ランキング試算(2015/8/17付)

八神庵さんに作っていただきました。ありがとうございます。今のところ、ケイメヒコさんが復帰されるまでの間のピンチヒッターの位置付けです。

錦織選手のランキング関連データ 8月10日現在

現在ポイント 6025(キャリアハイ!) 本年の対戦成績 43勝9敗
現在ランキング 4位(+1)本年記録 年初 5位 最高位 4位 最低位 6位
生涯最高位 4位(2015.08.10) 生涯最高ポイント 6025(2015.08.10)
現在レースポイント 3395  レースランキング 6位(+1)

遂にキャリア10個目のタイトルです。この大器はどこまで行くのでしょう。
さあ、勝てば勝つだけ加算のマスターズです。身体も心配ですが、これを逃す手はないでしょう。
ランキングで注意すべきは、シンシナティが終わると計算の仕方が元に戻る点です。
countable other tournaments の7番目が失われ、再びmasters8番目が加算されます。
それについては、またシンシナティの時に計算してみようと思います。

17日付けポイントの試算

現在点 6025 – 失効点 0 = 基礎点 6025 です。

基礎点  6025
1回戦  bye
2回戦敗退 6035 (+10点) (Andujar or Dancevic)
3回戦敗退 6115 (+90点) (Goffin?)
準々決勝 6205 (+180点) (Nadal?)
準決勝  6385 (+360点) (Murray?)
準優勝 6625 (+600点) (Djokovic?)
優勝  7025 (+1000点)

錦織選手のポイントを超える可能性のある選手

現在の錦織選手(6025)を次勝って超える選手 0
3回戦進出で越える選手  0
準決勝進出で越える選手 0
準優勝で越える選手 1 Wawrinka
優勝で越える選手 0

Wawrinka大爆発で5位、それ以外は4位という理解で良いと思います。

トップ10について

・Djokovicはどんな場合でも順位キープです。
・Murrayは優勝でFedererを抜いて2位です。
・Wawrinkaは決勝進出でNishikoriを越えられる可能性があります。
・Berdych、Cilicは優勝しなければ上に行けません。
・NadalはCilicよりも勝ち残れば8位復帰です。
・Raonicはシンシナティ(360)の失効も迫っており、下手をするとSimon(失効は45)に捉えられる可能性があります。

1 Djokovic  11,775 △ 次2回戦 +80
2 Federer    8,465 ○
3 Murray    7,760 △ 次2回戦 +80
4 Nishikori  6,035 △ 次2回戦 +80
5 Wawrinka  5,665 △ 次2回戦 +80
6 Berdych   5,060 △ 次2回戦 +80
7 Ferrer    4,295 ○
8 Cilic    3,515 △ 次2回戦 +80
9 Nadal    3,510 △ 次2回戦 +80
10 Raonic 3,105 △ 次2回線 +80

Race rankingについて

こちらは上位陣はほぼ固定してきました。US OPENで余程何か無ければほぼ現状の8人で決まりでしょう。
ただFerrerの肘のこともあるので、団子レースの9位争いに注目するのも面白いかも知れません。

1 Djokovic 9,585
2 Murray 5,830
3 Wawrinka 4,590
4 Federer 4,525
5 Berdych 3,480
6 Nishikori 3,395
7 Nadal 3,355
8 Ferrer 2,915
9 Gasquet 1,815
10 Isner 1,810
11 Simon 1,750
12 Raonic 1,720
13 Anderson 1,515

54 件のコメント

  • 八神庵 さん、いつもありがとうございますm(__)m
    ギリギリですが、全米に6200点台で臨むことができるのは大きな成果ですね~優勝したら、夢の7000点ですね( `ー´)ノ

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、永住権取得おめでとうございます。 
    仰っていた全米前6200ポイントの目標も越えどうやら第4シード確保の可能性も高い、そしてレースランキングでナダルを抜いて5位、圭くんはいつもさらっと目標をクリアしていきますね。ファンタジーの世界に紛れ込んだみたいに幸せです。

    500よりMS1000に集中しろという声もありますが、500ではビッグ4との対決なく500ポイントとれましたけど1000だと順当にいけば準決勝でビッグ4と対決して勝たないと380ポイント以上は獲得できないわけですから単純に1000に的を絞るわけにもいきませんね。それにしてもジョコのMS1000とGSの勝利数は驚異的ですね、やっぱり頂上が見えてからがきつそう、応援する方もふんどしを締めなおして少しのことにオタオタしないようにならないと。 よしっ

      引用  返信

  • 八神庵さん、最後の更新、お疲れ様でしたm(__)m
    マレー戦、悔しい敗戦になりましたが、身体さえ大丈夫だったら、きっと第2セット以降圭が巻き返していたと、私は信じていますm(__)m
    “マレーのセカンドアタックに、2戦続けてやられた”という意見にも、反対です(=`ェ´=)
    今回の圭は、あの強烈なリターンを一旦は返していますm(__)m
    これは、物凄い進化です!!!(/≧◇≦\)ウヒョー
    さすがに、ビッグサーバー3連チャンとラファ撃破は、頭も疲れたようなので、全米までしっかり休んで欲しいですm(__)m
    圭を追う、あの熱い日々が、またすぐにやって来ることを祈りつつ、心静かにその日を待ちたいです!!!♪ヽ(´▽`)/

      引用  返信

  • 八神庵さん、試算更新ありがとうございます。
    6385P また今週もキャリアハイ更新(^^)
    私たちの想像をどんどん超えていってくれます。全米前に6200Pもさらっと実現してくれました。優勝して7000超え、妄想しちゃいます♪♪
    臀部の怪我? しっかり治してフレッシュな圭を全米で観られますように。。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。