錦織圭の全仏オープンエントリー状況(ケイメヒコさんより)

ケイメヒコさんより全仏オープンのエントリー状況について以下のように解説がありました。


錦織選手はプロテクトランキング106位を使って全仏オープンにエントリーしていますが、現在のところ9番OUTです。本戦ダイレクトイン(DA=Direct Acceptance)は厳しい状況でしょう。

グランドスラム大会本戦は128人の選手によって争われますが、DAとなる選手は104人です。したがって104位以内にいることが、DAの一つの目安となります。

しかし、錦織選手のようにプロテクトランキングを使っての参戦者が他にNalbandian、Moya、Tursunov、Ancic、Vliegenと5人もいます。昨年はエントリー時点でのDAは101位だったのに今年は99位と高くなってしまいました。

100位以下の選手でもHaaseがプロテクトランキング104位を使用しており、またプロテクトランキング106位といっても実際の106位の選手の次として扱われますから、錦織選手の前に合わせて8人の選手が、Alternates(補欠)として並んでいる状況です。

昨年は5人の取り消しがありましたが、その前年までは取り消しが2〜3人でした。よって、今年に限って9人も取り消しがある可能性は少ないでしょう。予選エントリーが必要な状況です。8人あるWCの一人に加えてもらえれば嬉しいのですが、ツアーレベルでは大会との関係が薄いですから、どうなるでしょうか?

全仏オープン本戦エントリーリスト

Men’s Tennis Forumsより。

(エントリー順位、名前、国籍、ATPランキングの順。「@」はプロテクトランキング使用を意味する。)

1 Federer, Roger SUI 1
2 Djokovic, Novak SRB 2
3 Nadal, Rafael ESP 3
4 Murray, Andy GBR 4
5 Del Potro, Juan Martin ARG 5
6 Davydenko, Nikolay RUS 6
7 Roddick, Andy USA 7
8 Soderling, Robin SWE 8
9 Cilic, Marin CRO 9
10 Tsonga, Jo-Wilfried FRA 10
11 Gonzalez, Fernando CHI 11
12 Verdasco, Fernando ESP 12
13 Youzhny, Mikhail RUS 13
14 Ljubicic, Ivan CRO 14
15 Berdych, Tomas CZE 15
16 Nalbandian, David ARG @15
17 Ferrero, Juan Carlos ESP 16
18 Ferrer, David ESP 17
19 Monfils, Gael FRA 18
20 Stepanek, Radek CZE 19
21 Wawrinka, Stanislas SUI 20
22 Haas, Tommy USA 21
23 Isner, John USA 22
24 Robredo, Tommy ESP 23
25 Monaco, Juan ARG 24
26 Querrey, Sam USA 25
27 Simon, Gilles FRA 26
28 Melzer, Jurgen AUT 27
29 Karlovic, Ivo CRO 28
30 Baghdatis, Marcos CYP 29
31 Hewitt, Lleyton AUS 30
32 Bellucci, Thomaz BRA 31
33 Montanes, Albert ESP 32
34 Kohlschreiber, Philipp GER 33
35 Almagro, Nicolas ESP 34
36 Lopez, Feliciano ESP 35
37 Benneteau, Julien FRA 36
38 Troicki, Viktor SRB 37
39 Tipsarevic, Janko SRB 38
40 Hanescu, Victor ROU 39
41 Becker, Benjamin GER 40
42 Kubot, Lukasz POL 41
43 Garcia-Lopez, Guillermo ESP 42
44 Chardy, Jeremy FRA 43
45 Gulbis, Ernests LAT 44
46 Mayer, Florian GER 45
47 Seppi, Andreas ITA 46
48 Zeballos, Horacio ARG 47
49 Mathieu, Paul-Henri FRA 48
50 Petzschner, Philipp GER 49
51 Andreev, Igor RUS 50
52 Berrer, Michael GER 51
53 Chela, Juan Ignacio ARG 52
54 Moya, Carlos ESP @52
55 Blake, James USA 53
56 Cuevas, Pablo URU 54
57 Beck, Andreas GER 55
58 Rochus, Olivier BEL 56
59 Fognini, Fabio ITA 57
60 Greul, Simon GER 58
61 Tursunov, Dmitry RUS @58
62 Chiudinelli, Marco SUI 59
63 Falla, Alejandro COL 60
64 Schwank, Eduardo ARG 61
65 Starace, Potito ITA 62
66 Mayer, Leonardo ARG 63
67 Robert, Stephane FRA 64
68 Lacko, Lukas SVK 65
69 Ancic, Mario CRO @65
70 Llodra, Michael FRA 66
71 Serra, Florent FRA 67
72 Nieminen, Jarkko FIN 68
73 Vliegen, Kristof BEL @68
74 Stakhovsky, Sergiy UKR 69
75 Sela, Dudi ISR 70
76 Korolev, Evgeny KAZ 71
77 Dolgopolov Jr., Oleksandr UKR 72
78 Russell, Michael USA 73
79 Gicquel, Marc FRA 74
80 Gasquet, Richard FRA 75
81 Luczak, Peter AUS 76
82 de Bakker, Thiemo NED 77
83 Clement, Arnaud FRA 78
84 Marchenko, Illya UKR 79
85 Beck, Karol SVK 80
86 Malisse, Xavier BEL 81
87 Istomin, Denis UZB 82
88 Hernandez, Oscar ESP 83
89 Hajek, Jan CZE 84
90 Golubev, Andrey KAZ 85
91 Brands, Daniel GER 86
92 Fish, Mardy USA 87
93 Massu, Nicolas CHI 88
94 Granollers, Marcel ESP 89
95 Giraldo, Santiago COL 90
96 Schuettler, Rainer GER 91
97 Zverev, Mischa GER 92
98 Ram, Rajeev USA 93
99 Koellerer, Daniel AUT 94
100 Riba, Pere ESP 95
101 Lapentti, Nicolas ECU 96
102 Darcis, Steve BEL 97
103 Kavcic, Blaz SLO 98
104 Lu, Yen-Hsun TPE 99
105 (Q)
106 (Q)
107 (Q)
108 (Q)
109 (Q)
110 (Q)
111 (Q)
112 (Q)
113 (Q)
114 (Q)
115 (Q)
116 (Q)
117 (Q)
118 (Q)
119 (Q)
120 (Q)
121 (WC)
122 (WC)
123 (WC)
124 (WC)
125 (WC)
126 (WC)
127 (WC)
128 (WC)

