白にしこり、緑にしこり、生にしこり(Nosa全豪レポート2)

昨日に引き続き、Nosaさんによる全豪オープンレポートです。

今日は日本を出発してから大会が始まるまでの間の出来事について書いてくれました。

1月16日金曜夕方、家を出発。

行き先は夏!成田空港でかさばるダウンジャケットを預けます。
20:00発の飛行機に乗り、シドニーには翌朝7:55着の予定。
カンタス航空の旅は快適でした。安パック旅行で乗る飛行機とは、何かがちがいます。
(今時アルコールすべて無料、おかわり自由ですw)

一人に一台、TVモニターがついているので好きな番組を選ぶことができました。
スポーツチャンネルで “SPIRIT OF CHAMPION” という、フェデラーのGS優勝12回分を振り返る20分前後の番組がありました。

2003年、ウィンブルドン決勝の対マークフィリポーシス戦から、優勝、トロフィ授与式のシーンを一つ一つ見ていきます。
フェデラー本人の回想コメントあり、ご両親も出てきます。
その他、タイガー・ウッズ、ヘンマン、エドバーグ、ナダル、サンプラス、パット・ラフターなど、多くの人がコメントを寄せていました。

われらが、鈴木貴男選手との試合もちょこっと映しだされ、貴男スマイル全開。

ロジャー・フェデラー、何と偉大な、そして魅力ある選手なのだろう!
往き帰り合わせて3回見ました。

しかし、フェデラーは泣き虫ですねぇ・・・。
(netdash@鼻血解説:今回、負けてフェデラーは泣きましたが、いつもは優勝して泣いていました)
IMG MEDIA COMPANY制作でした。
他には “WIMBLEDON OFFICIAL FILM 2008″ という番組もありましたね。

搭乗時間約9時間半、シドニー到着は少し遅れましたが、次のシドニー発は10:00。
普通に、乗継をしていたところ・・・

見事に乗り遅れました。

まず、シドニーの空港は思ったよりも大きい。そして混んでいたこともありますが、搭乗手続きの列の進みが非常に遅い。
何だか、航空会社の人たちが全く時間に追われてないのです。

けっこう座席に余裕があるのか、

「ちょっと間に合わないので、次の便になりますね~」

みたいなノリで、結局5時間後の便に乗ることになりました。

空港では、まず本屋へ!テニス雑誌はあるかな?
No!あるのは、ここでもゴルフばかり。おや、クリケットの雑誌もあります。
置いてあるのは、Australian open 2009 official programだけ。

即、購入。

全224ページのうち錦織の乗っているページはAIGオープン試合後にサインをしている写真を含めて1/4ページのみ。
サニア・ミルザと並んで「注目の2人」という小さな囲み記事で紹介されていました。

プロジェクト45のこと、2008年に200位以上ランキングを上昇させたこと、ソニーと契約を結んだこと、USオープンでフェレールとモナコに勝ったことなどが書いてありました。

ふむふむ・・・

全部知っとるわい。

そしてこんな記述が。

After winning his first tour title in Bermuda,…
(バミューダで初タイトルを獲得後・・・)

えー何これ?デルレイビーチの間違いでは?それとも私の読みがまちがってる?

シドニーから搭乗時間1時間半、もう16時過ぎです。
メルボルンのタラマリン空港から、スカイバス、ホテルシャトルバスに乗り、コンドミニアムに到着。ひえ~、丸1日かかっちまった。
この日は、「これで、ホントに夏?」という感じで、全然暑くありませんでした。

翌18日。
みなさま、この日の夜、すごい事が起こりました!

我々は、メルボルンシティの街角で飲茶を食べていました。
入店時、半地下の暗い席に客が集められ、なぜか、上席と思われる見晴らしの良い窓際の席が空いています。
中国人のウエイターが何やら英語で言っていますが(どうやら飲茶を次々にできたてのものを持ってきてくれて、好きなものを取るという方式だったので、給仕するのに好都合だったようです)、「まぁまぁまぁ」と言って、窓際に我々のみ座らせてもらいました。
近くでお芝居が終わった直後だったらしく、人通りが多くなり、そして、その人通りが途切れた、その時・・・、

そこに、

錦織 圭が

立っていまし

た!!
           Nosa
                 ↓
    ,. -───-- 、_
 rー-、,.'"          `ヽ、.
 _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   `l
く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__rイ、
 \::::::::ゝイ,.イノヽ! レ ヽ,_`ヽ7ヽ___>
 r'´ .ィ"レ'(☉),  、(☉).::`!  i  ハ
 ヽ/ ! ""  ,rェェェ、 ".::::::::i  ハ   ',
 .ノ /l    |,r-r-|  .:::::::ハノ i  ヽ.
 〈,ヘ  ヽ、 `ニニ´ .::::::::,〈 i  ハ  i  〉
  ノ レ^ゝi>.、.,_____,,...ィ´//レ'ヽハヘノ
うわああああああああああああ!!!

