【超ナイスゲーム!】2015マドリッド2回戦 vs. ゴファン 半実況記事

Set1 圭6−2ゴ

G1ゴ ○☓○☓○○ 1−0 Break!

リターンエース、パッシングショット、2ndサーブを強打リターンと初っ端から全開。

G2圭 ○○○○(1111) 2−0

圧巻のフォアの攻撃力と100%入った1stサーブでラブゲームキープ。

G3ゴ ☓○○☓○○ 3−0 Break!

まるでハードコートのような速いテニス。
2ndサーブに対してリターンエース連発。

G4圭 ☓○○○☓○(121112) 4−0

ミス2本は出たがこれまで押し込まれる場面0。

G5ゴ ○☓☓○☓☓ 4−1

1stサーブが入ってゴファン初キープ。

G6圭 ☓○○☓○○(212211) 5−1

サーブアンドボレーを織り交ぜ上手くキープ。

G7ゴ ○☓☓☓☓ 5−2

ゴファンがサーブとバックストレートを上手く使ってキープ。
これまで、2ndサーブになるとほぼリターンエース狙い。

G8圭 ○○○☓☓☓○○(11222221) 6−2

1stが入らない場面があり、リターンで逆襲を食らったが立て直した。
ゴファンもやることをやっているので2ndは気を引き締めて。

<1stセットスタッツ>
ウィナー ゴ6−13圭
ミス ゴ6−5圭
リターンゲーム 2ndサーブに対するポイント獲得率 80%(8/10)

Set2 圭4−6ゴ

G1ゴ ☓☓○☓☓ 0−1

ゴファンのサーブとフォアが良い。

G2圭 ☓○☓○○○(112111) 1−1

錦織が1stサーブをきっちり入れてキープ。
ゴファンは強打を増やし流れを変えようとしている。

G3ゴ ☓☓○☓☓ 1−2

ゴファンのキープが安定してきた。1stセットのプレーを修正し、動きが良くなってきている。

G4圭 ○☓☓○☓○○○(11112112) 2−2

ゴファンのプレーが鋭さを増してきているが、サーブの確率を保ってしのぐ。

G5ゴ ☓○☓☓☓ 3−2

ゴファンのバックハンドが速い。2ndサーブからもポイントを取れるようになって勢いを感じさせるキープ。

G6圭 ○○○○(1112) 3−3

錦織のストロークが冴える。相手に勢いが出たところで自分もギアを上げてのキープはさすが・・・!

G7ゴ ○☓○☓○☓☓○○☓☓☓ 3−4

見応えのあるラリー戦はゴファンも一歩も引かない・・・
サーブリターンの読み合い、外し合いが面白かったゲームだった。

G8圭 ○○○☓○(11211) 4−4

サーブの確率が高いのでキープは盤石。

G9ゴ ☓☓○☓○☓ 4−5

錦織もよく粘っているが、リターンゲームではストロークでも押し込まれる場面が増えてきた。
特にゴファンのバックストレートが凄い。

錦織、テンション52/54でラケット2本のガット張りを注文。

G10圭 ☓☓○☓○(221111) 4−6 Break

こういう場面で1stの確率が落ちる傾向があるので注意したいところ。
と言ったら2SP。
ボレー、ギリギリ入って30−40。
バッククロスがオンラインに入ってセットを落とす。

ゴファン、1stセットとは別人。
でも錦織が悪いわけじゃなくゴファンが素晴らしいだけなのでファイナルセット、まだまだこれから。

Set3 圭6−4ゴ

G1ゴ ○☓☓○○○ 1−0

DFやラッキーなポイント(打ち損じに対しタイミング外されてミスってくれた)もあって大きいブレイク。
ただ、バックの打ち合いの勢いで負け始めている。そんなに鋭角に打ててないのでフォアにもう少し回すか、深く打ちたい。

G2圭 ☓☓☓☓(21D1) 1−1

どうした?ミス連発でブレイクを許す。これはもったいない。
いい球を打っても返ってくるので焦っているのかも。

G3ゴ ○☓☓☓☓ 1−2

サーブのコース打ち分けに対応できず、あっさりとキープを許す。

G4圭 ☓☓○○○○(122112) 2−2

錦織、サーブのコースが甘いか?打ち込まれるプレッシャーを受けて少しサーブの確率が落ちているのが気になる。
30-30からのワイドサーブはきっちりにコースに行ってリターンミスを誘った。

