セット2-1で日没サスペンデッド! 2019全仏4回戦 vs. ペール レビュー(1)

2019 Roland Garros (Grand Slam)
4th Round
Kei Nishikori[7] leads Benoit Paire, 6-2,6-7(8),6-2

前の試合(バブリンカ vs. チチパス)が5時間超えの凄い試合になりまして、試合が始まったのが日本時間で2時半過ぎだったでしょうか。
ストレートで決まってもギリギリ日没前に終わるかどうか・・・という状況でした。

錦織は出だし動きが悪く、いきなりブレイクされてしまいます。
しかしペールもミスが多く、すぐにブレイクバックできてしまうと、そのまま6-2であっさり1stセットを取りました。

しかし単に錦織以上にペールにミスが多かっただけという印象で、錦織もストローク、特にフォアの調子がよくありませんでした。
何でもない簡単なショットのミスが続きました。

2ndセットに入ってもペールのミスは多く、特にDFを何本も献上してくれたのですが、錦織もぴりっとせず、BPチャンスをことごとく潰します。
ペールはミスは多くてもいつもの通り素晴らしいバックに、鮮やかなドロップ。そして意外なほどの攻撃力のフォアハンドと、ミスが減れば一気に波に乗れそうでした。

主にペールのミスでポイントを取っていましたので、完全にペール次第という試合内容になってしまったのは良くありませんでした。
ペールが少しミスが減っただけでブレイクされ、このセットは危険かと思ったところ、錦織が集中力を増し、がむしゃらフットワークでブレイクバックすると、タイブレ行くに突入。

ここで再び両者のミス合戦になり。またもやチャンスをリターンミスとフォアミスで潰してしまったペールに取られてしまいました。

観客のボルテージは最高潮。

本来、上位ラウンドに行けば行くほど良いテニスをしないと優勝は目指せません。相手がどんどん強くなっていきますから。
そういう意味ではこの大会もっとも出来が悪いここまでの錦織のプレーはいただけませんでした。

しかし3rdセットに入ると少し安定しはじめ、早いミスは減りました。
深さを狙ったストロークが見られるようになり、サービスゲームが安定しました。

リターンゲームでは、ずっとビッグサーブにスライスの当てるだけのリターンが多く、主導権を握られていましたが、
ようやくセカンドサーブを叩いたリターンが見られ、ブレイクして3-1。
第8ゲームでもペールのミスにつけこみ、左右に振ってブレイク。6-2とセットを取り、ここで日没サスペンデッドとなりました。

本来なら試合終了と行きたかったところですが、セット2-1とリードしてのサスペンデッドなのでまずはOKです。
1日じっくり休んで、フォアを修正して戻ってきて欲しいです。
ペールも修正してミスを減らしてくるでしょう。

今日の課題は自分から取るポイントが少なかったことです。ペールのミスが減ってきたとしてもそれができれば怖くありません。
また、そんなに厳しくコースが行かなくても、深さがあれば攻撃されないことも分かりましたし、強い球を打てばしっかりポイントが取れていました。
逆に浅い球、力のない球はペールのバックだけでなくフォアでもやられていました。
しっかり振り切って生きたボールを打つ、これだけで十分明日は1セット取れると思います。

ドロップ拾いやネットプレーなど、ラリー以外の部分は良かったので、明日は本来のストロークを取り戻せばきっと勝てます。
ナダルが待っていますよ!! 絶対に明日、勝ちましょう!!

32 件のコメント

  • フェデラー並みの超速攻レビューお疲れさまです。
    100点満点が3-0で今日中に勝つ。
    85点が2-0でサスペンデッドだと思っていたので、
    2-1でサスペンデッドなら70点ぐらいあげても良いのではないでしょうか?
    確かに、お互いにミスが多くてピリッとしない(はっきり言えば、前のワウリンカ対チチパス戦に比べると見劣りのする)試合内容でしたが、それでも勝つことが大事、明日はコートスザンヌランランの第2試合に入りました。
    第1試合が女子の試合なので、たぶん7時半から8時ころの開始でしょうか?何とか勝ち切って欲しいですね、それでは少しだけ仮眠して、今日を乗り切りましょう。お休みなさい。

      引用  返信

  • 団長さま、レビュー速い!
    1-1でサスペンデッドもありうるのかもと思っていたので、
    2-1まで行けたのは良かったです。
    15時間後位からスタートになりそうですが、
    しっかり身体のケアして明日ですね。
    圭くん、睡眠ちゃんと取れると良いのだけど。

    Go kei (o^-‘)b !

