頑張れ錦織選手、目指せ全仏シード入り(杉田と共に)

ホーム フォーラム 鼻血ブログラボ 頑張れ錦織選手、目指せ全仏シード入り(杉田と共に)

  • このトピックには61件の返信、1人の参加者があり、最後にゆうたにより3年、 6ヶ月前に更新されました。
  • 作成者
    トピック
  • #81306 返信
    naka

    こんばんは、もうすぐ春の北米MSシリーズも終わり、クレーコートシーズンに突入し、全仏も近づいてきます。
    そこで、昨年は完全に逆フラグ状態だったこの手のトピですが、懲りずに今年も立ててみようかと思います(^^;。
    ざっと現状と見通しを試算したところ、けっこう厳しいのですが、まぁそれはそれとして、楽しんでいただければと思います。

50件の返信を表示中 - 1 - 50件目 (全61件中)
  • 投稿者
    返信
  • #81307 返信
    naka

    フェデラー選手と、マレー選手の全仏欠場が事実上確定しているので、現在34位のフェレール選手までがシード圏内なので、まずは、その前後の選手の現状(マイアミ終了後)と、全仏までの失効の見通しです。
    フェリシアーノ・ロペス 1410(失効10→1410)
    ジュムホール 1405(失効0→1405)
    コールシュライバー 1380(失効180→1200)
    ルブレフ       1368(失効16→1352)
    フェレール      1360(失効225→1135)

    チョリッチ     1321(失効446→875)
    ガスケ        1305(失効45→1260)
    ツォンガ 1300(失効55→1245)
    錦織圭 1235(失効270→965)
    ベルダスコ      1215(失効145→1070)
    パブロ・クエバス 1210(失効585→625)
    カレン・ハチャノフ 1210(失効10→1200)
    モンフィス     1175(失効10→1165)
    杉田祐一       1160(失効94→1066)

    もし間違っているところがあれば、ご指摘下さい。

    #81308 返信
    naka

    相変わらず、メモ帳からコピペすると、見にくい表になるなぁ(^^;
    全仏前の失効ポイントを引いた、いわば全仏前基礎ポイントの順に並べると、以下ののとおりです。(ツォンガ選手までがシード圏内)
    ジュムホール:1405
    フェリシアーノ・ロペス:1400
    ルブレフ:1352
    ガスケ:1260
    ツォンガ:1245

    コールシュライバー:1200
    カレン・ハチャノフ:1200
    モンフィス:1165
    フェレール:1135
    ベルダスコ:1070
    杉田祐一:1066
    錦織圭:965
    チョリッチ:875
    パブロ・クエバス:625

    #81309 返信
    naka

    ざっくりとした見通しとしては、1400Pあたりがボーダーラインになると予想されます。1500Pあればたぶん安全圏。
    錦織選手がそこまで行くには、マスターズでSF1つ(360P)+QF1つ(180P)ぐらいの活躍が必要。
    杉田選手もマスターズでQF2つ(180p×2)ぐらいの活躍が必要。

    #81363 返信
    ゆうた

    nakaさま
    情報ありがとうございます。
    本当に分かりやすくて素晴らしいです。

    ボーダーラインは私もお見立てと同じ位だと思います。しかしここ2、3年は1200pt位がボーダーラインだったのですが・・・これも乱世の副産物でしょうか?

    後はクレーコーターであるハーセ&レオ・メイヤー選手や全く未知数のシャポバロフ選手辺りでしょうか。

    計算的には超難関だとはいえ、昨年最後でのクライノビッチ選手のコミットメントから始め、AOでのチョン選手の北米MSシードなど「大まくりでの圏内突入」も結構ありますので両選手にもここは一発狙って欲しいですね!