G5ゴ ○☓☓○○☓☓☓ 2−3

ウィナー級ショットの応酬をゴファンが制して勢いに乗ったと思ったが、1本の差を争う試合展開で錦織が際どいショットを連発で入れチャンスを掴む。
と思ったらゴファンが脅威のディフェンスからの切り返し、そしてサーブでピンチを凌ぐ。
勝負の行方は全くわからない。

G6圭 ○○○○(1111) 3−3

強打2本から、この試合初めてのドロップ。プレッシャーかかるサービスゲームなのにあっさりキープしてまた流れを渡さない。
小さい流れが行ったり来たりする、試合としては最高に面白い展開だが胃は痛い。

G7ゴ ○○☓☓☓☓ 3−4

錦織が緩い球を意図的に使ってタイミングを外し、流れを変えると思ったがゴファンのフットワークに衰えはなく、ブレイクが遠い。

G8圭 ○☓○☓○○(111121) 4−4

30-30の2ndサーブになって冷やっとしたがリターン強打をしのいでからのフォア回り込み(あまり使ってないパターン)でナイスキープ。

G9ゴ ☓○☓☓○○○○ 5−4 Break!

ゴファン、サーブ良しストローク良しだが、錦織が2ndサーブに対しリターンでプレッシャーをかけたのがゴファンのミスを誘った。
修羅場をくぐった経験の差のように思える・・・。

G10圭 ○○☓○○(11221) 6−4

このセット徐々に調子を上げてきた1stサーブがここへ来てビッグサーブに進化。ゴファンのお株を奪うバックストレートにフォアの強打で素晴らしい勝利!!!

43 件のコメント

  • ガオラで番組予約している方、録画終了したので注意です。
    次のサーフィンの番組も予約しないといけないようです。

      引用  返信

  • いやーかなり焦りましたが よくやった!!おめでとう!!
    ゴファンの意地をみてると強烈に次世代エラに名乗りを上げてきてる気がしました。
    明日も圭くんの試合がみれて嬉しいです!

      引用  返信

  • 実況お疲れさまです。

    観ていてたいへん疲れる試合でした(笑)
    ゴファンが好調とはいえ実力差は明らか・・・体力温存の為にももっと簡単に決めて欲しいものです。

    修造さんの以前のコメントですが、錦織くんは最終セットの4-4になった時が得意だと。
    確かにそういう状況では集中力がグン増す気がします。

    3回戦はエコで頑張って~!!

      引用  返信

  • 団長、実況記事ありがとうございました。
    セカンドセット終了時に出勤時間となり、泣く泣く家を出、職場で勝ちを知りました。
    セカンドセット以降のゴファンは別人のようでしたね。
    フェデラーが初戦敗退したので、錦織選手には優勝に向けて大きなチャンスだと思います。
    タイトなスケジュールですが、頑張って優勝してほしいですね。

      引用  返信

  • 今朝は第1セットだけ家で観て、こりゃ楽に勝てるかなと思って出勤したら、その後ゴファンくんが持ち直していい試合になったようですね。
    第2セット以降は今夜、家でゆっくり録画を観よっと(^^)。

    それで、また18時間後位に次の試合があるので、ちゃんと体のケアをして早く休んでほしいです。
    3Rの勝利を祈念して↓のものを作ってみました。頑張れ!

    対戦相手
    [#14] Roberto Bautista Agut (ESP) 16位(キャリアハイ14位)
    183cm, 76kg, 27歳
    キャリア優勝:2回 (土)2014Stuttgart、(芝)2014s-Hertogenbosch
     
    今期16勝12敗、うちクレーコート8勝4敗(圭はそれぞれ27勝5敗、6勝0敗)
    Monte-Carloでは#12シードで参戦し、3Rで#6Berdychに6-7(7),4-6負け。
    Barcelonaでは#7シードで参戦し、3Rで#10Cuevasに7-6(5), 6-2勝ちも、QFで#1錦織に2-6,6-3,1-6負け。
    先週のMunichでは#3シードで参戦し、QFでEstrella Burgosに4-6,6-0,6-0勝ちの後、SFで#1Murrayに4-6,4-6負け。
    今大会は、1R (WC)Copilに7-5,6-3、2R Querreyに7-5,6-4勝ち。
     
