右手首痛を発症し、思い切ったプレーができず敗退(2017マイアミ準々決勝)

2017 Miami (Masters 1000)
Quarterfinal
Fabio Fognini def. Kei Nishikori[2], 6-4,6-2

 見ていて辛い試合でした。
 昨日は左膝痛を発症してしまいましたが、今日思い切ったプレーが出来なかったのは右手首痛だったようです。練習は10分で切り上げ、左手で打つ場面もあったようです。膝がまずいのかと思っていましたが、まさか手首とは。でも、動きも良くなかったので膝の影響もあったと推測します。
 序盤から元気がなかったのですが、途中からさらにフォアが思い切って打てず、振り切らないフラット系ショットがメインになりました。サーブにも影響がありました。
 この状況でもなんとか形を作り、タイミングで取るウィナーを見せるなど1stセットは見せ場も作りましたが、動きも悪く、勝てる要素があまり見つかりませんでした。リタイアしてもよかったくらいの状況でしたが、結局最後までプレーは続けました。

 ちょっとツイッターでは厳しめの意見を書いてしまいました。すなわち、この状態では途中で止めても良かったのでは?という意見です。責めているわけではありません。錦織はやれる範囲で頑張ってはいたという前提です。頑張ってもあのくらいの状態だったのであれば、治療に専念して欲しかったという思いです。
 やってみないと分からない部分があり、最初痛かったけど途中からプレー出来る感じになるということがありますので、試合に出たことはいいと思います。最初、恐る恐るのプレーになってしまうことも仕方ないと思います。でも、どこかのタイミングでギアを上げていかなければ勝利はおぼつかないわけで、それができないどころかむしろ、さらにプレーの質が落ちてしまう状態でしたので、私としては途中でやめても問題なかったのではないか、と思いました。かなり辛そうで、ポイントを取っても下を向いたままでした。

 私の意見のせいで、(少なくともこのブログ上で)今日の錦織に対する批判が集まってしまうことを少し恐れていますが、取り繕うこともできませんので正直な意見を書かせていただきました。批判ではありません。「最後までよく頑張った」という意見はあってしかるべきものですし、錦織に対して何を見て、何を望むかの違いによってスタンスの差が生まれます。私も、痛みがある中で工夫してポイントを取ろうとした姿勢には感服しますし、できることはやったと思います。ただ、長期的な視野に立って考えるとここで試合を最後までプレーすることで、何か多くのものを得られるかというとそうは思えなかったというだけのことです。ひょっとしたら、錦織自身のポリシーやプライドで、リタイアを良しとしていないのかもしれません。ですので錦織の選択は尊重します。

 私のこのスタンスは、2008年ストックホルムでソダーリングに同じような状態で負けたときから変わっていません。当時、ブログ1年目で今よりずっとアクセス数は少なかったにも関わらず、300を超えるコメントが集まり、私に対する批判も多くありました。あんまりそっちの記事を注目して欲しいわけではない、むしろそっとしておいて欲しいのでリンクは張りませんw。開設当初は黒歴史が沢山ありますが、精力的に活動して活気があった時代でもあります(今はすいません・・・)。
 その後状況は変わり、どちらかというと私が錦織のリタイアや、怪我によって思うようにプレー出来ないことを擁護し、コメント欄で厳しい意見が支配的になる、ということの方が多くなりました。しかし、そのような場合は大抵、「状態が悪く厳しいものの、工夫によって少しは勝つ可能性があった」(リタイアしなかった場合)あるいは「見込みがないため諦めた」(リタイアした場合)だったはずです。今日は工夫でどうにかなるレベルではなかったと思いますし、逆に今日のレベルのプレーが精一杯であれば、コートに立っていることは危険で心配です。

 このあたりは本当に人によって受け止め方が変わると思います。冷静に状況を考える人、常に頑張る姿勢に感銘を受ける人、様々です。私が願うのは、スタンスの違いをお互いに批判しないでほしいということです。「リタイアした方が良かった」と考えても、それがすなわち応援していないということにはならないし、頑張っていないという批判にはなりません。怪我の悪化を心配する気持ちかもしれませんし、思い切ってプレーできない錦織を見るのが辛いという気持ちかもしれません。逆に「プレーするなら最後まで応援する、最後までよく頑張った!」という意見を、「怪我が悪化したらどうする」などと批判するのもナンセンス。この意見は錦織の選択を肯定的に捕らえ、選手を支持する気持ちを表明しているだけであって、決して怪我の悪化を心配していないわけではありません。もっとも、この二者択一の気持ちである人はほとんどいないでしょう。皆、両方の気持ちをもっていてどちらに重きを置いているだけだと思います。実際、私も、「最後まで続けたのは観客のためもあったんだろうな」、とか、「勝ち目がないと分かっていても諦めきれなかったんだろうな」と思う気持ちを同時に持っています。ファン同士の喧嘩こそがナンセンスになると思います。

