週刊日本選手情報(Week of 2017/8/28)

 来週月曜日(8月28日)から1週間分の日本選手情報についてコメント欄に書き込んでください。
 日本選手情報でも全米オープン関連は全米オープン記事の方にお願いします。
 初めての試みなので、今週分の情報もこっちに書き込んでもいいです。

 とはいえ、来週はほとんど全米オープンがらみで盛り上がるでしょうから、この記事は閑散とするかもしれませんね。

 全米オープン以外のATP大会(注:全米はITFの大会)ではキトー(エクアドル)とコモ(イタリア)でクレーのチャレンジャー大会が開催されます。
 フューチャーズはたくさん大会があるので省きます。

http://www.atpworldtour.com/en/atp-challenger-tourで最新情報をチェックしてください。まだ、ドローは発表されていません。
エントリー情報は、各大会公式サイトやMen’s Tennis Forumsなどを探せばあるかもしれません。

38 件のコメント

  • 今晩は。
    団長さま、こちらも記事立て有難うございます。コメント第1号失礼致します。

    今週のチャレンジャー2大会はクレーなので、多分日本選手の出場はないですね~。キトCHには関口周一選手が本戦DAしていたのですが、直前でOUTしました。

    圭ロスの皆さまもどうぞ。元気な錦織選手との練習後を。関口選手のインスタより。
    https://www.instagram.com/p/BWcMe8zgG6O/?taken-by=shuichi91
    日付は7/12。錦織選手がWB敗退後一時帰国時ですねきっと。NTCかな? 皆さんいい笑顔です。
    にしても錦織選手、顔ちっちゃ! 遠近法?

      引用  返信

  • 今晩は。
    団長さま、こちらはジュニアはダメでしょうか。
    実は鼻血ファミリーの田島尚輝選手が、USOジュニア前哨戦に出場します。明後日8/27よりモントリオール(カナダ)で開催のバンク・ナショナル・ジュニア国際(グレード1=MS相当)です。

    普段はフォーラム・日本選手「有望ジュニア」トピで応援しているのですが、田島選手はこちらでコメントしてもよろしいでしょうか。予選は既にスタート、本戦からで。

    ちなみに日本ジュニアのエントリー状況は以下の通り。[ ]内は8/21付ジュニア・ランクです。
    以下敬称略で。
    ◆BOYS
     本戦に清水悠太[10]、田島尚輝[41]、堀会亨[48]、羽澤慎治[61]
     予選に市川泰誠[117]、J・K・トロッター[122]
    ◆GIRLS
     本戦に本玉真唯[18]、内藤祐希[25]、佐藤南帆[47]、永田杏里[88]
     予選に細木咲良[117]

      引用  返信

  • 下団さま!
    何でトオル選手、堀会なんて変換まつがいをしてしまったのでしょう! 堀江選手ごめんなさい。

      引用  返信

  • 堀江亨選手に注目してます
    ジュニアの強豪も破ってますし、躍動感のあるテニスで将来性を感じます
    見守っていきたいと思います

      引用  返信

  • 今晩は。
    バンク・ナショナル・ジュニア国際に本戦DAしている4選手は、ユウタ、ナオキ、トオル、シンジと呼び合う大の仲良し。ダブルスもこの4人がとっかえひっかえ組み合ってますし。しっかし、まるでアイドル・グループですね、この書き方だと(苦笑) カキコしてて気がつきました。 
    なのに4人4様クセが凄い(笑) 中でも堀江選手は見事にロンリー・ウェイを選択。

    けんじさま
    ご存知でしたら申し訳ありません。堀江選手は米国大学への進学希望を公言したと記憶しています。目指すは文武両道。現役選手で例えるなら、修士課程を終えたイズナー選手やジョンソン選手、でしょうか。もし希望通り進学出来たら、きっと2,3年は下部ツアーにさえ出場しません。NCAA(米国大学テニス)での活躍を期待しましょう。
    そして21,2歳になった頃、ATPツアーかGSにWCで出場、という流れでしょうか。今回のUSOではWC出場のユーバンクス選手、ワイアットコウスキー選手がNCAAから出場です。

    また脱線失礼致しました。

      引用  返信

  • NORICHANさん,
    堀江選手の米国の大学進学希望を聞いた時は
    そういった選択もありだと思いました
    あちらの大学は充実してますし、錦織圭もIGMのジュニア時代に才能ある選手が大学進学するのを目の当たりにして、一時は大学進学も考えたと言ってたし、いろんな選択はありだと思います
    今はジュニアも日本は全盛期を迎えようとしてると思いますね
    今の現役の選手が引退した後に指導者として活躍する日が楽しみですね

