錦織圭ファン10万人計画 on Facebook 発動!

Facebookと言えば、世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)です。

錦織圭もFacebookにファンページを持っています。

http://www.facebook.com/keinishikori

Facebookに登録すると、ファンページを持っている人の「ファン」になることができます。

「いいね!」ボタンを押すだけなので簡単なのですが、「いいね!」=「ファンになる」ってのはちょっと日本人的感覚からすればよく分からないと思います(私もさっき、「どうやったらファンになれるんだっけ?」と探した)。

ボタンの位置としては下の画像の通りです。

本日(2010/9/14)現在、錦織のファンとなっているのは4707人です。

4707人でもすごい数字ですが、マネージャーのオリバーさんから見れば「まだまだ物足りない!もっと盛り上げたい!」ということらしく、なんと

今後12カ月以内に、

「ファン」の数を10万人に

したいので、ちょっと宣伝してくれませんか、と頼まれました。

ふんふんなるほど、お安いご用で!喜んで!(居酒屋か!)

と軽いノリで返事したのですが、10万人・・・

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

10万人・・・

と後になって驚きました。

今5000人弱なのに、1年で20倍に・・・1か月8000人ペース・・・。ホンマにできるんかいな・・・。

1万人の間違いじゃない?と思いましたが「100,000」と丁寧にカンマ付きで書いてありましたので、桁の間違いではなさそうです。ヤツハホンキダ。

まあ確かに

フェデラー http://www.facebook.com/Federer 443万人
ナダル
http://www.facebook.com/Nadal 380万人

と比べると、人気、実力の差を加味しても4707人はあまりにも少なすぎます。オリバーさんが

「フンガー!Keiの実力はまだまだこんなもんじゃねえ!」

となるのも分かります(注:このオリバーキャラは妄想)。Facebookには130万人の日本人が登録していて、錦織のファンもたくさんいるはずなのだが・・・恥ずかしがらずに、出ておいで!ということのようです。
(すいません「恥ずかしがらずに・・・」のみ私の創作ですw)

ここは一丁、微力ながら協力させていただこうと思います。

このブログの呼びかけだけでは増え方も限定的だとは思いますが、皆様ぜひFacebookに登録していただき、錦織圭のファンページにアクセスし、「いいね!」ボタン(英語に設定している場合、”Like!”ボタン)を押していただけたらと思います。

その上でぜひ周りのテニスファンの方々を誘導していただけたらと思います。

  • 口コミによる勧誘
  • メールによる勧誘
  • twitterでのつぶやき
  • ブログでの告知

など、さまざまな手段を用いてhttp://www.facebook.com/keinishikoriが目に触れる機会を増やしていただけたらと思います。

テンプレート(twitterの140文字対応)

錦織圭のFacebookファンページ!「いいね!」を押して目指せファン10万人! http://www.facebook.com/keinishikori #facebookjp #tennisjp

Facebookで何ができるか?

Facebookに登録し、錦織圭の「ファン」になると自分の「ニュースフィード」に錦織圭の発言が表示されるようになります。ただし全世界向けのページのため、錦織の発言は英語です。

ここが日本人のファンがFacebookで少ない大きな理由の一つだと思うので、スペイン人選手などがやっているように、英語と母国語(日本語)を併記してくれたら増えやすいのにな・・・と思うのですが、まあここは大人の事情もありそうなので・・・。

ともかく、錦織圭のつぶやきが読めます。

twitter(http://www.twitter.com/keinishikori)でも全く同じものが読めますが、140文字の文字数制限があるので途中で切れたりしています。Facebookだと全文が読めますし、写真や動画を貼りつけることもできますので、よりタイムリーに、より多くの情報が入ります。公式ブログとはまた違ったことをつぶやいたりしているので楽しめます。

錦織圭のつぶやき、写真、動画などには公式ブログ同様、コメントを残すこともできますが、もっと気軽な方法として個別の発言に対して「いいね!」を押すことができます。

コメントは恥ずかしいという方にはもってこいです。「いいね!」を押した人数も表示されるので、たくさんの人が押してくれれば更新する側も張り合いが出ると思います。

コメントも、公式ブログよりも気軽に行うことができます。コメントするのは日本人だけではないので、彼らの陽気で気軽な感じに引っ張られて違和感なくコメントできることでしょう。

公式ブログでもそうですが、反応があるというのは本人にとって嬉しいことのはずです。

10万人に向けてどうすればよいか?