Alternates
1 Gimeno-Traver, Daniel ESP 100
2 Lorenzi, Paolo ITA 101
3 Mello, Ricardo BRA 102
4 Anderson, Kevin RSA 103
5 Przysiezny, Michal POL 104
6 Haase, Robin NED @104
7 Kunitsyn, Igor RUS 105
8 Dent, Taylor USA 106
9 Nishikori, Kei JPN @106
10 Ginepri, Robby USA 107
11 Levine, Jesse USA 108
12 Daniel, Marcos BRA 109
13 Devvarman, Somdev IND 110
14 Odesnik, Wayne USA 111
15 Navarro, Ivan ESP 112

6 件のコメント

  •  ケイメヒコさんの「全仏DAの期待小」との状況報告を踏まえ、
    8枠あるWC獲得の可能性について検討してみました。

     結論から言うと、かなりハードルが高そうです。

     全仏のWCの与え方はやや閉鎖的で、下記に該当する場合以外
    には、原則、仏選手以外には与えません。

    ・豪選手の1枠(全豪OP事務局との「握り」による)
    ・引退宣言をしている全仏優勝経験者

     過去5年間で上記に該当しないWC獲得者は08年のOdesnik
    (米国、当時22才)選手だけですが、このケースでもカットオフRK
    ぎりぎり&若いという条件を満たしています。

     錦織の106位というPRがどのように評価されるか次第ですが、
    過去のWCの与え方から見て、好意的に受け止められるためには
    全仏までに相当の戦績が必要なものと思われます。

     具体的には、全仏前週のニース(ATP250、クレー)に出場し、
    ファイナリストになるくらいのインパクトがほしいところです。

      引用  返信

  • なるほど。
    まあ予選がんばるつもりで。

    しかし錦織が試合に出始めたので、錦織のことを書いたブログが増えているようです。
    Googleブログ検索のRSS配信でキーワードを錦織圭に設定していると、結構入ってきます。

      引用  返信

  • タラハシーのドロー出ました。
    Keiは1回戦、対Jesse Levineです。
    108位、22歳、175cm、left-handed、IMGのかなり親しい仲間。。

    <質問>
    本題とずれ、かつ基本的なことで申し訳ないのですが
    ケイメヒコさんはメヒコ在住でいらっしゃるのですか?

      引用  返信

  • >ごはんさん

    するどいですね!
    メキシコ在住のケイさんと 伺っています。

    今回も 復帰第一戦も 
    圭君は 甘いドロップSをして 試合を落としています。

    こんな気持ちになるのでしょうかね~
    うまくいかなくなると・・・
    早く試合感を 取り戻してくれ! 圭!

      引用  返信

  • そうですか…
    映像を見たくなっていたので残念です。
    でも5セットマッチはまだ厳しいと思うので、予戦(これも厳しいが)に元気に出場できることを願います。
    ケイメヒコさんの記事が錦織メインに戻ってきたことがとても嬉しい。

    次戦は、Jesse Levine?情報ありがとうです!

      引用  返信

  • ドロー見てきました。
    一回戦勝つと二回戦で伊藤竜馬選手と当たる可能性あり・・・
    見たいな~映像で。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。