 誰も怪我したくてするわけではないし、怪我したのはこれまでの試合で精一杯頑張ったからです。あっさり負けていたら怪我していなかったかもしれません。だから今日の敗戦は致し方なし、責める気持ちは全くありません。むしろフォアの調子が上がらない中、負けてもおかしくない試合を粘り勝ちした内容を考えると今後に向けて大いに希望が持てる大会だったな、と思います。今日の故障が長引かないことを祈ります。
 

399 件のコメント

  • @mahalo さま、@ゆきんこり さま、

    現地レポートありがとうございます。やっぱり生で見るのはテレビと全く違いますよね。今後のためにフォーラム「GS&MSチケット入手の仕方(2017年版)」を開設していますので、お時間があればチケットや交通といった観戦事情、観戦記のまとめとかを書いていただけると(もちろん主スレッドのコピペでも構いません)、また来年錦鯉の皆様の役に立つと思いますので、よろしくお願いいたします。よく知りませんが、現地レポートの投稿は100ブー以上(内容の充実度に応じポイント増量)となってますが、フォーラムに観戦のまとめや役に立つ情報を書かれると、さらに鼻Pのトリプル・ボーナスポイント・ブーが加算されるんだと思います(笑)。

      引用  返信

  • 今晩は。
    ゆきんこりさま
    フォニーニ選手戦、現地実況状況レポート有難うございます。Twitterも楽しく拝見させて頂いていましたが、こうして一文として文字起こしして頂くと、やはり悔しさは否めませんね。とはいえ当の本人があっけらかん、ダンテさんと楽しく過ごしているようなのでひと安心ですが(笑)

    4/15(土)にWOWOWで放送の「WOWOWテニスデー」5時間SPのお知らせです。
    <WOWOWテニスデー APRIL ~錦織圭・大坂なおみ いざ勝負の全仏へ! 語り尽くせ5時間SP~>
    http://www.wowow.co.jp/detail/110397/002/01

    スポーツ紙で恐縮ですが、この方々が司会&対談です。番組内容もチラリとお届け。
    <古田敦也氏と松岡修造氏が初対談 テニス談議で花>
    http://www.nikkansports.com/sports/news/1802086.html

      引用  返信

  • お早うございます。
    本日4/4は西岡選手手術ですね。どうか無事成功しますように。

    ATP公式サイトのトップ記事「マイアミから学んだ5つの観点」が興味深いです。
    <5 Things We Learned At The 2017 Miami Open>
    このうち「フェデラー選手の世界ランキング1位復帰への可能性」の部分の抄訳記事がアップされました。
    <フェデラー世界ランク4位浮上 1位復帰の可能性は? ATP公式サイトが分析>
    https://the-ans.jp/news/3108/

    バルセロナ公式の出場選手一覧ページです。最新ランクに更新されていると共に、西岡選手は消えシャルディ選手が…。これまた悔しいですね。
    https://www.barcelonaopenbancsabadell.com/en/players

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    先程の「マイアミから学んだ5つの観点」記事ですが、5つの観点は以下の通り。
     1.フェデラー選手の世界ランキング1位復帰への可能性
     2.キリオス選手はロンドン出場に名乗り
     3.ズベレフ選手は明白なNEXT GENのリーダー
     4.フォニーニ選手、トップ・プレイヤーに抗う
     5.コンティネン選手、ダブルスの新たなNo.1

    こう整理されると確かに一目瞭然。今後もMS以上は5つの観点をまとめて頂きたく。
    ただ「4.フォニーニ選手~」は悔しいですね。反抗は1回目成功、2回目失敗。その1回目が錦織選手なだけに。
    いえAO、ベルディヒ選手をもストレートで一蹴するくらいリフレッシュ済みの、フレッシュなフェデラー選手をフルセット勝負に持ち込んだ。マイアミではフェデラー選手も疲労蓄積していたはず。だからこそAOのフルセットに大いなる価値があると思います。

    小ネタを2つ。
    錦織選手スポンサー契約更新記事を、フォーラム・日本選手の「テニス井戸端会議」でご紹介しています。昨日4/3より某カード会社新CM放送開始。TVに釘づけなクール・ニシコリです(笑)
    先日ご紹介済みのライアン・ハリソン選手コングラですが、昨日挙式が執り行われた模様。おめでとうございます。

      引用  返信

  • 3連続になりますことお許しください。フェデラー選手関連は、ご紹介したい記事が土用波のごとく押し寄せてきます。
    自身に満ち溢れたフェデラー選手の特集記事をもう1つ。
    <フェデラーに漂う黄金期再来の予感 状態の良さに自信「復活劇は終わりだ」>
    https://the-ans.jp/news/3127/

    ESPNの元記事がこちら。
    本文はパスして結構です。とにかく2分弱のダイジェスト動画をお楽しみください。終了後暫く待てばナダル選手のオンコート・スピーチ、続いてフェデラー選手オンコート・インタビュー、そしてオンコート・スピーチを楽しめます。恐らくノーカットで超お得! 決勝戦の感動が蘇ります。しっかしミルカ夫人、ますます肝っ玉かあさん化…。
    http://www.espn.com/tennis/story/_/id/19060427/miami-open-roger-federer-revival-come-better

      引用  返信

  • @NORICHAN さん、沢山の記事紹介ありがとうございます。

    それにしてもバルセロナ公式の選手一覧ページ、顔写真入りだと余計に悔しいです。こんなメンバーの中に日本人が2人いたはずだと思うと・・・(ToT)
    今は西岡選手の今日の手術が無事に終わることをお祈りします(__)

      引用  返信

  • 面白い記事が集中する時はするでしょうから、連続で失礼します、などは入れなくても良いですよ😊👍

    今日は千鳥ヶ淵でお花見だ〜🌸

      引用  返信

  • 今日は。
    やっぱり紹介せずにはいられない!

