錦織と同じく内視鏡手術をした福留選手(大リーグ)の例

ルーカスさんより、先日の「錦織圭、さらに6-8週間程度のリハビリ期間が必要(公式ブログよりの情報)」という記事に有意義なコメントをいただいたのですが、またもやこのブログのスパムフィルターが勝手に作動して、数日間表示されないでいました。

ルーカスさん大変申し訳ありませんでした。

内容は大リーグ・カブスの福留選手が錦織と同様、肘の内視鏡手術を2007年に行った後の経過についてまとめられていたもので、錦織の今後の経過にとっても参考になるかも知れず、せっかくですので記事として紹介させていただきたいと思います。
(ルーカスさん、問題ありましたら削除しますのでご連絡ください。)

今、大リーグで活躍している福留選手が2007年夏に肘の内視鏡手術をしたときの経過は、こんな感じです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%95%99%E5%AD%9D%E4%BB%8B

2007年7月中旬
右肘に見つかった遊離軟骨の状態が思わしくなく試合出場を見合わせることが多くなり。

その後も様子を見つつ症状の改善を図っていたが

2007年8月
渡米して内視鏡による除去手術を行う事を決意。

シーズン中の復帰はなし。

2007年12月
シカゴ・カブス入団

2008年3月
大リーグで活躍。
偶然だぞ というプラカードを掲げられる。

(netdash注:「この試合では複数のカブスファンが福留に対し、カブスファンの常套句である「It’s gonna happen」(「何かが起こるぞ」あるいは「ついにその時が来た」)の誤訳と思われる「偶然だぞ」と書かれたサインボードを掲げた」(Wikipediaより))

錦織選手の場合、損傷の程度がMRIで発見できないほど小さなものであったのだと思います(これはアメリカでも日本のMRI検査でも同様の状況だったはずです。内視鏡検査で初めてわかったと記載されていますから。)

MRI検査で異常がない場合、肘に内視鏡を入れるという判断をするのはなかなか難しいのではないでしょうか。
内視鏡の場合、肘をあけて内視鏡を入れてみないと、問題があるかどうかわからないようですから。

また、内視鏡手術は、保存療法よりは、事後の状況(完全回復の確率?)が劣るといわれているようです。

それが、アメリカでも内視鏡(検査及び検査して問題が判明した場合の手術)までやらなかった理由でしょうし、日本でも1ヶ月近くリハビリで粘った理由だと思います。

それでも治らないので、7月28日に今後の方向性を相談、8月に内視鏡検査・手術という流れなのだと思います。

野球の場合、大リーグ挑戦前に、渡米して不安なところを治してから大リーグ挑戦というパターンが多く、本当に2007年のシーズン内に出られなかったのかという疑問はあります(あとシーズンといっても10月上旬くらいで終わるので、11月や12月の状況がどうだったかは判断できない)。

また、錦織選手の方がMRIに映らないほど軽い状況だったようですから、一概に比較できないと思います。
ただ、同じ肘だし、状況的にはこんなイメージ。

どっちにしても楽天オープンはないでしょうね。
全仏前でもミニラリーから始めて、1ヶ月では足りなかったですから。
今回、ラケットを持っていない期間も長くなっているし、サーブのフォームをどうするかの検討も必要でしょうね。

ちなみに、福留さんは、2009年シーズンは、日本選手の中では、イチロー選手に次ぐ活躍をしているみたいですよ。

私は医療についてはまったくの素人なので、「内視鏡?滑膜?それ何?おいしいの?」というレベルですから、誰か詳しそうな人に聞いてみようとしていたところでした。ルーカスさんに教えていただいて助かりました。

「最初から内視鏡で見ておけば良かったのに」とは短絡的に言えないことが分かりますね。これまでの経過は結果的にはベストではなかったかもしれませんが、関係者も錦織の回復のために尽力してきたことは間違いありませんし、今度こそ回復することを祈りたいところです。というか、見守る側としてはそれしかできませんね。

まあ世間的には去年のような過熱気味のフィーバー(死語)もなく、今でも錦織のことを気にかけてこのブログを読んでくださっている方々こそ、本当の錦織ファンでしょう。

これだけ苦労したからこそ、復帰するときの喜びは本人も、スタッフも、ファンも計り知れないと思います。

皆さんもう少しの辛抱です。錦織は、きっと戻ってきてくれます。

ルーカスさん、重ね重ねありがとうございました。

9 件のコメント

  • netdashさん、ルーカスさん 詳しい説明ありがとうございます。

      引用  返信

  • 内視鏡検査で初めて遊離軟骨や滑膜炎が見つかるケースは多いらしいです。結局中を見てみないと正確に診断できないと
    私も詳しい方に聞くことが出来ました。でも野球選手もみんなちゃんと復帰してたくさん活躍していますから大丈夫だと思います!大きな壁にぶつかってしまったけど、きっとそのぶん圭くんは黄色いテニスボールのように勢いよく跳ね返ってテニスコートに戻ってきてくれるはずです!
    圭くん!待ってるよー!!!

      引用  返信

  • 有難うございます。
    少し胸のつかえが取れた感じがします。

    過去の試合のDVDをみたり、錦織本を読んだり、そして何よりも
    このブログを毎日拝見して、圭くんを応援し、思いを募らせていますwww

    こうして日々を過ごしていけば、またあの魅力的なテニスに会えそうです。回復を祈っています!!!

      引用  返信

  • ルーカスさん 団長さん ありがとうございます。
    圭君本人も痛みがとれなかったので、かなり不安があったはず。
    原因が分かって、少しは気が楽になったかな。楽という言葉は適切ではないかもしれませんが、私は鼻血ブログのおかげで少し安心しました。
    圭君、なが~く見守り続けます。
    。。。団長さんも。。。

      引用  返信

  • 情報有難うございます。

    楽天は解説者で・・・(爆)
    来シーズンから全開で行って欲しいな。

      引用  返信

  •  公式ブログ、更新されています。
     錦織本人による本音が吐露されています。

      引用  返信

  • >あーーーでもテニスしたい o(;△;)o エーン

    こ、これは・・・(笑)

    って、ユーモアたっぷりに書かれてますけど、本音ですよね。
    テニスが職業なのに、これだけラケット握れない辛さは想像もできない。

      引用  返信

  • ブログ毎日拝見させていただいてます^^
    圭君はやく肘の状態良くなるといいですねー

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。