    #81368 返信
    naka

    ゆうたさん、過去2~3年のボーダーラインは確認していないので、良くわかりませんが、ボーダーライン(32位前後の選手のポイント)が上がっているのだとすれば、ご推察のとおり、乱世になっていることで、トップ10クラスの選手がそれほどポイントをかき集められていない➡その下の20~30位あたりの選手にも広くポイントが分配されている、という状況になっているのだと思います。

    #81371 返信
    ゆうた

    nakaさま
    ご返信ありがとうございます。
    ボーダーラインについては当時の32位基準で判断したデータなので、実際はもう少し低いですね。

    後は各選手が大大会のOUTの判断のハードルも低くなった印象が有ります。

    流石にトップ100級の選手が賞金額の高いGSをOUTする事は無いですが、コミットメント級以上の選手がMSクラスでも「ちょっと体調に不安が」「サーフェスとの相性」「この大会の失効は少ない」などの理由でOUTというよりスルーをする傾向が昨年辺りから増えた印象があります。以前なら少々の無理でも出場した気がします。あくまでも個人的な印象に過ぎませんが・・・

    決して非難&否定的ではありません。ハードなツアーですから戦略的としては「有り」だと思います。ただ、何か変わった気がしますねぇ。

    #81533 返信
    naka

    あれ~?上記のポイント表、マイアミの加算が抜けてたみたい。
    とりあえず、現状(マイアミ後)のポイント。今度はATP公式からなので、間違いないです。34位のコールシュライバ-までがシード圏内です。
    31:フェリシアーノ・ロペス:1420
    32:ジュムホール:1415
    33:フェレール:1405
    34:コールシュライバ-:1380

    35:ルブレフ:1378
    36:ベルダスコ:1305
    37:ツォンガ:1300
    38:ガスケ:1295
    39:錦織圭:1280
    40:ハチャノフ:1255
    41:クエバス:1210
    42:杉田祐一:1160

    #81539 返信
    naka

    で、全仏前失効ポイントを除いた全仏前基礎点ポイントは以下のとおり(のはず)。ツォンガ・ガスケとの差は少し縮まりましたが、チョリッチに抜かれて、上に7人になりました。
    ジュムホール:1415
    フェリシアーノ・ロペス:1410
    ルブレフ:1362
    ツォンガ:1245
    ガスケ:1250

    カレン・ハチャノフ:1235
    コールシュライバー:1200
    フェレール:1180
    モンフィス:1165
    ベルダスコ:1160
    杉田祐一:1066
    チョリッチ:1055
    錦織圭:1010
    パブロ・クエバス:670

    #82495 返信
    ゆうた

    混迷の度合いが増している全仏シード争いですが、ここに来てキャストの追加がありそうです。
    それは、ラモス・ビノラス選手です。

    現在1745ptの彼ですが、昨年のモンテカルロMSの準優勝分の600ptとバルセロナQFの90ptがあります。

    彼自身はここ最近はコミットメントの常連ですが、安定感があるとは言えず、どちらかといえば稼げる大会の時に一気に稼ぐという極端な感じを受けます。

    ここ最近のランクで出場する大会のほぼ全てと言って良いほどシードになっているのにもかかわらず、今年も既に初戦敗退が4大会あり即ちそれは格下への取りこぼしの多さを意味すると思います。

    この辺でまた一気に稼ぐ大会を見つけるのか?それとも?シード争いも含めて興味深いところであります。

    #82825 返信
    naka

    モンテカルロ開始前のポイントから全仏前失効ポイントを除いた全仏前基礎点は以下のとおり(のはず)です。ガスケ選手がマラケシュSF(90P)で少しポイントを伸ばしました。フェリ・ロペ選手の失効点を計算し間違えていたので直しました。ゆうたさんご指摘のラモス・ビノラス選手を追加しました。現状、下記の表の上位6名までがシード圏内です。
    ジュムホール:1415
    ルブレフ:1362
    ガスケ:1340
    フェリシアーノ・ロペス:1320
    ツォンガ:1245
    ベルダスコ:1245

    コールシュライバ-:1200
    カレン・ハチャノフ:1200
    フェレール:1180
    モンフィス:1165
    シャポバロフ:1118
    ロビン・ハーセ:1065
    杉田祐一:1060
    チョリッチ:1055
    ラモス・ビノラス:1035
    錦織圭:1010
    パブロ・クエバス:670

