錦織劇場 総支配人・錦織圭。今日も劇場開幕(2021バルセロナ1回戦 vs. ペジャ レビュー)

2021 Barcelona (ATP 500)
1st Round
Kei Nishikori def. Guido Pella, 4-6,7-6(4),6-2

相手のマッチポイントこそなかったものの、1セットダウン&1ブレイクダウンの崖っぷちからの生還・・・!
2ndセットタイブレークでも0-3のピンチがありました。

今日も錦織劇場が開幕し、「どうやって取った???」と「?」が飛びまくる展開。
取れそうで取れない。取られそうで取られない。

本人だって、こういう試合を望んでいるわけではないと思うのですが、見ていて面白くもあり、苦しくもあり、驚嘆もし、落胆もし、
勝ってくれれば何でもいい、よく勝ってくれた! と思い、
でも、やっぱりもう少し簡単に勝ってほしいなあ・・・とも思い、

とにかく錦織の試合は心を揺さぶられます。もう、中毒。

我々はもう、錦織劇場の総支配人・錦織圭の手のひらの上で踊らされる(泳がされる)錦鯉です。

(「錦織劇場の総支配人」という表現はTakamiyaさんより拝借しました!)

トップ10復帰が目標というなら、今日の試合はやっぱりしっかり振り返ることが必要かもしれませんが、それはそれとして、

ともかくよく勝ったよ!!!

と言いたいと思います。

ウィナーを39本放ちながらもエラーが50本(!)。
特にフォアが気になりました。

いくつかの悪い癖が見られました。左手がなかなか離れず、ひきつけすぎる症状。手打ちになってしまう症状。足を早く決めすぎてしまうなど。
本人の感覚は別だと思います。もしこれを読んだら、「なんもわかってねー」と思われてしまうかもしれません。
本人の感覚では、あれでちゃんと打てるのだと思います。

ただ、実際にはエラーが出ているのも事実ですので、そこは一貫して主張していきたいと思います。
ファイナルセット、きっちり修正しました。
ずっとミス少なく来ていたペジャの動きが落ち、ミスが増えたこともありましたが、ファイナルセットはいいフォアがかなり出ました。

マイアミまでで気になった体力の問題も、今日のところはファイナルセットまで持ちました。
長いラリーが多かったのでペジャの方が先に疲れました。ここは好材料でした。

リターンに関しては、1stサーブをもう少し返せるかなと思いました。2ndセット終盤までブレイクできなかった要因は、ブレイクポイントやその後のデュースでリターンが返らなかったことが大きいと見ています。反面、セカンドサーブに対してはよく返せていたし、ポイントもよく取れていたかと思います。(セカンドサーブに対し63%のポイント率)

サービスに関しては1stサーブで55%としか取れなかったのが課題でしょうか。2ndサーブで64%も取れていて、これは素晴らしい数字です。
理屈の上では、これは「1stサーブが入らないほうが良かった」というスタッツです。
となると、なにか1stサーブのあとの展開に難があるということになります。
それは試合の内容を詳細に見ていかないと分かりませんが、攻め球をミスしている可能性がありますね。
2ndサーブでは慎重にラリーを進めるのでそういうことがないのかもしれません。

いずれにせよ、クレーとはいえ1stサーブからのポイント率をどうにかして高めていかないといけませんね。

ペジャは疲れが出るまでは、深く入ってくるストロークが効果的で非常にしぶとかったです。
直線的なバックハンドと高い軌道のフォアの組み合わせが嫌らしく、錦織のフォアが浅いとすぐ攻めてきますし、左右に振られても深いカウンターでイーブンに戻す技術が素晴らしかったです。
ファイナルセットはさすがの錦織の底力に屈しましたが、クレー向きの良い選手だと思いました。

2回戦はこれまたクレー得意のガリン。第13シードです。
昨年のハンブルクで対戦し、錦織の体のキレが悪く0-6,3-6であっさりと敗退しています。

ガリンが強いことは間違いないのですが、当時よりは錦織の状態は良いと思いますので、いい試合になるでしょう。
ただ、今日の1,2セット目の内容では少し厳しいと思いますので、今日のファイナルセットのようにしっかり動き、力の抜けたストロークが求められるでしょう。
ナダルが来るであろう3回戦にぜひ辿り着いてほしいと思います。

59 件のコメント

  • フォニー二の棄権負けみたいですね。
    何があったかわからないけど🤔

      引用  返信

  • 始まりそうです!
    いつも思うけど、全仏以外のクレーの整備って結構雑な感じがします。
    特にホースで水まくところとか。
    今はまかないのかな。

      引用  返信

  • フォニーニ肩にバッグをかけてコートを去る時、明らかに本意でない棄権(退場?)に不満の声をあげてましたね。でも相手の選手が何かアピールしたようには見えなかったけど。イタリア語分かんないし….

      引用  返信

  • 錦織、ガリンも焦ってるんじゃないだろうか?
    反撃が始まる雰囲気出していたから、余計………。
    出てくるまで少し時間がかかるような気がする。
    それにしても失格………。何か言ったのかな?残念💧

    さあ!私も気持ちを切り替えて、錦織選手は気持ちを集中させて!
    始まるよ〜!

      引用  返信

  • 登場!
    下にタイツ履いて、上も長袖着て(あっ、脱いだ)準備万端!

      引用  返信

  • フォニーニ選手は二度のフットフォルトを取られたことに対し、言っちゃいけない言葉を発して失格となったようです。
    まあ、あるある…(^◇^;)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。