      引用  返信

  • みなさま、お疲れ様でした&おはようございます❤️
    眠いですね😪💤💤
    団長さまも、早いレビューありがとうございます😃

    色々修正は、必用だとおもいますが、第3セットまで終わらせ2-1リードで、今日戦えるのは大きいと思います👏👏
    何としても、勝ってナダル戦に行きましょう💪💪💪

    少しでも、疲れをとって頑張って欲しい😉
    頑張れ👊😆🎵GO KEI👊😆🎵

      引用  返信

  • 第3セット、錦織選手はゲームサスペンデッドと見極めきたので一気にギアアップ、セーブする必要なしと見切りましたね。第3セットの第6ゲームくらいから、スタミナ温存の必要がないと判断したと思いました。だから、今日はたぶんFinalまでもつれないであっさりと勝ってくれるんじゃないかと楽観してます。
    心の中では、手を合わせてますけど(^^)

      引用  返信

  • 錦織選手、最後の3ゲームは調子よくなってきてセット取れて終われて良かったです。
    今日の席の後方に陣取っていた団体が、応援マナーがひどくて本当にやめてほしいと思いました。
    始まってからずっとペール選手の名前や何かを大声で叫び続け
    錦織選手のサーブがセカンドになると拍手や声を出したりして
    他の観客に静かに!シーッとたしなめられてました。
    自国の大会で自国の選手を贔屓に応援するのは当たり前ですから仕方ないですがあれはひどいです。
    明日は席も観客も違うのであの団体のような人達はいませんように。
    明日は急に寒くなり雨かも?なんとか持ってくれるといいですが。

      引用  返信

  • 団長さま、レビューありがとうございます&お疲れ様です。
    本当に、ちょっとミスが多かったですね。
    DFが結構あったのに、つけこめずブレークできない、
    2ndアタックもネットするなど本調子ではなかったので
    3rdセットが取れてよかったです☺️
    あと1セットで終わりますように🙏

      引用  返信

  • 現地応援の皆様、

    暑さ全開、長時間の観戦、地響きのような完全アウェイの中、勇気ある応援、ありがとうございます!
    こっちのほぼ徹夜とは比べ物にならないくらいお疲れと思います。
    ひとまず、ゆっくり休んで下さいね。

    きっと今日はKei-expressが発動して、あっという間に1セット取って、絶対ベスト8になると思います!
    Go,Kei!!!!!

      引用  返信

  • 1番は3-0が理想的でしたけど個人的にリカバリーが上手くいってるっぽいので安心しました。3rdも良い形で取れたし悪くはないかと。ブレイクしてセット取ったから今日はサービスゲームからだと思うので立ち上がりから集中して入ってほしいですね

      引用  返信

  • フォアに振られたとき浅く弱くなること分かってるんだから修正すればいいのに
    足をオープンスタンスに決めてラケット上に持ち上げたらそらそうなりますって
    グリップは違うけどサンプラスみたいに足を決めずに駆け抜けるようにラケットも左脇の下に振り抜くように前に押し出せばもっと良いカウンターショット行くのでは?

