ライバル達を薙ぎ倒せ! インディアン・ウェルズの展望

 
 今年も全豪が終わってから5週間が経とうとしていますが、この間の傾向として、年齢や
RK的に圭前後の選手達、即ち圭のライバル達の大躍進が目立ちます。 具体的には、Fognini、
Gulbis、Anderson、Dimitrov、Cilic 等々。
 
 この間圭としてもメンフィスで優勝しているのですが、如何せんATP250の単発だったことも
あり、獲得ポイント的には上記のライバル達に水をあけられた格好になってしまっています。
 
 来週からのインディアン・ウェルズ(IW)は全選手が参戦する今季最初のマスターズ。
 是非ライバル達との直接対決で、実力的には圭の方が上であることを見せつけてほしい
ものです。
 
 
本大会について
 ①大会概要
  ・開催場所:米国カリフォルニア州
  ・グレード:Masters 1000
  ・サーフェース:ハード(屋外)
  ・ドローサイズ:本戦S-96(32本シード※シード選手は1R免除)、予選S-48(予選勝者12人)
  ・日本との時差:17時間(3/8土まで)または16時間(3/9日以降)
 ②日本人参戦予定
  ・本戦:錦織圭(現在#1920シード見込み)
  ・予選:ダニエル太郎
 ③大会スケジュール
  ・予選:3/4(火)~3/5(水)
  ・本戦:3/6(木)~3/16(日) ※圭の初戦(2R)は現地3/8(土)or3/9(日)
 ④ドロー開催予定
  ・予選:現地3/3(月)18:00より=日本時間3/4(火)11:00より
  ・本戦:現地3/4(火)15:00より=日本時間3/5(水)8:00より
 
 
本戦エントリー&シード状況
 現状(3/4時点)までのエントリー状況に基づく、シード見込み他情報です。
 ・IW本戦のシード付与は3/3付RK基準
 ・各選手の勝敗成績は全豪以降の公式戦結果(デ杯WG含む)
 ・圭の過去対戦で、○:勝ち越し、△:タイ、×:負け越し、無印:過去対戦無し
 
A:#1~#4シード
・Nadal, Rafael ESP 5勝0敗 全豪準優勝・Ri優勝 ×
・Djokovic, Novak SRB 3勝1敗 全豪QF・Du-SF
・Wawrinka, Stanislas SUI 1勝0敗 全豪優勝・デ杯1勝 ×
Ferrer, David ESP 10勝2敗 全豪QF・Bu優勝・Ri-SF・Ac-QF途中棄権 ×
・Berdych, Tomas CZE 11勝1敗 全豪SF・デ杯2勝・Ro優勝・Du準優勝
  
B:#5~#8シード
Berdych, Tomas CZE 11勝1敗 全豪SF・デ杯2勝・Ro優勝・Du準優勝
・Murray, Andy GBR 7勝2敗 全豪QF・デ杯2勝・Ac-SF ×
・Del Potro, Juan Martin ARG 2勝2敗 全豪2R・Du-1R途中棄権 ×
・Federer, Roger SUI 6勝0敗 全豪SF・デ杯1勝・Du優勝
・Gasquet, Richard FRA 7勝3敗 全豪3R・デ杯1勝・Mo準優勝・Ma-SF ×
  
C:#9~#12シード
Gasquet, Richard FRA 7勝3敗 全豪3R・デ杯1勝・Mo準優勝・Ma-SF ×
・Tsonga, Jo-Wilfried FRA 6勝3敗 全豪4R・デ杯1勝・Ma準優勝・Du-QF ○
・Raonic, Milos CAN 0勝0敗 全豪3R ○
・Haas, Tommy GER 5勝5敗 全豪1R途中棄権・Za準優勝・Sa-SF途中棄権
・Isner, John USA 3勝2敗 全豪1R途中棄権・Ac-1R
  