1年後に10万人というのは簡単な目標ではありません。私もできることはやりますが、IMGサイドからもできることはまだあるはずです。

Facebookに日本人が少ない。これはアメリカ人であるオリバーさんには理解しづらいことかもしれませんが、私たち日本人から見ればきちんと理由があることです。すなわち、

  1. 日本にはmixiがあり、Facebookはまだポピュラーでない。
  2. 多くの日本人には英語の壁があり、これが大きい。
  3. 日本人はシャイで、人前で目立つことを嫌う傾向がある。

この3つがFacebookで日本人が少ない原因であることを、いくつかの提案とともにオリバーさんに伝えました。返事はまだありませんが、検討してくれることと思います。

昨日からtwitterの方でも何人かの方とこの件についてお話したのですが、一番多かったのが「本人が日本語でFacebookで発言すれば一番ファンが集まる」というものでした。

これは確か一番効果があることだと思います。10万人集めようと思ったらそのくらいしなければならないかもしれません。

かと言って、公式ブログを最近あれだけ頑張って更新してくれる錦織圭が、必要以上に「ファンのために書かなきゃ」と気負ってしまうとしたら、それはファンとしても嬉しくないですよね。

今くらいの、「本人に書く意欲があるときに書く、あるいはファンへのサービス精神を発揮できる余裕があるときに書く」というスタンスがちょうどよいとすれば、さらにFacebookで日本語でも書くことを強要はできないな、と思います。

この意見についてはまだオリバーさんに伝えていませんが、多かった意見として、「Keiの負担にならないことを最優先で」と付け加えて伝えようと思います。

その他の方策としては、これからも継続的に、Facebookの発言内容を日本語にしてこのブログで紹介していくことも約束しました。それと同時に公式ブログで本人からも「Facebookでもここと違ったことをつぶやいているので、チェックしてみてくださいね。」など告知することも重要ではないかと思います。

(ただし、WOWOW管理のサイトなので、アクセスが分散することをWOWOW側が快く思わないかもしれません。まあ、両方からお互いを告知すれば両方ともアクセス増えると思いますけど。)

いずれにせよ私にできることは、このブログとtwitterで宣伝していくことですので、もし趣旨にご賛同いただけるなら、告知活動にお付き合いいただけたら幸いです。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

P.S. 最後に重要なことを

このお話はオリバーさんから私に直接来た話ではありません。もうひとりのきょうこさんがFacebookで日頃より錦織圭をはじめ、日本人男子プロたちの情報をネットで検索しては紹介したり、応援のコメントを寄せたり、非常に精力的に活動していらっしゃたため、それを見たオリバーさんがこの計画について協力を依頼したのが最初でした。そこで私のブログで告知するのが効果的だろう、ということになり本日の記事となった次第です。これはきょうこさんの日頃の貢献がオリバーさんに認められたということだと思います。おめでとうございます。

20 件のコメント

  • 素晴らしい!!!ぶらぼー!!
    完璧な記事です。

    これで皆さんもfacebookでぽちっとしてくれるでしょう。
    英語の壁はありますが、日本人の私たちは一応義務教育で一定期間英語は習ってるので、facebookやtwitterのような短文だったら、怖気づかずに、英語読んでみようかなと思えるかも。

      引用  返信

  • さすが! 鼻血さん!!

    さて、これから twitter で拡散してきます

    >  錦織圭のFacebookファンページ!「いいね!」を押して目指せファン10万人! http://www.facebook.com/keinishikori #facebookjp #tennisjp

      引用  返信

  • 朝一で、「フンガー!」には笑かしていただきましたWWW
    いえ、笑っている場合ではない、了解いたしました!!
    facebookやtwitter、参加方法がわからない未熟者ゆえ、傍観者として楽しんでいるのみでした。
    圭くんに「ぽち」してきます。
    もうひとりのきょうこさん、大手柄ですね!

      引用  返信

  • だんちょ(企業戦士)、深夜
    仕事の後の記事書き、お疲れ様でした。
    私も圭くんのFACEBOOK、
    いいねファンになってます!
    日本の公式ブログと違って、
    おもしろいなあと思うのは、
    日本人以外の応援コメントが読めること!
    英語の勉強している、あなた!
    ネイティブは、こんな風に表現するのか!!という
    生きた英語を垣間見るチャンスですよ♪
    ・・・・というか、
    日本人以外にも
    圭くんのファンがいるのだ!と
    実感できるのは、楽しいものです。
    登録もポチも、簡単です。
    皆さんも是非!!