    #82871 返信
    Kisako

    ブックメーカーbet365の全仏のオッズを貼ってよいでしょうか。

    Rank 選手名    オッズ
    1 ナダル      1.66
    2 ジョコビッチ   6.50
    3 ティーム     8.00
    4 ワウリンカ   17.00
    4 ズべレフ弟   17.00
    6 デルポトロ   19.00
    7 マレー     26.00
    8 キリオス    29.00
    9 チョンヒョン  34.00
    9 ゴファン    34.00
    9 錦織      34.00
    9 チリッチ    34.00
    13 ディミトロフ  41.00
    14 プイユ     51.00
    14 シャポバロフ  51.00
    16 モンフィス   67.00
    16 シュワルツマン 67.00
    16 カチャノフ   67.00
    16 コリッチ    67.00
    20 フォニーニ   81.00
    20 ラオニッチ   81.00
    20 カレーノブスタ 81.00
    20 ベルディヒ   81.00

    ※オッズ100倍未満、杉田は一覧になし
     bet365 日本時間 2018/4/17 19:00現在

    圭選手は現在9位です。ゴファン選手、チリッチ選手と同順位
    ディミトロフ選手、プイユ選手よりも人気が高いです。
    優勝予想では既にTOP10入りです\(^o^)/

    思わず嬉しくなってしまって、出してしまいました。
    邪魔なデータでしたら、すみません。トピずれ?
    スルーしていただければ、以後、貼らないようにします。

    #82872 返信
    ゆうた

    Kisakoさま
    情報ありがとうございます。

    全仏繋がりという事で「スピンオフ」もしくは「アナザーストーリー」的な貴重な情報で個人的にはOK牧場✌️です。

    「世界は決してニシコリを忘れていない」ですね。

    #82873 返信
    ゆうた

    nakaさま
    追加を含めた情報ありがとうございます。

    たった今、ジュムホール選手が負けましたが彼の失効ptの開始は事実上夏からですから全仏&全英のシードは堅い感じがします。

    後は自国GSのシードに並々ならぬ気迫を持つフランス勢ですが、ツォンガ&モンフィス両選手はいつからというよりクレーシーズンをまともに戦える事が出来るのか微妙な気がします。

    #82874 返信
    下団

    Kisako さん、ありがとうございますψ(`∇´)ψ
    嬉しい反面、母国での評価が低いのが情けない👿😭😈

    #82950 返信
    Kisako

    ゆうたさま、下団さま、ありがとうございます。

    では、モンテカルロ、バルセロナ、マドリード、ローマと大会が終わる度に定点チェックして、変化があれば報告入れます。
    bet365では、GSのオッズは2019年全豪まで出ています。GSが終わると、割とすぐ翌年のオッズが出るのだと思います。

    ゆうたさんの言うようにTOP10「入り」というよりは、怪我で離脱したにもかかわらず、評価がほとんど落ちなかったというのが正確です。昨年の全仏ベスト8やクレーでの実績がしっかり評価されています。

    ウィンブルドンでは、ちと落ちる(^^;; (ご参考 67倍 18位)

    #83015 返信
    naka

    》ゆうたさん、皆様
    確かに、全仏シードのボーダーラインは1400あたりと見込まれ、ジュムホール選手の全仏前基礎ポイントも1400を超えています。
    しかし、もし、ジュムホール選手が、今後、マドリッドとローマのMSに参戦し、かつ一回戦負けとかすると、GS・MSは参戦すると優先的にベストオブ18大会にカウントされる関係で、80ポイント減ってしまうという事態が生じえます。(このGS・MSは参戦すると優先的にベストオブ18大会にカウントされるルールでは、例えば、M・ズベレフ選手あたりがけっこうな不利益を被ってます)
    なので、一応、ジュムホール選手もまだ、残しておく方向で(^_^)。
    あと、ジル・ミュラー選手が意外と全仏前基礎ポイントが少ないので、モンテカルロの結果次第では、チェックリストに加えようと思います。

    #83026 返信
    ゆうた

    nakaさま
    ジュムホール選手の件、了解です。
    ミュラー選手も昨年のエストリル決勝の失効分と彼自身も格下への初戦敗退のリスクは高い方だと思うので、立場的には微妙ですね。

    #83341 返信
    ゆうた

    錦織選手の全仏シードですが、今日のサーシャ戦に勝てば恐らく確定でしょうか?

