メンフィスのRMK選手権、錦織は予選決勝で残念ながらリタイア

Regions Morgan Keegan Championships
February 25-March 2, 2008
$769,000 / 32 Draw
Hard – Indoors

予選1R
K. Nishikori def. A. Kuznetsov, 6-4 6-4

予選決勝
B. Reynolds def. K. Nishikori, 6-2, 3-0ret.

1回戦は獲得ポイント数が66対62で、その他のstatsもあまり差がなかった。要所を締めて勝った印象。

予選決勝どうやら最初から元気がなかったらしく、無念のリタイア。公式記録ではillnessとなっていますが、こちらのレポートによると背中の故障とのこと。実際どうだったのかははっきりしません。

どちらにしても、この2週間で12試合をこなしており、相当に疲労がたまっていたと思われます。

この先長いキャリアが待っているので、じっくりと体調を整えてまた仕切り直しをしてほしいです。

応援する方も結果に過剰な期待はせず、試合の内容を長い目で見ていきたいと思います。

【PR】大脳生理学を応用したテニス上達法「Feeling Tennis」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。