      引用  返信

  • はずかしながら、twitterやFacebookへは近づきがたいネット音痴のなのです。

    読んで、それではとFacebookへ行って見ました。
    140文字云々に書いてある所へ行きましたら、
     !リクエストされたページが見つかりませんでした。となります。
    で、ここでもう行き詰まります。

    で、URLを短くして見ると表示されました。
    そこで いいね! を押すと、新規登録が必要なようです。
    それでは、っと登録の所に行ってみると、
    そこで、姓名を入れなければなりません。
    ここが先ず非常に高いハードルです。
    そこで退散してしまいました。

      引用  返信

  • 熱烈な圭ファンとして、いいね!ボタンを押したいで~すW
    協力したい気持ちもやまやまですが・・・

    Facebookに抵抗あるのは↑でケイメヒコさんのコメントと同じです。
    本名をいれなければなりません。以前、アカウントを持っていて嫌な
    記憶があります。

    Twitterをやっていれば、圭のFacebookも読めますし・・・

      引用  返信

  • 団長さん、朝から某代表選よりおもしろいニュースありがとうございますw
    この並々ならぬ力の入れようがツボで、勝手に団長さんの鼻息の荒い姿を想像してしまいましたw・・・顔知らないけどw

    協力したいんですが、私も質問がいくつかあります。
    恥ずかしいくらい素朴な質問ですが、このFacebookのファンの数って、オリバーさんや圭君にどんないいことがあるんですか?勇気づけられるって以外に。WC獲得や映像コートでの試合などに、もーしかしたら、ほんのちょっとでも、影響があるかもしれないって…可能性としてあるんですか?

    それと、登録するのに、どんな個人情報を入力しないといけないんですか?姓名は、ちょことかでもいいんですか?メールアドレスもいるんですか?

    それと、Facebookで、トラブルとかは殆どないんですか?mixiとかは、あるってきいたので。

    色々、すみません。PC使用に関しては、家のものから、あれこれチェックが入るので、私、ついつい慎重に…っていうかほぼビビりながら使ってるんでww
    よろしく優しくwご指導下さい。

      引用  返信

  • 個人情報を入れて登録することに抵抗がある方もいると思いますが、名前なんて別に本名である必要は全然ないですよね。
    (だって、入力した名前が本当に本名かなんて分からないんですから・・・)

    私も以前はsabu masako とかでやってましたしww
    メアドも全然捨てアドで大丈夫だし。

    ・・・しかしそれにしても10万人とはスケールが大きいなぁ~。

      引用  返信

  • 連投ですが、

    >ちょこさん

    mixiでのトラブルというのは、他のユーザーと色々ヘビーにやりとりをする中で発生するもので、「登録した途端にトラブルに巻き込まれる」訳ではないですよ(笑)
    もちろんfacebookも同様です。

    錦織くんページのファンになるぐらいしか用途がないのであれば全く心配する必要はないと思います(^^

    >WC獲得や映像コートでの試合などに、もーしかしたら、ほんのちょっとでも、影響があるかもしれない

    は、facebookがATP運営のサービスならともかく、そうではないので、残念ながら影響はないのではないかと・・・。
    が、ファンの人数が多くて都合が悪いことは何ひとつない訳で、より多くなることで「選手としてのスケール感」が出るとでもいいますか、他のユーザーが見た時に「錦織って人気あるんだな」と思わせることはイメージ的にすごく重要なことですよね。

      引用  返信

  • sabumasaさん
    >メアドも全然捨てアドで大丈夫だし。
    捨てアドってなんでしょうか?
    今では使っていない、パスワードも忘れた、メールアドレスで良いのでしょうか?
    goo.mail.ne.jpでも良いのでしょうか?廃止の手続きしたことがあるんですが、パスワードが分からなく成っていてはどうにもできないとサポートから来ました。以来、放ったまま。メールが来ること無いのでしょうか?
    トンチンカンで済みません。
    よろしく、ご教授を。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、パスワード忘れてちゃったら確認メールに返信とかできないのではw