D:#13~#16シード
Isner, John USA 3勝2敗 全豪1R途中棄権・Ac-1R
・Fognini, Fabio ITA 12勝2敗 全豪4R・デ杯2勝・Vi優勝・Bu準優勝・Ri-QF ○
・Youzhny, Mikhail RUS 2勝2敗 全豪2R・Du-QF ×
・Dimitrov, Grigor BUL 6勝1敗 全豪QF・Ac優勝
・Robredo, Tommy ESP 5勝3敗 全豪4R・Ri-QF ○
 
E:#17~#24シード
・Anderson, Kevin RSA 8勝2敗 全豪4R・De準優勝・Ac準優勝
Almagro, Nicolas ESP 5勝4敗 全豪不参加・Sa-2R △
・Janowicz, Jerzy POL 4勝2敗 全豪3R・デ杯2勝・Ro-QF
Nishikori, Kei JPN 7勝1敗 全豪4R・デ杯2勝・Me優勝・De-2R途中棄権
・Gulbis, Ernests LAT 9勝2敗 全豪2R・Ro-SF・Ma優勝・Ac-QF ○
・Simon, Gilles FRA 2勝2敗 全豪3R・Ac-QF
・Kohlschreiber, Philipp GER 7勝3敗 全豪不参加・デ杯1勝・Du-SF
・Monfils, Gael FRA 5勝1敗 全豪3R・Mo優勝・Ro-1R
・Cilic, Marin CRO 14勝1敗 全豪2R・Za優勝・Ro準優勝・De優勝
   
F:#25~#32シード
Monfils, Gael FRA 5勝1敗 全豪3R・Mo優勝・Ro-1R
Cilic, Marin CRO 14勝1敗 全豪2R・Za優勝・Ro準優勝・De優勝
・Pospisil, Vasek CAN 0勝1敗 全豪不参加・Ac-1R
・Mayer, Florian GER 1勝2敗 全豪4R・デ杯1勝・Du-1R ○
・Tursunov, Dmitry RUS 1勝3敗 全豪2R・デ杯1勝1敗・Du-2R
・Dolgopolov, Alexandr UKR 8勝4敗 全豪2R・Ri準優勝・Ac-SF
・Seppi, Andreas ITA 1勝4敗 全豪2R・デ杯1敗・Du-2R ○
・Verdasco, Fernando ESP 0勝1敗 全豪2R・Ro-1R ×
・Dodig, Ivan CRO 3勝4敗 全豪2R・Du-1R ○
・Andujar, Pablo ESP 5勝3敗 全豪2R・Ri-SF・Ac-1R △
    
要注意ノーシード選手
・Chardy, Jeremy FRA 5勝4敗 全豪3R・Ac-2R ×
・Istomin, Denis UZB 2勝3敗 全豪3R・Du-1R ○
・Karlovic, Ivo CRO 8勝4敗 全豪1R・Me準優勝・Ac-QF ×
 
◇主なWithdraw選手
・Ferrer, David ESP
・Almagro, Nicolas ESP
・Paire, Benoit FRA
・Melzer, Jurgen AUT
・Berlocq, Carlos ARG
・Tipsarevic, Janko SRB
・Tomic, Bernard AUS
 
 
ドロー前の心構え
 3/3付の圭は21位のため、圭はシード群E(#17~#24)に入ることになると思います。
 この場合、対抗シード(上位)はドローによって以下の2パターンに分かれます。
 
 パターン1:シード群C(#9~#12)⇒シード群B(#5~#8)⇒シード群A(#1~#4)
 パターン2:シード群D(#13~#16)⇒シード群A(#1~#4)

 
 パターン1の場合なら準々決勝までシード群Aの選手とは当たりませんが、パターン2だと
ベスト8決め(4回戦)でシード群Aの選手と当たってしまいます。
 シード群の個々の選手を見れば、一概にシード群Cよりもシード群Dの選手の方が組みし易い
とは思えません。ベスト8以上を狙う圭としては、やはりパターン1の方が望ましいでしょう。
 
 なお、全くの私見ながら、最初に当たる対抗シード群の中での怖さを感じる選手の順番を、
パターン別に付けてみました。【あくまで参考
 パターン1(シード群C):Tsonga≫Haas=Isner>Raonic
 パターン2(シード群D):Dimitrov≫Fognini>Robredo>Youzhny
 