    圭ロスの皆さまへ。動く錦織圭さんです。30秒CMの3パターン全ての動画が、情報発信サイトにアップされました。お花見のお供にもどうぞ。海外在住の皆さまもお楽しみくださいませ。近頃流行りのシームレス(継ぎ目なし)な動きにもご注目。
    <錦織圭の休日を描いたジャックス新CM 4/3よりオンエア>
    https://cyclestyle.net/article/2017/04/03/46912.html

      引用  返信

  • NORICHANさん、
    > 「喜怒哀楽の振り幅」、「結果を受け入れるキャパ」が大きくなる
    そうそう、そんな感覚です。
    現地観戦を計画して、試合の結果が自分の期待と違うものとなったときのショックは余計に大きいわけですが、それでもそれを上回るプラスがたくさん見つかります。
    鼻血ブログも助けてくれます。

    あじゃこさん、
    ありがとうございます。目を通してくださる方に少しでも何か伝わると嬉しい。

    ゆきんこりさん、
    確かに日本人割合がとても少なかったです。。
    マイアミ、素晴らしいところがたくさんありますね。(今日キーウェストに足を延ばしました。月曜日だからか渋滞に会わず。)
    ほんとにもっとたくさんの方に体験してほしい。

    禮さん
    少し(マイアミへのアクセスの敷居を下げられるような)追記をして、フォーラムへも投稿させていただこうかと思います。
    (週末になるかもしれませんが。)

      引用  返信

  • 今日は。
    午前にご紹介のESPN記事の、ナダル選手コメント部分の抄訳記事がアップされました。
    <ナダル、フェデラー戦で掴んだ完全復活の手応え「タイトルを獲る用意できた」>
    https://the-ans.jp/news/3134/
    何だかんだ言っても、彼とて今季既に19勝5敗! うち3敗が対フェデラー選手。勝敗差は縮まりつつ、でもこのままなら年間70勝超ペースです。
    スーパーマン・リターンズですか。ジョー・エル? カル・エル? いえラファエル。

    mahaloさま
    早速有難うございます。実は私、若かりし頃相方と、キー・ラーゴからキー・ウェストまでオーバーシーズ、7マイル・ブリッジを何回もドライブしまして。海外運転もマイアミが初めてで思い出深く。失礼致しました。

      引用  返信

  • 暫定ランキング試算
    錦織選手のランキング関連データ 4月3日現在
    現在ポイント 4310 本年の対戦成績 15勝6敗

    現在ランキング 7位(-3)
    本年記録 年初 5位 最高位 4位 最低位 7位

    生涯最高位 4位(2015.03.02) 生涯最高ポイント 6385(2015.08.17)
    トップテン在位週間 138(最初2014.05.12)
    現在継続週間 135(2014.09.08) 過去最高継続週間 128
    現在レースポイント 840  レースランキング 11位 (±0)

                                   錦織との差
    現在4位の選手とエントリーポイント Roger Federer (Sui) 5,305   -995
    現在5位の選手とエントリーポイント Rafael Nadal (Esp) 4,735   -425
    現在6位の選手とエントリーポイント Milos Raonic (Kan) 4,345   – 35
    現在7位の選手とエントリーポイント Kei Nishikori (Jpn) 4,310
    現在8位の選手とエントリーポイント Marin Cilic (Cro) 3,385   +925
    現在9位の選手とエントリーポイント Dominic Thiem (Aut) 3,385   +925

    今週はデビスカップの週のため、主な上位陣のポイントに変更はありません。

    4月10日付けポイントは
    現在点4310-失効点0=基礎点4310 です。

    2017年度の参戦予定 
    クレーシーズン
    4.10 Houston、Marrakesh 250
    4.16 Monte Carlo MS(=500)  今年もパスのようです。
    4.24 Barcelona 500 48Draw    参戦予定、ここ好きなんだね。
    4.25 Munich、Istanbul、Estoril 250 不参戦

    5.08 Madrid MS 56Draw 自動DA
    5.15 Rome MS 56Draw 自動DA
    5.22 Nice他 250       多分参戦しません。
    5.29 全仏 GS 128Draw 自動DA

    芝シーズン

    6.12 不参戦
    6.19 Halle ドイツのコートが気に入った様ですね。
    6.26 不参戦
    7.03 全英 GS 128Draw 自動DA