    そうなると今日の観戦のテンションの高さに追加でガソリン注入⛽️されますね!

    #83349 返信
    下団

    錦織選手、今週のランキングに照らし合わせて、
    準優勝(1,565点)で28位相当
    優勝(1,965点)で19位相当になります。
    前年ベスト8の全仏ですから、何とか17~24シード群入りしたいですね~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    シード入りが視野に入ってきたので欲が出てきますね~(`・ω・´)ゞ

    #83398 返信
    NORICHAN

    もうね、今日の応援はハンパな気持ちじゃいられない! 夢見る少女じゃいられない!
    何が何でも勝利を手に入れてほしいですね、あくまで手首と相談しながらですが。

    #83406 返信
    下団

    ゆうた さん、今度は年齢詐称👮NO😡RI👮

    #83413 返信
    ゆうた

    下団さま
    とりあえず今は「執行猶予」ですから。
    ただしその期間は20年、恩赦はGS優勝ですが。

    ところで昼のコメントで挙げられていたランキング&ptですが、これって合っていますか?

    #83424 返信
    下団

    ゆうた さん、錦織選手は今週のランキングポイントが1,280点です。
    そこから、マドリッド180点+ローマ90点=270点
    が全仏のシード決め週までに失効するポイントです。
    1,280-270=1,010点
    これが基礎点になります。
    錦織選手はペナルティーの関係でハレの45点を押し出して加点となります。
    現時点では、360-45=315点     
    1,010+315=1,325点
    決勝進出では、600-45=555点
    1,010+555=1,565点
    優勝では、1,000ー45=955点
    1,010+955=1,965点
    となります(`・ω・´)ゞ

    #83433 返信
    ゆうた

    下団さま
    ptの件、今後の失効込みの事でしたか。それで納得しました。

    後は「相当」の順位ですが来週発表のランキングでは無く、全選手昨年のローマMSまで失効分を差し引いた上でのランクという事で宜しかったでしょうか?

    #83436 返信
    下団

    いえ、単純に今週発表のランキングに照らし合わせました(`・ω・´)ゞ
    錦織選手は、マドリッドとローマで加点が見込めますし、フェデラー選手の欠場を考えればシード入りは大丈夫かと思います(`・ω・´)ゞ
    ここからは、17~24シード入りが望まれるかと思います\(◎o◎)/!

    #83440 返信
    ゆうた

    下団さま
    了解です。情報ありがとうございます。

    #83492 返信
    naka

    いやはや、団長がレビュー記事をアップしてくれるまでの場つなぎですが(笑)、下団さんのコメントどおり昨日の段階でかなり有力になってましたが(昨日までのポイント+90(マドリッドとローマで計2勝すればOK)でほぼ確定)と、まさかモンテカルロだけで、シードを完全に確定させてしまうとは(^^;
    どうしましょう(笑)?
    ここは次スレからは、より上位シード(まずは17~24シードの確保)を目指すトピに変えますか?(^^)

    #83493 返信
    ゆうた

    nakaさま
    全仏もそうですが、全英も全米も全豪もそして来年の全仏もトピ自体の続行をお願いしまーす🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

    こんな縁起の良いトピは中々無いッスよ!!!