 最後に要注意ノーシード選手についてですが、好調Dolgopolovがシード圏内に入ってくれた
こともあり、人数としては多くはないと思っています。上記リストに挙げた3選手の内、圭の
シード山に1人でも入ってくる確率は9%強です。
 圭にとっては危険な初戦(2R)の相手となる選手です。できれば1人も入ってこないことを
期待したいものです。
 
 重複しますが、メインドローのイベントは日本時間で3/5(水)朝8:00より催される予定です。
 それまでは、太郎の予選での戦いぶりに注目したいと思います。
 

43 件のコメント

  • フェデラー、今マジで強いですね。
    やっぱり、フェデラーが強い大会は盛り上がりますよね。

      引用  返信

  • コリコリさん

    ↑同感です(^^)昨年からは考えられないプレーをしていますね。
    特にアンフォーストエラーが少ないような気がします。
    昨年はあんなショット打てなかったですよね…

    フェデラーファンとして嬉しい限りです(^.^)

      引用  返信

  • フェレールがOUTしてしまいました。アカプルコで負った故障が良くないようですね。
    こうなってくると、ますますシード群Dよりもシード群Cの方が良く見えてきてしまいますねw

    今日のアカプルコの決勝では戦略的な理由でアンダーソンに勝ってほしい。ディミ、ゴメン。

      引用  返信

  • ディミトロフ対アンダーソンはファイナル突入。デルポとハースの動向も気になりますね。

      引用  返信

  • ありゃ~、ディミがアンダーソンに勝ったので、シード群Dは恐れていた布陣になってしまいました。
    でもこの試合、どっちに転んでもおかしくなかったですね。

      引用  返信

  • アカプルコ決勝2セット目の終盤から観ましたが、ディミくんタイブレークを2つとも制しての勝利、お見事でした!
    2セット目とられて、3セット目も早々にブレークされて、ダメかな・・と思いましたが、ブレークバックに成功し、タイブレもアンダーソンに先にミニブレークを許しましたが、すぐに追いつき、7-5でとって勝利しました!
    二人とも良いプレーをしていましたが、集中力・精神力がディミくんが優っていたと思います。
    アンダーソンは大事なところでダブルフォルトがありましたし・・でもあのサーブは圭くんにも脅威になるな~((+_+))
    最近のライバル達の活躍は圭くんにも良い刺激になってるでしょうね。
    IWでは、タイトルのとおりライバル達を薙ぎ倒しての、大活躍を期待しています!

      引用  返信

  • 上位シードの選手達からしたら、錦織選手は脅威ですよね。何故、錦織がこんな低いシードなんだ?みたいな

      引用  返信

  • コリコリさん、待ってました。プレビューありがとうございます。もう錦織欠乏症で、禁断症状が・・・

    怖れていたガスケがCグループからいなくなってホッとしています。2、3回戦を乗り切ればサービスの調子も上がってくるはず。

    女子の奈良さんも参戦ですね。あー、待ち遠しい。

      引用  返信

  • 大会事務局よりアナウンスがあり、予選のドローが日本時間3/4(火)11:00からとなりました。
    火曜日の昼休みには確認できそうですね。

    予選DA選手の中で、太郎は現在28番手前後です。
    今後の状況によっては、もしかしたらシードが付くかも知れません。

      引用  返信

  • ベルディヒはデビスカップに出ないと正式表明したみたいです。IWについては、何も情報見つからなかったので、出るのでは?

    ところで、年度末のIPTLとかいうのが本格的になってきましたね。どこかのツイッターで圭くんは参加しないと表明したとあったのですが、ほんとでしょうか?それにしても、シーズンが長いってみんな散々文句言ってたナダルやマレーも参加するってちょっとびっくりしました。これじゃあ完全にオフシーズンがなくなりますけど。。

      引用  返信

  • いよいよ圭のインディアンウェルズが始まりますね。
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10153897840210271
    見ようによってはボッティーニ、チャン両コーチも明るいというより様子というかいろんなことを確認してる感じに受け取れる写真です。
    緒戦は様子見できる相手に恵まれて欲しい!祈ります!(*>_<)オネガイッ!