      引用  返信

  • 今日は。
    nakaさま
    ランキング試算有難うございます。ケイメヒコさま方式を踏襲、誠に有難く思います。

    内田暁さん、スポナビにコラム掲載です。
    <フェデラーとナダル、感傷なき決勝戦 完全カムバックでライバル物語は新章へ>
    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201704040001-spnavi?p=1
    何という濃密なライバル関係。確かにマヨルカ島でスーツを着ていた2選手は、片やひざを痛めて走れない、片や手首痛めてラケット握れない、そんな状態でした。
    マイアミ決勝戦、あの時誰が想像したでしょうね。そして最後の3行に背筋ゾクゾクッ! チャプターはまた始まった…。

      引用  返信

  • @mahalo さま、

    フォーラムへのまとめ、ありがとうございます。ご負担にならないように、お時間がある時にお願いします。キーウェストまでの7マイル・ブリッジのドライブとか楽しそうですね。松任谷由実の中央フリーウェイ(旧いか?)とか流したくなりますかね。いやマイアミの両側は海か(笑)。こちらはフォーラムに(またテニスに関係ない)記事を書きましたが、ヘミングウェイを思い出しました。アメリカとキューバ、国交正常化されたことだし(トランプのせいでまた変なことにならないことを祈るばかりです)、是非一度訪れてみたいですね。

      引用  返信

  • 禮さま、

    ご教示いただきありがとうございます!ではフォーラムの方に一度チケットのことなど書かせていただきますね。一日ブログ主の権利が溜まっていくワー、何しようかしら、うふふ。

    mahaloさま、

    やはり!普通キーウエストまで行きますよねー、いいなあ。やはり行けばよかった。私はマイアミに帰ればフェデラーがまた観れるというタイミングだったのと子供の意見も聞いて、キーラーゴで一日遊んだあと引き返してしまいましたー。来年は行きたいです。

    それと観戦ティップスの追記を一つ。
    マスターカードを持っていると、その日によりますが、30分だったり10分だったり早く入場できます。カードを持っているだけでOKです。一見それが何の得になるのか疑問かも知れませんが、例えばナイトマッチ、5時からの入場に5時前からぎっしり並んでいることがあります。原則としてスタジアムの試合は「ナイトマッチ」の名前でないものは入場時間になっても試合終了まで観れないようですが、その時のゲートのその時の係員によってはスタジアムに入れてくれちゃうこともあります。そうでなくてもグランドスタンドやアザ―コートでとても人気の試合があれば、たくさん並んでいるクラウドより少しでも先に入れるということは良い自由席のゲットに繋がりますから、お持ちの方は是非ご提示を。とは言ってもゆったりしているマイアミの方々、焦って速足になっている人でさえ観ないですけどね。

    あじゃこさん、いつも暖かいお言葉ありがとうございます!他のコメント下さった方々も!嬉しいです。

      引用  返信

  • @ゆきんこり さま、

    フォーラム、来年以降もきっと役立つでしょうから、よろしくお願いいたします。1日ブログ主特典、我も我もと錦鯉間の競争が厳しくなっているようですが、なった暁には「やりたい放題」がキーワードかと(笑)。

      引用  返信

  • ゆきんこり様、mahalo様

    現地観戦レポート、興味深く読ませて頂きました♪テレビには映らない部分を感じることが出来ました。
    私も今年こそはMS観戦したいと思っているので、チケットのことなど大変参考になりました!
    マイアミは、日本のファン少ないのですね〜。時期もあるし、日本から遠いからでしょうか。
    私、初海外旅行がフロリダだったんですよ。セブンマイルブリッジ通って、キーウエスト行きました〜😀NORICHAN様も行かれたのですね。なんかとても懐かしくなってしまいました⭐️
    遅くなりましたが、私はNORICHAN様の記事にとっても助けてもらっているうちの一人です。自分では探せない記事など、いち早くご紹介下さって感謝しています。いつも、もたもたしていてなかなかコメント出来ず(しかも遅くて)すみません〜。さっき、元気な圭くんの写真も見て、ほっこりしました💕

      引用  返信

  • 今晩は。
    むーみん&Kさま
    7マイル・ブリッジ仲間ですね(笑) 行くたびオープン・カーを調達したので、相方と運転の取り合いでした。あの解放感、また味わいたいですね。

    ATP公式よりNEXT GENのレースポイントのお知らせ。今頃から騒いでも仕方ない(苦笑) メドベデフ選手&エスコベド選手は21歳ですが、2017/01/01現在20歳だったので資格を保有。出場権は7位までなので7位で線引き。ラスト1人はWCが出場予定。さあ誰に?
    https://twitter.com/nextgenfinals/status/849260118101430272

    日本のランク3位&4位はどうしてるかなあと探っていたら、杉田選手、こんな活動を。
    <杉田祐一選手ら指導 会津若松で復興支援テニスクリニック>
    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170404-161813.php
    福島の方々に元気を届けています。