練習が終わってそのままのような感じのTシャツと短パン姿だったと思います。

「カメラ、カメラ、」

と言う声に対し、プライベートな時間に許可なしに写真を撮るという行為はだめだというファン心理が働き

「だめっ!ちょっと、行ってくる!」

と店を飛び出しました。

近くに行き、「すみません、握手してください」と言うと、
「はい。」と言って、握手をしてくれました。
少し茶色い髪が夕陽に反射して光っています。

子供が私についてでてきていました。子供に向かって、軽く手を振る錦織。
にこやかな顔で子供の顔を眺めていましたが、他にも何か言いたいと思い、

「メルツァー強いけど、がんばってください」

と、やっとのことで小さな声で言いました。
またも、「はい。」と律儀に答えてくれました。
もう、本当に嬉しくて、緊張して、10代に戻ったかと自分で思いました。

(netdash@鼻血解説:これはたぶんNosaさんの願望です。)

声が思うように出せないなんていう経験は初めてです!

今も、書きながら思い出すと、嬉しさのあまり気が遠くなりそう。
そうこうしているうちに、ご両親がタクシーから降りてこられました。
支払をされていたようです。
両隣に子供がいる状態で、3人が歩いて行く姿をお見送り。
あれから食事にでも行かれるたのでしょうか。
母:恵理さんが、軽く会釈をされていました。華奢な方です。
父:清志さんはウィルソンのデイバッグを背中に歩いて行きます。

店に戻って、もう感激のあまり涙が出てきましたが、テーブルで泣くわけにもいかず、ただもう食事は一口もノドを通りません。
そのまま、「は~っ」というため息をつきつつ、宿に帰り、団長にメールですぐ報告。
試合の時とはうって変わったあの優しいまなざし、
だめだ、思い出すと、もう何も書けない・・・

     ∧_∧ いいなあ
    ( ´・ω・`)     ∧_∧
    /     \   (    )マジかよ!
.__| |鼻血 | |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|GEO| |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  ( 種  )    ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ カッコイイ      \|   ( たな )
  |     ヽ           \/     ヽ.
                     すごいな

しかし、せっかくのチャンスに

「メルツァー強いけど・・・」だけとは!!!

結局写真も撮ってないし、サインももらってないし、それに何より

「もし錦織に遭遇したら、私のことよろしく言っといてね」ってあれだけ言ったのにwwwwwww

まあ人間、いきなり目の前に現れた幸運に対しては咄嗟には何もできなくなるものですね。わかりますwww

というわけで、私が言ったことは気にしなくていいですよ。本当に。私も全然気にしていませんから。

( ゚∀゚)アハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

・・・ええ、妬んでますともwwwww

でも、いくら同じメルボルンにいるといっても、街中でばったり遭遇する確率はかなり低いはず。
本当によかったですね!
これも日頃からがんばって応援しているご褒美でしょう!!

手はしばらく洗わなかったんですよね??

15 件のコメント

  • の、Nosaさん、に、錦織ファミリーと遭遇とは、な、なんという幸運!!
    うらやましすぎる~~~~~~。
    横断幕作ってはるばるメルボルンまで行ったかいがありましたね。
    p.s.
    写真を撮りたい気持ちを抑えたのは、「さすが錦鯉」ですな。

      引用  返信

  • Nosaさん、まるで恋する乙女のよう~!!(笑)
    嬉しビックリで小パニック状態だったのですね。

    そんなNosaさんの様子を見て、(Nosaさんの)ご家族はどんな反応だったのでしょう?(思わず想像してしまいました)

    兎にも角にもいい思い出となりましたね。

    楽しいレポートありがとうございました☆

      引用  返信

  • うわあ、良かったですね~。うちの息子もブリスベンで「握手」してもらいましたが、ほんとは私がサインもらいたかったんですよ。
    だけど、お母様と同じ(かもしかしたら上?)年齢のオバサンなので、さすがにそれは恥ずかしくてできず、思わず息子を前に出しちゃったんですよね。(笑)
    Nosaさん、その夜、ご自分の手をじぃいいい~ってみつめませんでした?(笑)

      引用  返信

  • まるで自分が行ったかのように
    ウルウル、ドキドキになってます。
    Nosaさんよかったね~。

    いざ大好きな人を目の前にすると、
    きちんと口がきけなかったり、
    とたんにしおらしくなったり、
    そう、乙女になるんですよね~。

    もうNosaさんうらやましすぎ!です。
    これだけでメルボルン行った価値あり!!
    どんなに暑かろうが、
    どんなに空港で待たされようが、
    そんなのチャラです!!

    幸せのおすそ分け、ありがとう!!!

      引用  返信

  • 祝!!メルボルンでの生にしこり

    Nosaさんのレポート いいなぁ 
    こういうの 大好きですwww

    朝、バタバタと家族を送り出し、自分の支度をする間の時間に
    読んでるのですが、イライラしていたところでなんかほんわか
    してきた。
    昨日は、レポート読んでから会社でメルボルン行の飛行機
    の時刻表とか調べてすっかり行くつもりになっていたので
    朝から一人で、盛り上がってます。
    (私が行くというと 家族3人も付いてくるので費用が4倍
    ・・・なので、たぶん無理だけど)

      引用  返信

  • のさサン、わかる、わかるよ~その気持ち♪

    本人を目の前にすると何も思いつかなくなるもんね。
    普段は逢えたらこんなコト聞いてみたい、サイン貰いたいとか
    色々と考えてるクセにねwwwww

    自分も「AIG頑張ってね!」が精一杯でした・・・www

    そんときも「はい」って笑顔で答えてくれて
    とっても幸せな気分になれました。

    次回の来日は3月のデ杯ですね!!
    観に行ける方は生こりを堪能してきたくださいね!!

