お帰りなさい錦織圭!2018年の復帰時とは大きく違う、早めの改善が見込める敗戦(2020キッツビュール1回戦 vs. ケツマノビッチ)

2020 Kitzbuhel (ATP 250)
1st Round
Miomir Kecmanovic def. Kei Nishikori[6], 4-6,6-4,6-2

残念!最初の5ゲームを連取したときは行けると思ったのですが、そんなに甘くなかった。

試合勘のなさは想定済み。ミスも出ることは分かっていました。
でも1年ぶりの復帰初戦としてはそんなに悪くなく、復帰前ですら今日より内容の悪い日はありました。

全般的に少しずつベストではなかったのですが、最大の敗因は「攻め球のミス」だと思いました。

このブログとしても割とキーワードになってまして、2010年代前半、錦織がまだトップ10プレイヤーになる前のころの大きな課題でした。
形を作ってからの攻め球のミス。本来なら自分にポイントが入るべき場面からの失点。
これが多くなると、相手は楽になります。

これが減って錦織はランキングを上げていきました。

ファイナルセットにこれが顕著で、第1ゲーム、第3ゲームと立て続けに攻め球のミスで落としてしまいました。

ただ、これは一旦入り始めると「楽にポイントが取れた」と言える類のショットで、紙一重です。
ほんの少しの改善だけで結果を大きく変えることができます。
この辺が前回、2018年の復帰時と違うところです。
2018年はもう、ショットが入るか入らないかの心配から始まりましたので。

攻め球を入れるためには感覚と自信が必要だと思います。
入ると思って打つショットと、入らないかも?と思って打つショットでは確率が違ってきます。
入り続けている1st 5-0までの間は良かったのですが、その後少しミスが出ると感覚の無さが表面に出てしまいました。

サーブもそうで、久しぶりの実戦なのでダブルフォルトしてしまうのは仕方ありませんが、ブレイクポイントで2回もやってしまったのは、攻め球のミスと同じメンタル構造でしょう。

あとはアプローチやオープンに落とした緩いボールなどを読まれて逆襲されてしまった場面も、本来の錦織なら逆を突くことができた場面で、これらはすべて「試合勘のなさ」によるものと思われます。

ディフェンスの動きも一瞬、遅れていたように思います。

ただ、これらは試合をこなしていけば改善が見込める部分ですし、今日の試合だって何か一つが変わるだけで結果も変わっていたのではないかと思わせる内容でした。

ケツマノビッチのボールが2ndセット以降、深く突き刺さって来ていましたし、ミスも少なかった。
負けたのは残念ですが、総合的に見てそんなに悪くない復帰初戦だったのではないかと思います。

サーブはトスの上げ方を変えていましたね。
手をあまり下げず、ボールのリリースポイントを高めに。
そしてトスアップと同時に(今までより早いタイミングで)体の沈み込み。

今日のところは結果は出ませんでしたが、方向性としては合理的なフォームになっていると思います。
ミルニーのフォーム取り入れた感じです。
こっちも、今後は安定性向上として結果が出ると思っています。

とにかく、帰ってこれたではありませんか!
1年間長かったし、(そんなことはないと頭では分かっていても)もう錦織のテニスが見れないのではないかという感覚も味わいました。
今日のプレーを見る限りでは、故障や新型コロナの後遺症も感じられません。

次の出場が本当に楽しみです。

その前に西岡と組んだダブルスがありますね。
そっちで復帰後、初勝利と行きたいですね!