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    杉田選手の活動から、ちょっとエキシビ事情を。
    テニスは貴族のお遊びが発祥なので、恵まれない人々への施し、それも無償で見返りを求めない活動を行うことも、トップ選手は不文律として求められます。近代ではチャリティ目的のエキシビ等に形を変えていますね。

    代表的なのが、3.11東日本大震災直後にマイアミで開催された、ジョコビッチ選手提唱のチャリティ・サッカーや、錦織選手がライフ・ワークとしている楽天ドリーム・テニス。
    先日ご紹介したフェデラー選手のエキシビも、マレー選手をスイスに招待したチャリティで、アフリカ難民の為の資金集め。以前、マレー選手とフェデラー選手が秋にスコットランドで開催のチャリティをご紹介しましたが、それ繋がり。お互いが春にチューリッヒ、秋にグラスゴーと招待のし合いなんですね。

    他にも例えばツォンガ選手&ガスケ選手。フォーラムでご紹介済みですが、彼等は毎年11月下旬から12月上旬まで仏国内各都市を周ってチャリティ・テニス。目的はダウン症や身体障がい者の子供たちの為の資金集め。昨年もカーン市やボルドー市等で開催。彼らのライフ・ワークらしいのですがスペイン選手達も共感、昨年はアグー選手やラモス-ビノラス選手等も参加していました。

    なのでこの選手達もオフは12/10以降。更にツォンガ選手はクリスマス明けにはアブダビ入りで年末にはムバダラ・エキシビ。身重の奥さまがいたにも関わらずハード・スケジュールでした。
    錦織選手に限らずトップ選手は、年末オフは総じて少ないようです。&ネックは12/10。

      引用  返信

  • @ゆきんこりさま、@mahaloさま
    現地レポートありがとうございました。
    いつかは海外観戦行ってみたいと思います。
    去年の楽天が初生観戦でしたが、やはりテレビ観戦では追いきれない選手の様子や会場の雰囲気などなど、あとは何と言っても迫力の違いですよね。
    海外だとおまけに旅行気分も味わえるし…。あと数年の我慢かな?今は貯金頑張ります。それと家族の洗脳…(^◇^;)。気持ちよく送り出してもらわないと!!

      引用  返信

  • NORICHAN様

    世界各地でエキシビ行われているのですね❗選手の皆さんには頭の下がる思いです。
    (セブンマイルブリッジ仲間にしてくださってありがとうございますっ。私は、初海外でしたので、ドキドキで全く余裕ありませんでしたが😅)

    そういえば、今週かしわ国際オープンテニス開催中ですね。確か、今日鈴木貴男さんと綿貫陽介くんの対戦では?我が家から近いので、今週どこかで見に行ってみようかと思ってます。お花見がてら🌸

    ROM様も海外観戦計画中ですか~。私も今年こそ楽天以外も❗と思ってますが、なかなか難しくて…。圭くん見に一度はGSも行きたいのですが、どうなることやら。ダメなら東京オリンピックで☺

      引用  返信

  • @むーみん&Kさま
    柏国際オープンで鈴木貴男選手と対戦するのは綿貫「裕介」選手です。陽介選手のお兄さんです。ローマ字で書かれると本当に紛らわしい…私もよく間違えます(^◇^;)。

      引用  返信

  • フェデラーがシアトルで4月29日にイズナーとプレーする「Match for Africa 4」ですが、ビル・ゲイツとのプロモーション・ビデオ、マイアミでの対キリオスとの試合の判官贔屓への大いなる皮肉、なんてことではないですよすね、たぶんというか絶対に。。。一瞬背後に写るパネルは、フェデラー(スイス)vsキリオス(オーストリア)に見えなくもないのですが。。。思い過ごしか。。。

      引用  返信

  • お早うございます。
    むーみん&Kさま、ROMさま
    嗅覚が鋭い! 噂をすれば何とやら、綿貫ブラザース次男の敬介さんコラム掲載です。
    <35歳の天才はなぜ復活できたのか 専門家分析「フェデラーだから可能な戦略」>
    https://the-ans.jp/column/3187/

    禮さま
    4/29の「Match for Africa 4」情報有難うございます。4/10が「Match for Africa 3」ですので、フェデラー創立のシリーズ・エキシビですね。フェデラー選手、膝の負担の大きいクレーを避けて、チャリティ活動に勤しみつつ2ヵ月は4人の子育て、ですか…。正にレジェンド的過ごし方です。

      引用  返信

  • すみません、キリオスはもちろんオーストリアです。しかし、ビデオで22秒に一瞬写る背後のスコアパネルの国旗、スイス(9)とオーストラリア(15)だと思うのですが。。。ウーム謎だ。深読みしすぎかな?