    メールは設定で来ないようにできます。私はメッセージが入ったら通知するようにしてますが。

    トラブルの件は、sabumasaさんがおっしゃるとおりだと思いますが、その他にもワンクリック詐欺みたいなのとか心配なんですよね、多分。普通に使ってる分には全く問題ないと思います。mixiも同じです。心配なら知ってる人としか友達にならなければいいし、錦織の「ファン」になるだけで他は何もしなければ大丈夫です。知らない人からのお誘いはたくさん来て、最初はうさんくさく感じますが、どうやらそういうものらしいです。(共通の友人がいる場合、Facebook側から自動的にsuggestionが来る)
    よく分からなければ却下すればいいし、皆さんそうしています。

    本名じゃなくてもいいかどうかについては、すいませんが立場上、この場でおおっぴらに推奨することはできません。ただ、そういうことも可能ということです。

    メアドなどの個人情報は、自分で開示の度合いをコントロールすることができます。
    言語は日本語で行うことができます。日本語メニューの状態でも外国の方のコメントは外国語のままちゃんと表示されます。

    とにかく設定しだいで自分好みにできるので、それほど心配はいらないかと思います。

    ただ、もちろん何かあった場合に私は責任を取れませんので、どうしても心配なら登録はなさらないでください。人は増やしたいですが、Facebookだけが応援の方法ではありませんので。

    Facebookに人を増やすことのメリットについて。盛り上がること以外、特にないでしょうw
    単純にファンとの交流を盛り上げたいのだと思います。
    日本ではあまりはやってないので想像が難しいですが、Facebookは世界最大のSNSで、twitterとともに大変流行しています。
    メディアとしての価値が高いので、マネージメントとしても絶対抑えておかなければならないチャンネルです。IMGのテニス部門のVice Presidentであるオリバーさんが、現状(5000人弱)に満足できない気持ちはよく分かります。

    かと言って無理やり人数を増やすだけだったらあまり意味はないのですが、「少なくとも世間の人気・実力並には盛り上げたい」との気持ちのようです。それが10万人くらいと思っているということなのでしょう。
    フェデラー・ナダルのファンの数と比べても妥当な目標かと思われます。
    オリバーさんは日本語が読めないし、日本語のWebコミュニティでどのくらいファンが盛り上がっているかあまり分からないのだと思います。実態としては、非常に盛り上がっているわけなのですがw

    そのように感じているから「Facebookに日本人が130万人もいるのに・・・」とおっしゃったのでしょう。錦織圭をプッシュするのがオリバーさんの仕事ですから、人が少ないということは自分の仕事の成果が出てないのと同義です。そりゃなんとかしようとするわw

    何も私にPRをすべて任せたわけではなくて、IMGのPR努力の1チャンネルとして、ほんのちょっと手伝って欲しいというニュアンスでしょう。
    「やるからには大々的に」ということで私が自主的にこのような記事をアップしただけです。

    ビジネスですから、商業的価値を高めたいという思惑もあることはあるのでしょうが、それよりは単純にもっと盛り上げたい、もっと多くの人の目に触れてもらいたい、そういう気持ちで始まったプロジェクトだと思います。マネージャーとしてそのように考えるのは、至極当然のことだと思います。

      引用  返信

  • 私もよくわからずに登録しています(^-^)b
    圭のサイトをフォローするだけにしたら、特に何の問題もありませんよ(*^-‘)b
    友達リクエストとか無視していますけど…(^-^;
    コメントは日本語で書き込んでいます!
    英語で書いてらっしゃる方もいますが、「Facebookにもっと日本語を増やしたい」というのが、オリパーさんの主旨だったように記憶しているので( ̄▽ ̄)b

      引用  返信

  • 日本では、公式サイトで本人の文章が読めるので(しかもメチャメチャ面白い)これだけで十分と思う人が多いんでしょうね。

    私は去年Facebookに登録しました。登録しないと錦織選手のFacebookが読めないと勘違いしたんです。
    私もパソコン音痴でトラブルが怖いので、名前(本名を少し変えました)、メールアドレス等必要最低限の情報だけ入れ、情報非公開にしました。
    ファンになっただけでほったらかしですが、今のところトラブルはありません。お誘いも全く来ません。よく覚えてないけどメール拒否の設定にしたんだと思います。
    ただ、後で登録内容を直そうとしたら手続きが面倒で止めました。最初にちゃんとしておいたほうがいいようです。

