海外記事紹介:Nishikori a Rare Case of Unheralded Young Talent(NY The Sun紙)

少し前の記事ですが、2月25日のNew York The Sun紙に錦織の記事を見つけました。

The Sun紙の錦織圭記事

無断翻訳は著作権上問題があるため、内容の紹介に留めます。

やや、文意を読み取って面白おかしく書いています(太字の部分)。正確な内容は原文をチェックしてください。

Nishikori a Rare Case of Unheralded Young Talent
錦織:若い才能が無名だった稀なケース

By TOM PERROTTA

  • トップ選手が少年少女時代に無名である例は少ない。逆にクルニコワなどのように過大評価をされる例は豊富にある。
  • 錦織はその稀なケースだ(才能があまり知られていなかった)
  • 一方ヤングは将来を「運命付けられた」、才能を高く評価されてきた選手だ。
  • ヤングより錦織が先に優勝すると思った人はいなかったはずだ(くやし~!)
  • ヤングだって錦織見たいに早く勝つとは思われなていなかったし、去年の対戦でもヤングが錦織に勝ったし(だから、錦織が優勝するなんて本当に驚きだ)
  • 154位の”クレイジーダニ”にソウルで負けてから4カ月足らず後に12位のブレイクに勝った(なんてことは普通は起こらない)
  • SAP Openのロディック戦でネット際の攻防の際、ひと悶着あった。ロディックは「プレーに集中させないようにするために心理戦を仕掛けた。彼は面白くなかっただろうが、僕には若い友達は必要ないから(別にいいや)。」と語った。
  • 錦織は小さいしサーブも良くないがスピードがある。フォアはパンチがありバックはしっかりしている。
  • 20位や30位へ行くのは難しくないだろうが、それ以上はどうかな?
  • もはや誰も錦織を過小評価してくれないから、これからの数か月はしんどいだろう
  • J.ブレイクもジュニア時代は有名な選手ではなく、世界No.5になるとは思えなかった。兄のトーマスの方が才能があると考えられていた。
  • ブレイクは普通の選手が衰え始めてもおかしくない26歳でトップ20入りした。ブレイクのような例はまれだが、錦織がそういう例になってもおかしくない(上位に行くのに時間がかかるというよりは、ジュニア時代無名でシニアで上位に行くという意味っぽい)

錦織を評価しながらも、なんとなく「まぐれじゃないの?」っていうニュアンスを感じてしまうのは私だけでしょうか。

というわけで、少し意地悪な感じで意訳してみました。

それにしてもロディック、性格悪いです。

勝負の世界だから当たり前、という意見もあるかと思いますが、例えばラフターとか紳士はそういうこと絶対しませんから。

モティベーション維持のためクリックよろしくお願いします!
↓↓↓
blogrankingにほんブログ村 テニスブログへ

錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

2 件のコメント

  • 性格の悪いロディック、婚約したみたいですね。元モデルと・・・

    ところで、このブログのランキングどんどん上がってますね。
    今や、3位!

    パチパチパチ(拍手)

    HERE!  っていう矢印 netdashさんが入れてるんですか?

      引用  返信

  • siriusさんコメントありがとうございます。
    ロディック婚約ですか。ついに年貢の・・・ってやつですかね。

    ランキングは本当にありがたいことです。
    皆さんのご支持に感謝!

    今、ついに2位になってますね。自分でも驚いています。

    HERE!の矢印は自動で入るみたいです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。