      引用  返信

  • 引退した後はちと早いか(^^;
    まだまだ現役で上を目指してほしいですね

      引用  返信

  • けんじさん、
    余計なことと思いつつ、2分間にコメを連投されていたのでご存じないかもと思い念のため(^^;

    コメ投稿後10分以内なら、ご自身のコメの下部、赤い引用・返信ボタンの下にある「編集」より訂正(全文削除含む)が何度でもできます。残り時間もカウントダウンで表示されますので、次回以降必要な時は活用されたらよろしいかと♪

    失礼しました(_ _)

      引用  返信

  • 今晩は。
    USOジュニア前哨戦、バンク・ナショナル・ジュニア国際(以降カナダ国際で)のシングルス・ドローが出ました。48ドローの16byeです。ドロー詳細については、フォーラム・日本選手「有望ジュニア」トピにてコメントしています。

    BOYSもGIRLSも3選手ずつがシード選手に。でもジュニアのシードはツアーのシード以上に背番号化。誰が勝ち上がってもおかしくはない大混戦。USOジュニアに弾みをつける意味でも頑張って欲しいところですね。
    注目の田島尚輝選手は第14シード。3Rでの第1シード対抗馬です。

    けんじさま
    堀江亨選手は第16シード(良かった!)で、3Rでの第3シード対抗馬です。下位シードの辛いところですが、幸いにして1Rはbye。体力温存でまずは初戦突破して欲しいですね。

      引用  返信

  • 今晩は。
    USO直前記事のコメントで触れたチャン・コーチの記者会見。既に一般の多くの方々が訳して呟いていらっしゃいますし、中にはご自身のブログで全訳されている方も。なので既読の方もいらっしゃるかとは思いますがご紹介。
    USO関連でも手首考察でもなく、でも錦織選手関連なのでこちらで。ASAP Sportsより。
    http://www.asapsports.com/show_interview.php?id=133240

    8/24ニューヘブンでJ・ブレイク氏と共に会見されているので、半分以上は彼らのライバル関係性、お互いのプレーについてや、読書習慣(お二方ともインテリなので)等に費やされています。
    後半1/3ぐらいが錦織選手のコーチングについて。その部分だけ2回に分けて超意訳で要約しましたので次でコメント致します。

      引用  返信

  • 今晩は。
    USO直前記事のコメント欄で触れたチャン・コーチの記者会見ですが、既に一般の多くの方が訳して呟いていらっしゃいますし、中にはご自身のブログで全訳されている方も。なので既読の方もいらっしゃるかとは思いますがご紹介。
    USO関連でも手首考察でもなく、でも錦織選手関連なのでこちらで。ASAP Sportsより。
    http://www.asapsports.com/show_interview.php?id=133240

    8/24ニューヘブンでJ・ブレイク氏と共に会見されているので、半分以上は彼らのライバル関係性、お互いのプレーについてや、読書習慣(お二方ともインテリなので)等に費やされています。
    後半1/3ぐらいが錦織選手のコーチングについて。その部分だけ2回に分けて超意訳で要約しましたので次でコメント致します。

      引用  返信

  • パート1です。

    ◆ゲームとの関わり。
    「ケイに3年半も深く関わっているから、現在のATPツアーに精通し多くの試合に関わるし、それはこれからも続く」と。
    あざっす! これからも末永く宜しくですね。

    ◆コーチングの楽しさ。
    「選手が勝つ時は楽しい」と。そりゃそうですね(笑)
    「コーチはコートサイドに座った時点で仕事終了。励まし応援するのみ、選手の練習の成果を見守るだけだかそれも素晴らしい」と。
    球技というカテゴリーの中で、こんなにも他人の介入する余地のないスポーツは他にありませんよね。どの選手のコーチも本当に見守るしか術はない孤独なスポーツです。

    「見ていて特定パターンがわかるのに、ケイが気づかない時はイライラ、でもプレーしている選手より楽な稼業」と。
    確かにチャン・コーチ、イライラしてる時は一発で解ります。表情も厳しいですし(笑)

    ◆オンコート・コーチング。
    「本来は自分で対処して欲しい、現役時代の自分がそうだったから。でもコーチとしては、雨サスで話した後に流れが変わった試合もあったので、アドバイスできるのは嬉しい」と。
    ここはかなりのジレンマのようです。選手、コーチ、どちらの立場も分かる方であるだけに。であるからこそ、新ルール本格導入後のチャン・コーチのコーチングが楽しみです。

    かつコーチ自体は楽しいようです。
    「ケイがゲームで差をつけるのが楽しくて仕方がない。もっと良くなるようにって応援するのがまた楽しい」と。
    feel good の連発です。こちらもfeel good! あざっす!

