【3/23 今後の対処方針についてコメント掲載】鈴木鼻血氏替え歌第2弾!「『Sign』の替え歌『Line』を歌ってみた【錦織圭応援歌】」

By: shalbs

鼻血つながり&錦織ファンつながりで仲良くさせていただいている鈴木鼻血さん(@s_hanadi)さんより錦織圭応援歌の第2弾が届きました!
鈴木鼻血さんは私とは別人ですよ!w

今回は、なんと観戦レポートでご存じの雪んこりさんがピアノ演奏をされています!
奇跡の鼻血読者コラボ!いつの間にこんな凄いことになっているのでしょう。

(3/22 動画貼り付け、紹介文削除しました。ここでは鈴木鼻血さんのYouTubeチャンネルだけ紹介します。)

Youtube:鈴木鼻血のチャンネル
http://www.youtube.com/user/HANADIDOPPUDOPU

【3/23 今後の対処方針について追記】
いろいろ自分で調べたり、有識者の意見を伺ったりしていました。
法律的にはグレーゾーンということ。
最終的には当事者同士の協議や、(行き着くところまで行けば)司法の判断による、ということになるようです。
実際上はそこまで行くことはまれであり、各個人(この場合は鈴木鼻血さんや私)の判断で、どこまで線引きをしてリスクを取るのかという話になると思います。
鈴木鼻血さんのスタンスはコメント欄に書かれたとおりです。
私については、二次創作者(替え歌を作った人)ではありませんが、それを紹介した立場ということで、(もし何かあれば)「幇助」とみなされる可能性もないことはないようです。ただ、いろいろな方のご意見を聞く限り、現実的にはそのリスクは相当に低いようです。
ですが、完全にゼロというわけではないですし、法的にリスクが低いからやってもいいといいという話ではなく、このブログのあり方としてどうなのか、そして読者の皆様にどう受け入れられるかが重要であると思っています。
その観点から、既にこの記事については動画貼り付けを削除しておりますが、併せて今後は

「自ら記事として積極的に替え歌を紹介していくことはしないが、コメント欄で創作者様自身あるいは第三者が替え歌のURLを紹介することに対しては容認」

というスタンスを取りたいと思います。

これは、仮に私の行為が「著作権侵害の幇助」とみなされるにしても、

(1)記事中での動画の埋め込み
(2)記事自体でのリンクの紹介
(3)コメント欄での他者によるリンクの紹介を容認

では、下に行くほど「幇助」の度合いが弱く、問題が小さいであろうという考えからです。
今回、(3)の立場で行くことを決断しましたが、それでも問題が発生するようなことがあれば、甘んじて受け入れます。
これはライストについても同じスタンスを既に取っております。

そもそもは私自身が鈴木鼻血さんの替え歌に共感し記事として紹介したいと思いましたし、
著作権的にグレーであることは知らないわけではなかったので、自分としてもリスクを取るつもりで記事として紹介したわけですが、
概ね好意的にとらえてはいただいたものの、一部の方にとっては違和感を与える結果となってしまったようです。
グレーな部分を自分なりに解釈し、「動画を貼り付けるリスクを取ります」と強く言い切ろうと思えばできなくもありませんでしたが、
私個人のことだけを書いたブログならよかったのですが、「錦織圭」の名前を冠するブログを立ち上げている以上、私が良くてもそれだけでは無責任であると考えるに至りました。

このブログは錦織圭を応援するブログです。
試合を見てレビューをし、大会情報などの情報提供を行い、ニュースがあればお知らせする。またファン同士の間で情報交換やディスカッションをして楽しむ。そういう活動がメインのブログです。
替え歌の内容はブログの趣旨から外れてはいませんが、それがないとこのブログが成立しないというような性質のものではありませんので、
なるべく多くの方に納得いただけるポリシーを設定する必要があると考え、今回のようなスタンスを設定させていただきました。
100%の方に納得はいただけるかどうかは分かりませんが、私としては上記のスタンスが良い落としどころのように思えます。

厳密なことを言うと、結婚披露宴の余興の替え歌であっても著作権侵害の可能性があるそうです。
でもそれが問題になる例は、ほぼありませんよね。
今回の件は本質的には同じものと考えますが、披露宴の方は限られた参加者に対して披露されるのに対し、今回の件はネット上で誰でも視聴可能であるという点が違うので、より慎重であるべきだったかもしれません。
ここが私の今回の反省点だと思っております。
各関係者、不快に思われた方々、心配をおかけした方々含め、皆様に対し深くお詫び申し上げます。

