復帰後最高の出来!ゴファンとのクオリティ高いラリーを制する!(2021ドバイ2回戦 vs. ゴファン レビュー)

Embed from Getty Images

2021 Dubai (ATP 500)
2nd Round
Kei Nishikori def. David Goffin[5], 6-3,7-6(3)

復帰後最高の錦織圭でした!!!
最初から最後までクオリティの高いテニスで、ストレート勝利でしたがゴファンのテニスの内容も素晴らしく、ハラハラドキドキもあり、ゴファン側から見れば、「ファイナルセットに行けば勝てそうだった」という感覚もあったと思います。

唯一、プレビュー記事でもポイントに上げた体力面は終盤に不安を覗かせましたが、それも想定内。
ゴファンにも疲労が見え始めていましたし、体力切れとまでは行かず、精度の悪化程度に留めることができたことは大きな収穫です。

本人は2回のSFMを逃したことを反省していましたが、ゴファンのプレー、特に2ndサーブからのアタックが素晴らしかったですし、ピンチになってからの好サーブ連発など、トップ選手の実力をしっかりと見せてくれました。
あれだけのアタックにも関わらず2ndサーブwon 53%を維持した錦織のラリー力はさすがです。

1stセット4-5のブレイクポイントでのボレーミスはゴファンにとって痛かったかもしれません。
そのような勝負どころのミスが勝負を分けた感じです。

今日の錦織の良かった点を挙げたらキリがないほどで、とにかく全てのショットがキレていました。
サーブも195kmhがありましたし、180kmh以上を連発してコースも狙っていました。

特にアドサイドからのワイドへのフラットサーブがよく入っていて、マッチポイントでもそのサーブからのサーブアンドボレー(この試合唯一)と、2019全豪カレーニョブスタ戦を思い出させる締め方でした。

ただ、どうやら戦略的に増やしていると思われるデュースサイドからのワイドは、ゴファンのフォアでクリーンにクロスに返される場面が多く、怖さがありました。
その後のフォアのストレートの精度がロッテルダムのチョリッチ戦より良かったので問題にはなりませんでしたが、ワイドサーブはセンターサーブより厳しいコースが要求されるので(これについてはデータもあり)、メインのサーブとするのはリスクがあるのではないかと思っています。

コーチのミルニーがこのサーブからの展開を得意としていたので、その指導によるものではないか? と想像しています。
今後、注目すべきポイントではないかと思います。

それにしてもフォアもバックもサーブもリターンも良かったです。
特にフォアの復調が著しい。
2017-2018はフォアが全体にブレーキを掛けている状態でしたが、今はフォアが牽引しています。
深いし速いし落ちるしで言うことなしです。
疲れたときのミスヒット(宇宙開発)が少し気になるくらいかな。
課題としていた、フォア側に振られたときの返球もソツなくこなしていました。

バックDTLも得点源として機能。
内側に入ることもなく、威力と確実性のバランスが最適でした。

メンタルも充実しており、「入場から表情が良い(byゲオさん)」状態。
預言者ゲオ、再降臨す。

ガッツポーズや勝負どころのサーブを決めての雄叫び。思わず配信中に叫んでしまいました。(近所迷惑)

エース級の球を打ってもゴファンがよく返してきたのですが、3球、4球とそれを続けて打てる錦織圭は強いです。
錦織圭らしさが相当、戻ってきたという印象です。

本人も相当な手応えを感じていることでしょう・・・。
相手は13位のゴファンです。
しかもゴファンのテニスも良かったです。
エルベールに対する敗戦から短期間でよくここまで復調したなと思います。
これでゴファンには負けなしの4連勝。
ストロークの速いテンポが錦織に合っているのでしょう。

そして、1回戦で痛めた足首が問題なさそうなことが一番うれしいかもしれません。
1回戦は最初から動きが悪かったですが、今日は最初から動きが良かったです。

元気な錦織を見れて本当に嬉しいですし、こんな良い試合を大勢の錦鯉の皆さんと配信、ブログ、掲示場、twitterで共有できて良かったなと思います。
これから勝つたびに連日の試合で、試合時間も遅くなり寝不足待ったなしですが、それもまた楽しく、これが日常として戻ってきたことをしみじみと幸せに感じているところです。