29 件のコメント

  • 団長さん、早速私の質問に答えていただき、ありがとうございました。と言っても、私の質問(実況の方に書きました)をご覧にはなっていなかったでしょうけど。
    それほど素早く、かつ中身の濃いレビューに驚いています。

      引用  返信

  • 1set 5-0までは完璧だったんですけどね。錦織劇場は健在ということで納得しときます。
    次は、フルセットの錦織を見せてもらおう。

    専門家の皆さんによるミルニー効果のコメントも今後楽しみにしています。

      引用  返信

  • あらためて、この場を作ってくださる団長に御礼を申し上げます🙇‍♀️💕
    そして、希望ある団長のレビューも読めたので、安心して寝たいと思います…
    …が、久しぶりにジェットコースターに乗ったせいで目が冴えてしまい。
    ミルニー?ミルヌイ?コーチのメモを取る姿を頼もしく感じたりしてます。

      引用  返信

  • 私にはわからなかったんですが、サーブのフォームが変わったんですね。きょうは肝心なところでDFが出て残念でしたが、3セット目は入りが良くなってきてましたねちょっと遅かったけど(^◇^;)

    村上さんご指摘のように、前回はチャレンジャーからでした。いきなりATP250で、全米を終えたばかりで試合勘ピークの初対戦の若手はちょっとキツかったですか。相手もよく研究してきてたようですし。勝ってくれれば嬉しかったですが、惜しかったですし、今後につながると思います。
    ただ弱気になっている時に、自信のないサーブで大事なところでエラーが出るのは、引き続き今後の課題ではないかと思います。

    錦織選手も皆さまもお疲れ様でした🍵
    ダブルスも楽しみにしています🎾

      引用  返信

  • 解説の村上武資さんが何度か「今日の試合の錦織に求めるのは何か?」という旨のコメントをされていました。

    ソレはファン其々の考えが有るとは思いますが、私は「どこまで戻っているのか」が個人的には気になりました。そう考えると序盤のあの展開を見て結構安心はしましたし、逆に後半の課題は今後潰せば「伸びしろ」になるのかなと。

    前トピにも書きましたが、1年に渡り溜まった「錆」を落とすには1試合や1大会で出来るわけ無いですし気長に待とうかなと。

    後は恐らくは無いとは思いますが、今年を復帰に割り切るのなら全仏を回避して「3セットマッチのみの2勤1休」もアリかなぁと。

      引用  返信

  • 団長さん、早速の素晴らしい分析に頷きまくりです。
    私も実はサーブの確率が気になっていました。
    でも、望みすぎですね。いきなり改良サーブがバンバン入るなんて
    そう簡単ではなかったです。
    でも今日の試合の中でダブルフォルトだけは悔しいと感じるポイントでした。
    (サーブが売りのミルヌイコーチのおかげでサーブだけは絶対いい感じに仕上がっているだろう、と勝手に期待してしまってたんです。)
    とはいえ、ゆうたさんも仰ってますが、前半のあの展開を観てテニス自体が戻ってきてることに、一安心しました。
    今日はショットの感触や試合勘、体力、テニス脳、すべてがちょっとしたズレがあって、それが勝負所でミスの形になってしまっただけで、「試合から遠ざかっていたことによる調整不足が原因」としか思えませんでした。つまり「錦織選手のテニスが要所で空回りしてミスになっただけなので、もうテニス自体は戻ってきてる」ということを確信しました。それがすごく嬉しいです。
    試合で修正してゆくししかないものは試合を重ねることで修正するしかない。今日はその始まりだと思います。

      引用  返信

  • おはようございます☀
    団長さん!力強いレビュー記事ありがとうございます!
    昨日なかなかこちらに入れなくて寝てしまいました😅
    団長さんの仰るように前回の復帰戦とは別物でした!
    前回はフォアが…フォアがとみんなで心配してましたよね笑
    力強いショットもたくさん見られて、あーたくさん練習してきたんだなあ
    と感無量(T ^ T)大満足✌️
    でも流石に復帰戦…。試合用の体力とか思考力とか判断力とかがガス欠状態
    になったように見えました。そりゃあそうですよね。
    1年間も公式の試合をしていないんですから。1発目から完璧じゃあ、それ以上
    にはなれないでしょうし。(1セットの5-0まではおいおい凄すぎるんじゃないかい
    と舞い上がってしまったけど😂)錦織選手自身もたくさん課題が見えたでしょう
    から、きっとまた修正してくるのが楽しみ❤️ミルヌイコーチもせっせとメモして
    たし。次戦までにまた違う姿を見せてくれるだろうと期待しています。
    あーー!!ホントに帰ってきてくれたんだなあ( ̄∀ ̄)
    また天にも登るような気持ちで激しく喜んだり、ガックリ眠れぬ夜を過ごしたり
    できるんですね。団長さん!みなさん!存分に楽しませてもらいましょうね👍
    錦織選手!!!!戻ってきてくれてホントにホントにありがとう😊