当面、上記方針で行かせていただきたいと思いますが、ご意見は随時受け付けますので、よろしくお願いいたします。

今後とも鼻血ブログをよろしくお願いいたします。

70 件のコメント

  • ブログ毎回楽しみに読ませていただいておりますが、書き込むのは今回が初めてです。
    いろいろな才能を持った方々がそれぞれの形で錦織選手を応援されているのを目にして、いつもすごいなぁと感心しております。
    今回の鈴木鼻血さんと雪んこりさんのコラボ作品も、お二人の錦織選手への愛に満ちた応援歌として心にずんと沁みました。
    著作権に関しては素人ですので何も言えませんが、純粋な錦織愛から生まれたこの作品がなんとか埋もれてしまわない方向へ向かえればいいなぁと思います。

      引用  返信

  • コメント遅くなりましてすいません。
    だいたい結論は出ていますが、考えを整理したいのでもう一晩だけじっくり考えさせてください。申し訳ありません。

      引用  返信

  • 団長さんのコメントの後で申し訳ないのですが、

    著作権の問題とともにご両親への了解、ご承諾も必要かと思います。

    私も単純に良い歌だとうれしく思っていたのですが、KKさんのコメントを読んで、確かにその通りだと思いました。

    まずご両親にお願いする事が第一ではないでしょうか。団長さん、鼻血さん、よろしくお願いいたします。

      引用  返信

  • 皆さん、本作品の是非についてご意見ご指摘を頂きありがとうございます。
    本来は錦織圭のプレイや試合について語るべきところ、スペースやお時間を頂き大変恐縮です。

    三連休が終わり、YouTube動画の再生数もおかげさまで1898回と伸びたところで、かなりご意見も出揃ったのではないかと思います。
    まだ何かあればどんどん書き込んで頂きたいですが、一度ここでまとめてみたいと思います。(もちろん、団長さんが出される結論が全てなので、ご参考程度に見てください)

    肯定の意見 計37件
    内訳はざっくり以下です。
    ・特に法律に言及せず応援頂いたもの 26件
    ・ビジネスにしていなければ良い 7件
    ・厳密にはアウトだがセーフと見なす 3件(どちらかと言えば肯定、を含む)

    否定の意見 計8件
    内訳はざっくり以下です。
    ・著作者本人に確認取るべき 2件
    ・著作権が問題なら作曲すれば良い 2件
    ・ご家族の気持ちを考え、ご家族の確認取るべき 2件
    ・気分が悪い 1件
    ・団長さんがかわいそう 1件

    分類、計算が間違っていたら申し訳ありません。

    どれも間違いではないと思います。
    出来ることと出来ないことがあるだけです。
    僕の考えは変わりません。

    著作者への確認は、先述の通り不可能と考えています。
    作曲は簡単ではありませんし、替え歌だからこそ面白いという部分も大きいと思います。

    ご家族の気持ちはもちろん気になりますので今後何らかの手段で確認したいです。少しでも嫌な気持ちがあるとなれば、削除したいと思います。

    単純に気分を害された方もいらっしゃいますし、団長さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    これ以上の負荷をかけさせないよう、こちらとしては全力を尽くしたいと考えています。

    なおYouTubeでの収益は0です。
    そんなことを目的にしているわけではないことは、内容からお分かり頂けるかと思います。

    以上、よろしくお願いします。

      引用  返信

  • 結論としては動画の貼り付けは削除し、記事に反映しております。
    コメントは出せる状態にありますが、ちょっと確認のために現在、有識者の意見を伺っている最中でしてもうしばらくお待ちください。
    ただ、たいしたコメントは出せないと思います。

      引用  返信

  • 著作権についてもしも問題が発生するようでしたら、
    曲を替えて発表し直すというのはどうでしょうか?
    勝手なことを申し上げるの何なんですが、
    せっかくの替え歌ですから、
    別のメロディを付けてもう一度トライというのも
    考えられないかと、思ってしまいました。

    素晴らしい歌詞に皆様が感動されているわけですから、
    著作権の問題があるなら、なんとか別のメロディを考えてみて
    は?
    作曲が難しいとか替え歌であればこそ、ということでしたら、
    著作権の発生しないメロディを使う方法も
    有りかと思います。
    (昔、今は亡き忌野清志郎がラブミーテンダーのメロディに
    反原発の歌詞を付けてCDを出してました。
    このような有名なすばらしい曲で、著作権の問題の無いメロディはいくつもあります。)
    ミスチルにこだわらなければそういう方法ができると思います。

    「もう一度演奏し直し、歌い直し」はもったいなくもありますが、
    錦織選手への愛に満ちた歌詞をぜひ生かせる道を
    何とか模索してほしいと思わずにいられません。