次の対戦相手は59位のベデネ。初対戦です。
ランキングが下の選手ですが、93位のエルベールに完敗したことを見ても分かるように、簡単な選手などいません。
また1からの積み重ねという気持ちで、応援していきたいと思います。

40 件のコメント

  • レビュー、ありがとうございました。🙇本当に素晴らしい試合でした。ティームがハリスにストレート負けです。男子テニスは、100位以内の選手は、皆、僅差の実力ですね。錦織も次も油断することなく勝ちきって欲しいです。ケイ、頑張れ👊😆🎵

      引用  返信

  • 団長さん、速攻アップのレビュー記事ありがとうございます。テニスも、ツイキャスも、最高の夜でした。記事を読みながら試合を思い返して、さらなる喜びに浸る寝不足の朝も、いいなあ。

      引用  返信

  • 興奮と、テニスを見ない相方のイビキで寝付けなくて寝不足の朝です。でも幸せです。フォアの波状攻撃とか美しいバックのダウンザライン、惚れてしまいます。惚れてましたけど。何より表情が良く、キレが良く 見ていてワクワクしました。
    フットフォルトからのダブルフォルトからの被ブレイクで嫌な落とし方。後半は疲れが見えて心配しましたが、ゴファンも相当走りましたから削れていましたね。
    ツイキャスで比較的穏やかに、相手に対する暴言控えめに応援できるのもとても助かります。自分の声を聞かれるわけではなくてもお行儀良くなります。
    次の試合を待つ幸せに浸りつつ、本日のお勤めに向かいます。団長様も深夜応援の皆様もお疲れ様ですが、諸々頑張ってくださいね。

      引用  返信

  • お疲れの所レビュー有難うございます。
    錦織は素晴らしい出来でしたね👍
    サーフェスに合わせて速い攻撃を仕掛けたらそれがハマる、ハマる。ゴファンがついてこれませんでした。終盤疲れのせいかショットの精度が落ち足も動いてない時もありましたが、気力を振り絞って勝ちきってくれました。
    前から仰られてるように後は体力さえ戻ってきたら怖いものなし!それを感じさせてくれる楽しい試合となりました。
    ベデネ戦迄に体力回復してますように!

      引用  返信

  • 寝不足待ったなし!あぁ嬉しいすぎます笑笑
    待ってましたよ、こんな日々を!
    (内緒ですが、昨日は鼻にたらりと何かたれちゃいました)

      引用  返信

  • 久々にあのヒリヒリするような高速ラリーを堪能しました。「あの錦織選手が帰ってきた〜」な感覚。もちろんまだ復帰途上なので試合毎にアップダウンはあると思います。それもコミコミで現状を受け入れながら応援しようと思います。

    3回戦はセンターコート第3試合現地時間19時以降。昨日と同じ

    昨日の疲れが残っていませんように。

      引用  返信

  • さあ、次のミッションは
    「大会を通しての体力」ですね💕
    圭も錦鯉も挑戦だァ〜!😍😍😍

      引用  返信

  • あんなハイレベルな高速グランドストローク戦をやったら、そりゃ疲れるわ・・・(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    先日、久々のツアー大会優勝🏆を果たしたばかりのゴファン選手を倒した価値ある勝利( `ー´)ノ
    錦織選手、とっても(⋈◍>◡<◍)。✧♡
    ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • まだ、アップダウンのある状態の思いっきり「アップ」の錦織君がやってきて、ゴファン選手は驚いたでしょうね。
    第2セットが接戦になるのは当然で、それを勝ち切ったのが本当に良かったと思います。ファイナルに入っていたら、勝つのは難しかっただろうと私も思います。
    モチベーションが落ちて勝つことのできなかった頃のゴファン選手ではなく、上がり調子になっている相手に勝ったということがさらに素晴らしい。

    プレーもそうですが、ポイント間の錦織君の表情が、昔よく見ていた厳しい、目に力のこもった顔つきをしていて、戻ってきてくれた嬉しさをあらためて噛みしめました。

    昨日の疲れが残っていないことを祈るばかり。
    錦織君の100%のテニスがまた見たい。

      引用  返信

  • 団長さん、レビューをありがとうございます!

