【ドロー発表!】2019ウィンブルドン 大会プレビュー

ドローも発表され、大会直前となりましたのでプレビューを書きます(まずは記事立て)。
錦織ビンゴ・ウィンブルドン編も作りますのでお待ちください。

大会概要

大会名: The Championships, Wimbledon
カテゴリー: Grand Slam
サーフェス: Grass
ドロー: 本戦S 128、予選S 128、本戦D 64
シングルス獲得ポイント: 優勝 2000、準優勝 1200、ベスト4 720、ベスト8 360、ベスト16 180、3回戦 90、2回戦 45、1回戦 10

リンク集

大会公式サイト

大会の展望

今大会の過去の成績

前哨戦(エキシビション)の結果

ドローの展望

想定される対戦相手

日本人選手の状況

予選結果

本戦ドロー

14 件のコメント

  • 時々コメントさせていただいている、ぐうと申します。団長さま、スレ立てありがとうございます。

    ウィンブルドンのドロー、3回戦で当たるデミノー選手(オーストラリア出身で芝育ち?)も何気に危険なのではと思いましたが、以外にもグラスコートの成績は振るわず、今年1勝2敗、キャリアでも3勝5敗と低めでした。
    ということは、やはり勝負は4回戦以降でしょうか。

    であれば、ぜひとも準々決勝まで勝ち上がり、フェデラー選手と対戦してほしい。できるなら、ベストのコンディションで競ってほしいですね(^^)

      引用  返信

  • ぐうさま
    御指摘されたデミノー選手ですが、私も危険だと思っています。

    確かに今季も含めたATPの芝の戦績は目立ってはいませんが、例年選手のレベルの高い英国🇬🇧芝CHで、昨年のサービントンCH準優勝&ノッティンガムCH優勝と結果を残しトップ100入りし、現在の彼の躍進の源流となっています。

    最近故障がちでイマイチ噛み合っていない印象ですが、全英に照準が合っているならば怖い存在かなぁって思ったりします。

    ただし、ストロークがある程度安定していてラリーが続く展開は錦織選手が好んでいる(というコメントを良く見かけます)と思うので、ストレスは少ないタイプかなぁって個人的には思います。

      引用  返信

  • 団長さま、記事立てありがとうございます。
    NHKニュースで、錦織君のインタビューをみました。ウィンブルドンでは、アグレッシブで楽しいテニスを、と。ほう〜⤴別の記事では、アンダーサーブやるかも、ですって❗
    もう、待ちきれない、ウィンブルドン大会、芝がハゲちゃびん?になるまで勝ち上がって欲しいですう。いや、まさかの、優勝しちやっていいんです❗
    そして、杉田選手、内山選手、予選勝ち上がって本線出場、ほんとうに素晴らしいです。それぞれが、それぞれに、必死で苦しい刻を乗り越えて、もう、健闘を祈らずにはおられんです。西岡選手も合わせて日本選手、頑張れ❗

      引用  返信

  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000006-tennisd-spo
    錦織「祐一さんが戻ってこられて嬉しい」。予選を勝ち抜いた杉田と内山について語る[ウィンブルドン]

    年の近い同朋や後輩が頑張れば励みになりますよね~٩( ”ω” )و
    思えば、修造さんは気の毒でした・・・(T_T)
    1つ上の土橋さんは怪我が多く大成出来ず、1つ下の辻野さんは・・・(ΦωΦ)

      引用  返信

  • よく、「錦織選手は突然変異」とか「錦織選手のような才能は彼の後は当分出てこない」という論調の方々がいらっしゃいます。
    だからこそ、錦織選手に対して厳しい目で見てしまう、という方々も多いかと思います。
    私自身も、「錦織選手がGSタイトルを獲得してくれれば日本テニス界の未来は、更に大きく拓ける。」と思う一人であります_(._.)_
    ただ、錦織選手は既に日本テニス界の大きな刺激を与え、日本テニス界を下支えした方々に大きな勇気を与えてくれました٩( ”ω” )و
    「錦織選手は突然変異、錦織選手のような才能は出て来ない」ではなく、錦織選手のような才能を持った人間が出てくる可能性を拡げる、可能性を持った人間がテニスを諦めずにすむような環境を作るのは、我々のようなファンの責任も少なからずあるかと思います_(._.)_
    選手を批判することは、とても簡単なことです(ΦωΦ)
    ただ、錦織選手や、それに続いた選手の大いな奮闘があるにも関わらず、日本テニス界から世界へ挑戦する間口が拡がらないのは、応援する側が成長してない責任もあるかと思います(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    日本テニス界の歴史に名を残すような快挙を成した選手が、高卒から僅か2年でスポンサー契約を切られたり等を見聞してきました(+o+)
    その選手は、身体作りもままならいまま、結果を求めて無理し過ぎたのか、5年も保たずに選手活動を断念したようです・・・(T_T)
    批判するのは簡単ですが、大事にすることは、とても難しいことなのですm(__)m

      引用  返信

  • ゆうたさま

    亀レス申し訳ありません。
    そうですか、躍進のスタートが芝チャレンジャーでの好成績だったのですね。やはり侮ってはいけない選手のようですね。
    あくまでイメージレベルの話ですが、オーストラリアの選手は芝に強いという印象を持っています。
    昨年2回戦で苦しめられたとミック選手もオーストラリアですし、昨年は錦織選手が快勝しましたが、キリオス選手が注目されたのも、2014年ウィンブルドンでナダル選手を破ったのがきっかけなので。芝に対するアドバンテージがあるような気がしていました。

    デミノー選手の芝適性の実際は知る由もありませんが、もし対戦することになったならば、慎重に、かつ大胆にプレーして、勝利を勝ち取ってほしいです。

      引用  返信

  • いつも楽しく拝見しております。
    ご批判覚悟で申し上げるのですが、ビンゴとかもいいのですが、プレビューを早く見たいです。
    大会は目前です。
    コンディション、対戦相手の情報、等々、いつもの鋭い洞察力で分析宜しくお願いします!

      引用  返信

  • 1回戦はモンテイロ選手。応援フードは「モンテール」のスイーツしか思いつきません(^◇^;)

      引用  返信

  • ぐう さん、ゆうた さん、オーストラリア勢は、ラグビーやサッカーだけでなく、オーストラリアンフットボールやクリケット等、芝の上でのスポーツが盛んですから、芝への慣れという意味では有利ですよね~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    日本もJリーグが出来てから、芝のサッカーグランドの普及に取り組み始めましたが・・・
    学校の校庭等も、芝が望ましいのでしょうがね~難しいか?_(._.)_

      引用  返信

  • モンテイロ選手は、2017のデ杯プレーオフで添田選手が死闘を制して勝った時の相手ですよね。
    バナナにハチミツたっぷりかけて食べてたのを思い出しました。
    やっぱ応援フードはスイーツ系になるのか?  (^^)

      引用  返信

  • ROMさま
    モンテールーもんていろ
    コンビニでもゲット可能ですね!
    チョコ系だとより近づく?
    ちゃごもんていろ
    チョコモンテール〇〇、、、、
    セブンをチェックします!

      引用  返信

  • ごめんなさい、さっき帰ってきた&チョット調子悪いので明日にします。

      引用  返信

  • netdashさま
    わざわざコメントありがとうございます。
    決して無理はなさらぬ様、お気をつけて下さい。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。