    #83534 返信
    下団

    ゆうた さん、NOψ(`∇´)ψRIウィルスから守らないと👮😤👮

    #83556 返信
    NORICHAN

    えーっとォ、こちらでは撒き散らしませんよーだ。

    #83921 返信
    Kisako

    全仏オッズ あまり変化ないですが報告です。
    ◆モンテカルロ終了時点
    RK1 選手名   オッズ
    1 ナダル     1.5←1.66
    2 ティーム    8
    3 ジョコビッチ  9←6.5
    4 ズべレフ弟  17
    5 デルポトロ  19
    6 ワウリンカ  21←17
    7 マレー    26
    8 キリオス   34←29
    8 チョン ヒョン 34
    8 ゴファン   34
    8 錦織     34
    8 チリッチ   34
    13 ディミトロフ 41
    14 プイユ    51
    14 シャポバロフ 51
    16 モンフィス  67
    16 シュワルツマン67
    16 カチャノフ  67
    16 コリッチ   67
    20 フォニーニ  81
    20 ラオニッチ  81
    20 カレーノブスタ81
    20 ベルディヒ  81

    ※オッズ100倍未満、杉田は一覧になし
     bet365 日本時間 2018/4/23 11:00現在

    ・ナダル選手、更に本命に
    ・ジョコビッチ選手、ワウリンカ選手、キリオス選手、倍率上昇、怪我関連が影響か。
    ・圭選手 ↑を期待したが、8位、オッズは変動なし。

    #84072 返信
    naka

    ゆうたさん、今年は縁起良い感じになってますが、去年は完全に逆フラグトピだったんですよね~。欲張って良いものか(^^;
    とりあえず、モンテカルロ終了後の、全仏前基礎点ランキングです。(かなり広めに=錦織選手±約10人拾ったのでもしかしたら、どこかに間違いがあるかも)
    12:ジャック・ソック:2055
    13:シュワルツマン:2030
    14:プイユ:1975
    15:P・C・ブスタ:1955
    16:ベルディヒ:1880
    17:ヘヨン・チョン:1747
    18:フォニーニ:1705
    19:エドモンド:1687
    20:キリオス:1630
    21:ワウリンカ:1595
    22:錦織圭:1565
    23:クライノビッチ:1529
    24:マナリノ:1515
    25:ガスケ:1430
    26:ラオニッチ:1415
    27:ジュムホール:1415
    28:ルブレフ:1407
    29:フェリシアーノ・ロペス:1320
    30:コールシュライバ-:1290
    31:ジル・ミュラー:1290
    32:ジョコビッチ:1260

    #84073 返信
    naka

    現実的には、まず第24シード以内は確保したい。
    なぜなら、順当に行けばシード同士がぶつかり始める3回戦で、25~32シードの選手は、1~8シードの選手と当たるが、17~24シードの選手は、9~16シードの選手との対戦になるので。なので、24シード以内に入っておけば、3回戦で、ナダル選手やA・ズベレフ選手、デルポトロ選手と行ったトップ8選手との対戦が避けられます。
    問題は、13~16シードまで行ってしまって良いかです。なぜなら順当に行くと、4回戦では1~4シード対13~16シード、5~8シード対9~12シードとなるので、13~16シードだと4回戦で4分の1の確率でナダル選手になります。他方、17~24シードに留まっていれば、3回戦は少しきついけど、4回戦でナダル選手となる確率は8分の1に下がります。これはどちらが良いか迷うところです(^^;
    まぁ一番良いのは第12シードまで突き抜けてしまうことなんですけどね、ただそれにはざっくり700pぐらいは稼ぐ必要があるので、MSでの優勝or準優勝+ベスト8orベスト4を2回レベルの活躍が求められます。

    #84173 返信
    ゆうた

    nakaさま
    欲張っちゃいましよう! 行くとこまで!

    ・・・それはさておき😅、こう見ると24シード以内には入っておきたいですね。

    今、本ブログの方でバルセロナ参戦についての是非が議論されていますが、私はバルセロナ回避派です。錦織選手の手首の件も有りますが、私は「バルセロナでプレーできる力が有るのなら来週のエストリルの方が良いんじゃね?」っていうの考えです。

    今の錦織選手はクレーにおいて実力的にはトップ10級しかし実際のランクは22位(しかも失効pt多し)という、「実力とランクのねじれ現象」が起こしていると思います。

    「全仏のシードでのより良い条件」と「ねじれ解消」の為にも、エストリルのメンバーも含めた「条件」はバルセロナよりも上だと思ってしまうんですよね。

    #84314 返信
    NORICHAN

    今度はガスケ選手(>_<)
    ブダペストで、予選勝ちあがりのソネゴ選手に初戦敗退…。これ、錦織選手、いや杉田選手にどう影響します?