      引用  返信

  • 【ハモのローラン・ギャロス観戦記】

    前編:チチパスvsワウリンカ

    1年ぶりに行ってきましたローラン・ギャロス。錦織の前のWTAの試合は絶対に延びるという勝手なジンクス(笑)を信じてのんびりしてたら、あっという間にWTA2試合が終わってしまい、慌てて会場に駆けつけました。いつものメトロ9番線でMichel-Ange Molitorというところで降りて10分くらい歩きます(こちらの方がPorte d’Auteuilよりも空いている)。歩いてると手前で新しいシモーヌ・マチュー(植物園コート)が右手に見えます。セキュリティでチェックを受け(バイトの兄ちゃんが無言で無造作にボディチェックするので、ちょっとムッときて、フランス語の言葉くらい喋るんだろと嫌味を飛ばし)、スマホのチケットをかざして、入構のチケットを受け取り、身分証明書をチェックされていよいよ入場です。暑いので、とりあへずミストを浴びる(笑)。

    ちょうど試合が終わって混雑するメイン・ストリートを早足で歩いて(イタリアのガキンチョのスキーリフトに割り込んで早く乗る方法で、道路ぎわを歩くのが宜し)スザンヌ・ランランに到着すると、ちょうどチチパスvsワウリンカの第1セットがタイブレで終わったところでした。スタジアム大歓声です。日曜日のパリは快晴で暑く(最高気温32℃?)、かつ天気予報通り風が強くクレーが舞い上がります。チチパスvsワウリンカはお約束のフルセット。ワウリンカは観客を煽ります。会場はほぼワウリンカ応援が9割。チチパスはブレークされて水ボトルを何回か投げつけてブーイング。チチパスはラケット交換するとき、必ず一旦プレー・レディになってから思い出したようにラケット交換に戻ります。作戦なのかもしれませんが、いつもそうで今日も2−3回ありました。チチパスは日本で人気があるようですが、小生は基本的にヒール役であまりコートマナーは良くないと思っていて、好きではありません(失礼)。チチパスは、2回ボールを観客席に打ち込んだけど、ボール・アビュースのお咎めはなし。審判、チチパスに甘すぎると思った。

    試合は、観ていたら流れがあっちに行ったり、こっちに来たりで面白く、やっぱりお約束のフルセットです。観客のおっさんが、「Je t’aime Stan」とか叫んでスタンがそれに応え(?)、同じ観客か他の観客か知らないけど今度は「Je t’aime Stéfanos」とか声が飛んで、チチパスがそれに応えます。が、キモいおっさんからのこの手の掛け声は気持ち悪い(笑)。フランス流なら、セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンのデュエット”Je t’aime… moi non plus”に倣って、”Moi non plus”と答えるべきだと思った(機会あれば旦那、奥さん相手に実行してみてください。平手が飛んでくること間違いなしです)。試合は大詰めになり、これぞグランド・スラムの久しぶりのトップ10クラスの手に汗握るフルセット。日が陰ってやや涼しくなり、風も止んで好コンディションになりました。ラリーで優勢なチチパスがやや有利かと思っていましたが、最後は経験の差でワウリンカ。いやー素晴らしい試合でした。たぶん、今年のローラン・ギャロスの一番の試合。

    ローラン・ギャロスアはスーパー・タイブレークはないので、この試合いつ終わるの?と段々心配に。途中、シャトリエはフェデラー&ナダルがあっという間に勝って、その後WTAが1試合あるものの、その後に回されるのか、それともマチュー(植物園コート)のダブルスが早く終わって、悪夢のコート変更?が頭をよぎります。あまりスマホばかりいじっていられないので、ツィッターで、コート変更になったら教えてくださいと頼んだが、誰からも返事なかった(トホホ)。

      引用  返信

  • 後編:錦織vsペール戦

    試合前の研究では、クレーシーズンに入ってマラケッシュ&リヨン優勝、今年のローラン・ギャロスで疲れもみせず絶好調のペール、強敵だと思っていました。ローラン・ギャロス3回戦PCB戦のリプレーを観たかぎり、ペールの弱点とされたフォアハンドはもはや弱点ではなくウイナーが取れる(クロスのカウンター効果的)、サーブ絶好調(ファースト平均189km/hと速く正確)、バックハンドは錦織が言う業界随一。サーブ・リターンが良く、セカンドはフォアもバックもアタックしてくる。長らく背中の故障で苦しみましたが、冬の間にトレーニングしたと言っていました。相変わらずブツブツ言っていてメンタルの維持に問題があるが、ひょっとしたらジェレ以上の強敵と思っていました。バックハンドのクロスの打ち合いでどうなるか、やはりフォアの打ち合いでラリーを制して、イライラを誘ってデスタビライズするしかないかと思っていました。このため錦織の深いフォア・クロスとBHDTLの精度が鍵となり、ペールのサーブは好調だが、確実に全部リターンするしかないと試合前に思っていました。