      引用  返信

  • パート2です。

    ◆コーチ業。
    「探してたわけじゃない。でも依頼された時ツアーで成功していたアジア人選手はいなかったし、男子で過去トップ10は自身とスリチャパンだけ。これが唯一の、そして才能ある若者の実力を引き出すチャンスだと思った」と。
    本当に、よくぞ思ってくれました! 正にタイミングですね。もしアンバー夫人とお母さまが立ち話されなかったら…。もし連絡先をレシート裏に書かなかったら…。そう思うとやはり運命的な出会いだったと思います。

    ◆怪我の状態。
    「検査(結果)を待っている。厳しい状況だし、USOはいい戦績を残してきた大会だから惜しいと思うけれど、今は完治することが先決。そうすれば今後手首の問題は解決する。この休養がきっとケイにハングリー精神と最高のテニスを戻してくれるはず」と。
    やはり完治が前提。もう多少長期間になろうとも我慢我慢ですね。

    そして、最後のお言葉が泣かせます。「ケイは信じられない程才能のある選手、それは今も信じて疑わないよ」と。ナミダちょちょ切れそうです! あざっす!
    やはりチャン・コーチ、錦織選手を強くしたくてうずうず。これからも何とぞ宜しくお願い致します。

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • 申し訳ございません。最初の記事リンクコメントがダブってしまいました。何卒ご容赦くださいませ。

      引用  返信

  • 下団さんの既報の通り、伊達選手が2度目の引退を自らのブログで発表してます。近所のテニスの強いお姉ちゃんのテニス人生は本当に数奇なものでした。語られるエピソードは多々あることでしょう。ライターの方々には出来るだけ早く本にしてもらいたいものです。フォーラムにトピが上がれば激賛します。

      引用  返信

  • yuri さん、被りましたm(_ _)m
    ただ、大きなニュースだったので、あえて残しましたm(_ _)m
    お疲れ様でしたm(_ _)mという言葉以外はありませんね(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 今日は。
    以前ご紹介しましたUSOジュニア前哨戦、バンク・ナショナル・ジュニア国際(以降カナダ国際で)は、単複とも2Rまで終了しています。
    BOYS、GIRLSともほとんどシードがついており、ほぼシードが勝ち上がるという、今のところ至極順当な結果となっています。以下敬称略で。[ ]内はシードです。

    ◆BOYS単3R進出
     清水悠太[2]、田島尚輝[14]、堀江亨[16]
    ◆GIRLS単3R進出
     本玉真唯[5]、佐藤南帆[12]
    ◆BOYS複QF進出
     清水悠太/堀江亨組[2]、田島尚輝組[3]、羽澤慎治組[6]
    ◆GIRLS複QF進出
     内藤祐希組[2]、佐藤南帆組[4]

    ここまでは同士対決もなかったのですが、次のBOYS複QFで田島組と羽澤組が対戦です。まあ、3山のトップと対抗馬ですから仕方ないですね。
    とにかく前哨戦。USOジュニア本番に向けて弾みがつくよう、みな悔いのないよう頑張って。でも怪我はくれぐれも気をつけて。

      引用  返信

  • 今日は。
    ジュニアのカナダ国際の結果は残念至極です。
    ◆BOYS単は、3Rで全員敗退です。
    ◆BOYS複は、清水/堀江組[2]、羽澤組がSF進出です。
    ◆GIRLS単は、佐藤南帆選手[12]がQF進出です。
    ◆GIRLS複は、内藤組[2]と佐藤組[4]がSF進出です。この2組がSFで対戦です…。

    鼻血ファミリーの田島尚輝選手は、単3R敗退、複QF敗退となりました。よしっ、USOジュニアへの調整は終わった。体力温存できたと思えば。

      引用  返信

  • 今日は。
    ジュニアのカナダ国際の結果は残念至極とおめでとうが混ざり合います。
    ◆シングルスはQFでGIRLSも全滅です。
    ◆ダブルスは、BOYSは羽澤組[6]、GIRLSは佐藤組[4]が各々決勝進出です。おめでとう!