    #84318 返信
    ゆうた

    NORICHANさま
    ガスケ選手ですが、先週のモンテカルロで事実上の全仏シードを確定させたので必死にならなかったかも?

    2週前のマラケシュ250や今週のブダペストなど、本来の彼なら絶対に選択しないであろ「裏街道」を選択するくらいなりふり構わず全仏シード取りに懸命でしたからその疲労があったかもしれませんね。

    #84320 返信
    naka

    NORICHANさん
    ゆうたさんもコメントされていますが、ガスケ選手は既に1400p以上稼いでおり、全仏シードは当選確実だと思われ、また、杉田選手とは360p以上離れてしまっているので、ガスケ選手の勝敗・動向は杉田選手の全仏シード獲得の可否にはあまり影響しないと思います。
    むしろ、現状、全仏シード争い32位のジョコビッチの勝敗・動向の方が影響が大きいと思われます(僕は何だかんだあっても、ジョコビッチ選手はシードを獲得するとおもってますが)

    #84361 返信
    ゆうた

    nakaさま
    ジョコビッチ選手、基本的にはシードは大丈夫だと私も思っています。

    ただ気がかりなのは昨日の試合後の会見で試合勘不足を挙げていて、もしかして前から誘われていた来週のエストリルにその不足分を補う為にWC出場をするかもしれない点です。

    当初から予定され故障の不安も無かったモンテカルロ以外の今年の出場大会は、故障の不安により出場が微妙だったり緊急でのWC等、ある種「決断を下した大会」だったのですがその決断がことごとく外している点です。

    来週のエストリルにWC出場したらそれも「決断」になりますが、その後のMSを含めたら都合5連戦になると身体が果たしてもつのか・・・、心配ですね。

    #84425 返信
    NORICHAN

    ゆうたさま、nakaさま
    有難うございますm(__)m そうでしたね、ガスケ選手。MCでRGシードを確定させたら、もうがむしゃらにクレー大会に出倒す必要性はないですよね(>_<)

    どうもおフランス選手は、どなたもこなたも何故か一様に行く手を阻むイメージがありまして…。多分アイツさんことマナリノ選手の影響大ですぅ~。

    #84913 返信
    naka

    先週(バルセロナの週)はパブロ・カレーニョ・ブスタ選手がバルセロナSFで180P上積みして、2135Pまで伸ばした以外は、全くといって良いほど、全仏前12~32位の選手に動きがありませんでした。
    今週は多少動きがありそうなので、今週が終わって、マドリッドMSの前になったら、一度、情報を整理します。

    #86192 返信
    naka

    マドリッドMS開始前の全仏前基礎点です。
    15:プイユ:1975
    16:ベルディヒ:1880
    17:ヘヨン・チョン:1797
    18:エドモンド:1712
    19:フォニーニ:1705
    20:キリオス:1630
    21:ワウリンカ:1595
    22:錦織圭:1565
    23:クライノビッチ:1529
    24:マナリノ:1515
    25:コールシュライバ-:1440
    26:ラオニッチ:1435
    27:ガスケ:1430
    28:ルブレフ:1407
    29:ジュムホール:1370
    30:フェリシアーノ・ロペス:1320
    31:ジル・ミュラー:1290
    32:ジョコビッチ:1260
    33:カチャノフ:1255
    34:ツォンガ:1245
    35:ベルダスコ:1225
    (杉田:1060)
    マドリッドで1回戦負けしてしまったので、現実的には16シード以内を狙うと言うよりも、24シード以内の確保が目標になると思います。
    シードのボーダーは1350~1400あたりか?そうすると、杉田選手がシードを取るにはこの2大会で270P(QF+3回戦)の獲得ではおそらく届かない、現実的にはかなり厳しい。