    錦織vsペール戦までは少し時間があるべと思って一旦外に出て帰ってきたら、試合はもう始まってました。立ち上がり、錦織のショットに威力なくブレークされたが直ぐにブレークバック。試合はお互いにエラー合戦で、ワウリンカvsチチパスの熱戦を観た後では、正直凡戦にみえる。ペールはこれまでの試合でウイナーがUEよりも多かったはずなのに、UE量産、ファーストもネットの下半分を叩いていて全く入る気配なし。錦織は悪い時のフォアが不調で、ボールに勢いがなくコートの半分手前で跳ねて、どーぞウイナー打ってくださいみたいなリターン。ペールのUEのおかげで30分以下でファーストセットを奪取。もしかして3−0で試合を終われるのか?という希望が湧いてきます。錦織のサーブは、立ち上がり特にセカンドが甘く、予想通りリターン・ウイナーをフォアもバック側も叩かれます。これをみて、錦織は試合中盤以降、セカンドをボディ中心に打ってペールのミスか甘いリターンを引き出したはず。小生はこれは臨機応変の正解だと試合を観ていて感じました。錦織の方は、サーブは相変わらず好調でクォリティが良いと思いましたが、リターンがかなり返ってなかった印象です。錦織の課題は、やっぱりペールのフォアクロスで振られた時のリターン。今日も持ち上げられずネットに掛かる場面が目立ちました。同じことがペールにも言えるのですが、今日はペールのクロスの方が鋭かった印象です。

    席はいつものように安いチケットで上の方の席でしたが、ランランのコートエンドの南側だったので、ラリーのコースは良く分かりました。会場はペールの応援が9割以上。手拍子や大声で応援、セカンド・セットを取った後はついにフランス国歌ラ・マルセイエーズの大合唱です。こちらはそれらが静まったタイミングを見計らって、「圭頑張れ!」だの「ハモん圭!」だの大声を出しますが、小生の周りの日本人5−6人は皆無言でした。小生はスタンドの南側(なので太陽光線を長時間浴びる羽目に)でしたが、スタンドの東側とか西側から錦織応援の日本語が聞こえてきました。最後には小生が大声を出したら、南側スタンドの後ろからも呼応して声が出るようになりましたが。試合中盤に観客がドヤドヤと入ってきて、隣に座ったたぶん台湾あたりのお姉さん(残念ながらペールを応援していた)に聞いたら、(他のコートの試合が全て終わったので)スタジアムを解放したとのことでした。小生の周りは皆勝手に座っていて入れ替わり立ち替わりでした(そもそも到着したときに外国人観光客二人が座ってた。まず自分の席に座れよ)。前の席のたぶん米国のお姉さんは背にもたれず、前かがみになっているもんだから前がよく見えないことがありました(よっぽど文句言おうかと思ったが我慢した)。ですが、小生の周りの応援マナーは総じて悪くなかったです。たぶん錦織に届いてないのに大声出してる小生が一番マナーが悪かった?