    こうなりゃBOYS&GIRLSでアベック優勝願います。

      引用  返信

  • 9/4週(全米OPの2週目) CH大会のエントリー状況です。すぅー さんのコメントよりm(_ _)m
    http://www.tennisteen.it/entry-list/22812-atp-entry-list-28-agosto-10-settembre-2017.html

    ★Seville CH(スペイン)
    太郎選手がDA。

    ★Zhangjiagang CH(中国)
    守屋、仁木、関口、添田、高橋悠、内山、竹内の7選手がDA。
    Alt、10番目で吉備、14番目で志賀、23番目で山﨑の各選手が控えています。下位で岡村、松井の各選手がエントリー。

    *他にも日本勢がエントリーしていますが、上記の2大会への参戦かと思いますm(_ _)m
    *日本時間:9/1 15:00 時点

      引用  返信

  • 「フューチャーズ大会は沢山あるので省く」ということですが、週末まで勝ち残って優勝まであと少しのところまできている選手をご紹介させてください。

    団長様、この話題でここの記事が混乱するようであれば、また週末であれ下部大会情報はこの記事内には記載しないほうが良いとのご判断であれば、以後は従来どおりフォーラム内に留めますので、試験的にコメすることをお許しください。

    ~8/28週~
    ◇カナダF5:内田海智/R.Cid Subervi(DOM)組・・・決勝戦♪
    ◇スイスF5:江原弘泰・・・QF進出中
    ◇トルコF32:徳田廉大・・・QF進出中
    ◆$25,000七尾:今西美晴、波形純理・・・SF進出中
    ◆$25,000七尾:井上明里/井上雅組 vs 今西美晴/C-Y.Hsu(TPE)組・・・決勝戦♪

    徳田廉大選手(19歳)が単複通じて初のタイトルに向けトルコで奮闘中です^o^♪

      引用  返信

  • すぅーさん,

    ここへのコメントで全く問題なしです。
    単にマンパワーの問題で、Fuは記事中に反映できない(出場者のチェックが難しい)だけですので。

      引用  返信

  • 今晩は。
    いつもはフォーラムでコメントの日本選手情報、こちらでコメントできることにプチ幸せを感じています(笑)

    下団さま、CHエントリー情報有難うございます。
    セビーリャCHのダニエル選手、ほぼ故郷とも言えるスペインのクレーで、それこそ気兼ねなくプレーしてくださいね。楽しみたいと言ってはみたものの、AASのナイト・セッションでナダル選手と対戦、なんていうシチュエーションは計り知れない重圧があったはず。開放感、味わってください。
    張家港(ジャンジャガン)CHの日本選手の皆さま、活躍期待しています。特に添田選手、内山選手、守屋選手、USO予選で敗退した鬱憤を、同じハードコートで是非晴らしてくださいね。

    すぅーさま、FU進捗状況有難うございます。
    カナダの内田選手、トンネルを抜けた途端のびのびプレイが戻ってきて嬉しい限り。是非優勝を。
    スイスの江原選手、またもや鉄人発動でしょうか。頑張って。
    トルコの徳田選手、U21の100位INまでもう少し! 頑張って。

      引用  返信

  • 団長さん、
    早速のお返事ありがとうございます^O^♪

    今までのFuやITF女子の更新をいきなり華やかなレッドカーペットで展開するにはハードルが高いので、当面は従来どおりフォーラムで更新し、週内タイミングを見計らって記事内でご紹介できればと思います。

    関心がある方は是非週初めでもフォーラムを覗いてみて下さい。更新頻度はバラつきがありますが、「あの選手、最近何してんだろう?情報」とか入手できるかもしれませんし、早期敗退の残念な情報も記載してますので(爆)

    NORICHANさん、
    ITF女子の情報もカキコしたんですから、男の子だけに関心を示さず少しは絡んで欲しかった(爆笑)七尾大会のダブルス決勝は放置しょうがないですけどね^^;

      引用  返信

  • すぅーさま
    そうですよ、放置です放置。確かにあまりに露骨で自分でもビックリです(爆) 秋ねえ~。

      引用  返信

  • 今晩は。
    嬉しいお知らせです。
    USOジュニアの前哨戦カナダ国際で、BOYSダブルスの羽澤選手組[6]、GIRLSダブルスの佐藤選手組[4]がぞれぞれ優勝! アベック優勝! タイトル4つのうち半分を日本選手が獲得です。
    改めて羽澤慎治選手、佐藤南帆選手、おめでとうございます。

