2015マドリッド ドロー発表!錦織は第4シード

昨年、決勝に進出しナダルをあと一歩のところまで追い詰めながらの無念のリタイアとなったマドリッド Masters 1000大会が目前に迫り、ドローが発表されました。
www.atpworldtour.com/posting/2015/1536/mds.pdf

ジョコビッチの欠場により錦織はランキング5位ながら第4シードに繰り上がったため、準々決勝で上位シードと当たる可能性がなくなりました。
上位8シードの位置関係は以下のとおりです。

<トップハーフ>
フェデラー[1] ベルディヒ[6] ナダル[3] バブリンカ[8]

<ボトムハーフ>
フェレール[7] 錦織[4] ラオニッチ[5] マレー[2]

マレーはクレーがあまり得意ではありません(クレー勝率63%)のでフェデラー(クレー勝率76%)側に入るより良いと思います。
そしてクレーキング・ナダルは最近不調ながらも、復調すれば圧倒的優勝候補ということで、錦織が決勝まで当たらないドローは良いドローと言えるでしょう。
バブリンカもクレーコート強いですし、モンテカルロで決勝に進出したベルディヒも反対側。
フェレールは対戦成績では勝ち越し、プレースタイルも苦手なタイプではなし、昨年の今大会でも勝利していると好材料が揃っていますが、そう思っていたら前回アカプルコでは負けました。
今年はすでに3勝しているし、クレーコートなのでまずはこのフェレール戦に向けて調子を上げていくような戦い方が求められます。
その前にフェレール山にはスペインクレーコーター軍団やチリッチもいて、混戦も予想されます。

2回戦、3回戦は、

2回戦 ゴファン or グルビス
3回戦 バウティスタ=アグー[16]

という予想です。実はこの3人にはまだ負けたことがありません。しかしいずれも実力者ですから足元を救われないように、それでいてちゃんと勝たなければなりません(ということが求められる位置になってしまった)。

昔からの錦織ファンとしてはいくら錦織が強くなっても多少の不安があるものですね。3回戦くらいまでは、いやヘタしたらフェレール戦くらいまでは、世間一般は「どうせ勝つんだろ」くらいに思っていそうで怖いですw
コートに立ったらシードだろうが予選上がりだろうが、己の力を出しきって実力を表現しないことには勝てないんですけどね。相手がリタイアでもしない限り自動的に勝てる試合なんてないです。

そして気になるのは全仏の迎え方ですが、ジョコビッチが欠場したようにマドリッド、ローマとフル回転で活躍してしまうと、間に1週間あるとは言え全仏に疲れやダメージが残ってしまいそうです。
かと言って負けに行くわけにはいかないし、負けたら悔しいしで悩ましい。
これがツアーというものだと覚悟を決めて、全仏まで戦いぬくつもりで行くしか無いでしょうね。

余談 マドリードかマドリッドか

Googleで検索してみたところ

マドリード 133万件
マドリッド 66万件

ということで「マドリード」の方が一般的なのかな、と。
しかし私はあえてマドリッド。まあどっちでもいいので皆さんは好きな方を使ってください。
上記検索結果を知ってしまったら、「マドリード」に改宗したくなりますがここは初志貫徹で。

55 件のコメント

  • ミュンヘンは、雨で試合が開始されていません。
    女子は、ランキング2位のHALEPが一セット落としました。
    1勝するのは、簡単ではありません。

      引用  返信

  • 釜山CHの1Rで伊藤選手は130位のクドリャツエフ選手にストレートで快勝(≧▽≦)韓国のチュン選手も圧勝で初戦突破しています。勢いに乗ってますね。
    ダブルスでは松井選手組が1セット先取して奮闘中!頑張れ~!

      引用  返信

  • 初めて書き込ませて頂きます。にわかファンなので、諸先輩方には失礼かと思いますが、どうかお許しくださいませ。
    クルム伊達選手が、20代の時に快進撃をし、グラフ選手を撃破した快挙が記憶に新しく思う年代です。
    松岡修三さんが、ウィンプルドンでベスト8を達成した時に、コートを駆け巡り、喜びをコートに表した姿も懐かしく思い出されます。

    あれから30年の時を経て、トップレベルのプレイヤーとして一喜一憂させてくれる選手がいる!テニスの奥深さははアニメですが「エースをねらえ!」「ベイビーステップ」で知りました。

    ランキング100位以内の選手は誰もが天才と言われてきたアスリート。その中で、トップレベルまで上り詰めるのは、才能、努力、運、指導者、特異なメンタル等が相俟らないとできないことかと。

    マドリッドはマスターズ1000なので、是非ともタイトルを取って欲しいです。驚異的な強さを身に着けてきた錦織選手ではありますが、ネガティブに考えると初戦に負けてもおかしくはない。しかし、ファンの夢は、さらなる高みに上っていく過程になってくれればと願わずにはいられません。

    上位選手が参戦する今大会、全仏を占う上でも、結果を出してほしいです。

    ただただ、応援するばかり。頑張れ錦織選手!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。