    第1セットは割と簡単に取ったものの、第2セットは例によって拙い試合運びで、セットポイントを握ったはずですが、フォアハンド(生命線!)のエラーが重なり、みすみす落としてしまいました。これがなかったら3−0で今日試合を終わっていたはず。第3セットは、本来の錦織らしさがやっと出たと思います。ショットのエラーはまだ多かったけど、サーブに助けられた面が大きいと感じました。カメラや写真では明るいですが、夜9時半になるとかなり暗く、ひょっとしてペールが「俺は鳥目でプレー出来ねー」とか言い始めて第3セット途中でサスベンデッドもあるかなと思っていたら最後までプレー。第3セットは、ペールがブツブツ独り言を言い始めて(chatとか言って警告を受けたはず)、追い込んでいたと思います。コート交換のとき、ペールは先にネットに到着しても錦織を待っており(全部そうかは知らないけど)、ペールは錦織を尊敬(リスペクト)しているとインタビューで語っており、ラケット破壊王などと下世話なマスコミにレッテル貼られているけれど、実はいい人なんだと思います(リヨンの優勝インタビューで、田舎から出てきた両親を前に優勝できて良かったと言っていましたが、スピーチよかったです)。

    全般にウイナーよりUEが多いはずの低調な試合に見えましたが、ペールのエラーとDFの多さに助けられた面はあるものの、第3セットの錦織は悪くないと思いました。フォアハンドは試合前半威力がなく浅かったものの、尻上がりによくなったと思います。バックハンドは堅調ですが、狙ったBHDTLが僅かにアウトになったり、精度をやや欠きました。ラリーもよく先にDTLに展開してたと思いました。サーブは上に書いたように堅調だと思います。セカンドも積極的にフォア側に打っていたし(機能しなかったので試合中盤からボディ中心にしたと思います)。ここまで、今年のローラン・ギャロスの錦織を救っているのは、サーブのクォリティだと思っています。リターンは今日は返らなかったと観ました。絶不調ではないものの、本来GSの第2週に調子を上げないといけないのに、全体を通してなんとなく尻すぼみで、このレベルではナダルに太刀打ちできないと思いました。明日、月曜日にスタートダッシュで圧力かけて1セットで終わらせて(フルセットに縺れらどうなるか分からない)、リカバリーをちゃんとして、この先何度あるか分からないナダルとのグランド・スラムの準々決勝に良いコンディションで臨んで欲しいと思います。

    以上、思いついたままの乱文ですが、ハモの観戦記でした。

      引用  返信

  • 団長さん!あんな時間に終わったのに、まだ試合の途中なのに、
    レビューその1を書いてくださってありがとうございます😊
    試合の結果だけを見れば、6-2 6-7 6-2 ですからあのタイブレークを取り切っていたら
    内容はまだまだだけど、ストレート勝ちでよしとしよう!さあ!ナダル戦だ!!とな
    ったでしょうか。でも、あの内容のまま終わらせるのはかえって良くなかったかも…
    とも思えます。3セット目、すこーし錦織選手のショットとがんばりに光が見えて、ど
    のタイミングか忘れてしまいましたが、際どいショット2連発決めてからはぐうんとよ
    くなってきたように感じました。今日あの状態からスタートが切れてきっちり勝ち切ってくれれば、むしろナダル戦に向けてよかった…と言えるようになるかも(╹◡╹)♡
    昨日はお互いに早めのミスでラリーも少なく、6-2 が2つもあるくらいだからそんなに
    体力は削ってないですよね?きっと錦織選手もチームも4セットで終わらせる準備をし
    てくれると期待してます。がんばれ!錦織選手╰(*´︶`*)╯♡

    ハモさんの観戦記、現地ならではの空気感を楽しめました。
    ありがとうございました😊
    このあと何度あるかわからないナダル戦…、そっかあ!本当にそうですね。思い切り
    ぶつかれる状態で臨んでほしいと私も願っています。

      引用  返信

  • 眠い頭と目を必死に開けてみなさん仕事をされていることかと思います。
    団長さん、レビューありがとうございます。
    私の目も肥えてきたのか?!そう思いながら眠い目と頭で観ていました。

    ちょっとしたことでグダグダになり粗いプレーをするペールですが、やる時はやるので、そこが怖いです。
    圭の甘い返球を見逃さず、鋭角で深いショットを何度放ったことか。
    そして、ワイドに散らし圭が走り回り動かされていました。
    これは圭がペールにやって欲しいのですが、ミスが重なり少し慎重になっていたのでしょうか。。。

    でも、2-1でサスペンディット。
    1セットで決めて欲しいですね!
    現地応援の方達はお天気とチケットゲットで大変そうですが、頑張ってください!