    錦織圭はやはりただ者ではないですね。ラリーでの応酬を見ていてそう思いました。

    タイブレークマッチポイント、ここでこの日唯一のS&Vを持ってくるなんて、ほんと心憎いですねー!

    復帰後最高の錦織圭が見られて、幸せな寝不足の朝です。
    今夜も試合が見られる喜び!感謝、感謝です。

      引用  返信

  • そうかあ。今夜も試合があるんだ❣️見られるんだ❣️ウキウキ♫しちゃう⤴️
    また、勝利のダンス、ダンス、ダンス💃させてちょ。
    連荘はホント久しぶりとゆうたさんも言ってますね。下団さんの言う高速グランドストローク戦🎾の翌日、大丈夫かなぁ❓でもこれで翌日試合出来ないヘロヘロモードじゃ、マスターズでは勝てないし、ね🤔
    迷惑ノーシード錦織圭、ガンバレ🌸

      引用  返信

  • ☝今宵も・・・
    ダンシングあじゃこ💃~が乱舞する予定よ~💃🎶💃🎵💃(^^♪
    あじゃこ~さん、準備運動をしっかりねぇ~(`・ω・´)ゞピシッ!

      引用  返信

  • こんないい試合が見られて、しかも勝てたのでとても幸せです💕
    ゴファンとはやはり相性がいいのか、ラインギリギリに決まるストロークをはじめ色々なショットが見られた錦織選手らしい試合でしたね〜
    今回もストレート勝ち、錦織選手の復活は嬉しいですが、あの何度ジョコビッチに挑戦しても勝てなかった「下位互換」の日々が甦り、ゴファンのためにちょっと切なくなりました。
    2人で切磋琢磨してもっと強くなってくださいね!
    続けての試合、体力がちょっと心配ですが、頑張って行けるところまで行ってください👊

      引用  返信

  • 団長さん、嬉しいレビュー😂ありがとうございました😊
    昨日(今日)の試合は世界中の錦織ファンにとって、この上ない至福の時間でしたね。
    団長さんのレビューを何度も読みながら、錦織vsゴファン戦を再び堪能する幸せな午後のひととき。いつものコーヒーが☕️美味しいこと😃
    オペルカ戦で叶わなかったストローク戦を存分に味わって楽しんでいるように見えました。ゴファン選手のストロークの速いテンポは本当に気持ち良さそうでした( ´ ▽ ` )嬉しいなあ😂

    ゴファン選手にしてみたら、せっかくシードなのになんで初戦が錦織なんや〜ってところですかね。「迷惑ノーシード」に当たるのは嫌だけど、自分が迷惑ノーシードってノンプレッシャーだし、チャレンジャーだし、そういう立ち位置が一層体を軽くしてキレのあるプレーが出るという面もあるのかな? 期待していた以上にゴファンの素晴らしいプレーによって錦織のテニスが引き出されたように思います。嫌味でなく心から感謝したいです。

      引用  返信

  • なぜこんなにうれしいのでしょうね!かつては当たり前のように こんなプレイを見て、それ以上をのぞんだりしてた、
    長いSTOPがあり、なおさら嬉しくもあるし、錦織本人も 今の手ごたえをhappyに感じ、さらにモチベーションを上げてるはず、そのことが うれしい。昨夜、団長さんが、この喜びを分かち合いたいとおっしゃってましたが、まさに実感です。早朝から、用事を済ませて 今 ようやく祝杯を上げてます。南アフリカの辛口白ワイン、今夜も試合がある日のお祝いにぴったりです。団長さん、またお試しください。ティームは敗退したけど、一歩ずつですね。とりあえず 今夜も元気な姿を見せてください‼️