    過去の対戦成績
    2勝0敗
    2015 Barcelona QF, ○Nishikori 6-2, 3-6, 6-1 ●Bautista Agut (錦織5位、アグー16位)
    2014 Barcelona 2R, ○Nishikori 6-1, 4-6, 6-3 ●Bautista Agut (錦織17位、アグー45位)
     
    試合時間
    現地時間 5月7日(木) 第5試合 Not Befor午後8:00
    日本時間 5月8日(金) 午前3時以降開始

      引用  返信

  • 第2シードのマレーさん、こんな時間に試合なのね・・・(-_-;)

      引用  返信

  • やった~、大事な初戦、大きな勝利ですね
    クレーの試合とは思えない、スピード感あふれる試合でした。
    なあんて言ってるけど、本当はこわかったです。
    団長、実況記事ありがとうございました!(仕事大丈夫かな?)
    GAORAで映っていた応援団は、hmkyさん情報の方たちでしょうか?
    とっても嬉しかったです。

      引用  返信

  • 省エネのはずが、大変な試合になってしまいました。
    股関節を最後抑えてたのが気になります。
    そして、グラノさんも勝つなら早く勝ってよ!とはじまる前からかなりやきもき。
    ナイトシフトになるとずっとナイトシフトにならないと選手はきついですが、どうなるのか。
    次は省エネお願いしたいな~

      引用  返信

  • 実況お疲れ様です。
    朝食のメニューを急遽たまごかけゴハンにサラサラと済ませる心算が結構ヘビィーでした。
    試合後圭が腰に手を当ててましたがちょっと心配です。
    マレー試合中選手は大変ですね、現地時間2時10分!!

      引用  返信

  • 出勤中なう!!p(^-^)q

    とにかく、負けなくて良かった!!!σ( ̄∇ ̄;)

    圭、良くがまんしてくれた、ありがとう!p(^-^)q

    今日の試合が、今後の糧となりますように!!!( v^-゜)♪

      引用  返信

  • 団長さん、実況ありがとうございました。
    一セット目を取った時は、すんなりと行くと思ったのですがゴファン選手タイミング合わせるの上手
    ですね。初戦勝って良かったです。

    ebicciさん、ベンチに戻った時に痛そうな顔していましたね。私も気になりました。

      引用  返信

  • 第一セットあっさりとったので、よゆう~と思ってたら、第二セットからゴファン選手別人のようになってて・・・

    朝からハラハラドキドキ・・・胃と心臓がつらかった~

    勝って良かったです。

    練習の様子では好調と聞いてましたが、初戦はやはり固くなるのでしょうか?

    でもスタートはよかったですよね??

    次戦のためにしっかり疲れがとれるといいな。

      引用  返信

  • バルセロナの決勝を思い出しました。
    我慢して最後に勝ちきる!とにかく勝って良かったです。

    マレー勝ちましたね・・・現地は3時です。どうにかならんの?このスケジュール。

      引用  返信

  • ナイスゲームだったとは思うんですけど、優勝を狙うには痛いフルセットでした。1stセットの序盤は昨年の鬼畜モードだったので、圧勝→エコ運転を狙っていたような気がしましたが、ゴファンも速射砲の撃ち合いでは部が悪いと見て戦略を変えてくるとは一筋縄では行きませんね。それでも2ndセットはついて行ってラスト2ゲームでギアを上げるパターンと思いきや、先に上げられちゃった(汗)。まぁMSに楽な試合なんか無いですね。気合入れて応援しよ!

      引用  返信

  • 2ndセットからゴファンのバックハンドの調子が上がり、特にダウンザラインでエースを奪うパターンが目立ったので、さほど脅威を感じないフォアを狙うか、効果的にみえたバックハンドに高く跳ねる深いボールをなぜ使わないのか不思議に思っていたのですが、第3セット、4ー4からのブレークポイントでのゴファンからのやや浅いバックハンド側への返球を、錦織がバックハンドで今まで順クロスに強打していたパターンを変え、いきなりゴファンのフォアに逆クロス気味に決めたのと、最終ゲームでのフォアへのサービスエースとラストポイントのフォアへの強打を見ると、最後の勝負所までゴファンのバックハンド側への配球を意識させるためにフォアへの配球を我慢して温存していたのか、と深読みしたくなりました。

      引用  返信

  • 2セットまで見て出勤。今日はヤバい予感がしましたが、さすがとしか言いようがないです。
    しかし、去年より1試合少ないアドバンテージがパーになるようなスケジュールですよね……。