      引用  返信

  • 私はテレビ📺を見たペール選手の率直な印象なんですが、彼自体、プレーに影響が出るくらいかなり疲労が蓄積されているのでは無いでしょうか?

    そう感じた理由としては・・・
    昨年の全仏ではフォアやバック同士のラリー合戦いわゆる「陣取り合戦」の時にはパワフルなラリーで錦織選手を貼り付けてバック&フォアのウィナー級のショットやドロップを決めていたパターンが個人的に強い印象が有りました。

    しかしこの試合を見るとその「陣取り合戦」の時点で錦織選手を押さえきれなくなっている印象があります、その象徴が前回面白い様にウィナーとして決まっていたベースラインからドロップが錦織選手にことごとく拾われてまともなウィナーはほぼ無かった事です。

    つまり錦織選手を押さえて切れずに、動かせる余地を与えてしまっているのかなっと。

    あと記憶違いでなかったたら、彼はタイブレで左脚のストレッチをしていたはずです。あの仕草って西岡選手がクレーシーズンに良くやっていた事でその後に痙攣を起こすパターンでした。

    勿論ど素人の見立てに過ぎませんが、結構疲労が脚にきているのかなっと。やはり、前週のリヨンの5試合だけでなく前々週のローマも3試合を戦い、今大会もエルベール戦の4時間半級の試合・・・確実に疲労はあるとは思うのですが・・・🧐

      引用  返信

  • ゆうたさん,
    私もそれは感じました。
    いつも何の予兆も見せずにエースとダブルフォルト、ナイスショットとミスを繰り返す
    ペール選手ですが、こんなに安易なミスの量産を見ることはあまりないかも。
    得意のドロップショットも少なめでしたし、出ても結構錦織選手に拾われていたような
    印象です。ご本人は疲れはないと発言していましたが、そうは言ってもゆうたさんがお
    っしゃるような活躍をしていたわけですから、疲れは相当あると見て取れました。

    錦織選手はペール選手のあまりのミスに、ミスさせる戦略の方に向いちゃった感もあり
    側から見るとミス待ちしてちゃダメ!という感じになってたような…。そして自分自身
    もミスを誘発するという(^◇^;)
    やっぱり錦織選手は動いて攻めて自分でポイントを取りに行かないと!(あっ、これは
    団長さんのセリフだった)

    いい時のペール選手なら負けることもあるだろうと思えるけれど、このペール選手に負
    けるのは絶対嫌だなと昨日も思ってしまいました…。
    コーチにもいろいろアドバイスされているはず。
    団長さんが「今日フォアが直ってますように」と呟いていますが、心から私も願ってい
    ます🙏 ジェレ戦で取り戻せたフォアをぜひ!また見せてください❣️

      引用  返信

  • 眠い(=_=)💤
    しかも、こんな日に限って、沢山の書類チェック・・・不幸だ~\(◎o◎)/!

      引用  返信

  • https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00010000-tarzanweb-spo
    日本人が海外で、テニスで頑張るって大変な事ですね
    身体的にも精神的にも錦織圭の活躍で当たり前みたいに思ってしまってますが、錦織圭が反省の言葉を言っても、また同じように失敗してもそれはそれで仕方ないかな
    そんなに集中力が続くわけ無いしツアーで簡単にどんな選手と相手しても簡単に勝てる分けない
    なんかこの内容に泣けてきました
    日本人は日本人であるだけで日本人のメンタルと体格はハンディになるのでしょうか
    でも乗り越えた後にはその世界で大成しなくても貴重な財産になるでしょうね
    錦織圭は兄貴としてい依存であり続けるでしょうね