    これでUSOジュニアにも弾みがつきました。ドローもそろそろかな。以降は週刊日本選手情報9/3スレッドにてコメント致します。

      引用  返信

  • Fuと女子ITFのその後です。

    ◇カナダF5
    内田海智/R.Cid Subervi(DOM)組が優勝!
    ◇スイスF5
    江原弘泰選手が決勝進出♪
    ◇トルコF32
    徳田廉大選手が決勝進出♪19歳、初優勝なるか!?
    ◆$25,000七尾
    波形純理選手が決勝進出で3年ぶりのシングルス優勝にリーチ♪
    今西美晴/C-Y.Hsu(TPE)組が優勝おめでとう(^-^)井上明里/井上雅組は準Vお疲れ様でした。

      引用  返信

  • 今日は。
    すぅーさま、「その後」有難うございます。
    内田海智選手、ダブルス優勝おめでとうございます。長い初戦敗退トンネルを抜けた後は、吹っ切れたように快進撃を続けていて嬉しい限りです。後はシングルスのタイトルですね。どこか1つ、それさえクリアできれば、一気に走れそうな気がします。

    鉄人江原選手、U21レンタ選手、女子波形選手、みんな決勝戦頑張って!

      引用  返信

  • NORICHANさん、
    内田選手に復調の兆しは嬉しいです。ダブルスは今期3勝目ですがシングルスは1勝どまり。是非シングルスでもガンバって欲しいです。
    波形選手は惜しくも準Vでした。3年ぶりの優勝はお預け残念(/。\)

    残る決勝戦2試合、フォーラムにも書きましたがこちらにもご紹介を。
    江原選手は先週のスイスF4準Vでしたので、今週は何としても!です。相手は先週2Rで対戦しストレート勝利した選手なので、自信を持ってガンバレ!!!

    そして徳田選手、今年2度目の決勝進出で前回は1月のUSA大会(lost 3-6,6-4,3-6)。その時の相手はトミー・ポール選手(^-^)どの大会で注目を浴びたんでしたっけ、両方名前系のポール選手(笑)たった半年前は徳田選手と同じ土俵で戦ってたわけで。
    Fuで戦う日本勢にだって、チャンスあらばきっと誰にだってCHやツアー大会で覚醒する可能性があるんですよね♪ただそのチャンスはほんの僅かしか訪れず、訪れた僅かな好機を活かせるかで天と地の差が生じるのでしょう。
    僅かなチャンスが訪れる可能性を少しでも高めるため、今日は勝つわよレンタ!!!絶対に優勝だぁぁぁ\(^o^)/

      引用  返信

  • 今晩は。
    すぅーさま、トミー・ポール選手の急上昇は、北米ハード・シーズンに移ってからですね。

    6月USAのF19大会(ハード)でファイナリスト、F21大会(ハード)で優勝、CHに上がってウィネトカCH大会(ハード)でセミ・ファイナリスト。
    ブレイクがアトランタ250大会(ハード)で、予選勝ち上がってQFでミュラー選手に敗退。ここで注目されてワシントン500大会(ハード)にWC出場。3Rでミュラー選手にリベンジ(ここが男気に惚れたところ!)してQFで錦織選手。
    これでスター街道が開けました。まあ見事に全部ハードです(苦笑)

    レンタ選手との決勝は1月。この辺りにフォーラムで上下名前系と話題にしたと記憶しています(笑) USAのF6大会はクレーでしたが、そもそも彼は2015RGジュニアBOYSシングルスの優勝者なので、基本クレーも得意。
    思うに彼、サーフェイスは「ハード>クレー>>>>>グラス」で、特に北米アウトドアが合っているから好きと。対戦相手は欧州選手が苦手で、USA選手もしくはUSA育ちがお得意さまという、実にわかりやすい選手ですね(笑)

    要は今、最も得意なシーズンでお得意さまを相手にしているパターンが多いと。真価が問われるのはこれからですね。アジア・シリーズやヨーロッパ・ツアーに飛び出すのか、インドア・ハードはどうなのか、そして欧州の不得意さま相手にどこまで頑張れるか、だと思います。

    日本選手記事なのに、徳田レンタ選手から波及してポール選手を語ってしまいました(苦笑) 
    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。