      引用  返信

  • おはようございます🌥
    応援楽しもうと臨みましたが、難しいですね。
    でも団長さまのレビューで元気でました。
    ありがたいですー 
    早く次の試合が観たい〜 ローマに飛びます🇮🇹
    ノーテンキなファンでごめんなさい〜‼︎

      引用  返信

  • Grannyさま
    小難しいことを考えるのは選手自身とチームに任せて、無責任に楽しめるのがファンの醍醐味じゃないですか??
    怪我や病気を乗り越えてキツイリハビリやトレーニングを積んでようやくツアーに戻ってきてくれた選手には結果はどうあれ、両手を広げて「待ってました!おかえりなさい!!」です╰(*´︶`*)╯♡
    楽しみましょう〜!!

      引用  返信

  • この短時間に的確で愛ある記事。
    団長さまの試合勘ならぬ筆勘?は全くブランクを感じさせない…脱帽です。

    あらためまして…

    「錦織選手がツアーに戻ってきたぁーっ!!!!!」
    「お帰りなさーい!!!」
    「いやっほほほーい♪♪♪」

    田舎の中心で錦織愛を叫んでおります。

    この錦織選手がツアーを離れてから一年間、
    スポーツが世界から消えかかってから半年間、
    スポーツ観戦命の私もそれなりに心を平穏に保ち、
    人間って意外と順応できるものだと思ってました。
    毎日欠かさず、良い錦織選手の姿や世界の姿を願掛け&イメトレしてたおかげもあって心が折れることは無かったし。

    でも、でも、でもーっ!
    やっぱり実際に錦織選手の試合が近付いてきたら身体が反応して、手汗はかくは、動悸はするは、トイレは近いは、忘れていた感覚がよみがえりました。
    試合序盤、ウイナー連発する姿に目頭が熱くなり、
    アップダウンさえも懐かしく思い、
    コートに立つ姿だけで胸いっぱいの気持ちと、
    やっぱり負けて悔しい気持ちが交錯しました。

    「お帰りなさい、この気持ちーっ!!」
    「やっぱりあなたでなければダメなのよぉーっ!!!」

    これが叫ばずにいられましょうか。(いや、いられまい)

    錦織選手も、世界のスポーツも、
    手探りながら前に向かって再び動き出しました。
    いやぁ、めでたい、めでたい。
    先の光がさらに明るく、さらに大きくなりました!

    これから試合をこなしていくうちに、徐々に感覚を取り戻していくことと思います。
    これから数多くの歓喜の雄叫びをあげられること、
    今日の試合観戦と団長さまの記事で確信しました。

    今日のダブルスは配信されるのか?(お願い)
    楽しみな日々がこれから続きます。
    一歩一歩進んでいく錦織選手に大いに期待しましょう!

