は神っていましたね!どんな球もラインに吸い込まれるようで。
    思えば2018から2019前半シーズンには
    対戦があった現在のトップ20にはたいがい勝ち星を挙げているのではないでしょうか。(ジョコ、ナダル以外)
    ティーム、チチパス、ズベレフ、メドベージェフ、ハチャノフ、ルブレフ、シュワルツマン、、、

      引用  返信

  • ステファンふぁん さん 
    現トップ20だと モンフィス、シャポバロフ、カレーニョブスタ、ディミトロフにも。半数の選手にはその頃勝利していますね。
    他にも若手のアリアシム、ティアフォー。ビックサーバー枠では芝の(!)キリオス、チリッチ、アンダーソンetc…

    復帰の2018年〜19年前半は、調子の波はあってもツアーファイナルズにも滑り込み トップ10復帰、全米のベスト4を含め GSで5大会連続ベスト8に進出していた訳ですから、やはりかなりの強敵と対戦して勝利を上げていたんだなぁ…と改めて思いますね。

    しかし、それを当たり前だと思ってはいけない。全てが若い頃と同じ様に戻るわけではない事も 錦織選手本人が一番分かっているはず。
    ともかく今は身体の万全の回復を待つ時!ですよね。

      引用  返信

  • ぱぷすぶるく家のウィーン
    錦織の仮想対戦相手

    1回戦 ティーム
    2回戦 ワウリンカ
    QF  ルブレフ
    SF  メドヴェデフ/モンフィス
    F   ジョコビッチ/チチパス

    1回戦は地元ティームとの対戦。さすがの引きの強さです。
    これ全部勝ったらGSすぐにでも制覇出来そうなドローですね。

      引用  返信

  • さん
    情報ありがとうございます。
    例年でもレベルが高いこの週に加えコロナ禍の影響でバーゼルが中止になりウィーンに強豪が集中した為に「今季最もハイレベルな大会」だと個人的には思っていましたが、それに錦織選手の引きの強さが加わるとこんな「コラボ作品」が完成するんですね・・・😅😅😅

    ただ今季に関してはある程度達観しているので「すんげぇ〜、ドローやなぁ」と割り切ってはいます。😑😑😑

      引用  返信

  • 今年のウイーンはすごいメンツなので覚悟はしていましたが。。。
    1RからFまで全てが決勝戦みたいですねー。
    はは・・ははは・・はは・・(@_@)

      引用  返信

  • たった今団長さまのツイッターで知りました。
    ウィーンの大会の錦織選手の初戦、ティーム選手‼️
    元気に試合に挑めますように❗楽しみよん🤣

      引用  返信

  • ドロー見ました。
    面白過ぎて、本当に声を出してあはははと笑ってしまった。

    だけどやっぱり、すごーく待っていたから、錦織君の戦う姿を少しでも長くみたい。

      引用  返信

  • 禮部長、下団さん、ドロー詳細情報ありがとうございます。
    …にしても、はは・・ははは・・はは・・(@_@)
    ☝️ aoiですさんの この笑いに尽きますね。

    ドローを見ると、どの1回戦も凄んごいメンツの対戦。QFから始まる感じ?
    あ…、それってツアーファイナルズみたいだ。むしろ、圭さんのドローがまさしくそれですね。
    もう、頑張れってしか言えないです。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾頑張れーー!

      引用  返信

  • あはあはははははははははああああヽ(;▽;)ノ
    こう来たか、やっぱりねぇ ε-(´∀`; )

    参戦選手の中で最も勝ち抜きたいであろう地元選手、ティーム。
    かつて休日にあたる日の観客満席の中、完敗に沈んだティーム。
    錦織へのリベンジに燃えないはずがない🔥ティーム。
    怖いですねー(O_O) 怖いですねー(キャーッ)
    でもものすごく観たいですねー😅
    何回か勝たないとたどり着けないような相手なのに、なんと1回戦で⁉️
    省エネですねー。
    いきなり自分の到達レベルを確かめられますねー。
    挑戦者の立ち位置だし、復帰7戦目だし、失うものなし!
    がんばれ!錦織選手\\\٩(๑`^´๑)۶//// 肩の痛みが取れたのならば…。(お願い🙏)

      引用  返信

  • 禮さん、下団さん、ドロー情報ありがとうございます。

    肩の具合はどうでしょうか。
    痛みなく伸び伸びプレーできれば、それが一番の願いです。

      引用  返信

  • ほんと、ファイナルズか⁈と私も一瞬思いました。
    相手に不足はないですねー、体さえ心配なければ、今の力を試せる願ってもない最高のドローだと言えるのでは!
    肩の故障が治っていますように!元気にコートを駆け回れますように!

