2021インディアンウェルズ2回戦 vs.エバンス レビュー

2021 Indian Wells (Masters 1000)
2nd Round
Daniel Evans def. Kei Nishikori, 4-6,6-3,6-4

エヴァンスが最初から最後までエネルギッシュに攻めてきました。
錦織はいつものファイナルセットのギアアップが見られず、好調だったフォアが今日は威力を欠いてしまいました。
全体として差はほとんどなかったのですが、サーブのフリーポイントがほとんど取れない中、エバンスがいろんなことをやってきて、うまくポイントを重ねたという感じがします。
あとはやはり腰の故障で満足に練習できてなかったことも影響したと思います。

序盤は速かったサーブがファイナルセットでは落ち、フォアもスピン過多で攻め手をなくしてしまった感がありました。

バックのクロスのアプローチを読まれて抜かれた2ndセット
フォアのミスが3本重なってしまったファイナルセット

まずい場面この2つのブレイクの場面のみだったと思うので、基本的にはエバンスが非常に良いプレーをしたなと。
その上で、やはり自分からポイントを取っていなかねればならなかったのですが、苦しい状況を打破するオプションがネットプレーくらいしかなかった感じです。
今振り返ってみると、ファイナルセットはフィジカル要因もあったように思います(走れてはいたが、ややパワー負け)

ただ、そんなに悪いプレーというわけでもなく、ちょっとの差で逆の結果もあり得た試合でした。
1stセットは1stサーブからのポイント率が85%と良いプレーができたので、どうやってそれを持続させるかですね・・・。
今回も、セットを取った場面でトイレットブレイクに行って、流れが変わってしまったように思います。
1stセット終盤でものすごく集中してしまったので、どうしても持続しずらいのはわかりますが、そういうときに何かルーチン的に「やれることをやる」ってのがほしいかな・・・。

例えば、リターンでラケットの真ん中に当てることだけに集中するとか、コースは捨てるけどその代わりフルスイングはするとか、全てをやろうとすると上手く行かないので、集中力が回復するまでの間は「部分的に集中」でしのぐとか。

まだ今年、大会はありますので次こそ、次こそ期待です。今日はエバンスが良かったですよ。

317 件のコメント

  • IW MSで太郎選手が予選突破しました٩( ”ω” )و
    サンシャインダブルの男子シングルス本戦ドローでの日本勢の不在は回避されました。
    錦織選手が復帰するまで西岡選手達と共に盛り上げてくれ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • マイアミMSで太郎選手と西岡選手が予選突破٩( ”ω” )و
    太郎選手は本戦1Rにも勝利しました。
    先日の予選決勝で西岡選手(170cm)が最近好調だったユーバンクス選手(201cm)に逆転勝ちしました。
    2-6、2-5で迎えた西岡選手のサービスゲームでは、15-40のマッチポイントもありましたが、そこを凌いでからの大逆転勝ち( `ー´)ノ
    ライスト観戦してらした方々の感想から、西岡選手が劣勢ながらもコツコツとボディブローを打ち続けていた効果が土壇場から出てきたようでした。
    ただ、2-6、2-6で押し切られていたら、ただの格下相手に凡戦で落としたと評される方々も多くいたことでしょう(。´・ω・)?
    錦織選手も数々の大逆転、序盤の劣勢を跳ね返しての勝利を魅せてくれました。
    小さい選手は、大きな選手に大当たりされたら、ひたすらに耐えてボディブローをコツコツと打ち続け、相手のウィークポイントを見極めていくのみ・・・(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    そこから逆転勝ち出来れば素晴らしいと称えられるかもしれませんが、間に合わずに押し切られてしまえば凡戦、無策と評されて終わりかもしれません・・・
    プロなので仕方ないかもしれませんが、スコアのみに囚われるのではなく、相手の良さもシッカリと見つめていくのも大事かと思います。
    2019年に錦織選手が連敗してしまったフルカチュ選手も今や最高位が9位の世界のトップ選手です。
    まあ、錦織選手が飛躍のキッカケを与えてしまったとも言えますが、世界中の天才達がしのぎを削る世界です。
    簡単に勝てる相手、絶対に勝てる相手など皆無と言えましょう。
    そんな世界へ戻るべく何度も怪我を乗り越えていく闘志を信じて復活を待ちましょうぞ(`・ω・´)ゞピシッ❕❕

      引用  返信

  • 錦織選手はどうも日本にいるみたいですね、元気そうな笑顔でほっとしました。
    動かないでテニスをしているとのことですが❓
    下団さんの最後の2行はぐっときました。

      引用  返信

  • FUMAさま
    4月1日中であれば…という意味です(^_−)−☆

    団長さまのTwitterがしばらく動いてないので多分…👍

      引用  返信

  • それは失礼

    31日に投稿されたものと勘違いしちゃった。ごめんなさい。

      引用  返信

  • 鼻毛切ってたら失敗して鼻血でた👹🔪
    花粉症の季節の鼻粘膜は脆し・・・👹🔪
    錦織選手が復活して目から鼻血が( ;∀;)状態になりたい(。´・ω・)?

      引用  返信

  • ☝なんだかんだ言って、こまめに覗いて👀るのねぇ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    闇落ち💀したふりはしなくてもOK牧場🐨⛳🐨

      引用  返信

  • テニスクラシックさんの記事です。
    「錦織圭がSNSで練習風景をライブ配信、空中で打つジャックナイフも披露する」
    https://tennisclassic.jp/article/detail/4317

    昨日偶然にもこの錦織選手のインスタライブ練習風景を見ることができました。コーチ2人相手に力強いショットが戻ってきているのが見え嬉しかったです。途中片手バックハンドも披露して、相変わらず器用…(^^)。まだハードなフットワークはなかったですが、焦る事なく一歩ずつ前進している姿に「復活」の文字が着実に近付いている様にわたしには感じられました。
    アーカイブ残してくれればいいのに…と毎回思います笑。

      引用  返信

  • ここにコメントするのが適切かどうか判らないのですが、
    不適切だったら削除してください。

    ウィンブルドンの決定はショックです。
    選手を締め出すのはやめてほしいです。
    大会側は考え直してほしい。

    もう一つ今回の戦争関連で
    引退されたばかりのスタコフスキー選手の決心に
    日本とのデ杯の試合の姿を思い出し、
    やはり何とも言葉にできない思いでいっぱいです。
    スタコフスキー選手の無事を祈ります。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。