    この投稿で鈴木様を(ゆきんこりさんも)嫌な気分に
    させてしまったとしたらどうかお許しください。

      引用  返信

  • 出しゃばって申し訳ないのですが、心に沁みる名曲だと思います。
    だからこそ、心に深く沁み込ませて、深刻になる前にこそっと蓋しちゃうのが良いと思います。

    正しさを追求することって、誰かの傷を深くすることにもなります。
    ご家族の方も、表立って許可を求められても、お困りになるのではないでしょうか。
    作られた想いは、不特定多数の人に聞いてもらうことより、
    同じ想いの深い人と共感し合いたい。ということだと思います。

    私も、このようなコラボはもっと聞きたいし、素晴らしい企画だと感動しました。
    だからこそ、こそっと知られてもらって、好きな人だけ、思いっきり感動を分かち合える形が良いのではないかと思います。
    善意の塊で作られたものは、愛情でそっとくるんで、秘密基地の中で楽しめればいいと思います。

      引用  返信

  • 私が変な感じでこの話題を掘り返してしまってスミマセンでした。団長のご判断は適切なのではと思います。

    みなさんの感動に水をかけるような論調で申し訳なかったのですが、ひとつは著作権について少しでもみなさんの誤解を解いておきたかったのが理由です(なのでnakaさん、フォローありがとうございます)。ネット社会がここまで広がってしまうと、個人のちょっとした行為も著作権侵害につながってしまう恐れがあることも知っていただきたかったからです。あともうひとつの理由は、このブログを契機にもっと不特定多数の人に変な形で知れてしまうと、今後、鼻血さんが創作を続けられなくなる状況が懸念されたからです。なので、無理を承知の方向をおすすめしたわけです。

    これ以上はこのブログの趣旨に反しますので、この件へのコメントはこれで最後にします。もうマイアミも始まりますしね! そして、おばっちさんの素晴しいコメントの通り、心の奥底に大切にしまっておきたいと思います。

      引用  返信

  • 替え歌自体が嫌いな人はいると思います。
    嘉門達夫さんの替え歌もあまり好きではありませんが、嘉門達夫さんの場合は落語家というベースがあってはじめて成立する芸なので、落語家として聴く分には逆に勉強になります。
    ミスチルのファンの気持ちと錦織のキャラクターやヒストリーが表に出ているものが全てなのかという真偽が引っかかっている様に思います。

      引用  返信

  • そんなことが、あったのですね😥  私はあの歌何度もリピして、楽しませてもらってました。その裏でこういったことがあったとは、驚きです😫  替え歌なんて、YouTuber上でも星の数ほどあるのに…😫😫って、みんながやってるから有りって訳にもいかないのですね…😣   だけど、あの歌は大好きです!その思いは変わりませんよ😣とっても心に染みましたし、こんなに温かいファンがおられるのだなって純粋に思いました!私の中ではずっと錦織応援ソングです! どうか…お気持ちを落とされずに…😣  これからもリピートさせてもらいます👍❗  団長さんを初め、いつも圭ファンのみなさんに楽しませてもらってます🎵ありがとうございます🎵 でわ🙇長々とすみませんでした🙇

      引用  返信

  • 団長さん、こちらこそよろしくお願いいたします。
    錦織選手と共に歩む鼻血ブログの記事やコメントをこれからも楽しみにしています。

      引用  返信

  • IWの敗戦のショックからしばらく見に来ていない内にいろいろあったのですね。(笑)
    私は某バンドのファンでもあり替え歌は正直好きではありません。なんでしょうね。原曲が馬鹿にされたみたいに思っちゃうんですよね。心の狭いファンです。
    よって前回の歌も一度は見てみたものの受け付けず今回はこの記事は見出しを見て読みませんでした。「私には無関係やわ~」って言うことで。
    だけど楽しめる人もいるわけで、それぞれの考えが有ってよいのではないでしょうか?このくらい著作権云々は言われないかと。(ものすごく流行りはしないでしょうから。笑)
    私的には替え歌より、映像に歌をのせる位のが好きです。
    団長さんはお好きらしいのでいいんじゃないですか?

      引用  返信

  • 正しい判断だと思います。

    気持ちの上でOKと思うことと、ネット上という世界中の誰でもアクセスでき、尚且つ一度上げたら完全消去は不可能な媒体に法に抵触する内容の物をアップすることのリスクに対してOKと思うことは全く違うことであり、ましてや、自分の事ではなく第3者(錦織&家族&ミスチル)に関わる内容である以上、慎重の上にも慎重であるべきかと思います。

    個人的に応援し、替え歌を楽しむのはありだと思いますが、どんなに内容が良くて共感できても、基本的には法律違反になるものをこのブログで推薦してしまうのは危険だし、捕まらないから良いんだというスタンスのブログになって欲しくないと思います。

    個人的に、内容に共感しますけどね。

      引用  返信

  • 賢明な判断だと思います。
    個人的には鼻血替え歌が無くなってしまうのは少し寂しく感じますが、グレイゾーンである以上やむを得ませんね。
    でもフォーラムに「鼻血応援歌」程度のトピック提供であれば、ほぼ問題ありませんよね?
    これは(3)コメント欄での他者によるリンクの紹介を容認、に相当でしょう。