      引用  返信

  • 初戦でティームとは、上位シードもbyeがなかったのですね。
    ディフェンディングチャンピオンで、地元で、二年前にこてんぱんにやっちゃった相手との対決。
    負けず嫌いの血は騒ぐでしょう。
    誰も絶対勝てるなんて言えないでしょうが、、
    いい試合が見れたらいいですね。

      引用  返信

  • 一瞬、目が点になり、フリーズ。思わず天を仰ぎましたわ、このドロー。
    そしてaoiです さんのコメント「1RからFまで全てが決勝戦みたいですねー。」を読み、爆笑。で、大きくため息。もー、やけのやんぱちだぁ。

    とはいえ、元気にプレーする錦織選手の姿が見たい。息をのむような、しびれるようなショットが見られれば、まずはハッピーです。

      引用  返信

  • aoiですさん、
    皆んなの気持ちをたった3言で代弁、お見事!と思います。
    誰もが一瞬絶句!やがて笑いがこみ上げてくる、という
    錦織ファンならではの共通した反応ですね。
    まさに私もそのひとりでした。
    錦織選手自身はこのドローにさぞかし勝負心が湧き上がっているかもしれませんね。
    今はまさに挑戦者の立場ですから、
    ある意味、守るもの無しの強みがあるとも言えます。
    肩が痛まず、思い切りプレーできますように!!

      引用  返信

  • 連投失礼します。
    錦織圭ファンサイトさんからの情報ですが、
    試合開始は
    <27日火曜日ナイトセッション第一試合17:45開始、
    日本時間28日 1:45>
    からの予定だそうです。応援にはちょっとキツイ時間帯ですね。
    もしも変更がなければ、という話ですので
    変更の可能性もあるかもしれませんが。。。

      引用  返信

  • 2,3の個人ツィッターで錦織選手がサーブ練習をしている映像を見ました。
    ほんの数秒ですが。

    肩はいい感じなのかしら?希望がじわじわ湧いてきました。

      引用  返信

  • 風さん、FUMAさん、貴重な情報をありがとうございます。
    丑三つ時の試合なんですね?厳しいなあ!でも頑張るぞ!
    そして、対戦相手については誰でもかかってこい!と、今や応援の腹はすでにしっかり括っており、心配なのはひたすら体だけ…。そこに、映像の情報!おっ、サーブ練習してるんだ、嬉しいなあ!ほんの数秒の映像でも希望の光がほのかに差しこんできた気がします。でも、思えばそれを私は見もしていないのだった…(←単純過ぎるファンです)

      引用  返信

  • 怪我さえなければ、出るんだったら、善戦しなくても勝てなくでボロ負けでもいいです
    ビッグ3以外でもっともランキング1位に近い選手ですから失うものは何もないと思います
    立場は完全に逆転してるのでのびのびとできるのではないでしょうかね

      引用  返信

  • 皆様の最新情報ありがとうございます。
    どのニュースサイトより早くかつ正確な情報は本当に助かります。
    初戦ティームとのことですが、錦織選手自身は当然のこととして、勝つ準備をしていると思います。
    その意味では、ティーム選手にとっては、客観的には自分が有利と思いつつも初戦の相手としては、あちゃーというか、やってもうたという感じではないかなどと妄想しています。
    いずれにしても、見ごたえのある試合になることを願っています。
    団長さんのプレビューも楽しみです。

      引用  返信

  • もんたな @montana_sf16さん,
    最新のドロー表をありがとうございます😊
    しみじみ見ますと、初戦からなかなかしびれる組み合わせが多いですね。
    チョリッチvsフリッツ チチパスvsストルフ
    デミトロフvsカチャノフ モンフィスvsカレーニョブスタ
    デミノーvsメドベージェフ
    ワウリンカvsガリン…………………
    まあ最たるものがもちろん錦織vsティームですけど😅
    この頃思うのですが、あまりに実力差が縮まっていて勝敗はどちらがその時調子が
    いいかにかかっていて、勝敗の行方がわかりにくいなあと。
    観る方はその方が面白いという面はありますけど。対戦ではランキング下の選手は
    チャンスとばかりに力を発揮している感じだし、シード選手にしてみればキツイ状況
    だろうなあ。錦織ファンとしては「ティーム(O_O)…」という感じですけど笑 
    ティーム選手にしたら、第2シードなのに初戦で錦織…ですからねぇ( ̄∀ ̄)
    怪我明け、復帰からまだ日が浅いというハンデはもちろんあるし、分がいいのはもち
    ろんティーム選手なんだけど、それでも嫌な初戦には違いない……はず。
    錦織選手が無事にコートに立つことができたら、試合の序盤で簡単じゃないよと思わ
    せたい。……………………なんちゃって好き勝手に楽しんでいる試合前日の朝😅