      引用  返信

  • 今日は。
    4/27の「Match for Africa 4」ですが、先程ニュースがアップされ、3&4共に公式HPも開設されましたので、フォーラム・鼻血ブログラボ「フリージャンル」でご紹介しています。興味のある方はぜひ。

    禮さま
    シアトルの「Match for Africa 4」、どうやらシングルス対戦の他ダブルスも行われるようで、そのカードがフェデラー選手/ゲイツ氏組(!?)vs.イズナー選手/未発表Ⅹ組、となっています。
    なので未発表Ⅹ氏が豪州セレブなのか選手なのか、というところではないでしょうか。

      引用  返信

  • 今日は。
    Web Sportivaに内田暁さん、コラム掲載です。
    <「フェデラー王」のご帰還だ。今季19勝1敗、35歳の情熱は枯れない>
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2017/04/05/3519_split/
    彼女にしては珍しく砕けたタイトルです。ジャイアンかよっ(笑) しかし中身はいたって真面目。王と対戦各選手のコメントに唸るばかり。心の叫びがまんま木霊する切実なる訴えです。でも知らなかったなあ、ジョコビッチ選手&マレー選手のこと、王曰く「●●を生んでしまったかも…」と思っていたなんて。

    錦織選手近況をと何気にIMG関連をググッてウロチョロしていたら、こんなインスタが。ヘア・スタイリスト高橋貢さんです。
    https://www.instagram.com/p/BScPRFXBk0T/
    錦織選手ヘアー担当なのでまた何かの撮影ですね。日本からわざわざ呼び寄せるんだ~。スターの証、ですね(笑)

      引用  返信

  • ROM様

    訂正頂きありがとうございます~。うっかりしてました(😵💦)今朝は、早くから出掛けてまして、結果はどうなったのでしょう。
    NORICHAN様からも綿貫さんのコラム紹介が❗綿貫ブラザーズからも目が離せないですね~☺

      引用  返信

  • 今晩は。
    スポーツ情報サイトからファンの声ご紹介ニュースを。残念ながら大多数のテニス・ファンは、4/3付けランキングのトップ5に納得。ですよね~。
    <マイアミ優勝のフェデラーが4位浮上、男子テニスは再びBIG4+ワウリンカのトップ5に戻る>
    https://cyclestyle.net/article/2017/04/04/46967.html

    フットボール・チャンネルよりほっこり話題を。
    <「トッティは僕たちのフェデラー」。ローマMF、主将をテニス界のスターと並べる>
    https://www.footballchannel.jp/2017/04/04/post205269/

    内容はさておき問題は写真。クレーでプレーするF・トッティ選手40歳!
    実はこれ、2015ローマMS開幕前に同会場で開催された、慈善団体「Roma Cares」主催のエキシビジョン・マッチの一場面。なので今年も開幕前に開催? どんなビッグ・ネームが参加? 今のところローマからアナウンスはありません。
    ちなみにこの時行われたのは、ジョコビッチ選手/トッティ選手組vs.A・フロレンツィ選手(FW)/C・ウォズニアッキ選手組というドリーム・ダブルス!
    やはりエキシビも要チェックですね。

      引用  返信

  • 2014年マイアミのフェデラー戦と今年の全豪のフェデラー戦を見直しました。
    フェデラーに勝った錦織選手はわずか3年前だというのに、初々しく若手らしい
    挑戦心がみなぎってました。躊躇がないと言うか…。
    一方フェデラーの方は今と比べると、明らかにつけいる隙のあるプレーでした。
    その後で全豪の試合を見ると、この時のフェデラーのプレーは1セット目の後半
    から、誰もが記憶にあるあの超絶プレー(⌒-⌒; )
    でも、私が強く感じたのは、錦織選手が最後の最後まで諦める気配を見せず、
    ファイトを見せていた ことでした。
    リアルで見ていた時とその後に2度YouTubeで見たときは、どんなプレーを
    してもはじき返され、完敗の印象だったのに…。
    あの完璧なサーブをあれだけ見せつけられても、ちょっとでも攻められそうな
    ボールが来たら、果敢に攻めてました。ミスが出てしまった時もあったけど、
    叩かれても叩かれても立ち上がるボクサーみたいでした。
    あらためて泣きそうになるくらい感動してしまいました。
    結果は負けましたけど、フェデラーに勝った2014年の錦織選手よりも、やはり
    強くなっていると確信します。
    錦織選手本人はランキングの変動についてあまり気にしていないと思われます。
    自分のプレーをやるだけ…という覚悟で練習に励んでいるのではないでしょうか。
    手首の痛い状態でナダルやフェデラーと対戦じゃなくてよかった。
    万全の状態でそう遠くない大会での対戦に期待します。
    錦織選手は、専属のドライバーなんかいなくても、自分で楽しく運転して気分転換
    しちゃうはず(笑)なんの心配もしていません。(⌒▽⌒)

      引用  返信

  • お早うございます。
    あけびさま
    「専属ドライバーがいなくなる」件ですが、その書き込みをされた方(既にコメントは消えていますが)は、恐らく綿貫敬介さんのこのコラムを読まれたのだと思います。
    <錦織、世界ランク7位にダウン「トップ5陥落」で失う意外な“恩恵”とは>
    https://the-ans.jp/column/3201/

    昨日アップされていたのですが、内容も今更感満載なのでご紹介は控えました。
    このコラムを「普通に」読めば、専属ドライバーは各大会が用意するものであり、なくなる「こともある」と、またそういう恩恵は「大会ごとに異なる」と記載されています。

