錦織圭、USオープン復帰は厳しいか

スポーツ報知に以下のニュースが出ていました(情報提供:えむさん

錦織 全米OP欠場も…骨折右ひじ回復遅れ(スポーツ報知)

男子テニスのホープ・錦織圭(19)=ソニー=が、痛めている右ひじ治療のため帰国していたことが17日、分かった。完治までは国内で治療とリハビリに専念する意向で、復帰の目標に置く4大大会今季最終戦・全米オープン(8月31日開幕)出場は極めて厳しい状況となった。

これはある程度予想されていたことでし、仕方ないことだと思います。

「回復遅れ」とありますが遅れているのでしょうか?まあUSオープン1か月前で痛みが消えていないということは遅れているのかもしれませんが、まだ想定内だと思うんですけどね。

苦しい日々が続きますが、我慢するしかないですね。

復帰まで「グランドスラムテニス」でもやりませんか?私もゲームする時間が全く取れてませんが、対戦相手がいまのところテニス少年さんしかいないのでw、もうすこし増やしたいと思っています。

「netdash」の名前でペルソナ登録していますので、検索してフレンドリストに加えてください。

3 件のコメント

  • 早く試合を見たいですが、待ちますよ!!

    EAグランドスラムは、オンラインにしたいのは山々なのですが、
    TVをインターネットにつなぐことができなくて、部屋の工事が
    必要みたいです。

    私たちがけがしてテニスできないというレベルと違いますから、
    (仕事をしたくてもできないということですもんね)つらいと
    思いますが、このブログを見ながら、じっと待ちます!

      引用  返信

  • 一方でこんな記事もありますね。

    男子テニス:錦織が治療で帰国 全米オープンの出場目指す
    http://mainichi.jp/enta/sports/general/general/news/20090719k0000m050031000c.html

    IMGと錦織の間に意識のずれがなければいいけど・・・。
    普通に考えれば、まだ痛みがある時点で厳しいと思うのですが。
    まあまだ1か月あるという考えもありますがね。すぐにでも痛みが引けば可能性はあるでしょうかね。

      引用  返信

  •  先週のケイメヒコさんの試算によれば、今週の錦織の
    ランキングは104位前後になりそうです。
     このランキングであれば、全米のダイレクトインはほぼ
    確実でしょう。

     日本での診察結果も気になるところですが、肝心なのは
    本人の感じる痛みです。(ここで無理をすれば旧の木阿弥)
     状態が急好転しているようであればともかく、錦織には
    焦らずに冷静な判断をしてもらいたいものです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。