      引用  返信

  • ティーム戦は明日火曜の深夜予定とのことで、
    とっておきの、セブンイレブンの
    「金のビーフシチュー」をチンして食べるつもりです。
    ドミ にく チーン
    なんつって
    既出でしたらごめんなさい。

      引用  返信

  • 無事コートに立ってくれたら……と願うのみ❗
    肩の痛みが良くなってますように…❗ あとは結果は求めませんから~無理はしないで❗
    2018年の完勝ではウィーンのお客さん、し~ん、ひそひそで異様な雰囲気でしたね。錦織君の何をやっても決まるプレーに、嬉しいやらティームが何だか気の毒やらで……じっとしていられなかった事を覚えてます。
    こうして、いつも錦織君の試合を待ちながら年月が経って、気が付けばどんどん年取って行く……😰 これもファンの運命?宿命?でしょうか!

    明日の真夜中に、彼の試合にハラハラしていられるといいな~😆😆🙏🙏❗❗

      引用  返信

  • あけびさん,
    お役にたてて良かったです。錦鯉軍団のはしくれとして、勝ち続ける限りTwitterにて更新していきます。☝️ 

      引用  返信

  • むむむ。。。
    ショックですが、しっかり診てもらって身体を万全にすることを最優先にしてほしいです。
    あと2大会はかなり不透明ですね。
    覚悟をしつつ、1日も早く元気な錦織選手が見たいです。

      引用  返信

  • 朝、目覚めるなりウィーンの今日のスケジュールを確かめる………。
    ティーム選手の対戦相手に錦織選手の名前なし_| ̄|○
    そっかああ………………。その気配は感じていたから覚悟はしていたけれど、前回の
    直前棄権よりショック…でした。試合が観られないというのもあるけれど、怪我が想
    像しているものより重いのかという心配な気持ちが広がります。団長さんが呟いている
    ように直前まで迷うくらいだからそれほどではないのかもしれません。サーブの練習を
    している映像も見ましたしね。でも、この不透明な感じの時はいつも心配になってしま
    いますね😅まあ、でも心配はこちらの勝手な行為なので錦織選手の出場を待つしかない
    ですねー。わたしまーつーわー♪いつまでもまーつーわー♫ てな気分です 笑

      引用  返信

  • やっぱり予想した通り、今季終了だな。それにしても、肩の精密検査は受けていないのだろうか?

      引用  返信

  • そうですか・・・ティーム選手との試合を楽しみにしていましたが・・・もしかしたら・・・という思いもあったのです。
    肩の状態は思わしくないのでしょうかねえ?
    肩痛の原因などの詳しい情報がわからないから、ファンサイドはあーでもないこーでもないとモヤモヤ、心配の種が膨らみますね。
    待つことには慣れました?(自分に言い聞かせてます)から、錦織選手、肩をしっかり治療して欲しいです。

      引用  返信

  • いつだったか、手の神様を調べて下さった方がいましたね。
    肩の神様、調べました。(貼り付け方分かりませんが)

    鳥取県八頭郡智頭町にある河野神社。
    通称『にゃくいちさん』。
    肩・手・腰・足の病気に霊験があるそうです。
    お近くの方は是非。
    私はスマホ越しにお参り🙏🙏🙏

      引用  返信

  • 対戦相手がティーム選手になった時から、そんな予感はしていました。ティーム選手の…というかハードヒッターの回転かかりまくった重い球に長時間耐えうるだけの状態ではないという判断な気がします。
    ヨーロッパ行脚はおそらくスポンサー絡みもあるでしょうし(アントワープはジャガーだったのかぁ!と納得した私)、パリも現地まで行くと思っていますが、試合に出るかどうかは疑問視しています。
    とにかく無理は禁物。残念ではありますが、良い子で我慢を続けます。

      引用  返信

  • 凱旋試合で気合い満々のティエム選手ですからねぇ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    治りかけに、あの重い強打でガンガン来られたら・・・健康体でも怖いですから・・・_(._.)_

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。