    なのに、ネガティブな部分だけを切り取って、やみくもに不安感を煽るのは何ともやりきれないですね。幸いにしてコメントは消えています(恐らく団長さまが対処されたと思います)ので、こちらの健全な運営に改めて感謝したいと思います。

      引用  返信

  • 今日は。
    人は過ちを繰り返すもの、でも過ちから学ぶことも。
    フェデラー選手がUSAの自己啓発プログラムのインタビュー動画で、自らの過去を語っています。英語ですが字幕も出ますので、何となく意味は解ります。
    <Roger Federer: Never Stop Improving>
    https://www.goalcast.com/2017/04/03/roger-federer-never-stop-improving/

    意訳でも、と思っていたらもう抄訳記事がアップされました。日本メディアも素早いところありますね(笑)
    <かつては悪童 最強フェデラーを生んだ“発想の転換”「ミスから学び向上する」>
    https://the-ans.jp/news/3206/

    後10年後ぐらいには、某選手もテニスの神様扱いになっているかも知れません。

      引用  返信

  • 続けて失礼致します。
    5/4開催のエキシビ「Tie Break Tens」からプロモーション動画です。昨年出場の8選手のハイライトですね。
    https://www.instagram.com/p/BSeF4GCDBit/?taken-by=tiebreaktens

    マドリードは、街中も公共機関も「Tie Break Tens」一色に。
    https://www.instagram.com/p/BSenVcGjUbQ/?taken-by=tiebreaktens

    公式Twitterではマイアミのフェデラー選手vs.キリオス選手戦を大絶賛。だって「We Love Tie-Breaks」ですから(笑)

      引用  返信

  • NORICHAN様
    ご丁寧に説明していただきありがとうございました。
    私もその記事読みました(⌒-⌒; )
    投稿後該当のコメントが消えていたので削除される内容なんだな
    やっぱり…。と思いました。私の最後の2行いらなかったなと悔やみ
    ましたが、時すでに遅く。
    試合のないこんな時こそ、錦織選手のポジティブな要素をみなさんで
    大いに語り合いたいと思ってのコメントのつもりでした(⌒▽⌒)
    「しっかり休養してほしい」のに「早く試合が見たい」
    この矛盾した願い(⌒-⌒; )
    動く錦織選手をYouTubeで夜な夜な観てしのいでいます(笑)

      引用  返信

  • 「GS&MSチケット入手の仕方(2017年版)」
    「2018 マイアミ・オープン 観戦計画」を投稿しました。

    禮さま、
    キーウェストへのドライブのBGMは、せっかくなのでラテンミュージックを。
    (記憶に間違いがなければ)会場ではシャキーラなんかがかかってました。
    ヘミングウェイに思いを寄せ(「老人と海」を読み返しました)、そのままキューバへなんて。
    アメリカとの国交が再開してキューバが急速に変化しつつあるとか、トランプの問題とか、「キューバへ行くなら今のうちがいいよ」とも聞きますし、次回は本気で考えちゃいます。

      引用  返信

  • @mahalo さま、

    「2018 マイアミ・オープン 観戦計画」記事ありがとうございます。大変役に立つ情報、スバラシイです。たしかにキューバに行くなら(またアメリカと国交断絶になる前か(?)、キューバの物価が上がる前に)今がいいかもしれませんね。ダイキリ、モヒート、本場で飲みたいですね。大昔にチェコ・スロバキア分離(ビロード離婚)直後のスロバキアのむちゃくちゃ辺鄙な田舎を旅したことがありますが、変化を遂げる国をその時に旅行するのはいろいろな意味で興味深いです。またテニスに関係ない話ですみません。

      引用  返信

  • お早うございます。
    TV番組出演のお知らせです。5分間の短い番組ですが、4月開始新番組の第1回ゲストです。ナレーションは中学生になった芦田愛菜ちゃん!
    ◆4/7 23:10~23:15 TV朝日「気づきの扉」

    小ネタを2つ。
    今となってはブルー・クレーも懐かしいマドリード。今度は屋根がつきました。あれ?前から屋根つきでしたっけ?
    https://www.instagram.com/p/BSghaTTFb2h/?taken-by=mutuamadridopen

    バルセロナではもうすっかり2枚看板扱いで、記念撮影の名所となりぬ。嬉しいですね。
    https://twitter.com/bcnopenbs/status/849632633382416384

      引用  返信

  • 今晩は。
    昨日ご紹介したフェデラー選手の、USAの自己啓発プログラムのインタビュー動画、未訳部分の抄訳記事がアップされました。
    <復活フェデラー、批判さえ力に変える一流の流儀「現状維持は後退を意味する」>
    https://the-ans.jp/column/3269/

    現状維持は後退。理屈では解ってもなかなかそうはいかない…。むしろ安全牌で現状維持を選択しますよねえ。

      引用  返信

  • NORICHANさま、いつもメディア情報など教えていただき感謝していますo(^o^)o

    昨夜のTBSの新番組ですが…関西では、そこ、違う新番組になっていて(T-T)ううっ

    どんな内容だったのか、どなたかチラリと教えていただけたら、嬉しいですm(__)m

      引用  返信

  • ROMさま、ありがとうございます!