      引用  返信

  • さすがナオミちゃん。それに比べて、、斜陽選手はランク落ちるばかり。

    ケツマクラレビッチだね。
    ナマヌルイコーチは期待出来ますかな。

      引用  返信

  • aoiですさん
    アップダウンさえも懐かしく…笑
    おんなじ気持ちでした😊
    前にもあったなあ🤭嬉しくてダッシュしすぎたな 笑
    アップダウンまたの名を錦織ジェットコースター!
    堪能しましたね。その先に勝利がくる日がホントに楽しみ😊

      引用  返信

  • ゆうたさん、記事紹介ありがとうございます😊
    本人はどう感じているのか知りたかったからありがたかったです。
    1年ぶりにふさわしい  笑
    内容は課題ばかりだが、そこまで悪くない
    あー!安心した。
    団長さんの分析とぴったり👍
    錦織選手はしっかり前を見てる。今年じゃなくてもっと先を。
    誰とも比べられない錦織選手の道を共に楽しみたいとつくづく思う❤️

      引用  返信

  • コロナウイルスに感染もあり、状態が心配されましたが、まずまずの復帰戦でしたねぇ~。
    試合での感覚、体力を戻してハンブルグ500あたりから状態を上げていければ御の字ではないでしょうか。
    正直言って、ローマMSや5セットマッチの全仏で前年(両大会ともベスト8)より好成績を残して加点を得るのは難しいかと思います_(._.)_
    加点が望めるハンブルクや室内コートシーズンで、少しでもランキングを上げ、状態を戻して来シーズンに繋げてほしいですね(`・ω・´)ゞ
    とにかく全力応援あるのみ(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 復帰戦、勝利で飾れず残念でしたが、、、でも、でも、個人的にはコートに戻ってきて元気に試合をしている錦織選手を見れるだけで感無量でした!!
    本人も課題はあるけど、そんなに悪くはなかったとおっしゃってます。
    これから、少しずつ試合勘を戻していって徐々に良い状態にもっていけるのではないでしょうか。
    まずは、お疲れ様でした。ダブルスでも頑張って下さいね。

    団長さんの素早い記事立てにも感謝しております。全てに納得です!
    これからの錦織選手に期待しましょう。
    あー、夜中に応援したのいつぶり?嬉しすぎてなかなか眠れなかったですっ。

      引用  返信

  • あけびさま,

    ハイ、5-0から5-4に巻き返された時の
    「この道~は~いつか来た道~」的なデジャブ感。
    懐かしいww

    久しぶりの試合は、練習とは違った疲れや痛みも出たことでしょう。
    2018年の時も、復帰してから全米くらいまでは痛みがぶり返したりしてましたね。
    でも、その後のク○強さときたらww

    錦織圭。
    転んでもただでは起きない男。
    借りは倍返しで返すのがモットーな男。
    自分のイメージと実際の感覚がマッチした時、
    きっと今の改良も実を結んで、
    身体的にもゲーム的にももっと楽にポイントを取れるんじゃないかな。
    待ちますとも!倍、倍、倍返しだっ!!!

      引用  返信

  • どなたかもおっしゃってましたが、団長さんのレビューと錦織選手の試合後のコメントがいつも不思議にシンクロしているのに感心します。やはり団長さんと錦織選手の思考回路の波長が合っているのではないかと。
    aoiですさんの、「転んでもただでは起きない男。借りは倍返しで返すのがモットーな男、(中略)待ちますとも!倍、倍、倍返しだっ!!!」には、うんうんと頷きながら多いに笑わしてもらいました。

      引用  返信

  • 団長さんとは意見は少し違いますが・・・
    錦織選手のコメントは、負けた言い訳したくないのでは・・
    1セット出だしの状態と、3セットの状態はまるで別人でした。本当は本人も決して満足のいくテニスじゃなかったと思います。
    足は動かない、ショットはぶれる、完全なスタミナ切れでしたね。これって、コロナの後遺症じゃないですよね?後半の異常な汗かき状態等見てると後遺症の心配をしてしまいます。ただのスタミナ切れだったら絶対復活します。

      引用  返信

  • 神仁司の記事ありがとうございました。心配していたことが稀有に終わりました。ほんとに安心しました。心配事がなくなったのでこれから全力で錦織選手を皆さんと一緒に応援します。