      引用  返信

  • 素晴らしい試合でした。
    トップテンに居た頃のテニスを見せてくれました。
    まだまだ日によってアップダウンがあるかもしれませんが、
    少なくとも昨夜(今朝)は完全復活を証明したかの様でした。
    こんな日がきっと来ると信じて待ちましたが
    思いのほか早かったですね。
    復帰後まだ1カ月足らずでこのテニス!
    ゴファン選手と試合できてよかったと思います。
    いつもひどいドロー運と嘆いてばかりの私ですが、
    今回ばかりは本当にいいドローだったと思いました。
    連戦への体力が心配ですが、それもこの大会で養われると期待します。
    皆さん仰る様に「嬉しい寝不足の日々」が続いて欲しい。。

      引用  返信

  • ほんとうに嬉しい、幸せいっぱいな気持ちにしてくれるよね錦織選手〜。
    久しぶりのゴファン選手との試合、すんごいストローク合戦
    ちゃんとジェットコースターにも乗せてくれて!スリル満天の勝利!これぞ、テニスじゃ〜て、堪能しました。
    団長さまや、皆さんと一緒に応援、気持ちも共有出来ると、何倍も嬉しさ幸福感が増します🎶

      引用  返信

  • 皆さんのコメント、全く同じ思いです。でも、何故、他の選手が勝っても負けても「そうか~」程度なのに、錦織の場合は、こんなに興奮するのでしょうね?負けるとその日はほとんど抜け殻状態となり、勝つと気持ちがめちゃくちゃハイになるのは。今日も頑張ってもらいたいです。でも油断禁物ですね。100位以内の選手で調子がよければ、ティームとハリスの試合ではありませんが、逆転は普通にありますから。我々は、今日も全力応援あるのみ!寝不足の毎日を楽しみましょう!

      引用  返信

  • はい🌸下団さん、💃準備運動は高齢あじゃこにとってマストでござります🙇🏻‍♀️

    ね、ネモリーノさん、良かったです🌸コロナじゃなくて⤴️😆

    こういう風に好調な時って、次に_| ̄|○ガックリ来ることも多いので、あんまり浮かれない様にしなくちゃ、でゴザイマス🙇🏻‍♀️

      引用  返信

  • ドバイの真っ赤な夕焼けに黒いウェアが映えてました。試合直後のゴファン選手との力強い握手に胸が熱くなりました。私がこんなに余裕なのは全て錦織選手の勝利があったから。
    私もホヤぼうさんと全く同じ症状なのでコメントに慰められて?います。ですので、今夜も全身全霊振り切り応援あるのみ。

      引用  返信

  • 長谷部良太さんのインタビュー記事を読みました。
    「サーブは良くなりましたね。(右手首から復帰後と比べ)あの時よりいいんじゃないですかね、戻り具合は。モンテカルロの時は手首がムチャ痛かったので、でも今は痛みもなくできていますし」と言っているんですが、このモンテカルロとは、’18年の試合のことですかね?(右手首から復帰後ならそうなりますが…)
    あの時は決勝で当時1位のナダルに敗れたものの、メドベージェフ、チリッチ、ズベレフなど並み居る強敵を撃破して快進撃を続けていて、絶好調だったのでは?とても「手首がムチャ痛かった」とは思えないのですが…。もしそうなら、凄いとしか言いようがないです。
    それとも’19年の試合のことですかね?(復帰から1年以上経ってますけど…) この試合は体調不良で試合前練習も軽くしかできず、初戦でエルベールに敗れたので、話が合いますが。でも復帰後とはもう言えない時期だしなあ。
    いずれにせよ、手首の相当な痛みをこらえて試合をしていた時期があったわけなんですね?…大変だったんだ…うー、胸が痛む…
    長谷部さんは英語のインタビューも引用してくださっていて、”今回は”second journey”だと思うようにしている”と言っていますが、これって、2度目のテニス人生の始まり宣言?肘の手術と肩の故障から復帰した今回は、並々ならぬ覚悟で臨んでいるのかもしれません。
    “この2週間でプレーは良くなってきている、トップ10、できればトップ5に戻ることが目標だ”とも言ってますね。
    度重なる怪我で落ち込む時期も長かったはずなのに、闇の中でも灯を自らの手でしっかり掲げて、ひたすら前へ進もうとしている。立派だなと思います。応援せずにはいられない選手、それが錦織圭!ですよね。