      引用  返信

  • 日程は仕方ないですね。
    フェデラーとナダルが同じ日で、マレーを一番最後に持ってこざるを得ない状況でしたから。
    また、1セット失うのも已む無しです。
    全仏ならば、4回戦以上でしか当たらないタフなクレーコーターとの対戦でしたから。
    ラブゲームでサービスを落としながらタイブレークに持ち込む前にケリを付けたことで満足すべき展開だったと思います。
    しかしやむを得なかったこととはいえ、水曜深夜の初戦からの5連戦は厳しいですね。
    初戦のゴファンがGS4回戦クラスのクレーコーターなら、次のアグーはGS4回戦クラスのオールラウンダー。
    その次がクレーでは最強の対抗シードとなるフェレール。
    手を抜ける日は無いと思います。
    この日程で決勝まで無事乗り切れるようなら全仏は問題ナシでしょう。
    それくらい厳しい日程だと思いますが、頑張りを期待したいですね。

      引用  返信

  • 流れが変わる時間帯もあったけど MSだもん 楽な試合なんてないですもんね
    ゴファンがどんなに調子を上げても最後はしっかり締めるとこ締めて勝ち切るのはさすがトップ選手の貫禄だと思いました
    しかし序盤の高速テニスはクレーじゃないみたいで凄かったー

    眠いのは必至ですが次戦のアグー戦も応援頑張ります
    ただ 私も試合後にベンチに戻った際に 少し顔をしかめながら腰の辺りを押さえたのが気になりました
    この先 ハードな日程が続きますし 中尾さーん!宜しくお願いします(>人<;)

      引用  返信

  • Hola! まだアンダルシアの玄関のコルドバにいます。今日のお昼にマドリッドに戻ります

    やはり現地ではテレビ中継がなく、ライスコで第1セットは頑張っていたのですが、睡魔には勝てず、先ほど結果を知ってホッとしました(^o^) ロジャーも負けてしまったし(T ^ T)、MSの初戦に楽なカードはありませんね〜

    思惑通りナイトマッチになったので、全力応援で頑張ります(^-^)/ きっとアウェイ感満載になると思いますが、千里の道も一歩からです!

    会場に入りましたら、主にツイッターで報告しますが、コメントもなるべく書くようにします( ´ ▽ ` )ノ ツイッターのフォロワー数が3倍に増えて、鼻血ブログの影響力の大きさを実感しつつ、プレッシャーも…。では12時間後に、Ciao!

      引用  返信

  • ゴファンは幾つかの戦略をもって、戦っていましたね。
    センターに打ち込むサービスエース、ワイドに打って3球目をオープンスペースに叩き込んでウイナーを取る、圭くんの甘くはない球でさへ早めにダウンザラインに展開してウイナー、これらでうまくポイントを取れるようになると圭くんも押され気味になりました。しかし勝ったのは圭くんでさすがの強さを見せてもらえました。しかし、圭くんの戦略は何だったのでしょう?ハードコートも凌ぐばかりの高速テニスですか?強烈ショットでしょうか? リターン力でしょうか? これらは圭くんの武器ではありますが、圭くんの持つ基礎力のようなもので、戦略や戦術というものとはちょっと違うと感じました。
    圭くんは、私のようなテニスど素人にはわからない高度な、繊細な戦術を使っていたのでしょうか? 私はきっとそうだと思うのですが、自分にはわからないので、詳しい方に是非教えていただきたいのです。
    よろしくお願いいたします。
    それと、腰か何処かを痛そうにしていたというコメントが散見されますが、圭くんは限度ギリギリまで戦ってくれると思っています。タイトなスケジュールを心配する向きもありますが、これもできろ限りの力を出してくれるはず。心配は横に置いておいて、そんな圭くんの試合をひたすら応援していきます。(本当は心配で今朝も不整脈がよく起こりました)

      引用  返信

  • MIYA@アンダルシアさん、現地レポートお疲れ様ですm(__)m
    圭くん、初戦突破してよかったです!
    フォロワー数すごいんですね。ちなみに私はツィッターしてませんのでお気楽に(爆)

      引用  返信

  • MIYAさん
    いよいよ今夜は現地での観戦ですね 楽しんでください♪

    テレビで見ていると夜は寒そうな観客の方々も見受けられました
    MIYAさんも寒くないように気をつけて そして熱い応援宜しくお願いします*\(^o^)/*

      引用  返信

  • MIYAさん
    今夜も楽しいリポート待っているのでよろしくお願いします!