      引用  返信

  • 的確なのに易しくて優しい、いつもの団長さまのレビューです。とんちんかんな私にもすーっと入って来る、そして癒される気持ち良さ、ありがとうございます。
    錦織選手の、自分の髪がウザそうなのが可笑しかったです。ヘアピンで留めてた?ような、後で、ピッタリ髪を押えるみたいに、バンダナ?ハチマキ?してたのが、笑えました🤗
    サーブの変化とか、さっぱりな私の目の付け所は、やっぱり変ですな。

    何はともあれ元気にコートに帰って来てくれて、めでたし❗ミルニーコーチ、見た目?存在感ありますね。メモとってる様子に、錦織選手を更に高めてくれるに違いない!
    皆さんと、久しぶり気持ちを共有出来たことも、しみじみ嬉しいです。

      引用  返信

  • 圭くん、お帰りなさい!
    ずっとずうっと待ってました。
    昨日は朝から ふわふわしてて、
    コートに立つ圭くん見たら目頭熱くなりました。
    復帰戦の結果は残念ではあったけど、
    試合勘や体力戻ってくればって思えました。
    ファイナルセットの呼吸の仕方はちょっと気になりましたが…。

    圭くんがツアーに戻ってきた!
    メチャ嬉しい\(^o^)/
    そして、またこのプログで、みなさまとあーだこーだ言いながら、
    鼻血が出る試合を待ち望めるのも嬉しい\(^o^)/

    団長さま&このプログを愛してやまない皆様、
    これからもよろしくお願いいたします🤗❣️

      引用  返信

  • 一年ぶりの団長様のレブュー、相変わらず心にしみます。
    これこれ、錦織戦にはこれがなくっちゃ!
    いつも冷静な分析ありがとうございます。

    錦織選手もとっても前向きで嬉しくなりました。
    一年以上のブランクですもの、そんなに簡単ではないとわかっていたのでしょうね。
    悪くはない、good test だったんですね。
    逆転負けでちょっとブルーになってたけど、これからがとっても楽しみになりました。

      引用  返信

  • 団長さん、レビュー記事ありがとうございます。
    「故障も新型コロナの後遺症も感じられません。」→これだけが心配でした。団長さんの太鼓判が心強いです。
    それとサーブのフォームのどこが変わったか、私なんかが見てもちーっとも分からないので、解説してもらってありがとうございます。

    流石かゆいところに手が届くなあ、鼻血ブログ(^^)v

      引用  返信

  • 全米オープンは結局男子はジョコビッチ以外は順当ですかね。ティエムなんてグランドスラムベスト4の常連になりつつある。錦織はティエムなんか眼中にない時期もあったのになあ。

      引用  返信

  • ティーム、素晴らしかった!ナダルとの全仏の決勝戦の時も思いましたが、21、2歳の頃と比べたら見違えるように成長していますよね。昔はここぞの時に力んでミスすることか多かったし、攻めも単調だった印象があります。
    今日はサーブのコースが良くて、そこからの組立ても効果的だったし、何よりラリーであのメドベージェフに粘り勝ち!息詰まるラリーの連続は見ごたえがありました。(ところで、劣勢に立つと悪態をついてメンタル乱れるのがメドベージェフの弱点だけど、それだけ劣勢に立つ場面が少ないってことでもあるのかな…)
    ティームはストレート勝ちでも決して楽勝ではなく、劣勢から幾度も盛り返して勝利に結びつけたのが素晴らしいと思いました。
    やはり、心技体が充実していて試合の中でそれらがバランス良く噛み合うことが大事ですよね。
    錦織君に体力面が戻ってきたら、そしてサーブの改良(右腕との兼ね合いで難しい調整か必要なのかも…)が完成したら、心技体が充実して試合に生かせるようになったら、と待ち望む気持ちになりました。いつかティームと戦ってほしいなあ!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。