    テレビで見れない時は、まずネットで確認しなきゃいけませんね(^o^;)見てみます~

      引用  返信

  • お早うございます。
    ほのぼのさま
    見逃し配信、Try itされました? 無事見ることができればよいのですが。
    ROMさま
    フォロー有難うございます。見逃し配信情報を見逃していました(笑)

      引用  返信

  • ゆきんこりさま、こちらに書きますが、フォーラム「GS&MSチケット入手の仕方(2017年版)」への、たいへんすばらしいマイアミ・レポートありがとうございました。mahaloさまと共にマイアミ観戦のエキスパートが二人おられるのは心強いですね。来年のマイアミは、錦織選手のリベンジ、西岡選手の復活、他の日本人選手の大活躍を期待したいです。

      引用  返信

  • ROMさん、人知れずうっかり見逃しを悔いていたところ
    コメントを拝見して、まっすぐTVerへ!
    こんなものがあったのか…(⌒-⌒; )
    見ることができました*\(^o^)/*ありがとうございました。
    5分……………。もっと見たい………………。
    ノートの文字が可愛いぞ(笑)
    熱心な研究っぷり、6年生なのに。やっぱり普通の子どもではないな。
    今もこのようなメモをとっているのでしょうか…。
    イメージではメモはしてないような気がしますが…いや、書いてるかな。
    課題を整理したり、対戦相手のメモ(マレーのノート、試合中にも
    見ていってびっくりした記憶が)なんか書いているような、いないような…。
    錦織選手にとって「気づきの扉」は成長の節目ごとに数知れずあったはず。
    こうしている今も………。何をためしているかな。

      引用  返信

  • @ほのぼのさま、@あけびさま
    白状すると、昨夜は寝落ちしてすっかりみそびれてしまったので慌てて見逃し配信やってないか探して見たあとだったのですよ…(^◇^;)

      引用  返信

  • ROMさん、寝落ちしてくれてありがとう(笑)
    私は知らないことが多すぎる…。宝箱だな、ここは(⌒▽⌒)
    今日もいろいろ錦織選手の試合を見ましたけど、去年のイギリスとの
    対戦でたたかったマレー戦はすごかったあ。
    私WOWOW入る前だからライブで見てないんだよなあ………………。
    見てたら手に汗握って心臓バクバクだろうな。
    マレー相手に1歩も引いてない。
    錦織選手、試合に入り込んで集中している表情ってわかりますよね。
    揺るぎがない。どうだ!って顔も見せる。
    ストローク戦で魅せるボールを弾く音、スピード、マレーももちろん
    素晴らしいプレーなんだけど、錦織選手も全く遜色なし!
    今年もどこかで見せてくれますよね、こういう試合(⌒▽⌒)
    楽しみだあ〜♪

      引用  返信

  • NORICHANさま、気にしてくださってありがとうございますm(__)m
    tryして見れました!ROMさまさまです♪

    あけびさまも、良かったですねぇo(^o^)o

    ほんとに、この場は貴重な情報源に溢れていますね。私なんて、1ファン1読者なだけでほんと申し訳ないですが、皆様に感謝感謝です(T-T)

      引用  返信

  • 今日は。
    ATPトップ記事では以前、「マイアミから学んだ5つの観点」記事がありましたが、今度は第1四半期を振り返った「7つの視点」記事がアップされています。
    <1st Quarter-2017 A Look Back… Too Seven Stories Of 2017 So Far>
    http://www.atpworldtour.com/en/news/first-quarter-review-april-2017

    この記事の内、「1.ロジャー・フェデラーの驚くべきスタート」と「2.ラファエル・ナダルの復活」の記述の一部抄訳記事がアップされました。
    <名手2人の復活劇に注目 17年テニス界、ATPサイトが「7つの視点」で特集>
    https://the-ans.jp/news/3286/

    7番目の「アンディ・マレーとノヴァク・ジョコビッチの驚きの開幕」と読み比べると、更に面白いですね。7番目は恐らく抄訳が出そうですので、その際はまたご紹介いたします。

      引用  返信

  • 今日は。
    錦織選手の近況です。
    オリバーさんtweetよりアンニュイ圭さん、ブラデントン・ビーチにて。
    https://twitter.com/Lindonk/status/849380760435994624
    この写真、他にも吉松忠弘さん等が呟いてらっしゃいます。

    もう1つ、オリバーさんtweetより衝撃の事実!
    https://twitter.com/Lindonk/status/849091348191997955
    ご自身の若かりし頃の新聞記事を見つけたと。プレイヤーだったとは全然知らなかった! 何と初々しい。

    錦織選手、気分転換かお車をおニューに。新カラーはブルーでしたね~。
    その他の海外選手の近況的なトピックを、フォーラム・鼻血ブログラボ「フリージャンル」で幾つかご紹介していますので、ご興味のある方は是非どうぞ。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。