残念・・・体が限界・・・(2014マドリッド決勝)

2014 Madrid Masters 1000
Rafael Nadal[1] def. Kei Nishikori[10], 2-6,6-4,3-0 ret.

勝ちかけてたんですが・・・体が限界に達しました。
ナダルの不調もありましたが、それを差し引いても錦織のテニスがナダルを上回り、まるで錦織がクレーの王者かのようなテニスを披露していました。
最後はもう勝負にならないほど悪化しており、もうリタイアするしかない状況でしたが、リタイアをあれだけ躊躇する錦織は初めて見ました。
ここまで来てもう体が動かない、でも認めたくない、観客をがっかりさせたくない、でも満足させるパフォーマンスは出せない・・・様々な感情が胸に去来していたことでしょう。

今日の結果はものすごく残念で、皆様も同じ気持だと思いますが、

勝ったからこそこうなった
ということを忘れないでいただきたいと思います。
すでに準決勝の時点で相当に体は傷んでいたはずで、
その死闘を制し、
さらに体が悲鳴を上げた状態で、
これだけのパフォーマンスを見せてくれた

過去の錦織だったらもっと早い段階で力尽きていたと思いますし、成長した姿を見せてくれました。
文句のつけようがありません。

マスターズ1000優勝という快挙はお預けとなりましたが、そのチャンスはこれから確実に訪れることでしょう。今のテニスをしている限り。

ちょっとこれ以上のことは今日は書けそうにありません。
やっぱり今日の悔しい敗戦よりも、準決勝までの素晴らしい戦い、完璧だったバルセロナ含めたクレーコートでの大きな躍進、トップ10入り、数々の偉業に目を向けるべきと思います。

今の状態では来週のローマは欠場するのが良いと錦織陣営は判断すると思います。私もそれが良いと思います。
全仏までまだ治療する時間はありますので、パリの赤土で再びこのパフォーマンスを見せてくれることを期待しましょう。

168 件のコメント

  • なりきり妄想の原則は対戦相手に勝った時か、たまに対戦前か、当事者外です。圭に負けた悔しさを妄想的に表し、対戦相手の気持ちになりきり、実は圭のテニスを讃えるという、比喩の一種です。
    負けた時だと、相手は上から目線ででダメ、悔しさのエッセンスがないと良い味付けの妄想にならないのです。圭!フレンチは7回妄想させてくれ。

      引用  返信

  • ebicciさん、貴重な情報ソースありがとうございます。
    やはり足でしたか。左右に振られたあのポイントの後 びっこ引いて歩いたので腰っぽくないなーと思いました。不運としかいいようにないです。。
    たしかに圭くんの話ばかりで かわいそうですねラファ。

      引用  返信

  • ありゃ、途中棄権勝ちですが、韓国CHで内山がRam(157位)に勝っちゃいましたね。
    結構なことなんですが、気になるのは最近内山がダブルスに出てないんですよね。今回の韓国CHも。
    今週のダブルスRKも258位まで落ちて松井に抜かれちゃってるし、何か思うところでもあるんですかね?
    ご存知の方います?

      引用  返信

  • ebicciさん、情報提供ありがとうございます。インタビューの後半、
    「he’s an unbelievable player. He’s a player that he will fight to be in London in the Masters Cup this year. I am sure of that. 」
    「ロンドンのATPファイナルで戦うことになる選手だと確信している」
    と確かに言ってくれていますね。

    試合終了後の圭君への讃える拍手や、ベンチでうなだれる圭君に話し掛けたりこのインタビューを読むにRAFAも
    流石世界1位の人格だと思いました。

    しかし圭君もここまで来たんですね!年末のGAORAの生中継を楽しみにしたいです。まずはしっかり療養ですね。

      引用  返信

  • 内山選手、現在のランキングが263位と全豪以外のGSの予選には届かない位置にいますね。デ杯の後も、ダブルスでは頑張っていますが、シングルスでは、良い勝ち方をしたな~と思ったら、翌日にボロ負けとか不安定な結果が多いです。それでも自己ベストを更新してきていますので、あと少し、230位ぐらいまで上げれればGSの予選をゴールにした参戦予定がたてやすいと思います。以前もコメントしましたが、内山選手もまだ若いのでダブルススペシャリストと決めてしまうのは早いですし、シングルスプレーヤーとしても大成する可能性もあるかと思います。錦織選手は勿論、年下の太郎選手に差をつけられたのも刺激になっているのかなと思いますが・・・
    デ杯のダブルス要員としては添田選手もいますし、現在の層の薄い日本チームではダブルスのみの選手がいてはWGでは厳しいです。
    推察で申し訳ないですが・・・

      引用  返信

  • 釜山CH、ミュラーがリタイアしたと思たら、杉田、伊藤選手まで・・・添田、内山、関口選手、頑張れ~

      引用  返信

  • ebicciさん みなさん

    貴重な情報ありがとうございます!
    さっそくebicciさんの教えてくださったURLに飛んで読んできました。

    内容をすべて読めば、違和感なく受け止められました。
    (たしかに、圭くんのことばかり聞かれてましたね;)

    前に読んだ日本語の記事だと、
    「故障が多いからKeiはトップには行けないんだ(聞かれてもいないのに、ナダル自ら上から目線?でダメだししたように聞こえた)」
    「日本は大きなマーケットだ。だからKeiはツアーに大切な選手だ(サッカーの香川選手がマンチェスターに移籍した時、
    アジア市場でユニフォームを売るためだという下世話な憶測も流れましたね)」というニュアンスに読めて、
    ものすごく違和感があったんです。
    ナダルはそんな人ではないはずなのになぁ、と思っていましたが、やはり違いましたね。
    前後の文脈大事!! 
    訳すなら全部訳す。
    訳せないなら印象が変わらないように抜粋して訳すべき。

