2021インディアンウェルズ2回戦 vs.エバンス レビュー

2021 Indian Wells (Masters 1000)
2nd Round
Daniel Evans def. Kei Nishikori, 4-6,6-3,6-4

エヴァンスが最初から最後までエネルギッシュに攻めてきました。
錦織はいつものファイナルセットのギアアップが見られず、好調だったフォアが今日は威力を欠いてしまいました。
全体として差はほとんどなかったのですが、サーブのフリーポイントがほとんど取れない中、エバンスがいろんなことをやってきて、うまくポイントを重ねたという感じがします。
あとはやはり腰の故障で満足に練習できてなかったことも影響したと思います。

序盤は速かったサーブがファイナルセットでは落ち、フォアもスピン過多で攻め手をなくしてしまった感がありました。

バックのクロスのアプローチを読まれて抜かれた2ndセット
フォアのミスが3本重なってしまったファイナルセット

まずい場面この2つのブレイクの場面のみだったと思うので、基本的にはエバンスが非常に良いプレーをしたなと。
その上で、やはり自分からポイントを取っていなかねればならなかったのですが、苦しい状況を打破するオプションがネットプレーくらいしかなかった感じです。
今振り返ってみると、ファイナルセットはフィジカル要因もあったように思います(走れてはいたが、ややパワー負け)

ただ、そんなに悪いプレーというわけでもなく、ちょっとの差で逆の結果もあり得た試合でした。
1stセットは1stサーブからのポイント率が85%と良いプレーができたので、どうやってそれを持続させるかですね・・・。
今回も、セットを取った場面でトイレットブレイクに行って、流れが変わってしまったように思います。
1stセット終盤でものすごく集中してしまったので、どうしても持続しずらいのはわかりますが、そういうときに何かルーチン的に「やれることをやる」ってのがほしいかな・・・。

例えば、リターンでラケットの真ん中に当てることだけに集中するとか、コースは捨てるけどその代わりフルスイングはするとか、全てをやろうとすると上手く行かないので、集中力が回復するまでの間は「部分的に集中」でしのぐとか。

まだ今年、大会はありますので次こそ、次こそ期待です。今日はエバンスが良かったですよ。

156 件のコメント

  • ダイクさん、
    有難うございました🙇🏻‍♀️💕

    でも、調べたところ、こころ💖から信じ祈る、と有りますから、ネモさんは錦織圭の復活を心から信じて祈っているのでは⁈違いますかね〜❓

      引用  返信

  • 団長さま

    今シーズンの記事は、これで打ち止めでしょうか?
    もしそうならば、錦織選手のランキングを上げてやって下さいませ。
    ライブランキング47位、レース42位?苦しみながらも頑張りました。
    次の大会は??1月初めから健康体でツアーに参加できますように。

    今年もスペシャルな記事にツイキャスに堪能させて頂きました。
    来年は狂喜乱舞の記事とツイキャス、お待ちしております。

      引用  返信

  • 先程、世界卓球男子ダブルスの準々決勝を観ていたのですが、戸上隼輔選手が跳び上がって切れ味鋭い球を返した直後、アナウンサーがすかさず”テニスのエアケイのようでしたね”と実況!わっ、例えに錦織圭が!と、誇らしかったです。
    卓球のようにテニスの試合もTV中継をもっともっとしてくれたらなあ。
    さすがにエアケイは知れ渡っているだろうけど、錦織圭の武器はそれだけじゃあないんだから。

      引用  返信

  • 日本に帰っているんですね、ようやく元気な姿が見れて安心しました。
    30日に外国人の入国が禁止になって、心配してました。よかった!もうすぐ生まれるでしょうか、
    ここのところ何も情報がなかったのでほんのちょっとでもわかって嬉しい!!!!

      引用  返信

  • N.Hさん

    ホントに日本🇯🇵にギリ、入国出来て良かったです💕
    これで、出産にも間に合いますね😊
    ホッとしました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。