      引用  返信

  • 詳しい方にお伺いしたいのですが、次のマイアミオープン、錦織はシードがつかず1回戦から戦うことが決まっているのでしょうか?

      引用  返信

  • マロン さん、決勝進出ならシード入りが濃厚になります。
    ただ、25~32シード群入りになり、3Rで1~8シード群が対抗シードとなります。
    優勝で17~24シード群入りになりそうです。
    今の錦織選手の状況からしますと、1Rからの登場でも良いかもしれません。
    初戦敗退で10ポイントが強制加算になりますと厳しいですし、今は試合数を熟したいかと思いますし_(._.)_

      引用  返信

  • ウクレリアンさん
    ネット記事によるとですが御指摘されたモンテカルロは18年の事を指している様です。

    恐らくはインタビュアーの方は「長期欠場明けの復帰」として共通する18年との比較の質問をして錦織選手の考えを引き出そうとしたのかもしれません。あの当時「右手首がめっちゃ痛かった」のは初めて聞きましたし、その答えを引き出した質問された方は良い仕事をされたと思います。

    次戦のベデネ選手を「フチョビッチ選手みたい」と表現されたのは、高速もあまり苦にしないクレーコーター的な選手と見ているのならば言い得て妙かなぁと。

    どうやらコレからは錦織選手曰く「2度目の旅」の様ですから、この旅程を心から応援していきたいとと思っています。

      引用  返信

  • 錦織選手は現時点で暫定38位になります。
    現時点でマイアミMSの32シード候補が36位の選手になっています。
    錦織選手が36位以上になるには決勝進出が必須となっています。
    ここから上位選手がOUTする可能性もあるかと思いますが、錦織選手は一戦必勝あるのみ(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • マロンさん 下団さん
    モンフィス&ベレッティーニ選手の様な心身に不安があったり、ティーム選手の様にクレー優先でマイアミをスキップする選手の動向も気になります。

    でも個人的には1R勝って、ガリン&ラヨビッチ&フルカッツ選手といった19&20年に苦汁を飲まされたリベンジが出来たら・・・

      引用  返信

  • ゆうたさん、ありがとうございます。
    やはり’18年のモンテカルロですか?それで決勝まで行ったなんて、ビックリ!ですね。まったく、”常識では測れない選手”です。

    ゆうたさんの結びの言葉に同感です!(と同時に、無理は禁物だよ、と耳元で言ってやりたい気もしつつ…)

      引用  返信

  • ゆうた団員👿、他にも不安な状況の選手もいますし・・・(ΦωΦ)
    とにかく一戦必勝(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 下団さん、ゆうたさん、ありがとうございます。今戦っているドバイのポイントも加味されるということですね。
    マイアミ1回戦からだと日程的にも体力的にもハードなのでぜひ決勝に進んでほしいです。

      引用  返信

  • マロン さん、はい、IW MSとマイアミMSは、水曜日or木曜日の本戦開始になりますので、その週の月曜日発表の最新ランキングでシードが決まります。

      引用  返信

  • マイアミは、フェデラーからの勝利やら、キリオスを圧倒した試合等、比較的得意な大会だと思うので、一回戦からはキツイですが、期待しちゃいますね!今週のドーハは、ドローも開けてチャンスありそうなので、今日も全力応援ですね!

      引用  返信

  • 昨日のペデネの試合をオンデマンドに見ました。サーブも早いし、ストロークもかなり良いものを持っています。この調子のままでくると相当手こずりそうな感じです。とにかく、サーブでポイントを取り、リターンは余裕をもって対処してもらいたいと思います。
    ケイ、頑張ってくれ~!