    ワールドカップのメンバー決定で号外って、「そりゃ決まるでしょ、だってW杯まであと1ヶ月だし」
    なんて私も意地悪なこと思ってました。
    それよりも全然『錦織圭の歴史的快挙』の方が号外にふさわしいと思うのですが。ファンの欲目ではないはず。

    報道するならまともに報じてほしいですね。
    まぁ、変にハデに報道されても変なのが湧く事があるのでほどほどに。。
    ヤフコメにはいつも変なのがいるし、こちらにも実況板にもたまーに、
    ファンのふりしてなんか貶めてない?って感じる書き込みがあったような。

    NAVER まとめに、団長の書かれた記事から抜粋されたコメントが載っていました。

    http://matome.naver.jp/odai/2139987953652110401
    “準決勝の時点で相当に体は傷んでいたはず、その死闘を制し、さらに体が悲鳴を上げた状態で、これだけのパフォーマンスを見せてくれた”

    どこかで読んだ文章だなーと思って出典見たらこのblogで、
    見つけた時、若干テンションあがりました。

      引用  返信

  • 私も今日、ナダルの記者会見のトランスクリプトを読みましたが、「彼(ニシコリ)は世界No.1になれる可能性があると思うか」と質問した記者がいて(!)、それに対してナダルが、No.1になるのはすごく大変なんだという話をするなかで、ケガの話も出てきてるんですよね。

    私はフェデラーの情報も追っているのでよくわかりますが、記者会見での発言の一部を恣意的に使って、変な記事にされることは珍しくありません。何か変だなと思ったら、できるだけ記者会見のトランスクリプトに当たるのがいいと思います。

      引用  返信

  • 稲垣さんがツイートしてくれてます。
    マドリードから米フロリダに戻った錦織圭が電話記者会見。痛みが出ているのは股関節。それが原因で腰やおしりも。「今は歩くのもぎこちない。きょう検査に行く。全仏に向けて直すのが先決」。炎症の具合によってなので、「本当に何ともいえない」。もちろん本人は出るつもり。

      引用  返信

  • スルーで行きましょう。
    プラスに捉えればこういうコメが出る程圭くんが注目されるようになってきたってことですね。未だに貼ってあるデルレイビーチ優勝時のポスターを見てしみじみそう思います。

    それにしても早く治って欲しいですね。全仏パスも仕方ない><

      引用  返信

  • merryさん
    上の意味のわからないコメントはどうか気になさらないでくださいね。
    団長さん、できれば誹謗中傷のようなコメントは削除していただけるとありがたいです。

    前回貼らせていただいたサイトなんですが、スポーツのトランスクリプト専門サイトで、ATPも公開されているものは全部ここに掲載されるようですので、是非ブックマークしておいてください~
    ただ、どうやら決まりらしいのですが、24時間たたないと掲載されないようなので、ちょっと待たなければならないです。
    公式にインタビューがあるときはここより早い時もありますので、まずは公式チェックです。
    圭君の以外にも対戦相手の人のを見るのが楽しみです。結構昔のもあるので遡ってみるのもいいですね。

    下団さん
    今日も興味深い記事のご案内ありがとうございます。おかげで昨日から沢山良い記事を読ませていただいてます。

      引用  返信

  • udonさん、ebicciさん

    ありがとうございます。
    釣りをするつもりは無かったのですが結果的に私のコメントによっておかしなコメント(私が言うのもなんですが)が
    入ってしまって申し訳ありませんでした。

    私も対戦相手が試合後、どのように圭くんを評してくれるのか読むのが楽しみです。
    bookmarkさせていただきます!

      引用  返信

  • 14日のコメントです。ここを修正して使います。(更新 日本時間15日 05:30)

    MurrayとMelzerが3回戦です。
    FedererはChardyにフルセットタイブレークで負けました。
    Haasが勝ち、Wawrinkaと3回戦です。
    Tsongaが勝ち、Raonicと3回戦です。
    Berdychが勝ち、Dimitrovと3回戦です。

    錦織選手について 参戦辞退しました。
    19日付け 14日現在 2815(9) 27勝5敗 2125(6)

    勝ち残り 錦織選手より上位選手 6
         錦織選手       0
         錦織選手より下位選手 12
    現在の錦織選手を次勝って超える選手 0
            ベスト4で超える選手 1 Raonic
            準優勝で超える選手 (割愛)
            優勝で超える選手 (割愛)
    ですから、現在ほぼ10位を確保していると言えます。

    15日 3回戦 8試合
    1、Nadal  11910 △ 14日 次2回戦 対Simon +80
    2、Djokovic 10940 △  次3回戦 対Kohlschreiber +90
    3、Wawrinka 5830 △  次3回戦 対Haas +90
    4、Federer  5125 ○  2回戦敗退
    5、Ferrer  4940 △  次3回戦 対Gulbis +90
    6、Berdych 4,250 △   次3回戦 対Dimitrov +90
    7、Del Potro 4125 ○  参戦辞退
    8、Murray 4030 △  次3回戦 対Melzer +90
    9、Nishikori 2815 ○  参戦辞退
    10、Raonic 2705 △  次3回戦 対Tsonga +90
    11、Isner 2600 ○   1回戦敗退
    12、Gasquet 2355 ○  参戦辞退
    13、Tsonga 2315 △  次3回戦 対Raonic +90

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。