      引用  返信

  • 予選のドローが出ました。
    http://www.atpworldtour.com/posting/2014/404/qs.pdf

    太郎は、惜しくもシードには手が届きませんでした。
    ただ、12人の予選勝者に対して、#21シードと#11シードですから、悪いドローではないと思います。
    今日予選突破に向けて、頑張れ!

      引用  返信

  • 今アクティブドローを覗いてきたのですが、シード選手以外の配置は既に決まっており、ドローではシード選手のみの場所を決める形式のようです。そうは言っても、ナダルとジョコだけは決まっていますが。イストミンはナダルの山に入ってしまったようです。

      引用  返信

  • 上位対抗シードはハース。その上はフェデラー。
    2Rはヒメノとヒラルドとの勝者の模様。
    悪くはないドローだと思います。

      引用  返信

  • パターン1のほうに入りましたね。

    初戦も悪くなく、3Rは大先輩ハースと初対戦で組みやすいですね。ハースも錦織は嫌でしょう。
    次は全開のロジャーとの対決。ただこのB群はデルポ以外はきつそうなので仕方ないでしょう。

    早くランキングを戻すためにも、一つでも多く勝ってほしいですねー

      引用  返信

  •  とりあえず、ベスト16までの各選手情報です。
     
     
    49 [#11]Haas, Tommy GER 12位 5勝5敗 全豪1R途中棄権・Za準優勝・Sa-SF途中棄権
    50 Bye

    51 Chardy, Jeremy FRA 48位 5勝4敗 全豪3R・Ac-2R ×
    52 [#WC]Williams, Rhyne USA 153位 2勝1敗 全豪1R(予選突破)・De-QF(予選突破)

    53 Gimeno-Traver, Daniel ESP 97位 3勝3敗 全豪1R・Ri-1R
    54 Giraldo, Santiago COL 71位 4勝4敗 全豪1R・Sa-1R ○

    55 Bye
    56 [#19]Nishikori, Kei JPN 21位 7勝1敗 全豪4R・デ杯2勝・Me優勝・De-2R途中棄権
     
     
     GiraldoとGimenoは最近なかなかの成績ですが、共にクレーコーターで、かつ直前までクレーの大会に参戦していたことを割り引いて考えて良いと思います。

     対抗のシード山については、Haasが先週の大会(クレー)での故障(右肩)をおしての出場であることを考慮すれば、本命は強いて言えばChardyになると思います。ただ、Williamsも伸び盛りですし、実際には誰が来てもおかしくない山だと思っています。

      引用  返信

  • 太郎の予選1R、1stダウンの2nd1-4から怒涛の9ゲーム連取で、気が付いたらファイナル4-0。
    圭のお株を奪う劇場型の勝利で、明日の予選決勝に進出です。

    伸び盛りの100位台の選手にこういう勝ち方ができる日本人は、今圭以外では太郎しかいないと
    思います。彼の可能性の高さを感じることができた一戦でした。

      引用  返信

  • ドローを見たら予選通過者とシード勢との対戦が一つもなく、予選組同士の対戦が二つあるんですね。
    太郎アタックチャーンス!

      引用  返信

  • 太郎のKuznetsov(127位,27才)との予選決勝は、Stadium 4で明朝4:00(日本時間)開始の第3試合に入りました。
    概ね7:30前後からだと思います。Oddsはほとんど差がない程、拮抗しています。

    もしこれに勝つと本戦入りな訳ですが、今回は1回戦から連日オンエアすると言っているGAORAさんは
    放映してくれるつもりなんですかね? 圭の1Rはない訳ですから、これを放映できないと女性ファンから
    クレームが入りますよw 以前から定評のあるGAORAさんの機動力に期待します。(ヨイショw)
    http://www.gaora.co.jp/tennis/1844200