    ところで、チャンですが、上海にいるようです。
    オージーオープンのツイからですが、プロアマクリニックに出ているとのこと
    その前の週は確か、フロリダでエキシビみたいなのに出ていたような。
    なんだかな~と思ってしまうのは私だけでしょうか。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Australian Open ‏@AustralianOpen 9h9 hours ago

    The Woodies & Michael Chang combined forces in Shanghai recently for a special Legends Pro-am & tennis clinic.
    Kia Australia, ANZ Australia, Todd Woodbridge and Mark Woodforde

      引用  返信

  • いやー団長様のおっしゃる通りいいゲームでした。
    95点の出来の世界21位と80点の世界5位がやれば、そりゃ競った試合になるし、いい試合になるわな。
    特にツアーでも屈指のファンタジスタ同志。
    テニスファンの評価も高い一戦だったようです。

    唯一残念だったのは、GW明けの初出勤日の朝だったこと。このブルーな気分で最高の試合を見るのは複雑な気持ちでありました。。。

      引用  返信

  • 錦織対ゴファンいい試合でしたね!
    久しぶりに少しヒリついたというかもしかしたら危ない、と思わせるようなそんな試合だと思いました。
    大変喜ばしいことなのですが最近の錦織は強すぎてヒリつくような試合が少ないです笑
    次のアグートは手強いですから要注意ですね!
    ところでサンティラン晶くんはついに準準決勝で燃え尽きましたねー。
    それでもフューチャーズ三連戦で優勝、準優勝とベスト8ですから大したもんですねー。
    今後に期待です。

      引用  返信

  • 今日は3セット目でブレイクしたところで、ダッシュで駅に向かいました。
    もう大丈夫だと、念を送りながら…

    途中電車でスコア確認してにんまりで出勤しました。
    最後は観てなかったのですが、股関節気にしていたようですね。
    とても心配です。

    今日も3時にスタンバイ!!
    圭が頑張るときは、私も頑張る。

      引用  返信

  • ebicciさん
    >なんだかな~と思ってしまうのは私だけでしょうか。

    ずーーーーっと思ってました。
    昨年は、バルセロナも帯同だったのに・・
    圭君は「マイケルが一緒にいるだけで心強い」って言ってるのに・・
    この大事な試合の時にいない。マイアミでもいなかった・・
    今年はGSだけの契約??でも、メンフィスはいたよね??
    ジョコのコーチのベッカーはいつもいるのに、メインコーチとして取り上げられてるチャンがどうしていないの??
    仲悪くなったの??とか妙な心配してしまいます!

      引用  返信

  • 団長さんのファンさん

    仲悪くなったとか、そんなことないと思いますよ。
    昨年は全英にも帯同してなかったから、GSなら来るとかそういうわけでもなさそうですし。
    どういう契約内容になってるのか、私たちにはわかりませんが、圭が納得してるんならいいんじゃないですかね。納得してなかったら契約を切るでしょう。

      引用  返信

  • 第二コート.圭くんの前の試合が3時間越えで試合開始が23:30以降…終わりが1:30過ぎ(地下鉄最終が1:30)
    にもかかわらず圭くんを応援してるファンは圭くんの応援頑張りました〜!圭くんファンの輪は凄くて
    現地で結束,気がつくと10人ぐらいで応援(外国人含む)になっていて、圭くんの知名度が去年と比べものにならないぐらい高くなっているのを感じました。テニスをやってるらしいスペイン人のボールボーイが
    わざわざ近寄ってきて”He is the best”とか隣に座ってたスペイン人のおっちゃんが”今大会、おっちゃんは錦織が勝つって思ってる。調子がいい時の錦織は凄い!リップサービスと違うよ。妻に聞いてみてずーっと言ってるんだから!”とかファンが世界中に増えてきています。
    今日の試合も楽しみです。VAMOS KEI!

    今日はセンターコート現地時間not before 20:00昨日ほど遅くないといいのですが…圭くんの試合とファンを観るのが楽しみです。

      引用  返信

  • @団長のファンさん

    MADRID OPEN去年もマイケル来てませんでしたよ。
    だからこの時期抜け出せない用事があるのでは?と私は思っていますが….