      引用  返信

  • けんじさん
    ご紹介の記事はとても心温まるものでした。
    錦織選手の気遣いも彼の人柄がにじみ出ていて
    ほっこりします。
    この少女の今後にもエールを送りたいと思います。

      引用  返信

  • 団長さん、レビュー記事を一文ごとにうなずきながら読みました。簡単なチャンスボールのミスが気になりましたが、確かにネットプレーはよかった。今日は調整して、力まず、あせらず、いいテニスをしてほしいです。

    日本で応援の皆さんはほぼ徹夜の方が多かったんですね。お疲れ様です。
    禮さん、楽しい観戦記、熱烈応援、ありがとうございます。やはり男性の声援があると心強いです。私も異様なアウェー状態に押しつぶされそうになりながら、精一杯、声援を送りました。

    それにしても地元ファンの多くの酷い観戦マナーには呆れました。中には、錦織選手のサーブがフォルトになるたび拍手したり野次を飛ばしたりする輩もいました(さすがに周りから「シーッ」と言われていたが)。

    両選手がサーブのモーションに入ろうとしているのに叫び続け、主審が注意してもやめようとしない。”l’écraser”などとわめいている輩も。フランス語で「(彼を) 潰せ❗」という意味ですよね。最後には私、英語とスペイン語と下手くそなフランス語で「どうか相手に、テニスに敬意を払ってください、お願いします」と呼びかけました。

    今日は今から12時半ごろまで会議。終わり次第、ローランギャロスへ駆けつけます。幸い、会議場がRGと同じ16区の、タクシーで10分もかからない場所にあるので、ペール戦になんとか間に合いそうです。

      引用  返信

  • 団長さん、レビュー記事ありがとうございます。

    私もペール選手は疲労があると思います。
    錦織選手の場合は疲労というより、ベンチで足の付け根を揉んでいましたから筋肉痛みたいなものかなと思いました。
    最初はイマイチでしたが、第3セットは動きが良くなってきていたので、動いているうちに筋肉がほぐれてきて痛みが和らいだのではないかと想像しています。
    もし本当にそうであれば、今日も第3セットのいい感じにほぐれた状態を持続したまま試合に入れたらいいなと思っています。   がんばれーーーーーーー!!!!!  \(^o^)/

    禮さん、観戦記ありがとうございます。
    私もペール選手はキリオス選手と同じように本当は良い人だと思っています。
    試合中、突然大声をあげて怒り出したり、破れたシューズをガムテープでぐるぐる巻きにして試合にでたり、ちょっと変わった人に見えますが、試合後握手する時の錦織選手を見る優しい眼差しに気付いた時、
    錦織選手をリスペクトしているという言葉は、決してお世辞ではないと感じました。
    とはいえ、試合はガチンコ勝負、負けるわけにはいきませんが。

      引用  返信

  • だいあん@暑い熱いRGさま,
    現地の応援の皆様,

    テレビ越しではありますが、応援の声届いております。
    きっと錦織選手の力になります。
    ありがとうございます。
    お体に気をつけて、今日も宜しくお願いします!

    団長さまや錦織のフォアさまご指摘の、また吉松さんも『昨日は完全にフォアが壊れてた』と呟いていたそのフォアが、今日はしっかり修正されて、1セットで勝つことをずっと念じています!

    たしかに昨日勝利出来れば体力的にはベストでしたが、今日のペール選手との実戦を経て、ナダル戦への良い準備も出来る、フォアも自信を持って臨めるようになると思って、二つの命題があり大変ですが、必ず勝利と自信を手にしてほしいと思います!

    日本からも熱い応援を送り続けるぞー!!!
    Go,Kei!!!!!

      引用  返信

  • だいあん@暑い熱いRGさま
    現地応援、お疲れ様でした。
    フランスの応援については画面からでも伝わりました。勿論、悪い意味では有りますが・・・。

    「1ゲームにつき1メルシー」ペースの主審のコールなんてパリでしかお目にかかる事は無いでしょうし。💢

    その中で戦っている錦織選手及び現地応援の方々に微小ながらエールを送らせて頂きます。

    尚、今後の現地の天気及び気温が不安定と聞きましたのでくれぐれもお身体には充分にお気をつけて下さい。

      引用  返信

  • あけびさま
    ご返信ありがとうございます。

    ペール選手に関してはいつもの振る舞い(吠える・観客を煽るなど)はあるのですが、どこか淡白な感じを受けるんですよねぇ〜。錦織選手のプレーレベルのアップダウンはあれど彼に関しては悪い意味で「一定」な感じがして・・・

    彼の「疲労は無い」というコメントは私も試合前に見ましたが、正直なところ「それってホンマでっか!?」ですかね。大会中に自分の悪い方の実状をさらけ出すとは思えませんし、ペール選手の様な色々な振る舞いをして煙幕を張るタイプは特にそんな傾向だと思っています。ただ怖いのは再開直後にカマされる事でしょうか?

    ここを乗り切ってスカッと勝って欲しいですね!

      引用  返信

  • 団長さま始め皆さん、寝不足でのお仕事、お身体には、キツイでしょうが、今日も一緒に応援❗出来て嬉しいです。
    そして、現地錦鯉のみなさん、酷いアウェーにも、耐えて熱烈応援❗頭が下がります。きっと錦織君を勝利に導いてくれると、思います❗
    さて、錦織君のフォアハンドも日によって調子の波があるようで、ハラハラしてしまいますが。今日は、しっかり修正して1セットで決めたいですね。フィジカルはキツイでしょうけど、負ける相手ではないよ、昨日のペール選手。錦織君、ファイト❗
    そして、禮さん、ロランギヤロスでの楽しい小噺、いつも元気を貰います、ありがとうございま す。「この後何度あるかわからないナダル戦」に 、私も、ドキっとしました。是非とも実現して欲しいです。(甘過ぎるチチパス選手の顔に、惑わされますが、コートマナー?私も余り好感もてないでいました。ファンの方にはスミマセン)

      引用  返信

  • けんじさん、素晴らしい記事の紹介をありがとうございます!
    錦織君が13歳から今まで、異郷でどれ程の苦難を乗り越えてきたか(そして今も乗り越えようとしているか)、忘れないでいようと改めて思いました。
    もちろん、彼は大きな喜びも何度も経験していることでしょうが、苦難の大きさも私達の想像を超えているのでは?そんなことを感じさせないおっとりキャラに騙されないようにしなくては(笑) 。
    池江さんへのメッセージとか、この少女への心遣いとかを見れば、錦織圭がどんな選手なのかがわかりますよね。
    「一人の人間が苦悩し、喜びを感じながら成長していることは忘れたくない。」という田丸尚稔氏の言葉が心に沁みます。

    よーし、この言葉を胸に刻んで、今夜も錦織君を熱烈応援します!
    現地の皆様、テレビの前の皆様、みんなで錦織圭を盛り上げましょう!
    アレー!ニシコヒー!!!

      引用  返信

  • 始まりますね。
    雨がひどくならない事を祈ります。
    昨夜は寝れたでしょうか?
    少しでも疲れが取れてます様に・・。
    サクッと終わって欲しいけど焦ったり
    力んだりしないで頑張って欲しいです。
    まずサービスゲームをしっかりキープです。
    錦織選手がんばれ~がんばれ~がんばれ~。

      引用  返信

  • ウォームアップ始まってます!
    ペールエールビール飲みながらtv前に到着しました!

      引用  返信

  • 今日は間に合いません泣
    みなさまに、熱烈応援託します🙇‍♀️
    絶対勝つ!!心の中で、応援します!
    アレー!ニシクォリィーーー!!

      引用  返信

  • さん,
    僕も彼女にエールを送ると共に錦織圭の優しい人柄に触れて嬉しいです

    今年の全仏オープンでこれからどうなるかは分かりませんが静かに見守りたいと思います

      引用  返信

  • ブレイクされた。
    挽回がんばれ~。
    ペールさん飛ばしてる負けるな。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。