出た!「クソ強い。なんだこれ。」状態。攻め良し、守り良し、試合運び良し。2018ローマ3回戦(vs. コールシュライバー)レビュー

2018 Rome (Masters 1000)
3rd Round
Kei Nishikori def. Phillip Kohlschreiber, 6-1,6-2

netdash
クソ強い。なんだこれ。
感想は以上です。

うそです。ちゃんと書きます。
でも内容が良すぎてどう表現したら伝わるのか自信がありません。そのくらい素晴らしい内容でした。
昨日のディミトロフ戦も素晴らしかったけど、本当はこういう試合を最も求めていました。
「ここまで良くなくても良い。」そう思ってしまったくらいです。

興奮は接戦の鼻血試合の方が上かも知れませんが、私は今日の試合のような内容にこそエクスタシーを感じます。
トーナメントとして上位に行き、1年間を通じて良い成績を出し続けることが最終目標であるためです。
そのためには今日のような楽に勝つ試合を増やしていかなければなりません。

錦織は類い希な修正力を持った選手であり、それを昨日は「テニス界の特異点」と表現しましたが、それがメインになってはいけない。
安定したプレーでスコアを先行させ、リードしたら流れを離さない、そのテニスが理想です。
それに加え、持ち前の挽回力、修正力を発揮することができたときにNo.1が見えてくるはずです。

本当に今日のような試合を求めていました。これがBIG4、バブリンカ、デルポトロ、チリッチ、ズベレフ、ディミトロフ、ティームあたりとの試合で出たら間違いなく鼻血です。
コールシュライバーはとても好きな選手で、プレーに対する評価も高いのですが鼻血が出そうな所を今日はぐっと堪えておきます。これからこういう試合を増やしていって欲しいですから。

今日の試合で驚いたのは、昨日の試合による体力の消耗が全く感じられなかったことです。
いや、本当は疲れていないわけはないと思います。気力の充実により体が動いたのかもしれません。
自分から攻撃してポイントを取っていましたので、プレーの負荷も小さかったと思われます。これがディフェンス主体で反転、反転の繰り返しであったらもっと大変だったと思いますが、そうさせませんでした。

もともと自信が高まっていたところに序盤のコールシュライバーのミスの早さがあり、「今日も行けるぞ!」というスイッチが入るという好循環があったと思われます。

具体的に今日の試合の何が良かったか。これはもう全部ですが(良すぎて気の利いたことが言えない・・・)、とにかくミスの心配をせずに見ていられたことが本当に良かったです。ストレスフリー。
攻めも守りも良かった。
ディミトロフ戦では内側に入る事が多かったバックDTLがきっちりとライン際に飛び、ミスは2本しか記憶にありません。
1つ前の実況記事で何回、「バックDTL」と書いたことでしょうか。(正解は9回。バックDTLでポイント取った回数のカウント。)

フォアのミスは実際の記録上で1本のみ。
「フォアがフォアが・・・」とダメ出ししていたのがついこの間ですよ!? 本当に同一人物でしょうか。
攻め球が甘く行くことはほとんどなく、ディフェンスのショットもコーナーへ。左右にコールシュライバーを追い出してからオープンに簡単に決めるパターンが面白いように決まりました。

1stセットをあっさり取ったら2ndセットで競ってしまう、あるいは流れが逆転してしまう現象がたびたび発生する錦織の試合ですが、今日は一瞬だけその徴候が見られました。しかし3連続で1stサーブを決め切り抜け、「どこのビッグサーバーですか」状態に。両セットとも5ゲーム連取で締め、試合運びも盤石でした。

本当に今日は悪いところがなかった。最初のリターンゲームこそセカンドサーブへのリターンが合わずミスしてしまいましたが、いきなりの積極策に驚いたし、すぐに修正しました。クロスに偏ることもなく、やってほしかった早めのストレートへの展開。決め急ぐこともなく、自然な感じで軽々とウィナーを奪う姿に鳥肌が立ちました。
モンテカルロ以降のプレーを見る限り、すでに昨年の勝ちきれなかった頃より状態が良いように思えます。あとはこの調子を持続さえ出来れば、トップ10復帰も夢ではない。でもそれが難しいので、楽観しすぎにならないように見守りたいと思います。

そして明日の準々決勝の対戦相手は、ジョコビッチに決まりました!!

悔しい悔しいマドリードの敗戦から僅か1週間後の再戦。

時は来た。今度こそ。

そんな気持ちです。

ATP公式サイトでこの試合の勝利予想投票をやっています。

現在、なんと錦織勝利の予想が74%!!
11連敗にも関わらずですよ。

それだけ今大会の錦織のテニスが良い、評価されているということではないでしょうか。
(ひょっとしたら日本人の投票が多い可能性もありますが・・・)

なにやら、機が熟してきた感があります・・・。
今までたくさんの悔しい思いをし、惜しい試合を落とし、もがき苦しんできた錦織ですが、これまでの苦労が報われつつあります。
復帰して再びテニスをすることが目標だったはず。
「錦織はもう復活できない」という声も聞きました。
そこから一つ一つハードルをクリアしてここまで来ました。
でもここの読者の皆さんは復活を疑っていませんでしたよね。私もです。
でも「復活は時間の問題」と書いてきましたものの、こんなに早い復調は予想していませんでしたよ。
明日、錦織と一緒に喜びたいですね。

32 件のコメント

  • 完勝‼
    素晴らしい勝利でした、強かった💪👍😆👏👏👏
    ジョコビッチ戦に向けここで体力温存できたのも大きい。
    ぜひ明日は(今日か💦)リベンジを‼

      引用  返信

  • 正直なところ去年の不調からの怪我で、
    今後GSやMSを取る可能性はあっても、
    BIG4の次のNo.1争いからはこれで脱落だなと思ってしまった自分がいました。
    モンテカルロと昨日、そして今日で、その考えは間違いだったと思い知りました。
    ファンとして恥ずかしいですが、こんなに嬉しいことはないですわ!

      引用  返信

  • 何はさておき、次勝ってほしい。
    今でも錦織はランキングでもトップ30以内にいる選手です。
    一昨年、去年の怪我の悪化まではトップ8以内にいた選手です。
    苦手といえども10連敗以上とは本人、チーム供にジョコ対策に失敗したということでしょう。
    少なくとも見る側からすれば失敗です。
    今回は、勝たなければいけない。
    手首の不安は有りますが。

    自分勝手な意見です。

      引用  返信

  • 今日の試合、バルセロナで優勝してFinalでリタイアしたマドリード2014を彷彿とさせてくれました。
    第2セット、第7ゲームのフォアハンドストレート、バックハンドクロスは圧巻でした。蘇ったリターンとDTL、コートカバーリングの広さ。手首に不安はあるものの、体幹と体全体を鍛え直した効果が出始めていると思いました。キム・クライシュテルスさんのもとで長期のリハビリに取り組んだ成果でしょうか。
    団長さんの「クソ強い。何だこれ。」以外に言葉はいらないですね。実況アナウンサー(NHK Bs1)も言葉を失っていましたよ(笑)。
    そこで、次のジョコビッチ戦を鼻血認定試合としてください。団長様、お願いしまーす(^^)

      引用  返信

  • 錦織選手おめでとうございます。
    完璧でしたねー、それにコールシュライバーとの相性の良さも感じました。
    対戦数は少ないですけど実は最も相性のいい相手なのでは
    錦織が2回対戦して1ゲームもブレイクされてない相手って他にいたかな…
    なんでジョコは錦織が勝ち上がると上がってくるのか(今年初のQF)とも思いますが、
    過去の対戦で毎回セット獲ってるのがローマですしなんとか連敗止めて欲しいですね!

      引用  返信

  • 団長さん、徹夜のレビュー完成、ありがとうございました。
    最後の方の言葉にキュンとなりました。
    復帰直後、いろいろ心配の声が出ていた時も「楽しみしかない」とキッパリ言い
    切る団長さんの言葉に励まされましたが、こんなに早い時期に、まだ5月ですよ!
    楽しみだらけな日々が訪れるとは!(◎_◎;)

    人の成長は右肩上がりに1直線に伸びません。上がったり下がったりジグザグに、
    けれど相対的に伸びていくものと認識していますが、錦織選手の復帰後の成長は
    上がる部分がかなり大きく伸びている印象です。思うにチリッチ戦、ズベレフ戦
    昨日のデミトロフ戦の3つでものすごく引き上げてもらった。そこで得た心技体
    全てにわたる自信がものすごいエネルギーを自身に与えていると思えます。
    ライバルである選手の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。でも、今までは
    錦織選手もたくさんの選手に自信を与えた(^◇^;)わけで、まっ、お互い様で成長
    しあっているということかな。

    本人の努力が何より1番だとは思いますが、この完璧な復活の道筋を示し、実行の
    ために支えてくれたスタッフはじめ、あらゆる支援者にも感謝です。私たちもその
    ほんの一部に加われているなら、誇らしいなあ♪( ´▽`)

    この大会全日を通して戦い切れたらモンテカルロに続く「連戦も問題なし」のお墨
    付きをもらったようなもので、全仏に向け心技体すべてそろった!という状況にな
    るのではないかと期待が膨らんで膨らんで止められません(≧∇≦)

    この大会が終わった時、復活から進化へ!が実感できるかも!

      引用  返信

  • ジョコビッチ、その次はナダル、、相手に不足はありません。
    進化系錦織圭選手、頑張れ!
    伝説の最中にいられることに感謝です。

      引用  返信

  • 団長のお言葉に激しく同意です。
    「機は熟した」いいですねー。
    「次はジョコビッチだな」と落ち着いた気持ちでいたのですが、記事を読み進むうちに栄光への気持ちがふつふつと湧いて来ました!!
    GSまで運を含めて体力も温存して欲しいところでもありますが、やはり錦織選手と、そして皆さんと一緒に勝利を喜びたい!!!

      引用  返信

  • 今夜はわかりやすく…
    ジャコご飯にトンカツ。「ジャコびっちり に カツ(勝つ)!」

      引用  返信

  • 時間帯の事もありライブで見れませんでした😭

    しかし皆さまの実況コメントやツイートのお陰で充分過ぎる程に分かる事が出来て感謝です。

    復帰後、舐められるというか「錦織選手、今はどれほどのものかな?」的に値踏みされる感じもある(と思います)なか「コミットメント級だろうがこの様な勝ち方も出来ますが、何か!😤😤😤」的な勝利は、今後対戦する相手にもプレッシャーをかける事が出来るのでは?と思い個人的にはかなり大きいと思っています。

    やはり、「コート上で相手に尊敬してもらう」事は戦う上でかなりのアドバンテージだと思いますから。

      引用  返信

  • ROMさん,
    ROMさん!(◎_◎;)
    なぜそのような語呂の良いフードを思いつくんですかっ⁉️
    言うほどに笑いがこみ上げてくる(≧∇≦)

      引用  返信

  • 団長さま、徹夜の更新お疲れ様です。
    きのうのパーフェクトな試合、応援というよりもはや観戦していたので、疲れを全然感じず、まだうれしさと感動でいっぱいです。
    当たり前のようにウィナーを取っていく、何というか虚心坦懐な姿に、メンタルのレベルが上がったと思いました。
    今の状態でジョコと当たったらどうなるか、楽しみです。
    時は来た、ですね。

    錦織選手の復活と共に試合数も多くなり、サイトの更新も大変なので、スコア付け等一番負担のない方法でやって下さい。
    ニシコリが復活しても団長さまがリタイアしたら私たちが路頭に迷ってしまいます😅

      引用  返信

  • はじめまして、いつもはROMでしたがいてもたってもいられずコメントしました。
    いつも錦織の試合を見てから、こちらのレビューを拝見させて頂いていました。
    毎回気が付かなかった点を気づかせていただき、再度録画を見直して復習するのが楽しみにしております。

    なのに今回だけは感想が完全一致で嬉しかったです。全てが良かった!
    試合終了直前からしばらくは涙が止まりませんでした。
    錦織観戦でこんな事は始めてです。
    こんなにも未来を期待させてくれた試合は無かったからでしょう。

    ありがとうございました

      引用  返信

  • そうか、ジョコビッチに勝つと1935ポイントとなりフォニーニがナダルに負けたら17位に上がりますね。
    するとフェデラーのいない全仏のドローで16番シードですよね。
    シードは1-4 ,5-8, 9-12, 13-16のグループに分かれるので、これかなり大きな違いが出て来るのでは?
    お詳しい方にコメントいただきたいところです。

      引用  返信

  • Kazu@JPNさま、

    詳しくは、nakaさんらを中心に議論されているフォーラム「頑張れ錦織選手、目指せ全仏シード入り(杉田と共に)」を参照してください(現在”禁断の”2ページ目に行くと変なメッセージが出てきますが無視してください)。現在の状況を把握するには、この前お勧めしたOpen Era Rankingsが便利です。現在の状況は、
    ◯ フェデラーはローラン・ギャロスに参加しない。デル・ポトロが左足の故障でローマをリタイヤしており、RG参加が不透明となっている(今日金曜日に検査)。
    ◯ 錦織がローマ決勝進出で#9−12シード群(フォニーニ、ジョコビッチと同じトップハーフに居るので確定)。ローマSFまでで#17−24シード群(ナダルと4回戦で当たる確率が1/8)。つまり#13−16シード群の可能性は今のところない。だがデル・ポトロがもしRG欠場なら#16に滑り込む可能性もある(その場合ナダルと4回戦で当たる確率が1/4)。
    ◯ 今日ジョコビッチに勝っても1935Pで、ローラン・ギャロス#16のエドマンドの次の#17シード。
    だと思います。各シード群の選手の分布の問題(強敵とは同じ群に入っておきたい)もあります。

    まあ、ローラン・ギャロスのシードは非常に気になるところですが、今日はまずジョコビッチに勝利です!

      引用  返信

  • 団長さま、怒濤の記事立てありがとうございます。
    全仏前に燃え尽きないように、お身体大事にして下さい。

    今年早くも2回目のジョコビッチ戦。
    たった10日程しか経ってませんが、二人ともマドリードの時とは違った心持ちでしょうね。
    お互いに手応えを感じているとは思いますが、破ってきた相手を見てみると、錦織選手の感じるそれは遥かに大きいのではと思います。
    今、錦織選手は、手首や体力に対する自信、テニスに対する自信を取り戻し、強い相手を倒していくワクワク感を本人が一番感じているんじゃないかな、と思います。そして、勝利への貪欲さも増しているように見えます。
    あとは、錦織封じの上をいく戦略でいかに先手を取るか、いかに主導権を取るか、のような気がします。もうジョコビッチ選手に気持ちよくプレーさせてはいけません。
    失うものは何もないのだから、自分のテニスで思いきってプレーしてほしい。
    今日の試合に勝てたら、自他共に認めるパワーアップして生まれ変わった(手首の怪我はそれくらいの大怪我だと思うので)新錦織圭を内外に知らしめるのでは、と思います。そうであってほしい。
    試合の最後、両手の拳を天に力強く突き上げる錦織選手を見たいです。

      引用  返信

  • 懺悔です。
    大坂ナオミは1を取れるけど、ケイはトップ10止まりかもと思ってました。私の想像を超えた所にいつも、ケイはいますね。自分に自分で壁を作ってしまう凡人である私の小ささに合わせて、ケイを見たらあかん!ケイ、ガンバレ(=^_^=)

      引用  返信

  • 現在の状況から考えると、順当に行けばジョコさんに勝つはずだが、相性が悪い??
    ジョコさんは錦織選手とプレーするのが好きで、楽しんでプレーするので、いいプレーが出来てるような気がするのは私だけでしょうか?
    いいショットを決められても何だか嬉しそう。

    ジャコににらまれた錦鯉???

    いやいや、錦鯉がジャコに負けるはずがない。
    ジャコでなくビッチ(注)ににらまれた錦鯉???
    ビッチは紳士のジョコさんには相応しくないので、やっぱりジャコだ。

    と言うことで、錦織選手も楽しく伸び伸び試合をして、ジャコを沢山喰らって、大きく最長した錦鯉になって欲しい。
    そして準決勝で土神ナダルを撃破するのだ!

    (注)bitch:雌犬。その他悪い意味もある。昔懐かしマッケンロー(大好きでした)に相応しいかな?
    2回戦のような誤審があるとどれだけ吠えていたことやら。罰金喰らっただろうなあ。
    そんな選手いなくなったなあ。良い事だろうけど、なんだか寂しい。

      引用  返信

  • ぴか星1さん、はじめまして。
    ジョコビッチが錦織にスーパーショットで決められた時の「なんだか嬉しそうな」態度。そうですよね!本当に嬉しそうにラケットをポンポンとたたいて「良くやった!」👏あれって、ポイントを取られたこと抜きで、まるで観客席で応援してるみたいですよね。最初は「余裕?」かなとも思いましたが、ちょっと不気味です🙄

      引用  返信

  • 今日は。
    団長さま、怒涛の記事立てお疲れさまです。

    錦織選手、コールシュライバー選手戦圧勝&QF進出おめでとうございます。
    素晴らしい勝利でしたね。完全復活はもう目前、でしょうか。クソ強い彼に、もっとクソ強いところ見せてほしいですね。

    朝日新聞デジタルに稲垣康介さんが現地レポート掲載です。
    <錦織が2年ぶり8強進出「ほぼ完璧」 イタリア国際>
    https://www.asahi.com/articles/ASL5L1TFWL5LUTQP001.html

    確かに完璧。
    このレポートにあるように、夕刻からのクレーはまた条件が変わるようですね。それをも味方につけての勝利です。

    さてジョコビッチ選手戦。
    やはり苦手意識があるようで。今日はもうそれとはサヨナラして頂きましょう。

      引用  返信

  • 涙が出るような記事をありがとうございました💕
    錦織くんてどうしてこんなに魅力的なんでしょうかね〰️🎵私が錦織くんを知ったのは、フェデラーファンの主人からでした。だからそれまではテニス用語すら知らず、DTL?UE?SFM?みんな暗号のようにしか見えませんでしたよ😃それが、初めてのツアーファイナルのフェデラー戦を見たときから虜になってしまいました。
    それからスポーツナビのブログを知り、Twitterを知り、どんどんお利口になってきました😃最初の頃は結果のみで一喜一憂してましたが、今では出来る限りリアルタイムで観れるようにあらゆる方法を使って頑張ってます。そしてテニス無知の私は、皆さんの解説付きのTweetはとても役に立ちます🎵
    技術的な事は全く分かりませんが、錦織くんの顔付きや目付きでその日の試合がわかります😃それを見るのも楽しみなんです😃去年の彼の顔は嫌いですが、年明けのチャレンジャー大会からの彼の顔つき目付きは本当に素晴らしいです。彼はテニスをする為にだけ、この世に生まれてきたのだと思ってます。
    今夜の彼の顔はどうかしら?また楽しませてもらいますね🎵

      引用  返信

  • あけびさま
    「ジャコびっちり」は既出ですので、それにカツくっつけた手抜き折衷案です〜(^◇^;)

      引用  返信

  • 「今日の試合のような内容にこそエクスタシー!」
    なんと、甘美な響き・・・(^▽^;) 今日も圭くん頑張れ!!
    団長をノックアウトしちゃってね。

      引用  返信

  • パキスキーさんのおっしゃる通り、私も、コールシュライバーとの相性の良さを感じました。
    ディミトロフ戦は、疲れて寝込んでしまいました。
    今夜のジョコビッチには、自信を持って挑んで欲しいなあ。私が寝込むのは 構わん。

      引用  返信

  • 昨日はディミトロフとの激戦の疲労を心配してたのに、そんなものは吹き飛ばす
    「クソ強い。なんだこれ。」状態に驚きでした。
    それでも2セット目はまた(モンテカルロのように)ジェットコースターになってしまうかもしれないとドキドキ・・いつでも乗り込む準備をしておかねば、と思ってましたが、
    結局最後まで
    「クソ強い。なんだこれ。」でした。

    今夜のジョコビッチ戦もこの感覚のままいってほしいな。

      引用  返信

  • ROMさん,
    応援フードは歴史があるからなあ♪( ´▽`)
    知りませんでした。でもカツを加えるあたり、やはりROMさん❤️
    先日話題に出たケチャップといい、あらゆることに意味を込めて
    錦織選手を熱く応援してきたんですねえ( ̄ー ̄)
    「じゃこびっちりにかつ 」って10回言うと願いが叶う気がする (笑)

      引用  返信

  • 昨日の錦織選手は本当にすごかったです。
    強いでは無く、クソ強い錦織選手でした。
    これが「明鏡止水」の状態? 落ち着き払っていて、まるで剣術の達人が「何処からでもかかって来なさい」と言っているような。(時代劇の見過ぎかも^^;)
    何かを超越してしまった強さ。見ていてゾクゾクしてしまいました。

      引用  返信

  • みやちゃんさん,
    確かに錦織選手は顔つき、目つきでその時の心情が読み取れることがありますね。
    去年の顔は嫌い(^◇^;)……とは思いませんでしたが(笑)見ていて辛い感じはありま
    した。自分のテニスが思うようにいかない、ブレイクされそうな場面やブレイクで
    きそうな場面でちぐはぐなプレーをするなど苦しんでいましたものね(T_T)
    でも今の表情は怪我をきっかけに背負っていたものを降ろし、10代の頃のような
    輝きを放ってます。本当に嬉しい♪( ´▽`)
    今の錦織選手は地に足をつけた28歳の大人の顔になったと感じています。
    テニス以外の学びも糧になっているかな。10代のピチピチ生きのいい表情も好き
    ですが、私も今の顔がほんとに素晴らしいと思います。

      引用  返信

  • 禮さん、ありがとうございます。フォーラム見てきました。
    まずは今日の一戦に集中ですね!!
    新しい記事もアップされているようです。
    団長の気合いの入り方が感じ取れます。

      引用  返信

  • 素晴らしい勝ち方でした。
    あまりにも完璧で、ため息しかありませんでした。
    コーリィに付け入る隙を全く与えませんでした。
    コーリィファンの私としてはコーリィがちょっと気の毒になったくらい・・。
    もちろん錦織選手は私にとって別格なんで、
    「対戦相手がコーリィといえども錦織選手に絶対勝ってほしい!」と思っていました。
    たしかに相性ってありますね。ベルディヒ選手との試合でも思いましたが・・。
    それに
    前日のディミトロフ選手の超威力あるサーブやショットを受けまくった後では他の選手のサーブやショットは返球も楽だったかも・・、と思ってしまいました。(ディミトロフ選手に鍛えられた?)

    次はいつも錦織選手の前に立ちはだかる感じのジョコビッチ選手。
    ジョコビッチ選手には相性がよくない感じはありますが、
    苦手を返上する絶好の機会となりますように。

      引用  返信

  • この記事、ズバリの感想と追記の要点で、読み応えありました。求めている試合内容について、ひとつひとつ頷ける。インタビューでの『ここから這いあがっていかないと…』を体現している試合でした。今日のジョコヴィッチ戦にも同じ姿勢で向かって力を出し切って欲しい。先を考えず、この一戦に集中。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。