      引用  返信

  • 太郎の予選決勝、[#11]Kuznetsov(127位)に7-6,6-7,2-6で、残念ながら逆転負けです。
    前半までは優勢だったのですが、後半は昨日の逆をやられてしまった感じですね。
    マイアミの予選にもエントリーしているようなので、マスターズ予選の初突破はここで
    やってもらいましょう。

    あと、3/6(木)のOOPが出ており、男子はトップハーフの全ての1Rが入りました。
    トップハーフの圭の2Rは、現地3/8(土)、日本時間では3/9(日)の午前中(4:00開始の第○試合)に入ることになると思います。
    月曜日の午前中じゃなくて良かったw

      引用  返信

  • コリコリさん、いつも一番早い情報をありがとうございます。
    ダニエル太郎君残念でした。日吉のコートで観戦してから応援してました。

    圭君の試合が日曜日に入って(*^_^*)です。

      引用  返信

  • マイアミの予選は添田選手のエントリーもありますね。         
    京都CHは伊藤選手と守屋選手(守屋選手の山は4人全員が日本人)がQF進出。杉田選手、内山選手は1R敗退。添田選手と内山選手のダブルスも1R敗退。コートがかなり速いみたいで、日本勢は苦戦中。その中で予選勝者の吉備選手がQF進出。国内の貴重なCH大会でチャンスをいかす選手が出てくるのは嬉いですね。あと添田選手が2R対戦中です。

      引用  返信

  •  圭の2R、中継可能なStadium 4までに入れてもらえるか心配です。
    ・#28Dolgopolovと#29Seppiは対戦相手が米国人となる可能性大。
    ・#23Monfilsは2010年に全米ベスト8。

     GAORA、頑張れ!

      引用  返信

  •  圭の初戦はヒラルドとの5度目の対戦となりました。(どうも特定選手との対戦が多いような気がするw)
     初戦のプレビュー記事は本日夜にリリースする予定です。(それまでに生GAORAが決定していてほしい。)

     あと、竜馬がBeck(188位)に快勝で、京都CHでの日本人決勝進出が確定です。

      引用  返信

  • まずは、しっかり初戦を突破してもらいたいですね。

    ところで、スレとは離れますが、最近ティプサレビッチを見ませんがどうしたんでしょう?
    誰か何か知ってますか?

      引用  返信

  • ヒラルドには2年前ここで負けてますよね。
    復調をアピール、とまではいかなくてもしっかり次のラウンドに進む戦いを期待してます。

      引用  返信

  • たしかに! あらゆるシチュエーションが2年前の再現ですね。
    夢のコントさん、ありがとうございます。プレビュー記事の恰好のネタになります。

    あと参考で、ベスト16までの1Rの結果です。

    49 [#11]Haas, Tommy GER 12位 5勝5敗 全豪1R途中棄権・Za準優勝・Sa-SF途中棄権
    50 Bye
    51 Chardy, Jeremy FRA 48位 6勝4敗 全豪3R・Ac-2R ×
    52 [#WC]Williams, Rhyne USA 153位 2勝1敗 全豪1R(予選突破)・De-QF(予選突破)
     
    53 Gimeno-Traver, Daniel ESP 97位 3勝3敗 全豪1R・Ri-1R
    54 Giraldo, Santiago COL 71位 5勝4敗 全豪1R・Sa-1R ○
    55 Bye
    56 [#19]Nishikori, Kei JPN 21位 7勝1敗 全豪4R・デ杯2勝・Me優勝・De-2R途中棄権

      引用  返信

  •  その後の状況が心配されましたが、元気が出る公式ブログ更新、きてます。

    「昨日はチャーディー、モナコ選手と 今日はアンダーソン選手と練習して調子も上がってきています。」
     で、「ギラルド選手と土曜日に試合です!」だそうです。 怪獣とでも試合するんですかw