      引用  返信

  • あれ、イラスト入りの記事に変わりましたね~。
    Nosaさんの舞い上がりぶりが伝わってきて、こちらもドキドキしてしまいました。無断で写真撮影をしなかったとはさすが、ファンの鑑です。

    私たちにも楽しい思い出を分けてくれてありがとうございました。

      引用  返信

  • もう感激です。私が逢ったわけでもないのですが、うるうるしてしまいました。
    夕陽をバックに首を傾けて照れくさそうに笑っている圭君の笑顔(妄想)で頭の中がいっぱいです。
    Nosaさん、逢えてよかったですね。
    これからもこういう話を聞くの楽しみです。
    デ杯での生こり君すごーくすごーく楽しみです。でも、万一の事を考えて、直前まではテンションを上げずに気持ちを押さえ気味にしてるのですが難しいですねぇ。ついつい色んな事を考えてしまう今日この頃です。

      引用  返信

  • Nosaさんの驚いた顔AAですが、元ネタ知ってる僕は食べてたうどんを画面に思わず噴き出すほどの威力でした(返せ!)
    まさに「びっくりしていってね!」といったとこでしょーかwww
    私のこの件についての感想もまんま上に書いてある、鼻血団野郎井戸端会議の通りでございます。

    いやー、しかし物凄い偶然ですね、メルボルンなんて相当広い街でしょうに、ピンポイントで錦織選手と遭遇するなんて、これはもうキセキ(by Greeeen)といっても過言ではありませぬ。

    まあ・・試合は残念な結果に終わってしまいましたけどね・・・

    (´;ω;`)
    これで勝ってたら最高だったんですが、まあそれは来年のNosaさん全豪レポート2010にとっておきましょうか

      引用  返信

  • いいなあ・・・・のささま
    ぼくなんてAIGサンデーに寝坊して遅刻して行ったら
    ちゃんと来てた友達はにしこりに会えてたっていうwwwwww

      引用  返信

  • Takeさん、OBM-GOさん、みどり@ブリスベンさん、マックウィンさん、maruさん、種丸さん、みけさん、karukaruさん、ゲオルグさん、iさん、
    コメントをありがとうございます。

    団長、今見たら、鼻血解説が増えてるし、AAも変わってるし、デカ赤字、タイトル(by 団長。秘かに楽しみにしてました。)を含め、今回もすばらしい演出をありがとうございます。

    OBM-GOさん、家族の反応についてですね。
    普段から、急に食卓でマシュマロの写真を取り始めたり(マシュー戦の公式フード撮影です)、
    「ね、今日からさ、圭くんって呼んでも良い?いいじゃん、いいじゃん、名前変えようよ~。決まり。」
    とか、色々やっているので、特に私に対する反応はありませんでした。
    錦織選手に対しては、子供は、
    「けっこう大きかった。子供のくせに。」
    と、感想を言っていました。
    あとは、どっちに手を振っていたかということで、兄弟げんかが起きていましたね。

    maruさん、
    盛り上がってますねw~。
    昨日のTakeさんの指摘もあったように、半分拉致の状態で3人を連れて行きましたが、みんな楽しかったようです。
    「あのさ、行くとしたら、ニューヨークとロンドンとパリ、どこが良い?」と聞いたら、
    「それって、もしかして…?」と、早くも呆れられています。
    ま、妄想は自由だしタダですからね…。妄想万歳♪

    これからの人生、どんなに嫌なことがあったとしても、この生にしこりの瞬間を思い出せば、心の中がすぐバラ色になります。
    ありがとう!錦織選手!

      引用  返信

  • AA笑った

    いや実際僕がもし会ったとしたら、間違いなく一緒に写メ撮ってもらってます。(ヤバい ヤバい)よく抑えましたね。エライ!

      引用  返信

  • ノサさん、またまた楽しいレポートありがとうございました!

    本人と遭遇するなんて、それも異国の地でバッタリなんて、これはファン冥利に尽きますね。「メルツァー強いけど。。。」には笑っちゃいました。「子供のくせに。。。」の一言もノサジュニアならではですね。将来の成長が楽しみ!

    ノサさんの幸せそうな笑顔を想像して、こちらまで嬉しくなりました。

      引用  返信

  • しかしいいなあ

    私だってまだ会ったことない(正確には目の前を錦織が通り過ぎたことはある)のに・・・

    いいなあ(しつこい)

      引用  返信

  • あ、ちなみにフォーさん=40LOVEさんですよみなさん。
    40LOVEっていうブログサービスがあるので改名されたそうです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。