    #86472 返信
    naka

    マドリッドMS3回戦終了時点です。
    20:キリオス・1630
    21:ワウリンカ・1595
    22:錦織圭・1575
    23:コールシュライバー・1530
    24:クライノビッチ(ローマ欠場)・ 1529
    25:マナリノ・1525
    26:ラオニッチ・1525
    27:ガスケ・1475
    28:ジュムホール・1415
    29:ルブレフ・1407
    30:フェリシアーノ・ロペス・1365
    31:シャポバロフ・1308+α
    32:ジョコビッチ・1305
    33:ジル・ミュラー・1290
    34:ベルダスコ・1270
    35:カチャノフ・1255
    36:ツォンガ(ローマ欠場:全仏迷惑ノーシード確定)・1245
    37:モンフィス・1210

    #86498 返信
    naka

    錦織選手は、現状:22位なので、2人までなら抜かれても17~24シード帯に残れる。次のローマMSで1回戦を突破して、1620Pまで伸ばすと、コールシュライバー選手以下が錦織選手を超えるには、3回戦を勝ってQF進出が必要になるので、1回戦を突破すれば、よほどのことがない限り、24位以内は当選確実。(錦織選手2回戦敗退、コーリーが3回戦敗退だと1620Pで並ぶが、錦織選手の方がGS・MSでのポイントが多いので、ランキング上は、上位にされる)。
    ジョコビッチ選手は、相変わらずガケっぷちの32位。ローマではけっこう稼がないと、本気で全仏のシードが危うい。
    ツォンガ選手は迷惑ノーシード確定、モンフィス選手も、ジョコ選手とシャポ選手はローマに出場して最低10Pは上乗せするはずなので、最低でもQF進出をしないと全仏ではノーシードになる。

    #86504 返信
    naka

    マドリッドMSの3回戦、コリッチ選手がティエム選手相手にSFMまで行きながら、そこをブレイクされて負けてしまいましたが、もし勝ってたら、全仏前基礎点が1280P+αまで伸びて、さらに全仏シード争いが混戦になるところでした(^^; (実際には負けてしまったので1190P止まり)

    #86506 返信
    ゆうた

    nakaさま
    情報ありがとうございます。
    今週もアップセットの連発で昨年からコメで使用している「乱世」が真っ只中になっていますね。

    現在圏外の選手でも1発の有るラモスビノラス選手や、基本的なクレー適性は既に実証済なティティパス選手、地元でWCを貰った(らしい)セッピ選手など「一気のまくり」を感じさせる選手もいますし、自国GSシードを賭けたプライドを持っているであろうモンフィス選手は死にものぐるいで来そうな気が・・・

    最後まで熾烈で、我々にとっては面白くなりそうな展開になりそうですね。

    #86826 返信
    naka

    まだマドリッドMSの決勝戦は終わっていませんが、ローマMSが始まるので、ローマMS開始時点の基礎点を更新します。この基礎点にローマMSで加点した結果で全仏シードが決まります。くどいようですが錦織選手は24位以内をキープしたい。1回戦(対フェリロペ戦)突破でもたぶん大丈夫だが、安心するためには、2回戦(対ディミトロフ戦)も突破して、キリオスの上に行っておきたい。そこまで行けば99%大丈夫。
    ジョコビッチ選手はシャポバロフ選手が上の方に行ってしまったので、ますます崖っぷち、ベルダスコ選手が2回戦でナダル選手と当たるドローを引いてくれたのは、ジョコビッチ選手にとっては追い風か?
    おそらく最後のシードのイスをジル・ミュラー選手と争うことになる見込み。
    20:キリオス・1630(ローマ欠場)
    21:ワウリンカ・1595
    22:錦織圭・1575
    23:コールシュライバー・1530
    24:クライノビッチ・ 1529(ローマ欠場)
    25:マナリノ・1525
    26:ラオニッチ・1525(ローマ欠場)
    27:シャポバロフ・1488
    28:ガスケ・1475
    29:ルブレフ・1407(ローマ欠場)
    30:ジュムホール・1370
    31:フェリシアーノ・ロペス・1365
    32:ジョコビッチ・1305
    33:ジル・ミュラー・1290
    34:ベルダスコ・1270
    35:カチャノフ・1255
    36:ツォンガ(ローマ欠場:全仏迷惑ノーシード確定)・1245
    37:モンフィス・1210

