【奈良:WTA2月度優秀選手に選出】 最新動向あれこれ

 
公式ブログ更新
 圭の公式ブログが更新されています。
http://blog.keinishikori.com/2014/02/post-212.html
 
 要旨としては、
MRIの結果は深刻なものではなかったので、安心してほしい
リハビリ含め、きちんと治してからIWに参戦する(予定)
すごく悩んだが、アカプルコに対しては大事をとった
 
 圭本人も嬉しかったであろうこともあると思いますが、最近の圭はこういう報告が早く
なったと思います。ファンに対する気遣いがありがたいですね。
 精神的にも安定している証ですし、社会人としての成長をすごく感じます。(そろそろ
「添田さん」って呼ぼうねw)
 
 
奈良くるみ選手、初のツアー決勝進出
 女子で日本No.1選手の奈良(62位)が、リオのクレー大会で初のツアー決勝に進出です。
 私は女子の試合にはあまり関心がないのですが、彼女に限っては小柄(公称158cm:実際は
もっと低い)な体格で最近頭角を現してきていたので、注目はしていました。
  
 正直、女子のリオ大会のレベルはあまり高い方ではない(#1シード:35位)ようですが、
それでも、日本女子のWTAツアー決勝進出は2010年10月大阪のクルム選手以来?、しかも
南米のクレー大会での決勝進出は快挙と言って良いでしょう。
 
 決勝の相手はチェコの[#1]Zakopalova(35位,31才)、日本時間では今深夜2:00より試合
開始予定
です。時間に余裕のある方は、是非生で応援してあげてください。
 
 
ドルゴ・グルビス・チリッチの逆襲
 この3選手、最近すごいことになっています。
 全豪以降の成績は、チリッチ14勝1敗、グルビス7勝1敗。(圭は7勝1敗) 今週も
それぞれデルレイとマルセイユで勝ち残っています。たまたま昨日のガスケ-グルビス戦を
見ましたが、絶好調のサーブ(9ゲームで15本のエース)と強打のバックハンドであのガスケを
圧倒していました。
 もともと、デルポ・チリッチ・グルビス・圭の4選手は「次世代のカルテット」と呼ばれた
「モノが違う」選手達。IWでの復帰を期する圭にも良質の刺激を与えていることでしょう。
 
 ただ、私が最近最も注目しているのはドルゴポロフです。
 彼は調子に波があることは知られていましたが、そもそもクレーは苦手な選手です。それが
今年はどういう訳か全豪後にクレー大会を回り始め、今週のリオ(ATP500)で大ブレークして
いるのです。
 1Rの#5アルマグロに勝った時にはフロックかと思いましたが、その後#3フォニーニ、#2
フェレールにもストレート勝ちしてあれよあれよの決勝進出。これだけ極上の土魔人に連勝
するというのは、逆襲というよりは「新たな覚醒」と言った方が正しいかも知れません。
 
 上記の奈良の試合の後に行われる、#1ナダルとの決勝に注目です。
 

64 件のコメント

  • ジョコに勝ったフェデラー、ベルディヒにも逆転勝ちして結局ドバイで優勝してしまいました。
    これは、本格復活ですかね? IWで答えが出そうです。

      引用  返信

  • フェデラー選手、凄い!ジョコはともかくベルディヒには無理かと思っていました。グランドスラムの全てで優勝、準優勝して、しかも全て5回以上の決勝進出。ファイナルでも6度の優勝、五輪でもダブルスで金メダル、シングルスで銀メダル・・・あとはデビスカップ制覇くらいしか主なタイトルは残ってないのに、このモチベーションの高さは凄い!の一言ですね。フェデラーが出てきた頃に精神面での不安定さや切れやすさを指摘する声もありましたが、嘘のような話ですね。                                  京都CHで添田選手と内山選手のペアでダブルスに出場していますね・・・今回の怪我もあってチェコ戦での錦織選手の3連投は無いと思いますが、このペアリングが有力候補になるのでしょうか?

      引用  返信

  • 下団さん、若かりし頃のロジャーのあだ名は“瞬間湯沸し器”です(((^_^;)
    下位の選手には、よくコロッと負けてました8(*^^*)8
    そんなロジャーが変わったのは、ミルカと付き合い出してからです。ホント、大人になりましたよね!(*^^*)♪

      引用  返信

  • 圭大好き!さん、ありがとうございます。その愛する奥様が3人目を妊娠中となれば増々頑張りますよね~大きな怪我もなく一線で活躍し続ける精神力・・・素晴らしいです。

      引用  返信

  • すみません。時事通信のニュースでデ杯チェコ戦でベルディヒの不参戦が正式に発表されています。携帯電話のニュースサイトで見たのですが、パソコンサイトでは記事の確認ができません。申し訳ありません。残念ですが、ベルディヒの今年にかける意気込みを感じます。錦織選手には是非、有効ラバーで2勝してデ杯枠を195点(2日目で勝負をつけて155点でもいいですが)に伸ばせるチャンスですね。

      引用  返信

  • すみません。時事通信のニュースでデ杯チェコ戦でベルディヒの不参戦が正式に発表されています。携帯電話のニュースサイトで見たのですが、パソコンサイトでは記事の確認ができません。申し訳ありません。残念ですが、ベルディヒの今年にかける意気込みを感じます。錦織選手には是非、有効ラバーで2勝してデ杯枠を195点(2日目で勝負をつけて145点でもいいですが)に伸ばせるチャンスですね。

      引用  返信

  • 京都CHのシングルス本戦ドロー、32人中15人が日本人選手です。
    http://www.atpworldtour.com/posting/2014/91/mds.pdf
    ちなみに内訳は、以下のようになっています。
    ・DA:9人(西岡含む、内シード選手4人)
    ・Q:2人
    ・WC:4人

     あと、既にご存知の方も多いかと思いますが、デ杯チェコ戦でのベルディヒ欠場が確定です。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140302-00000069-jij-spo
     ただ、この記事の書き方だと、ステファニックは来るということなんですかね?
     今後の発表にも目が離せません。

      引用  返信

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000023-jij_afp-spo
    ベルディヒの欠場の少し詳しい記事が出ています。ステパネックが来るとNO2の可能性が高いですし、ダブルスが強力になるので気になりますね。ベルディヒは個人のビックタイトルが欲しいでしょうし、クレーシーズン前に日本に来て、調整が遅れるのも嫌ですが、苦手な錦織選手に自信を喪失させられるのが一番に嫌でしょうね。大先生(カルロビッチ)みたいなタイプに負けても割り切れますが、錦織選手みたいな天才肌の選手に負けるとダメージありますからね。2008年のUSでのフェレールや2010~2011年にかけて得意な大会で連敗したチリッチは、その後、暫く低迷しましたし・・・

      引用  返信

  • ベルディヒは先日のワールドテニスデーで香港に行ってるんですよね。
    さすがに1ヶ月に二度のアジア遠征はきついということでしょうか。
    (小声で)錦織が呼ばれなくて良かった・・・。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください