2018ウィンブルドン4回戦 vs. グルビス プレビュー

2018 Wimbledon (Grand Slam)
4th Round
Kei Nishikori[24] vs. Ernests Gulbis[Q]

現地時間 7月9日(月) 11:30第1試合スタートの2試合目
日本時間 7月9日(月) 19:30第1試合スタートの2試合目
@ Court 2
※ 時差8時間

第1試合は女子なので、早ければ21時ごろ試合開始。

試合の展望

ズベレフが来ると思われましたが、グルビスがフルセットで勝ち上がってきました。ウィンブルドン前までの今年のツアーレベル勝ち星はわずか1。それが予選から計6試合を勝ち上がってのベスト16です。

元トップ10プレイヤーであり、2014全仏でベスト4経験もあります。「実績あるベテランは怖い」をまさに体現しました。彼のランキング138位は参考になりません。

ズベレフは3rdセット3-5でSPを握られながらもグルビスのウィークポイントであるフォアを攻め、逆転でこのセットを奪いました。しかし胃の調子が悪かったらしく、4th、ファイナルセットと疲れが出て4thセット中盤からほとんどゲームを取れなくなってしまいました。2回戦のフリッツ戦では第2セット後に吐いたようですし、体調不良も影響したようです。
グルビスが工夫してネットプレー、ロブを使って効果的にポイントを取ったことも見逃せません。

グルビスはこれで3試合連続でフルセットマッチ。予選でも3試合を戦っています。タフですね。サーブが非常に良いです。打点が高くフォームにばねがあります。フォアハンドが弱点なのですが、一発はあります。

錦織は3回戦で1回だけ乱れたサービスゲームがありましたが、非常に安定したサービスゲームを展開しました。3セットで1回なら上出来です。この調子を維持できればリターンでアグレッシブに行くことができます。非常に楽しみです。
バックハンドも非常に良く、ワイドへのスライスサーブからオープンになったクロスへバックハンドを叩き込むパターンが機能しています。ダウンザラインはウィンニングショットですが、ミスのリスクもあります。クロスでウィナーが取れれば非常に楽になります。

グルビスが強敵であることは間違いありませんが、ズベレフ(健康状態)よりやりやすいはずです。初のベスト8、行っちゃいましょう。

サーブでポケットにボールを入れなくしたり、こまめにガッツポーズをしたりと、今大会の錦織は行動心理学を取り入れてきているのではないかと思います。
「形から入る」ってやつです。

今までは、とにかく自分の内面と向き合って打開策を探るような解決策が多かったのですが、下を向くことが多く相手から見たら「元気がない」と見えることもあったと思います。

彼のスタイルであり、決して意気消沈しているわけではなく視界を遮りながら集中し、虎視眈々とチャンスを伺っている状態なのですが、無意識のうちに自分にも悪影響が与える可能性があると思います。

「苦しい時は笑え」は当たっていて、行動するから元気になる、ポジティブな姿勢、ポジティブなジェスチャーがポジティブな精神状態を作るということは実際あります。

応援フード

マックのカルピスシェイクにビスコ乗せて、
ROMさんのカルピス、キリ丼さんのグルグルカルピス、おばっちさんのクールビスコを
まとめて作っちゃうつもりが、迷作になっちゃいました

圭くん、復活対決だ~(経緯は違うけどね)

micchi


今大会の錦織は声もガッツポーズも多めで見ていても楽しいです。観客も呼応しやすいでしょう。

ポジティブ錦織に期待です。

25 件のコメント

  • グルビス選手、
    予選1Rは2セットで勝利(3セットマッチ)
    予選2Rは3セットで勝利(3セットマッチ)
    予選決勝は4セットで勝利(5セットマッチ)

    本戦1RはWCの英国選手に5セットで勝利
    本戦2Rはアンタルヤ優勝で疲れてた?ズムホール選手に5セットで勝利
    本戦3Rは胃腸炎で苦しんだA・ズべレフ選手に5セットで勝利

    既に24セットを戦っています。
    勝利した内容も疑問符が付きますが、こういう展開で勝ちを拾い続けていますと、妙な勢いが出てくるのが怖いです。
    基本的には、ハードコートからクレーコート、遅いコートが得意な選手かと思いますm(__)m
    第1セットさえ取れれば、錦織選手の圧勝劇もあるかもしれませんが、油断禁物ですね(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • 錦織は、しっかり体調を整えて、油断せず、前を見据え、最高のパフォーマンスが発揮できるよう、頑張ってもらいたい、多いに期待したい。我々は、ただただ、ひたすら全力応援あるのみ!日本人としての誇りを持って、頑張ってもらいたい。頑張れ、錦織!

      引用  返信

  • 団長、プレビューありがとうございます
    行動心理学を取り入れたのかもとの考察、その視点はなかったので興味深かったです
    とにかく元気な錦織選手が見られて嬉しいです
    先ほど、遅ればせながら応援フードおくりました

    フォーラムで既出かもしれませんが、ミドルサンデーは一般人は入場して練習など観戦できるんでしょうか。どなたかご存知の方がおられたら教えてください。

      引用  返信

  • グルビス選手、ズベレフ戦は見ましたが、どっちが上がってきても大変な相手だなと思いながら見てました。ただ1試合のパフォーマンスでいうとグルビス選手はいやですが、トータルで勝ちきれないから今のランキングに甘んじているとは思いますし、グルビス選手はどっちかというとクレーを得意としている(今回も前哨戦ではクレーに出場していました)方だと思いますので、ズベレフ相手であったよりはかなり良かったのではないかと思ってます。

    しかし、グルビス選手はタフですね。ちょっと分けてもらいたいくらいです。
    けど、錦織選手も昨年の半年間離脱後では、疲労でパフォーマンスが低下している試合をあまり見てないので、ケガの間しっかりフィジカルトレーニングして、強くなって帰ってきてくれたと思っています。

    前哨戦、クレーシーズン含めて、今大会の勝ち上がりも順調なので、まだまだ体力残っていると思いますし、なにより2ndウイークで錦織選手が見れるの久しぶりなので、楽しみで仕方ないです。週末まで私の楽しみを残してほしいな。

      引用  返信

  • 40-0や40-15から安心せずすんなり取っておいて欲しいと思います

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事ありがとうございます。
    グルビス選手は錦織選手の一つ年上(もっとベテランに見えた)、身長も190㎝と結構大柄(もっと小さいかと思った)なんですね。
    解説の方が言っていましたが、錦織選手は芝のシーズンに備えて、重心の低いフットワークをする為には何が必要か、陣営と考えながらトレーニングをじっくり積んで来たそうです。キリオス戦を見たら頷けるような気がしました。
    それと、これも形から入る行動心理学の一つになるのかな、重要なポイントとを取った時の「カモーン」が凄く大きな声で、力が漲っています。
    以前と違う行動が沢山見られ、芝を好きになるよう色々努力しているんだなーと思いました。
    努力が実を結んで、芝史上サイコーの成績が残せればいいですね。
    今日も全力応援します。

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事ありがとうございました(⌒▽⌒)
    そっかあ(´∀`) 復帰後の錦織選手の試合を見ていて楽しいのは、ポジティブ
    ゼスチャーも一役かっていたんですね。たしかにやる気満々の表情と動きを
    何度も見せてくれています。今日の試合のテーマは「ポジティブ錦織」を応
    援する私たちも大いに楽しむことかな?
    キリオス戦の勝利の陰には、長い待ち時間を仮眠、食事、長めのウオーミン
    グアップを数度繰り返し、試合開始直後からトップギアをいれるつもりの準
    備万端の状態にしてあったことを知り、錦織選手の勝ちに行く本気度を見た
    思いがしました。
    見える部分、見えない部分すべてに自分のできることをやりきる充実ぶりで
    ファン以上に錦織選手自身が自分に大いに期待しているのではないでしょう
    か(*´ー`*) いい試合になるのは間違いなさそうです✌️

      引用  返信

  • 団長様、プレビューありがとうございます。2014年(全米覚醒直前)以降の、錦織選手のウィンブルドン最終成績と、その試合に関する団長様の記事タイトルをまとめてみました。(今夜パーティーをホストする立場で観戦応援一切できないので、何かせずにはおれない心境になっています…)

    2014年
    3回戦、ボレッリに(日没サスペンデッドでミドルサンデーを挟んで)フルセットで勝利。
    4回戦(ベスト16)、ラオニッチにセットカウント1-3で敗れる。
    プレビュー「次世代のリーダーは誰なのか知らしめよ!」
    レビュー「残念!ラオニッチのビッグサーブに屈する」