    Facebookはもともと、疎遠になった友人を探したりするために作られたものなので、本名を入れるようになっているとどこかで読みました。

      引用  返信

  • sabumasaさん、団長さん、丁寧に教えて下さってありがとうございました。

    「選手としてのスケール感」ってフレーズ、ドキドキしましたw
    自分のアドレスにメールが来ないようにできるって聞いて安心しました。
    なんだか、私みたいなへっぽこピーでもできそうな気がしてきました。今夜直談判してみます(大げさなw)

    あと1つ質問です。
    Facebookで自分が書いた日本語の文章は、外国の人が英語版からアクセスした時は英語になってるんですか?日本語のまま?
    もしかして、外国の人にも読んでもらいたいなって時は、自分が英文で投稿しないとダメなんですか?
    トンチンカンなこと言ってたらスミマセンw

      引用  返信

  • こんにちは。
    フェイスブックはアメリカだとミクシィのような感じでみんな使ってます。

    圭くんのマネージャーのオリバーさんからは、
    公式ブログが既にありますが、kei nishikori のフェイスブックでは、公式で公開されていないプライベート写真や練習中の動画なども見ることができますので、ぜひフェイスブックのファンページにも遊びに来てください、ということを日本の圭ファンの方たちに伝えていただけたらうれしいです、というお話でしたので
    鼻血さんにご協力いただきました。

    錦織選手が試合に勝ってランキングを上げて活躍していけば
    自然と注目が集まり、ファンの数がもっと増えていくでしょうし、
    それは一番大事な事ですが、
    錦織選手の活躍プラス、ファンのみなさんも一緒に盛り上げてね。
    という、オリバーさんから圭ファンみんなへのメッセージなのだと思います。
    よろしく、と言ってもそれは英語にはない表現なのですが。笑
    あと、私には10000て言ってたんですけど、ほんとに10万人て言ってた?笑

      引用  返信

  • 団長、ありがとうございます。

    登録の時のメールアドレスは、有効なアドレスであることが必要なのですね。
    一つ使って無くて実験したら、チャント読み出せるアドレスがありましたので、
    それで挑戦してみます。

    皆様、お騒がせしました。

      引用  返信

  • mixiは日本人重視の閉鎖的なサイトですよね。日本の携帯電話がないと登録できないようですし、以前は既登録者の紹介が必要でした。
    facebookはそんなのいらないです。でも、開始当初は一部の大学生徒・職員のみ対象の閉鎖されたサイトでした(日本の大学もありました、なので日本の登録者には大学繋がりの方が多いかもしれません)。数年前に一般に開放されて暫くしてから、大人気になり、個人のみならず企業も使用するようになって来ました。Social Media Marketingという用語もあるくらいです。自分が勤務する会社でも社員に登録して会社のページでLikeをクリックするようにと勧めていました。以上、生きていく上で全く必要のない情報でした。

      引用  返信

  • 遅レスです。 
     別件で興味があったので、授業で学生に聞いてみました(アメリカの大学で教えてます)。300人くらいの学生でFacebookの登録していないのが「1人!!!」だけいました。「答えなくてもいいよ」って言ったので、あと2、3人はいるかもです。あとはほぼ全員がFacebookのアカウント持ってました。
     で、ツイッターはアカウント持ってるのが10-15%くらいでした。つまり、Facebookって少なくともアメリカでは日本のmixi以上の影響力があると思います。大学生の間ではツイッターよりはるかに強力。
     ちょこさんの質問に関して:
     日本語で書いたものは日本語で(あるいは文字化けして)出ます。だから、日本語を読めない人とコミュニケートする場合は英語が必要です。別に全部日本語でも問題ないと思いますけどね。ときどきmixiにも英語で書いて来る人もいるし(笑)。

      引用  返信

  • そうそう、そう言えば、アメリカでここ二週(今週末は知りません)連続1位の映画が正にfacebookです。どうも日本の人は良く知らないのでって話がありましたが、この映画が日本で話題になったら、facebookそのものの知名度が上がりますよね。そうしたら、この計画もやり易いかも?
    今調べたら、来年1月に日本でも公開予定のようです。
    http://www.socialnetwork-movie.jp/
    初期の開発に携わった4人の中の1人のMark Zuckerbergは今結構話題(良くも悪くも)の人です。参考にABC局のインタビューです。
    http://www.youtube.com/watch?v=MSSeDJPVfrY
    最近ある教育機関に多額の寄付をしましたが、それもこの映画での悪印象を和らげる演出だと非難されたりしています。
    ちなみに、私はこの映画は見てないですが。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。