    #86950 返信
    naka

    ローマMS初日が終わりました。ワウリンカ選手が初戦で負けたので、錦織選手は1つ勝ってワウリンカ選手の上に行けば、24位以内当選確実と思われます。
    20:キリオス・1630(ローマ欠場)
    21:ワウリンカ・1595→1605(初戦敗退)
    22:錦織圭・1575(明日初戦VS31位のフェリ・ロペ)
    23:コールシュライバー・1530(明日初戦VS35位のハチャノフ)
    24:クライノビッチ・ 1529(ローマ欠場)
    25:マナリノ・1525→1535(初戦敗退)
    26:ラオニッチ・1525(ローマ欠場)
    27:シャポバロフ・1488
    28:ガスケ・1475(明日初戦VSペール)
    29:ルブレフ・1407(ローマ欠場)
    30:ジュムホール・1370
    31:フェリシアーノ・ロペス・1365(明日初戦VS錦織)
    32:ジョコビッチ・1305(明日初戦VSドルゴポロフ)
    33:ジル・ミュラー・1290(明日初戦VSベデネ)
    34:ベルダスコ・1270
    35:カチャノフ・1255(明日初戦VSコールシュライバ-)
    36:ツォンガ(ローマ欠場:全仏迷惑ノーシード確定)・1245
    37:モンフィス・1210(明日初戦VSフォニーニ)

    #86955 返信
    すぅー

    ジョコビッチ選手の#25-32シード群は、トップシード勢にとっては迷惑なR32対抗ですね〜💦錦織選手にとってもジョコにシード入りしてもらわないと、また初戦から対戦なんてことになりかねませんよね😜
    ただでさえ迷惑ノーシード候補にミュラー、ダスコ、カチャノフ、モンフィスが控えてますし。ホント迷惑やわぁ〜(汗)

    #87063 返信
    naka

    14日日本時間21時現在
    錦織選手の1回戦が終わりました、これでワウリンカ選手の上に来たので、24シード以内は99%決まりだと思います(ここから4人に抜かされることは想定しがたい)。
    ジル・ミュラー選手が1回戦負けしたので、ジョコビッチ選手のシード獲得の可能性が少し高くなりました。
    20:キリオス・1630(ローマ欠場)
    21:錦織圭・1620+α(次・2回戦VSディミトロフ戦)
    22:ワウリンカ・1605(初戦敗退)
    23:コールシュライバー・1530+α(VS35位のハチャノフ・試合中)
    24:クライノビッチ・ 1529(ローマ欠場)
    25:マナリノ・1535(初戦敗退)
    26:ラオニッチ・1525(ローマ欠場)
    27:シャポバロフ・1488+α(VSベルディヒ・明日以降)
    28:ガスケ・1475+α(VSペール・本日試合予定)
    29:ルブレフ・1407(ローマ欠場)
    30:フェリシアーノ・ロペス・1375(1回戦敗退)
    31:ジュムホール・1370+α(VSベルダスコ)
    32:ジョコビッチ・1305+α(VSドルゴポロフ・本日試合予定)
    33:ジル・ミュラー・1300(1回戦敗退・全仏ノーシード確定)
    34:ベルダスコ・1270+α(VSジュムホール)
    35:カチャノフ・1255(VSコールシュライバ-・試合中)
    36:ツォンガ(ローマ欠場:全仏迷惑ノーシード確定)・1245
    37:モンフィス・1210(明日初戦VSフォニーニ)

    #87074 返信
    NORICHAN

    nakaさま
    早速の試算有難うございます。これで錦織選手は17~24帯確定と言っていいですよね? い~んです!よね♪
    でもま、何という超迷惑下位シードでしょう(苦笑)

50件の返信を表示中 - 1 - 50件目 (全61件中)
返信先: 頑張れ錦織選手、目指せ全仏シード入り(杉田と共に)
あなたの情報: