錦織、3本のマッチポイントを凌いで苦しい試合をものにする!(2017ワシントン準々決勝)

2017 Washington (ATP 500)
Quarterfinal
Kei Nishikori[2, WC] def. Tommy Paul, 3-6,7-6(8),6-4

 ポールの好プレーと錦織のもったいないプレーが重なって、負けたら言い訳のできない完敗となるところを、土壇場で凌ぎきりました。
最後はサービスを修正して安定のキープ。「安心と信頼のバックハンド」が影を潜めてしまい、苦戦を強いられたもののフォアハンドでカバー。タフな試合をものにしました。

 本当に負けていたら言い訳のできない、デルポトロ戦の勝利も台無しになってしまうような試合になっていたところでした。反省点は多々ありますが、よく挽回したと思います。

 ポール、荒削りで勢いがある20歳の若者を想像していましたが、意外なほどしっかりしたプレーでした。ディフェンスが良く、後ろに下げられてもそこからボールの高さを調節してしっかり深く返してくるストロークは、全仏で錦織が大苦戦したチョンと重なりました。スライスサーブの曲がりが大きく、錦織は苦労しました。勝利を目前にした勝ちビビリも見られませんでしたし、最後まで諦めずにファイトする姿勢にも感銘を受けました。225位というランクにこんな選手がいるなんて、やはり世界は底知れません。彼は必ず近いうちにトップ100に入り、トップ選手を脅かすようになるでしょう。

 一旦アップします。

50 件のコメント

  • 楽天オープンのチケットにトライしてきます。どうやらサイトが息をしてないようだけど。。。(毎年のこと)

      引用  返信

  • 2ndセット、相手マッチポイントのドロップショットは痺れました〜💦
    ズベレフ一弟戦楽しみです😋

      引用  返信

  • Tommy Paul、このようなプレイを半分以上の試合で発揮できるのであれば、
    すぐにトップ20に入れるよ。

    それくらい、サーブも良く、ストロークの精度もあり、フットワークも良く、
    ミスもあまりしなかったよ。 ただ、第3セットに入ると少しフィジカルが落ちた感じなので
    =1stの確率が落ちた等、 身体が出来てくればすごく恐い存在になると思う。

    錦織、よく執念で一生懸命にやり、よく耐え、よく攻めたよ。
    ブレイクポイントになっても、サーブでしのげた時が多かったから、
    たぶん改造したサーブのおかげだね!

      引用  返信

  • ドキドキしましたが、勝ち切れて良かったです。最後の方、少し脚にきていたでしょうか?(痙攣気味?)
    サーシャ選手との対戦楽しみです。ゆっくり休んで、明日に備えてほしいです。

      引用  返信

  • 昨年のモンフィス戦の様なマッチポイント握られてからの勝利は確実に自信回復すると思う

    王子様との試合はタイブレークにもつれる好勝負となる予感

      引用  返信

  • 心臓に良くない試合のようでしたね。
    明日は、、しっかり応援できるから嬉しいです。
    強心剤必須で。

      引用  返信

  • よくない時にもどうやって勝ち切るかですよね。
    昨年に比べて今年はこれがよくないけど、久しぶりに何度もピンチから生還した去年の姿と重なりました。

    後半になるにつれてサーブがよくなるこの現象、私は体が緩んでくるからと思ってるんですが、5セットマッチでも見られるんですよね。疲れとの関係はどうなっているのか?
    面白いです。
    きょうもサーブでピンチを切り抜ける姿がTOP10プレーヤーでした。

      引用  返信

  • 今日は。
    団長さま、新トピ立て&レビュー記事有難うございます。

    錦織選手、ポール選手戦勝利&準決勝進出おめでとうございます。
    いやあ、胃のキリキリする久々の錦織大劇場でしたね。宝塚も真っ青な…。胃に穴が開いたり胃潰瘍になった方いらっしゃるかも?!と思わせるくらいの大どんでん返し(苦笑)

    勝因は団長さまや皆さまにお任せするとして、さあトミー・ポール選手。若手話第20弾でコメントしましたとおり、馬力十分なストローカー・イメージだったのですが、まさかこんなにサーブ力があるとは。身長185cmを全く感じさせないサーバーぶり。
    アトランタで敗れたミュラー選手に、たった1週間できっちりリベンジ。錦織選手相手に一時はMP握るなど、6月のウィンストン・セーラムFUで突如覚醒して以来、極端な上昇曲線を描いています。恐らく乾いたスポンジ状態、対戦する相手から全て吸収していくようですね。
    なので彼、「トップ10選手に対し、オレはこんなにやれるんだ」って相当自信がついたはず。USAのU21の10番手辺りから俄然トップ3へ名乗りです。

    にしても錦織選手、またしても厄介な若僧を目覚めさせましたね(苦笑)

      引用  返信

  • ふあ~(;A´▽`A♥⤴⤴
    ホントに、ホントに、勝てて良かったぁ~❗(/^^)/⌒●~*

    ビッグマッチの後は難しい、しかもまだ試合終了から24時間たっていない中、しっかりがまんのテニス🎾で見事な大逆転勝利❗(`_´メ)♥

    この2試合で、今年のモヤモヤがすべて吹き飛んだよね❗🎵😍🎵♥⤴⤴
    おめでとう、圭❗🎉✨😆✨🎊♥⤴⤴

      引用  返信

  • 3つもマッチポイントがあったのですね。
    http://www.atpworldtour.com/en/news/zverev-nishikori-paul-washington-2017-friday

    朝から所用でいま、結果を知りました。危なかったですね…。
    BS朝日での映像、楽しみにしてます。

    ソックがラオニッチに勝ってますね。
    ソックは着実に強くなっている印象です。

    A.ズベレフv錦織くんは名勝負の予感がします。

    #ブログ、デザイン変わったのですね。びっくりしました。

      引用  返信

  • 崖っぷちからの生還、スリル満点でした。
    どんな所に打っても深く返してくるポール選手のディフェンスがすごかったですね。
    錦織選手、後半になって相手のサーブにも慣れ、体の硬さがとれて落ち着いてきたように見えました。苦しい戦いでしたが、いい試練?になったかな。明日はまた20歳の強敵と、待ちに待った初対戦。しっかり休んでそなえてください。

      引用  返信

  • 今日は。
    錦織選手の試合後コメント一部ご紹介記事です。某サイト記事なのでYahoo!ニュースより。
    <“真夜中の男”錦織、4強進出 連日の深夜決戦も意地の逆転勝利、今季初優勝へ弾み>
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170805-00010001-theanswer-spo
    真夜中の男、それは丑三つの圭。あっぱれ必殺仕事人(笑)

    さてロスカボス。こちらも覚醒。つい先ほどコキナキス選手が、ベルディヒ選手[1]をフルセット逆転で下し決勝進出。フィリプーシス・コーチの訓導により赤丸急上昇です。
    かくして今週の3大会もまた、第1シードがSFまでにすべて敗退です…。

      引用  返信

  • 気が早いですが、次の大会、QFでフェデラーって…
    錦織くんはやはり持ってますね。

      引用  返信

  • NORICHANさま
    コキナキス選手、復活ですかな?

    コーチの影響は大きいのは無論ですが彼は全仏で錦織選手と対戦し決勝まで進出し、アンタルヤで杉田選手と対戦後のフェレール選手は優勝し、全仏予選で太郎選手と対戦後のルブレフ選手も優勝・・・

    今まで冗談で書いていた「日本人のパワースポット化」も、ここまで来れば笑い事では無くなる予感がします。

      引用  返信

  • 今日は。
    ゆうたさま
    そうですね。コキナキス選手って、考えれば元々ポテンシャルが高かった。ただ怪我で長期離脱しただけですから、仰る通り「復活」が正しいですね。失礼致しました。

    しっかしパワー・スポットって(笑) 確かに。日本選手は熊野街道と化してるかも知れませんね~。今日の錦織選手も、ポール選手にとっては華厳の滝?(笑)

    余談ですが、どなたか(だいあんさまでしたかしら?)がポール選手を上下ともファースト・ネームみたいと仰っていましたが、U21には結構それ系が多く、私はフォーラムで上下名前系、上下苗字系と呼んでいます。
    上下名前系の代表がこのトミー・ポール選手、そしてWBでウィリス選手とダブルスで出場したジェイ・クラーク選手。
    上下苗字系の代表がテイラー・フリッツ選手、そしてLAのアカデミー所属、チャン宅で度々錦織選手の練習相手の弟分、アジアン・クォーターのマッケンジー・マクドナルド選手。

      引用  返信

  • 300位以内に入るような選手は皆、確かな技術を持っているというような記事を読んだことがあります。
    その時代よりも、選手生命が長くなり、選手層が分厚くなった男子テニス界です。当時よりも300位以内のレベルは上がっているかと思います(`・ω・´)ゞ
    しかも、相手は20歳の若者です。身体も出来て来て、飛躍の土台は完成しつつあったかとm(__)m
    今大会でも、3Rでミュラー選手を相手に、1stセットをTBで落としてからの逆転勝ちを収める等の実力、精神的な強さもあることを証明しています。
    若い選手の劇的な飛躍の瞬間に遭遇して、トップ選手が飲み込まれる事態など長いテニス界の歴史では珍しくありませんよね~
    我々も2008年のデルレイビーチでブレイク選手が200位台半ばの18歳の若者に飲み込まれた瞬間を目撃したではありませんか(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • リニューアルしていて様子が分からず右往左往してました。
    ポール選手、若くて思いきりがいいけど、ミスをしないしサーブも良いし、錦織選手も攻めどころが無く苦戦を強いられた印象です。
    そんな中で、よく諦めずに勝ったなぁと思います。、最後は経験の差でしょうか。今日まで幾つもの崖っぷちを這い上がって、勝って来た経験を活かしました。 もし負けてたらと思うとゾッとします。明日はズべレフ弟選手と初対戦ですね。寝不足気味でしょうががんばってー!!

      引用  返信

  • NORICHANさん
    上下名前系(笑)。トミー・ポール選手の名前を最初見たとき、アメリカのドラマ「ブレイキング・バッド」に出ていた俳優アーロン・ポールを思い出して、つい「どちらもファーストネームみたい」とコメントしたのは私です。上下苗字系も面白いですね。
    コキナキスvsベルディヒ戦をreplayで見ましたが、うーむ、コキナキス選手、進化している。ベルディヒ選手のプレーは悪くなかったのに。若手、恐るべし。

    今ポール戦のスタッツを見直したら、Total Points Wonでは錦織選手、115対119で負けていたのですね。はあー。つくづく、試合に勝ってよかった。

      引用  返信

  • 今日は。
    錦織選手のコメント記事をもう1つ。充実のスポニチANNEXさんより。
    <錦織、逆転で4強進出!世界225位に大苦戦、マッチポイント3度しのいだ>
    http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/05/kiji/20170805s00028000120000c.html

    おけいさまの仰る通り、完全に寝不足で足が動かなかったと。午前2時終了ならクールダウンしてリカバリーして、就寝は早くても4時過ぎますものね。なのに翌朝11時には練習開始。そりゃ体も動かなくなります。
    インタビューでは風に悩まされた的なコメントもしていたように思いますが、風、吹いていましたっけ?

    だいさんさま
    良かった、だいあんさまで。最近記憶力がとみに…(苦笑)
    そう言われればポール姓、USAには多いですね。あとテイラー・フリッツ選手ですが、フルネームはテイラー・ハリー・フリッツですので、正確には上下苗字系ではないのです。

      引用  返信

  • だいあんさま、

    はい、トータルポイントで下回っていても勝つ試合はあります。極端な場合、3セットマッチで1セット0ポイントで落としてもいいので。実際、ポール戦のセットごとのポイントは、錦織:ポール=26:35、51:51、38:33で、第1セットは完全に押されてせっかくデル・ポトロに勝ったのが全部パアかと思わせ、第2セットはギリギリの勝負をものにし、第3セットは本来あるべきセットだった(笑)と思います。あとカルロビッチ大先生の有名な3(2)セット全部タイブレーク試合とかだと、ポイントが全く互角の50%:50%だったりすることが多く、勝ち負けは紙一重で胃がキリキリする試合なのが分かります。

    主なスタッツを比較すると、
              1stサーヴIN 1stサーヴWON 2ndサーヴWON 1stリターンWON 2ndリターンWON
    2R ヤング戦    58%     61%     56%     40%       50%
    3R デルポトロ戦  56%     88%     58%     33%       49%
    QF ポール戦    64%     72%     49%     28%       46%

    で、ポール戦では、錦織選手の2ndサーヴと、(ポールの1stサーヴが良く)1stリターンが大分悪かったのが分かります。

    W/UE比を見れば良いというコメントをよく見かけますが、テニスアブストラクトにちょっと古いですが2015年の面白い記事があり、
    ◯ W/UE比が低い方のプレーヤーは、11%の確率でしか勝てない。
    ◯ しかしW,UEはトータルポイントの70%でしかないので、残り30%の結果如何で変わる。
    ◯ W/UE比>1の場合、男子ツアーでは74%の確率で勝つが、1<W/UE比<1.1だと60%に落ちる。
    ◯ WとUEを別にみることも重要。男子ツアーだとウイナー率が22%以上だと70%の確率で勝つ。UE率が15%以下だと同じ70%の確率で勝つ。
    などと興味深いことが書いてあります。

    錦織vsポール戦、ライブスコアでチラチラとしかチェックできなかったのでウイナーWとUEのデータがわからないのですが、2Rと3Rは
               ウイナー            アンフォースト・エラー
    2R ヤング戦    30(FH19 BH9 SV2)  40(FH22 BH15 SV3)
    3R デルポトロ戦  26(FH12 BH8 SV6)  12(FH1  BH7  SV4)
    で、2Rヤング戦ではW/UE比=0.75ですがちゃんと勝ってます。上の記事にあるように、ウイナーとアンフォースト・エラーの比だけではなく、数字をを別々に考慮する必要もあるのだと思います。

    しかし、錦織選手に勝とうと思ったら、緩急つけて気持ち良く打たせないのが一番なのですかね。ズヴェレフ弟君の試合よりも後で、しかも片や1時間こちらは2時間40分の体力を消耗する試合でしたが、なんとか体力回復して折角の初対決、中間世代の意地を見せてほしいですね。

      引用  返信

  • ひー!マッチポイント3本ですか~

    今日は1日外出で…結果だけ見て、ひょえ~
    と思ったのですが、さらにビックリです。

    生で見ていたら身が持たなかったかも…
    よく勝ちました。
    良かったです。

    日程きつそうですが、次もよい試合を期待しています。

      引用  返信

  • NORICHAN様
    2日続けてですからねー。睡眠大好きな錦織選手にとって地獄でしょう。
    マッチポイント握られた時は、負けたら早く寝てカナダに向かいなさいと、少ーーしだけ思ってしまいました(そんなことではGS,MSの優勝なんてできませんと叱られそうですね)が、やっぱり勝って良かったです!!。

      引用  返信

  • 禮さん
    スタッツ解説ありがとうございます。
    なるほど、なるほど。2R、3R、QRで比較すると興味深いですね。
    そういえばペール選手に敗れた2015全米1回戦では、
    錦織選手のほうがトータルポイントでは上回っていたような記憶があります。
    ズべレフ弟戦に向けて、もう練習なんかしなくていいからゆっくり休んでくれえ……
    試合終盤、足を気にしていたので心配です。

      引用  返信

  • 出先でスコアをチラ見して結果を知ってから、BS朝日の録画を観ました。結果を知っていても、あのジェットコースターぶりは興奮しました。きっと生で観てたら、ただでさえ熱のある身が、きっと燃え尽きて灰になってました。
    追い詰められた時の錦織選手は強いですねぇ。崖っぷちであのパフォーマンスがなぜできるのか?2セット目、流れを変えて観客の心を鷲づかみにしたドロップショットには、私も痺れました。
    何か、今大会は、ミスしても冷静に前向きに圭コンピューターが働いていて、本来の修正能力が発動し実践できているようで、このハードシーズン、すごく楽しみです。
    まずは明日、できる限り体を回復させて、ズベレフ選手との初対決、何とか勝利してほしいです。
    そして、BS朝日さん、やっと生中継、ずっと待ってました。今度こそ、カットなし、リアルタイムで映像観ながらの応援です。楽しみです!

      引用  返信

  • ただただ、ポールが素晴らしかった。
    なんですか、あの撃ち下ろしのバックハンドは?
    サーブ、スマッシュ並みの弾道と球速でした。
    いったい何km/h出てるんでしょう?
    勿論、これが彼のスタンダードではないのですが(これがスタンダードなら既にトップ10入りしてなきゃおかしい)今後期待できる選手ですね。
    そして、あのドロップにはマジで声でました( ゚д゚)

    最後にBS朝日さん。
    ファイナル3-2(1ブレイクアップ)からの放送はないでしょ?

      引用  返信

  • 2Rのヤング戦は、
               ウイナー            アンフォースト・エラー  W/UE
    錦織     30(FH19 BH9 SV2)  40(FH22 BH15 SV3)  0.75
    ヤング    24(FH16 BH4 SV4)  28(FH17 BH11 SV0) 0.86

    で、
    ◯ W/UE比が低い方のプレーヤーは、11%の確率でしか勝てない。
    に相反する不思議な試合だったことが分かります。

      引用  返信

  • ものすごい土壇場劇場でしたね😃
    第2セットブレイクされた場面でこちらの心がやられちゃって…
    バスルームブレイクしちゃいました❗で、家にあった買い置きの棒ラーメン片手にチャンネルオンしたら、タイブレイク❗で、取った❗
    これだから錦鯉辞められません(笑)
    次も勝ち取るぞ~~~~~決勝行くぞ❗

      引用  返信

  • リニューアル💕全仏カラー良いですね✨明るくて見やすいです✌
    団長さま、お忙しいのにありがとうございます

      引用  返信

  • 足の状態が心配で私は今夜は眠れないかも。どちらが勝とうがベストの状態でのプレーが見れることを祈ってます。

      引用  返信

  • 相手のポール選手、なぜランキングが200位以下なのか不思議です。
    あれはトップ30と言われても信じてしまうぐらいの出来でした。
    正直、負けると思った。。
    ここまで来たら久々の優勝をしたいですが、
    次からのMSもあるし、チーム錦織はどういう戦略で行くのでしょうか。
    明日は生でテレビ観戦できそうです。

      引用  返信

  • 今日も所用があり、録画観戦でしたが、2ndセット痺れました。良く勝ちきってくれました。勝負強い錦織君も、戻ってきたのかな?
    それにしても、ポール選手、225位って…ウマくて、イキのいい、若手がウジャウジャ湧いて来ますね。
    明日、GAORAは無料放送日のようです。BS朝日も午前8時から、生放送です。
    錦織君、体力回復させて、王子様キャラのズベレフ弟君、に勝利してください❗

      引用  返信

  • 錦織選手、本当にお疲れ様でした。生応援だったので胃が悪くなってきました。勝ててよかった!!!!

      引用  返信

  • 下位ランクの若者が何かのキッカケでジャンプアップ!はワクワクしますが、相手が錦織選手…となると話は別(^◇^;)。
    久々に祈りました。タイブレに持ち込んでからは座って見ていられずウロウロ…。明日はズベレフ弟選手とようやく初対決。また祈るのみです。

      引用  返信

  • まずは勝利おめでとうございます!
    最近忙しくて、久々に圭君の試合を観ることができました。
    Del-potroとの試合といい、打ち合いの試合は観ている此方もヒリヒリするものがありますね!スポーツ観戦の醍醐味を味わわせて貰いました☆
    Paulは末恐ろしい選手ですね。。今頃はYoungやSockと反省会しているころでしょうか??
    次のZverev戦も期待しています(^^)/

      引用  返信

  • 試合の入りから集中力を欠いており、そのままセットダウン、ブレイクダウンで負けるところでした。相手が200位の若手なので最後の最後にプレーが硬くなって助けられましたが、得意のBHのクロスにミスが連発するような不安的な試合運びでした。

    錦織が連日深夜越えだったのは確かに影響したでしょうが、経験の差を考慮すれば、もっと早く立ち直る必要があったと思います。相手のプレーに思いきりはありましたが、錦織のストロークが浅く、エラー多いので気持ちよくプレーさせていただけのようにも見えました。

    今はまだ1試合単位で振れ幅が大きいので、復調までまだまだ先は長いのかもしれません。カナダMSは厳しいドローであり、かつ、予想されたとおり,500で疲弊したまま2週連続のMSに臨むことになります。

    ただ、そこを分かった上での参戦だと思うので、次はある意味格上の相手となり劣勢かもしれませんが、前評判をはね返して何とか決勝にたどり着いてほしいです。

      引用  返信

  • ポール君良かった。2セット目終盤もうダメだと思ってました。この勝利で何か一つ気持ちが切り替わってくれたらと思います。力は有るんであとはちょっとした気持ちだと思うのです。

      引用  返信

  • 今晩は。
    錦織選手、ポール選手、ズベレフ弟選手のコメント抄訳記事です。
    <「経験が物を言った」錦織、MP3本しのぎ新鋭下す シティOP4強>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3138227

    ズベレフ弟選手。
    トップ10を3年も維持し続けることの難しさ。彼も恐らく近々に経験することでしょう。
    ポール選手。
    そりゃあれだけのストローク戦、ボールをしばくストローカーにとってはこの上なく楽しかったはず。彼はきっと「またケイとプレイしたい」と強く思ったでしょうね。またお待ちしております。
    彼については次でもう少し詳しくコメント致します。

      引用  返信

  • トミー・ポール選手について。
    この大爆発は起こるべくして起こったものだと再発見です。
    なぜ上下名前系と上下苗字系で注目したのか、そのきっかけがずーっと思い出せず、先ほどやっと記憶が戻りまして。確かどこかのGSでジュニア時代に…と思って調べたらBINGO!

    トミー・ポール選手、2015のRGジュニアBOYSシングルスの覇者にて、USOジュニアBOYSシングルスのファイナリスト。その決勝の対戦相手がいずれもテイラー・フリッツ選手!
    2015のRGとUSOのBOYSシングルス決勝は、どちらも上下名前系と上下苗字系の闘いだったワケです(笑) 彼らの名前の片方ずつを入れ替えればいいのに…と思いながらライスコを追っていたことを、ようやく思い出しました(笑) USOでファイナリストなら、USOと全く同じサーフェイスのワシントンで生き生きするのは自明の理。

    ところが彼、2016前半半年間は全く戦績がなく、2016秋にようやく下部大会へ復帰。怪我等で離脱、もしくは学業優先で大学進学? とにかく2017に入ってから本格的に下部大会に出場しだしたようです。
    なのでUSTA、いやワシントンがWCを出して当然の超有望選手でした。

      引用  返信

  • 映像見ました。

    あのマッチポイント1本目のドロップショット!
    あれをマッチポイントで打つのか!
    天才というか、ものすごいヒラメキ。

    しかし勝ててよかったなぁ。

    @下団さん
    >我々も2008年のデルレイビーチでブレイク選手が200位台半ばの18歳の若者に飲み込まれた瞬間を
    >目撃したではありませんか(`・ω・´)ゞ

    アジア系の小柄な若者でしたね(^^)
    才能ある若者はいっぱいいますぇ。

      引用  返信

  • 試合レビューとは関係ないのですが、素敵なリニューアルに少々お願いがあります。

    スマホ(android7)からの閲覧のとき、記事タイトル付近にコメントへのリンクがあると嬉しいです。レビュー、プレビューを読んだあと、皆さんのコメントを覗きに来る度に下の方までスクロールせず、タップひとつで飛べたら嬉しいです。

    それと、今コメントを書いてて気づいたのですが、コメント欄をタップしないと名前やメアドなどのフォーム欄が出てこないです。これは仕様なのでしょうか?

    お忙しいときにわがままなお願いで申し訳ないです。お時間あるときに考慮いただけたら幸いです。

    最後に、今日の試合の素人感想。
    ミスが多かったり押されたりMP握られたりしましたが、なぜか負ける気がしませんでした。それは、勝つときの表情をしてたから。
    テニスの調子はまだ不安定だけど、心はかなり上向きになっているように思えました。

    明日も絶対勝つ!👍

      引用  返信

  • 今日に限って、ライブで見られませんでした。出先から帰ってきて恐る恐る、このページを開け、タイトルを読んでほっとしました。MP3本!覚悟してBS朝日の録画を見ましたが、ライブで見ておられた皆さん、どのくらいプレッシャーだったことでしょうね。
    けれど、その瞬間を目撃できたことが羨ましいです。
    MPでのサービスフォルト!最近の錦織君なら、きっとDFでゲームセットだったはず。
    緊張高まるラリーで、ドロップショットを選ぶとは…。
    これがTop10(本来はTop5)矜持というやつですね。
    もう少しで勝ちをつかみかけたポール選手は、去年マレーやジョコビッチに跳ね返され続けた錦織君に重なりました。

    錦織君は年下の選手には強い(by 西岡)そうなので、明日のズべレフ戦もきっと勝つと信じます。

    R24さん

    私もご意見に大賛成。ようやくできたブレークなのに、これを端折るって、編集担当がテニスに興味がない人なんでしょうかね。

      引用  返信

  • 〉〉FUMAさん

    ですよね。
    所用でBS朝日を録画追いかけ再生で見ていたんですが、2ndセット終了時点で録画残り時間30分位。
    ん?ファイナル30分以内って事は、かなり一方的な展開になるの?って思っていたらスコア3-2表示。
    あぁ、放送時間的に淡々とキープ状態になったので端折ったのね。と思ったら、錦織君がサーブしてるじゃないですか!
    あれ?ブレイクしたの?
    はぁぁぁあああぁ!!??
    そこ端折る???
    って感じでした。
    端折るにしても、もっと他に削る場面あるでしょ?
    ちょっと考えられない編集でしたね。

      引用  返信

  • FUMAさんも言われてますが、私も、ここ数年の、フェデラー、ジョコビッチ、ナダル相手にわりと楽に勝てるんじゃ?!と思った試合で、残念ながら結果負けてしまったときの錦織選手にポール選手が重なりました。
    もちろんランキングは全く違うんですけどね。
    あのときは、ほんと底力がすごいなあと相手を尊敬しました(悔しさはそれ以上ですが…)。今回はポール選手が同じように感じていることと思います。

    日々の熱戦で身体が心配です。明日も躍動する姿が見れますように。。。

      引用  返信

  • 本当にタフな試合でした。勝ってよかった!
    私も今日は何故か負ける気が全然しませんでした。
    いつもだったらこんな展開だとドキドキで「もうだめかも・・」と弱気な気持ちが頭を過ったりするのですが、今日は観戦中も「後半巻き返して勝つ」という強い確信めいたものに支配されていました。 MP握られても負ける気がしなかったのは自分でも不思議な気がします。
    錦織選手は連日深夜の試合で寝不足が響いた可能性があるかもしれないと思いました。明日までにしっかり休めるといいのですが
    難しいでしょうか?
    A・ズベレフ選手は今日以上に強敵ですが、今日の試練も明日の試合に活かせるのではないかと思います。
    (ヤング戦の後に団長さんが書いておられたように
    修正するチャンスが与えられたんですから)

      引用  返信

  • いやもう本当に勝って良かった!!!!
    今日は仕事だったので、ようやく今レビュー記事をアップしました。
    https://yuri-san.com/
    もうすぐ準決勝だっていうのに。

    でも、楽しみです。
    サーシャに勝ってほしいな~。

      引用  返信

  • 2日連続で雨の為試合開始が遅れて深夜の試合になったこと。この2日連続というのがきつかったんでしょうね。でも、それは言い訳にはなりませんから、。
    この試合を勝ち切った事で圭くんはトップ10選手である事を証明してみせたとも言えると思います。
    今日の試合を勝った事、これはとてつもなく大きい事のような気がします。

      引用  返信

  • 今晩は。
    コールシュライバー選手、キッツビューエル優勝、そして2016ミュンヘン以来のタイトル獲得おめでとうございます。
    苦節●年という言葉がピッタリくるぐらい、苦労人イメージが払拭できないドロー運の悪さも今回は何とか潜り抜け、在住地での優勝です。喜びもひとしおですね。

    ワシントンWC出場のポール選手快進撃同様、キッツビューエルでもWC出場の選手が快進撃でBEST4。それがオーストリアのU21、セバスチャン・オフナー選手21歳。若手話第何弾かでご紹介済みのティーム選手の後継者、弟分です。以後お見知りおきを。

    さて23時を過ぎました。モントリオール&トロントでカナダMS予選1Rの幕が切って落とされます。1週間ってあっという間ですね。

      引用  返信

  • 素敵なリニューアル♪お疲れさまですm(__)m

    私もBS 朝日派で、しかもニュースを遮断して応援しました。
    2セット目は、まともに目を開けてられないくらいで、3セット目始まり、どれほどドキドキして見始めたことか!

    それが…ブレイクしたとこから、て(゜ロ゜)

    そこが見たいのよ~!!BS 朝日さんよ~!
    と1人叫んでました(;o;)

    勝ててよかった。身体疲れてますね…最初のほう足も動いてなかったし。よく勝てた…

    明日は生でバリバリ応援頑張ります。

      引用  返信

  • 出先でライスコだけを追って 夕方 録画を見ました。結果を知って見てあてあのドキドキ、ライブで見てたら倒れていたかもしれません。
    試合後 コートを去る前にベンチに座るポール選手の顔を見て 良い顔だぁと思いました。悔しかったに違いありませんが、今持っているものを全部出し切って戦えた証拠でしょう。笑っているかのようでした。こうやって成長して行くんでしょうねー。

    まだまだ錦織くんにも成長があるはず!100%を超える力を出して 今より先を見せてくれる事を期待します。

      引用  返信

  • 今大会の錦織君の精神状態が非常に落ち着いていて、いいですね。今日負けそうになって、またラケットを折ったらどうしようとどぎまぎしていました。今日も一度、劣勢になってラケットを投げそうなそぶりを見せましたね。でも、彼はそこで押しとどめました。感情を吐き出すために、ラケットを投げてもいいのでは、という意見もありますが、今日の試合を見て、やはりその行為は錦織君にはマイナスの影響しかなく、NGだと思いました。もし今日、ラケットを投げていたら、おそらく負けていたでしょう。でもそこで押しとどめたことによって、感情に流されず、冷静さに立ち戻ることができたと思います。昨年のようなメンタルを持った錦織君に戻ってくれて、嬉しい限りです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。