    2015年
    1回戦、ボレッリに何とか勝利するもファイナルセットでふくらはぎを痛める。
    2回戦、戦わずして棄権(対ヒラルド)。
    プレビュー「ふくらはぎの神様お願い錦織を守って!」
    レビュー「錦織圭、残念ながら試合前に棄権」

    2016年
    3回戦、クズネツォフに 7-5,6-3,7-5で何とかストレート勝利するも、前から痛めていた脇腹の状態が悪化。
    4回戦(ベスト16)、チリッチ戦は鼻血対象試合だったがほとんど動けず、第2セット途中で棄権。
    プレビュー(省略)
    レビュー「当ブログは本大会の錦織の健闘を称え、この状態でベスト16まで進出したことを誇りに思います」

    2017年
    2回戦、スタコフスキーに 6-4,6-7(7),6-1,7-6(6)で苦しみながらも勝利。
    3回戦、バウティスタ・アグート(当時18シード)にセットカウント1-3で敗れる。
    (2回戦レビュー「錦織圭、苦しみながらもスタコフスキーを退け3回戦進出」)
    (プレビューはトーナメント名と対戦者名のみ。)
    レビュー「悔しいが力負けと認めざるをえない敗戦。頑張って我慢したが…」

    2018年
    1回戦(ハリソン)、2回戦(トミック)と徐々に調子を上げ、3回戦は強敵キリオスをストレート粉砕。
    4回戦(3回目のベスト16)の相手は、サーシャ(第4シード)と思われていたところがグルビス。
    「3度目の正直」を実現してくれっ!
    (では、行って参ります。)

      引用  返信

  • ポジティブ思考をしていることは間違いないでしょう。自分のテニスを「勝てない相手ももういないと思うので・・・」2014全米のコメント以来「最高の出来」と表現するのは、よほど調子が良いのでしょうね。でもこのようなときには落とし穴がつきものですが、試合前のインタビューでも、グルビスを過小評価するような発言は見られませんでしたから大丈夫でしょう。
    さあ今夜は、団長さんの言われたように、「行っちゃいましょう」😄

      引用  返信

  • 団長さま
    プレビュー記事ありがとうございます。グルビス選手、あの特徴的なフォア(我が家では飛行機ブーンのポーズと呼ばれていました)がみられなくなったのはやはり怪我のせいでしょうか?確か彼も手首怪我仲間だったと思います。
    予選から4Rまでの勝ち上がり、疲れも溜まってはいるでしょうがやる気はかなりみなぎっているはず、侮るなかれです!

    micchi師匠
    ひねり王子も真っ青なひねり具合!お見事です!!
    暑いジメジメを冷え冷えぐるぐるで吹き飛ばしましょ。団長さまは今夜の肉料理は「カルビっす」よね?笑

      引用  返信

  • 今夜は、カルピッスはないんですけど、カルビっす。
    ベスト8、行っちゃえ~!

      引用  返信

  • 団長さま、プレビュー記事、しっかり読ませていただきました。
    行動心理学、なるほどでございます。
    リハビリ目的を、単に怪我の回復とすると、その間にもテニス界は進化するので、
    そのまま戻っても後退していることになり、焦って無理して再発するパターンも多い中、
    体感とボディーバランスをしっかり鍛え、何よりサーブを進化させたのは素晴らしいですよね。
    けれど、そうした実感は湧き難いものなので、行動パターンを変えることで自覚を促す!
    もう、作戦は完璧です!
    復活劇をみていたつもりが、いつのまにか、新しいステージが始まっていたのですね。

    WBベスト16は2014年以来、そしてグルビス選手との対戦も2014年以来。
    そこから始まった長い旅は、頂上に迫りながらも力尽きましたが、
    リハビリ期間を利用して、弱点とされてきたフィジカルとサーブを強化して戻ってこられた!
    ここで、何としても、ベスト8の壁を破って、新しい景色を見て欲しい。

    micchiさま、採用ありがとうございます。
    ROMさまに先に言われてしまいましたが、流石の捻り技に、拍手喝采!
    ビスコが重くてごめんなさい。

    そして、そうなんですよね、経緯は違えど、復活対決!
    グルビス選手まで帰ってこられて、錦織世代の勇士たちが久々揃った大会なんですよね。
    もうロスジェネなんて言わせない!
    グルビス選手にも頑張ってもらいたいですが、それは次の大会からにしてもらって、
    ここはBig4と戦った経験値で勝る錦織選手に、アタッカーの役割を委ねてもらいましょう!
    今夜も全力応援です!