      引用  返信

  • 今朝、実況板のほうでスコアを教えてくださった皆様、ありがとうございました。

    お礼が遅くなってしまいすみませんでしたm(_ _)m

    勝ってよかった、本当に勝ってよかったですね。

    あまりリカバリーの時間がない中でのバウティスタアグー戦は大変だと思いますが、錦織選手を信じます!錦織選手と楽しみます!

      引用  返信

  • ebicci さま
    団長さんのファン さま

    おそれながら・・・
    確かチャンコーチは一年で20週間?の帯同でしかも必ず
    毎回 家族同行というのが条件でコーチを引き受けたのだと記憶しています。
    メンフィスもご家族いらしてましたよね(かわいらしいお子さんも)

    圭くんへのアドバイスや、注意事項はまめに連絡してくれるそうで
    それだけでも大きいのかもですね。

    こちらとしてはコーチ席にいてくれると 安心なのですけどね、
    すごくわかります!

      引用  返信

  • チャンコーチの件ですが、私の勝手な想像ですが、家族の事が第一優先なんではないですか。
    だけど全仏オープンには絶対きてくれるはずです。
    全仏まで帯同しないとなると何か問題でもあるのかなと思いますけどね。
    三人でコーチしてると意見も合わない時もあるだろうし、時には波風がたつ時があつても不思議ではないですよね。
    かって、ダンテコーチとギルバートコーチの時も圭君が二人とも我が強いってこぼしたこともありました。
    チャンさんも今は二人の娘が小さいから世界を回れるんだと言ってました。
    上の娘さんもいくつになるのかな。
    日本でいうと来年は幼稚園の年少さん位になるのかな。

      引用  返信

  • 第一セットは圧巻の強さでした。テンポが速い、攻めるボールに力がある、読みが速くてことごとくゴファンの裏をつくという感じで、ゴファンは手も足もでないかのようでした。
    トップギアにはいってる感じで、長年、スロースターターで出だしはらはらだった錦織はいったいどこへ、とうとうこんな高みまで来たんだ、このプレーなら、グランドスラム優勝できる・・・
    と思っていたら、第二セットにはいったら、突然、ギアがおちました。
    少しスピードが落ち、打つタイミングも第一セットのような早いテンポではなく、攻める姿勢というよりはボールをいれにいっているような印象がありました。ゴファンよかったのでしょうが、なにか様子が違いました。夜中の試合に体調がうまく合わないのか、どこか痛いんじゃないのかと、心配でした。
    それでも最後のニゲームは、トップ5らしさがあったと思います。
    zeugさんがおっしゃってるように、最後に、いままでみせていなかったコースに突然、うったのは、やはり隠してたんじゃないでしょうか。あれは、ゴファンも意表をつかれたように見えました。錦織は勝負所でキラーショットをうちますよね。こんな土壇場で勝負をかけられる・・・勝ちかたをしってる・・・それが強みなのでしょうね。
    とにかくフルセットの勝率がまたあがりました。
    しかしここまでもつれてしまったのは真夜中の試合だったせでしょうか。錦織は寝るのが早い(夜9時)という話をきいたことがあるような気がするので、(毎日そうなのかどうかはわかりませんが)真夜中に良い試合するのは難しいのかもしれませんね。ほんとうにツアーは過酷です。

      引用  返信

  • 今日はホントにナイスゲームでしたね。

    好調ゴファンに勝ち、自信をつけたところで一気に決勝まで行ってもらいたいデスね‼︎

    (あまり煽り過ぎるのも良くないですが…笑)

      引用  返信

  • yukicr7さん、現地ならではの情報、ありがとうございます!!!p(^-^)q
    世界中のテニスファンから愛される圭、とっても誇らしいです!!!(*≧∀≦*)キャー

    圭の応援団、テレビでも目立ってましたよ~!!!
    今日も現地から、圭に元気玉をいっぱい送ってくださいな~!!!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

    噂の錦鯉さん、そうでした!(>_<)
    圭は、すぐにおネムになるんでした~(^_^;)
    ランキングも上がったことだし、徐々にナイトセッション仕様に、身体も改革していって欲しいです!!!σ( ̄∇ ̄;)

    今日も遅くからの試合だけど、がまんしてね!
    バモス、圭!!!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

      引用  返信

  • としぼう :
    ナイスゲームだったとは思うんですけど、優勝を狙うには痛いフルセットでした。1stセットの序盤は昨年の鬼畜モードだったので、圧勝→エコ運転を狙っていたような気がしましたが、ゴファンも速射砲の撃ち合いでは部が悪いと見て戦略を変えてくるとは一筋縄では行きませんね。それでも2ndセットはついて行ってラスト2ゲームでギアを上げるパターンと思いきや、先に上げられちゃった(汗)。まぁMSに楽な試合なんか無いですね。気合入れて応援しよ!