      引用  返信

  • 怪我の影響も感じさせず、元気そうで安心しました。現地取材の菊池氏のツイートからも順調な様子がうかがえますね。
    https://twitter.com/joshkikuchi/status/441794901169033216
    yuriさん、ティプサレビッチですが、かかとの怪我で去年のバレンシア(1回戦RET)以来欠場が続いてます。
    こちらに多少詳しく。
    http://jtipsarevic.com/news/janko-pulls-out-of-australian-open/
    rupture of his heel tendonとありますが、踵の腱断裂という事でいいのでしょうか?。
    ここまで来るとプロテクトランキングの使用(6か月以上欠場で申請可能)も考えているんだと思います。

      引用  返信

  • 錦織選手のブログを読むと安心しますね。何度も怪我に悩まされると気持ちが切れる心配も出てきますが・・・良い意味でプロ向きの性格ですね(^^)ヒラルド選手には苦戦が多いイメージがありますが、今回は4Rで戦うであろうフェデラー選手に向けての試合感覚を取り戻す程度の戦いで勝ってほしいですね。贅沢かな?
    京都CH、添田選手、伊藤選手どちらでもいいから優勝してほしいですね。昨年9月の杉田選手の優勝以降、日本人のCH優勝が無いので頑張ってほしいです。杉田選手が2回、太郎選手、添田選手、守屋選手、伊藤選手が各1回の準優勝はありますが、決勝戦6連敗中(>_<)
    錦織選手も大会で日本人選手と会うと、嬉しそうにブログなどで報告もあるので相乗効果も期待できますし・・・一人よりも二人、二人よりも三人とツアーレベルで戦ってほしい!

      引用  返信

  • 錦織選手に関係ないですけど

    今夜 フェデラー・バブリンカ組とBOPANNA/QURESHI組 の1回戦ありますね。

    マレー兄弟とかデ杯を意識したペアリングという事だと思いますけど、デルポトロ・チリッチ組とか

    モナコ・モンフィス組とか 面白そうなペアリングも多いですね。 今までも組んでるのかな??

    ステパネクが来たら やっぱり錦織選手が出るしか ないでしょう ねぇ。。。。

      引用  返信

  • 太郎のTwitter情報によれば、IWで圭と練習したようですね。圭のご指名かな?
    ちなみに太郎は来週の米国CHに参戦するようです。
    この米国CHはCHとは言っても非常にレベルの高い大会(Original Cutoff: 102位)で、また予選からの参戦になりそうです。
    なんか、あえて茨の道を選んでいるような気がするな。

      引用  返信

  • 私が密かに注目しているのがチェコのVESELYですね。
    初めて名前を見る選手なのですが、ストレートインから初戦突破しています。
    もし、ステパネクが日本戦欠場となるとロソルに次ぐNo.2として出てくる可能性が高いのではないでしょうか。
    伸び盛りの20歳、198cm(ベルディヒより高い!)、左利きとかなり特徴的なプロフィールの選手です。

      引用  返信

  • 太郎選手もIMGのサポートを受けているので錦織選手と練習しやすいですよね。錦織選手の次回のブログにもかかれるかもしれませんね。2,3年程前のブログでは西岡良仁選手が「よっしー」の愛称で登場していましたし、松井俊英選手は「としさん」で登場していました。太郎選手が何と呼ばれているのかも楽しみですね。
    太郎選手はCHレベルを飛び越えてツアーにチャレンジしていますね。それだけスペインのクレーヒューチャーズのレベルが高いのだとは思いますが、今、自信のあるうちに高いレベルに挑むのも正解かと思います。
    あと、早く大きなスポンサーがつくと良いですね。西岡選手や添田選手のように日本リーグに参戦していないスポンサーが望まれますね。

      引用  返信

  • Vesely(77位)はみんな注目していると思いますよ。
    もうすぐTomicを抜いて21才以下RKでNo.1になりますし。

    ただ、クレーに強いイメージが強かっただけに、今回Sijsling(55位)に競り勝ったのはちょっとした衝撃でした。
    まだ若いし、4月に有明に来る可能性は高いとみています。

      引用  返信

  • 京都CHの決勝は伊藤選手、6-3、5-7、4-6の逆転負け(>_<)ファイナルは先にブレイクしていたのですが・・・無念

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください