【公式サイト更新情報】錦織の肘の状態についてインタビューあり

また速報じゃなくてすいませんが、公式サイト更新されています。

【インタビュー】錦織圭インタビュー(1) 右肘の手術について

1月に右ひじに痛みが出てから、8月の手術に至るまでの経過、手術を決断したときの気持ちなどが語られています。

トレーニングはしっかり行っているものの、まだ腕は使っていない状態だそうです。

「術後の経過は順調だが、まだ完全に痛みが取れた状態ではない」と、気になる発言も。

そして治療に要する期間は「8~10週間」とされています。今までの説明と比べて微妙に延びている気がしますが、「治療に要する期間」と「痛みがなくなるまでの期間」の間の定義の違いかもしれませんし、詳しいことは分かりません。

そして8月11日のブログ記事の英語版では「痛みなくラケットが振れるまで4~6週間」とされていましたが、いつの間にか記述が変更されています。そして全般的に手が加えられ、日本語版の内容と整合性を取ったようです。

当初の記述

BRADENTON, Florida, August 11, 2009 – After withdrawing from the French Open in May, IMG client Kei Nishikori and his team visited Dr. Altchek, one of the leading arm specialists in the world, who diagnosed him with a minor stress fracture in his elbow that required extensive rest and therapy.

The pain in the elbow, however, continued to exist. As a result, Dr. Altchek and Dr. Saito from the Nihon University Hospital in Tokyo, who is Kei’s doctor in Japan, decided the best option for Kei was to undergo a small microscopic surgery to remove a minor bone spur. Dr. Saito performed the procedure in Tokyo last week, and Kei is expected to be back on the court and start practice in about 4-6 weeks.

Kei will continue his rehabilitation process under the guidance of Dr. Saito and his team in Tokyo, and return to the IMG/Nick Bollettieri Tennis Academy in Florida once he is ready to start hitting tennis balls. In Florida, Kei will continue his rehab at Bollettieri Sports Medicine.

Kei will not participate in the upcoming US Open at the end of this month. IMG is currently finalizing Kei’s protected ranking with the ATP, which will enable Kei to participate in most of the big tournaments in the first half of 2010.

現在の記述

BRADENTON, Florida, August 11, 2009 – After withdrawing from the French Open in May, IMG client Kei Nishikori was diagnosed with a stress fracture in his right elbow as a result of MRI exam by Dr. Altchek and he has continued his rehab for a complete recovery.

The pain in the right elbow, however, continued to exist, so he underwent endoscopy at the Nihon University Hospital in Tokyo on August 7th in order to determine the cause of the pain. As a result of its test, damage to the articular cartilage and inflammation of synovium were found, and then he underwent a small microscopic surgery to remove the inflamed synovium and the damaged cartilage. After this surgery, he needs rehabilitation for 6 – 8 weeks to recover enough to swing a tennis racket without the pain.

Therefore, Kei will not participate in the upcoming US Open at the end of this month. Kei Nishikori will continue his rehabilitation process in Japan, aiming to get back as soon as possible.

記述の統一は、この記事がアップされたときの要望でしたのでうるさいことを言う気はありません(英語版の内容に統一するのかな?とは思っていましたが)。

実際のところ、肘の状態はどうなのか?というのがファンの関心事ですので。

公式サイトの記述:痛みなしに十分ラケットが振れる状態に回復するまで6~8週間
インタビューの記述:治療には手術後8~10週間かかると言われています

インタビューのほうが最新の情報ではないかと推測します。

4~6週間とか6~8週間というのは一番順調に行った場合の数字だと思いますし、錦織本人が「右肘の様子次第ですね。」と語っているように、この種の予測には誤差がつきものだと思います。

これをもって「治療期間が延びてる、ひょっとして回復が遅れているのでは?」と騒ぎ立てることはないと思います。

何より、

手術をしていただいた先生やトレーナーの方は経過について順調だと言ってくれていますし、手術をして良かったと思っています。痛みの原因が見つかったことで、やっと光が見えてきた気がします。回復のメドも立っているし、ポジティブに気持ちを持っていけています。まだ傷の痛みがあるので100%大丈夫とは言えないですけど、絶対治ると信じています。

という錦織の力強い言葉が嬉しいです。

錦織本人がこれだけ前向きなのですから、ファンも前向きに、復帰を楽しみに待ちましょう!

12 件のコメント

  • 鼻血さん、この圭君のインタビュー8月下旬に行ったとなってますよね。で動画のときのTシャツと同じじゃないかと思うので8月28日にしたのだと思います。圭君は、4日に手術したといっているので、この日でまだ24日しかたってませんよね。9月9日に
    アップされているからこちらは、35日たってもまだ痛いのか、って思っているけど・・・気休めかもしれないけど

      引用  返信

  • chachaさん

    あ、そうか!するどい!
    全然気づきませんでしたw

    まあ、2週間弱の差だけど、少しは安心できるかな。
    公式サイトも、「このインタビューは○月○日に行われたものです」と書いてくれれば安心なのにね。
    コメントに書いてきましょうかね。

      引用  返信

  • っていうか、8月下旬って書いてありました。chachaさんも言ってる。早とちり。

      引用  返信

  • 7日に手術を受けたって書いてあるから、正確には21日かな?
    私も4日だと覚えていたのですが、7日でしたっけ?
    少しでも安心な材料を探してしまう私。

      引用  返信

  • 動画を載せた日にインタビューも載せればいいのに。
    WOWWOWはとにかくなまけもの。アメリカ人みたい。
    公式立ち上げるのにもずーっと開店休業状態が続いていたし。削除願いが出てるコメントも放置。お役所仕事みたいに
    融通きかない。憎たらしい

      引用  返信

  • みけさんへ
    エントリーリストは予定であって決定じゃないです。
    錦織の出場はどうみても絶望的ですし、他の選手も鵜呑みは禁物。祈りましょう。

    サントロは勝ちが鉄板な選手じゃないだけに、1回戦の月火どっちとも抑えておいたほうが無難かと。
    もし都合がつかなくてもフランス人が大勢いるので、ダブルスに出場する可能性はかなり高いと思います。
    そちらを当てにするのもよろしいのでは?

      引用  返信

  • renさん、早速のアドバイスありがとうございます。
    せっかくの機会なので、ぜひ行ってみたいと思っています。

      引用  返信

  • きょうこさん

    まあまあ、落ち着いて。
    ファンはとにかく情報が素早く、たくさん欲しいのでどうしても要求が高くなってしまいますが、公式サイトがなかった頃より今のほうがずっといいと思いませんか?

    要望は直接WOWOWに言えば聞いてくれると思いますし、逆にそうすることによって公式サイトを一緒に育てていく、くらいの感覚でいいのではないでしょうか?先は長いですよ。

      引用  返信

  • サントロ大先生を激しく見たしっ!!!
    恒例のサンデーも見たいが無理・・・orz
    日本人は誰が出るかな?
    個人的には竜馬君に期待寄せとリます♪

      引用  返信

  • あああっ!!
    サントロ師匠!!
    ついに!来てくれるのですね!
    (T T)ブワッ

      引用  返信

  • 師匠と言えば2004年の全仏ダブルスSF、ブライアンズにファイナルで勝利した試合を見ますたよ!
    猛獣ロドラを操る猛獣使いという感じの味のあるダブルス、堪能しました。
    でもシングルスはまだ見たことがなかったので、ぜひ見たい!
    お願い師匠、キャンセルしないで!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。