      引用  返信

  • すみません、2016年にもベスト16はありましたね、ごめんなさい。
    戦える状態での4回戦進出ということでした。
    申し訳ありません。

      引用  返信

  • 団長、錦鯉の皆さま、ホントにホントにうれしい4回戦になりましたね❗(*≧∇≦)ノ♥️⤴️⤴️
    アーニーは、言わずと知れた、圭・チリッチとの3羽ガラス❗😘❤️⤴️⤴️←デルポンは、当時からもう、一人別格でした~😅😅😅💦
    チリチリは残念ながら1回戦で足元をすくわれましたが、チョーひさびさのアーニーとの対決、たっぷりと楽しみたいです❗( ̄▽ ̄)b♥️⤴️⤴️←でも、勝つのは圭だよん👍♥️
    2014年も、よくこんなデカイ相手に勝てるもんだと感心しましたが、そこからの圭のサクセスストーリーのおかげで、そんな 初心はどこかに消え去っておりました~🤣🤣🤣❤️⤴️⤴️
    しかし、やはりデカイ相手やビッグサーバー相手には、少しの隙が命取りなので、3回戦同様、慎重にしかしアグレッシブに攻めて欲しいです❗(σ≧▽≦)σ♥️⤴️⤴️
    圭、週末まで夢を見させてくれー❗ヾ(o≧∀≦o)ノ゙ ♥️⤴️⤴️

      引用  返信

  • ガルビスの弱点には、ダブルフォルトが多めなところもあるので、そこも狙っていきたいですね

      引用  返信

  • グルビス選手、私の拙い記憶では浮き沈みが激しく、フォアを特徴的なフォームに変えてからブレイクしかけ、2014年の全仏でフェデラー選手、ベルディヒ選手を下してベスト4、ランキングもベスト10入りしたはずです。
    その後長らく低迷したのちの復活劇ですよね。そういう意味でどんな展開になるか予想できない不気味さを感じますが、不安を吹き飛ばして、ぜひとも勝ち切ってほしいです!
    ちなみに、グルビス選手のフォアのフォーム、今までの左手をまっすぐ前に伸ばすフォームから、斜め前に伸ばすフォームに変わってるようですが、伸ばし方が変わらず、一般的な左手でボールを指すフォームとは違うように思います。

      引用  返信

  • 錦織君、迷わず、関所越え(ベスト8)と、成りますように❗カルピス飲み干して……私は、止転転(ところてん)いただきました。
    全力応援❗ですね。

      引用  返信

  • グルビス選手の復活は単純に嬉しいですね。きっといい試合をしてくれることでしょう。勿論自分も錦織選手の勝利を信じて疑いませんよ。

    ところでチリチリって誰ですか。いい加減、選手の名前をどこぞのアイドルみたく崩すの、やめてもらえないでしょうかね。非常に不快です。

      引用  返信

  • ハナジブログ、錦織の応援ブログとして最高ですね。昨日から見始めましたが、錦織が何年も苦しい時期を迎えているにもかかわらず、ブログを書き続けるのはすごいと思います。

    今日のグルビスには快勝してもらいたいと思う程、前のキリオス戦の出来でした。

    でも、錦織の芝での活躍はまだ全然少ないです。

    期待感は膨らませつつ、今後ジョコビッチもいる、ナダル、デルポトロもいる。最後にラスボスフェデラーがいる。

    但し、この試合はハナジブログさんの希望通り、初のベスト8行っちゃいましょう!3-0希望!フェデラー、ナダル、デルポトロ、ジョコビッチはこれまでほぼ3-0.

      引用  返信

  • 女子の試合が終わりました!
    もうすぐです!
    団長さんは実況できる環境にいるのかな?
    大事な試合です!
    何とか間に合ってください🙏

      引用  返信

  • 先に試合だった同胞二人(勉&大誠)とシュトルフ君がいいタイミングで勝ちで終わってくれるなんて果報者じゃないですか

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。