      引用  返信

  • 錦織人気がどんどん上がっていくにつれて、この素晴らしいブログも広まっていますよね、きっと。
    そんな中での団長の采配、本当にいつも的確で納得のいくものばかりです。
    団長みたいな方が上司だったらなあ、ていつも思ってしまいます^_^

      引用  返信

  • おばっちさんのコメントに100%賛同します。

    正直言って、最初の曲のようにスッと入っていけなかったのは、私人であるご家族のことが(勝手に)歌われている部分でした。
    かと言って正面から許可を求められてもね〜?と、その部分でもモヤッとしていました。
    こっそり、楽しめる方だけで共有するので良いと思います。

    それにしても、ゆきんこりさんのピアノが美しくて感動しました!多才ですね〜
    さ、マイアミ応援するぞ〜〜〜

      引用  返信

  • 皆さん、その後もご意見を頂きましてありがとうございました!

    替え歌についてこれだけ大勢の方で議論された例を僕は知りません。
    記事から動画リンクが消されたのは残念でしたが、記事自体を残して頂けたのは良かったです。非常に有意義で貴重な記録だと思いますので。(HANADI紹介記事では替え歌否定意見が確か皆無だったので、違う意味で貴重でしたが)

    そして団長の裁定には納得しています。
    やはりこれほどの規模と広がりを見せるブログでは、リスクがゼロでない以上、仕方のない判断だったと考えます。

    僕自身こういうことで有名になりたいわけではないですし、錦織愛が深く且つ替え歌に理解のある方だけに聴いて頂ければ充分であると考えるようになりました。

    せっかく団長から公認を頂けたので、さっそくコメント欄で動画紹介させて頂きます(笑)

    【Mr.Children】「HANABI」の替え歌「HANADI」を歌ってみた【錦織圭&鼻血ブログの応援歌】
    http://youtu.be/haClxpZp4Pk

    【Mr.Children】「Sign」の替え歌「Line」を歌ってみた【錦織圭&錦織家の応援歌】with ゆきんこりさん
    http://youtu.be/jGEjNSu3Biw

    さあ、マイアミ大会の応援頑張りましょう!!

      引用  返信

  • 団長がしているには容認、であって推奨ではないとは思いますけどね。
    大人の読者が多いので、自分が気に入らなくても一々否定意見を言わずにスルーしている人もいるかと思います。
    否定意見がない=不快に思っている人がいない、ではなく、不快に思っているがスルーしている、という人もいるかと思います。

    もちろんこれは替え歌だけでなく通常のコメントや他の活動にもですが、
    読者のネットリテラシーが高くなるほど、肯定的な意見はコメントで上がって来やすく、否定的な意見は上がって来にくくなります。否定的な意見は荒れる原因になりやすいですからね。

    団長はほぼ全ての活動・コメント(ゴシップ以外)を容認してますが、数が多いか少ないかはわかりませんがその裏で、ちょっと違うと感じて、去っている、もしくはサイトを訪れる頻度が減っている読者もいると思います。
    この辺の舵取り、さじ加減は団長次第だと思いますし、これまでも今回も素晴らしいものだっだと思います。

      引用  返信

  • 難しいご判断だったと思うので軽々には言えませんが(しかも新参者の分際で…)、私は結論に至る一連のプロセスに感じ入りました。
    もともとコメント欄の自由闊達さがこのブログの持ち味だと思うのですが、言いにくくも言うべきことを言う方々がいて、それに対して団長さんも真摯に向き合いブログの姿勢を定められたようにお見受けしました。また、鼻血さんにはご自身の活動への覚悟と矜恃をみせていただいたようで、心動かされるものがありました。

    この鼻血ブログにしろ鼻血さんの替え歌にしろ、多大な労(しかもリスクを負った)のうえにタダ乗りで楽しませてもらっている申し訳なさがあり、何を言うにも憚られる気がしているのですが、もし何か言えるとするなら、やはり感謝しかありません。これからも鼻血さんの圭クンへの愛情あふるる応援歌、楽しみにしています(でも涙腺がゆるくて困ります、歳かしら^^;)

    ぶぁぶさんのコメントで私が勝手に感じたことなのですが、荒らしや個人攻撃でさえなければ、否定的意見というのは一種のスパイスになり得ると思うんです。この場合、ニュアンスは「否定的」というより「懐疑的」だと思うのですが、おっしゃるように書きにくいからこそ、スルーせずにあえて意見を述べる人の存在や意見そのものは貴重な気がします。そのあたりの意識は、団長さんやコメ欄に集う常連さんたちに感じられて、読者の立場で申し上げれば気持ちよく拝読できています。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。