      引用  返信

  • Yukicr7さん
    はじめまして。現地レポMuchas gracias!すぐ話を脱線させてしまいますが、Yukicr7というH.Nに私はときめいてしまいます☆私も圭くん&CR7ファンです(^^) 今日も圭くんの応援宜しくお願いします。私も日本で熱烈応援します!Vamos Kei!!

      引用  返信

  • 試合後ベンチで腰を押さえてしかめっ面してましたね。
    かなり痛そうでした。
    超心配です。

      引用  返信

  • 試合直後にしかめっつらで左側の腰を押さえた直後に、ラケットケースを担いだままサインに応じてました。もし腰が重傷なら本能的に重いラケットケースを置いた状態でサインすると思います。

    昨年のクレーコートシーズンより後、全米以降の錦織の体力面の改善ぶりから想像すると、全仏を怪我で棒に振るようなことは無い気がします。あくまで憶測に過ぎませんが。

    一方で、ゴファン戦でフォアに戻りかけたときバックに逆を突かれて上体だけバックに向かい、脚を滑らせた直後、2014年決勝で同じように脚を滑らせた直後のような、不自然な足の引きずり方をしたようにも見えたのも事実です。

      引用  返信

  • チャンコーチの件、私も問題ないと思います。もう長いダンテコーチもいますし。恐らく契約の関係でしょう。ひょっとして勝ったら勝ったで良し、負けたら負けたで「Keiの勝つ本番はここじゃないからね」なんて思っているかも知れません。また実はしっかり見てて、この時代なのでネットから一言アドバイスを与えるのかも知れませんし。いずれにせよ錦織君が納得していれば問題なしと考えます。
    前戦は見れなかったのでよく分かりませんが怪我だけは気をつけて欲しいです。

      引用  返信

  • 今回のスマッシュの事ですが
    確かに、練習調整そしてコーチが
    関係しているように見えました

    ジョコビッチのように
    しっかりしたチームで
    ベッカーのようなヘッドコーチが
    スケジュール、戦略、調整、管理など
    きちんとしたチームが
    今の圭にはまだたりません

    バルセロナでも
    触れましたがダンテコーチの欠伸事件…

    まず
    チャンがきちんとコーチしてたら
    今回のようなスマッシュミスの連発は
    なかったでしょうし
    調整管理についても
    GSをどうやって獲るかなど
    チームとしての
    目標意識、明確なゴールがないと思います

    フェデラーの黄金期以降のテニスは
    他のチームスポーツのように
    チーム力で戦うようになりました
    それは フェデラーから
    キングを奪ったジョコビッチや
    マレーらが証明しています

    それに気づいたフェデラーは
    コーチ、チームをつくり
    復活してきた経緯があります

    まず、チャンコーチですが
    圭はそろそろ卒業した方が良いと思います
    チャンには申し訳ないですが
    GSを1回だけしか
    しかも、チリッチ的な優勝しか
    経験ないコーチと
    ベッカーとでは格が違います

    今回の全仏オープンの後は
    チャンコーチの解任と
    アガシやサンプラスなど
    もうワンランク上のコーチの招聘が急務です

    正直コーチなら帯同して
    ゲームや選手の状態、会場の雰囲気を生で感じ選手をどう導くが考えなくてはなりません

    離れたところから
    ちょいちょいのアドバイスで
    圭が世界を獲れるか?といえば それはNOです

    選手もコーチもベストの上のベストを
    積み上げてこその世界一位なのです

    今回のスマッシュをみたり
    全仏オープンへの戦略や
    各ゲームの運びをみても
    チーム圭の再編と確立をしない限り
    世界一位へのもう一つの壁は
    破れないと感じた一戦でした

    以下引用
    ジョコビッチはベッカーについてテニス界の「真の伝説的人物」と話しており

    フェデラーは、幼少時代のアイドルであったエドバーグについて「時間を過ごす機会があるだけでもハッピー」と、話している。
    引用元
    http://news.tennis365.net/news/smartphone/today/201401/99331.html

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。