      引用  返信

  • ウクレリアン, さん
    私もその記事読みました。私のモンテカルロ大会の印象は絶好調というよりは、よくぞそこまで上がっていきましたね…というものでした。1回戦のベルディヒとはもう見てられないくらいのフォアで、とても勝てるような状況じゃなかったけれど、どういうわけかベルディヒ選手まで錦織の不調なショットに付き合うようなミス連発でとうとう勝ってしまった、というような感じでした。そのあとは1戦1戦調子を取り戻していくのは確かに嬉しい驚きでした。でも相変わらずフォアは不振で、大会後錦織本人がバックハンド1つで勝ったようなものというくらいだったと記憶しています。でもその時はフットワークが素晴らしかった。足で稼いだっていう感じでした😃でも試合中手首振ったり揉んだりしていたような気もします。後々クレーあたりからずっと痛かったようなことを言っていたようにも思うので、あんなに驚くような勝利を重ねていったのに、その間ずっと痛みを抱えていたのかと、錦織選手の精神的な強さに感動したのと同時にもっと早く処置して欲しかったという残念な気持ちもありました。

    ですから、今回の復活はあの時よりずっとずっといい状態なんだと思います。身体に痛さを抱えている時って、思考がどうしてもネガティブになってしまいがち。一般人でも。それがないだけでどんなにすっきりとテニスに立ち向かえるか。昨日の錦織選手のプレーはそんな喜びにも感じられました。何度も言いますけど、気持ち良さそうに伸び伸び打ってましたよね🎾
    そんな姿をこんなに早い時期から見られるなんて奇跡としか言いようがありません。

      引用  返信

  • あけびさん
    18年モンテカルロMSのベルディヒ戦、本ブログの過去のアーカイブの実況トピに自分の記憶を照らし合わせてみたら、序盤は内容も良くなく途中でトレーナーも呼んでいましたし良く勝てたなぁと改めて思った次第です。

    その当時と比べると今の方が順調に積み上げているんでしょうねぇ〜。🙂

      引用  返信

  • あけびさん、そうですよね、確かに絶好調は言い過ぎです(笑)。’18年の復帰後はずっとフォアが不振でしたしね。
    モンテカルロの中身を見れば、1回戦では試合途中に右手のマッサージを受けていますし、2回戦でも手首を気にする場面がありました。メドベージェフ戦以外は全てフルセットの勝利で、楽勝の試合は一つもありませんでした。ベルディヒ戦は相手のミスとサーブの不調にも助けられての勝利でした。
    ただ、良い面も沢山あって、ディフェンスもラリーの組立ても素晴らしく、修正力も高く、常に攻撃的で俊敏、回を追う毎にプレーに磨きがかかり、準決勝ズベレフ戦に勝利した直後は涼しい表情。
    モンテカルロが復帰後初めての決勝戦進出ということもあり、あの大会で右手首がムチャ痛んでいたとは?と驚きのあまり、つい絶好調と書いてしまったわけなんです。

      引用  返信

  • ウクレリアン, さん
    そうですよねー。確かにズべレフ選手に勝った準決勝辺りになると神がかった感じで、表情もぐっと自信に満ちた感じになって……。すばらしかったですね。あの大会は1戦1戦まるで階段を上がっていくように、いや駆け上がっていくように変貌していった忘れられない大会です。でもこれから私たちはそれ以上の景色が見られるかもしれませんよー😍きゃはっ(๑>◡<๑)

      引用  返信

  • あの大会では、3回戦辺りから、気迫の方が手首の痛みをはるかに上回り出して、本人は痛みに気づかなかったのでは?笑
    ほんと、気迫に満ち満ちてましたもんね!大会が終わってから、ムチャ痛いーっと気づいたのかも。錦織圭ならあり得る。笑
    そりゃあ、観てる私達が気づくはずないよ!

    当時の気迫に似た闘志を、私達は昨日も目撃しましたよね!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。