大坂なおみ、グランドスラム初優勝!!!!!!!!!(2018全米オープン決勝 vs. S.ウィリアムズ)

2018 US Open (Grand Slam)
Women’s final
Naomi Osaka[20] def. Serena Williams[17], 6-2,6-4

初の決勝とは思えない平常心で、セレナと審判のトラブルにも心揺さぶられず、感動の優勝!!!!!

3回戦止まりの選手と言われました。今オフに肉体改造し、動きがシャープに。今大会はその体をさらに絞り、パワーアップした姿を見せてくれていました。
少しでも上手くいかないと乱れるメンタルも改善し、無理をしなくてもポイントが取れるスタイルに変貌。我慢を覚え、ネガティブになりそうな心を奮い立たせてここまで来ました。

今日のプレーも完璧。1stセットのストロークミスは僅かに1本。調子の上がらないセレナを尻目に、サーブを高確率で入れ、深い球を膝を曲げて返し、機を見て思い切り攻めました。

セカンドセットに入っても大坂のテニスは好調。しかしセレナにミスが減り始め、1−2からの大坂のサービスゲームは長くなります。セレナのリターンが深く、セレナの圧を感じたか、大坂は1stセットにはなかったネットのミスを出して30−40と被ブレイクのピンチ。
ここで19本のラリー。コーナーを攻めるセレナの攻めを角度のついたカウンターで返すと、空いたストレートにフォアを打ち込み挽回。
その後も幾度となくブレイクポイントをサーブで凌ぎますが、最終的にはブレイクされます。

印象的だったのは、再三セレナに攻め立てられ苦しくなり、表情がこわばってしまったことに気づいて意図的に笑顔を作ったこと。壊れそうになるメンタルを前向きなものに再び変化させるためのテクニックでしょうか。きっとサーシャコーチと話し合って決めたルーチンなのだと思います。とにかく、苦しい中でも前向きに試合に向き合った。

それが次のゲームで実を結びます。サービスが安定しないセレナは2本のダブルフォルトでブレイクバックされます。最初のポイント、思い切った大坂のリターンエースが効いたか。
決勝のプレッシャーから流れを引き渡す可能性もあったゲームだっただけに、メンタルの強さを感じました。

そして次のゲームでも勝負強く1本でブレイク、優勝への期待が俄然高まったところにアクシデントが。

すでにコーチングとラケット破壊で2回の警告を受けていたセレナ、コーチングの警告にまだ納得がいかず、「私はチートはしない」「嘘つき!」「謝りなさい」と主審のカルロス・ラモスさんに詰めより、3回目の警告を受け1ゲームのペナルティ。これで5−3。

レフェリーを呼ぶことを要求し、さらに激しく抗議するセレナ。会場は異様な雰囲気となり、大坂なおみにとっては非常にやりにくい、というよりプレーするのも大変な状況となってしまいました。

続くゲームはセレナが攻撃的にプレーしキープ。単なるキープなのですが、雰囲気は100%セレナ応援で、引き続き異様な雰囲気。大坂にはとんでもないプレッシャーがかかっていたと思われます。ちょっとでもそれに押しつぶされてしまうと5−5。試合の行方は全く分からなくなってしまうところでした。

しかし大坂はまったく崩れず、一気に次のゲームを取りきり、念願の初優勝!!
このメンタルには正直驚きました。初めての決勝で緊張で良いプレーができない選手が多い中、どちらがチャンピオンか分からないくらい素晴らしいプレーをした。
パワーだけでなく、戦略や技術も光った。オフシーズンのバラエティ番組のゲームを見る限り、パワー重視で不器用なタイプかと思いましたが、全然そんなことはなくコントロールがずーっと良く、ちゃんと面感覚も持ち合わせていることが分かりました。

残念だったのは表彰式でのブーイング。20歳のニューチャンピオンの初の晴れ舞台だというのに、あの雰囲気は・・・。大坂の顔は曇り、目に涙を溜めていました。
コメントも、「こんな終わり方ですいません。」と何も悪くない大坂が謝る事態に。またセレナに「私とプレーしてくれてありがとう」と。なんて謙虚なチャンピオンでしょう。

セレナは、泣きそうな大坂の肩を抱きやさしい表情で言葉をかけた態度は良かったですが、「前を向きましょう、もうブーイングはやめて」と観客に訴える姿には、「その前に言うことがあるのでは。」と違和感を持ちました。
絶対に自分が正しいという気持ちがあるセレナとしては納得がいかない最初の警告だったでしょうが、それをずっと試合中持ち越す必要はなかった。ラケットを破壊し、暴言を吐かなければ良かっただけのこと。2回目、3回目の警告のときに1回目の警告のことを持ち出すのは理解できません。

尊敬するセレナとの試合がこんな形になってしまって、大坂はほんとうにかわいそうでした。警告が無くても大坂のテニスがセレナを完全に上回っていました。

WOWOWスタジオでも大坂に笑顔は少なく、日本語で感想を聞かれても日本語が出ず、英語で I’m emotionally drained. (気持ち的に疲れ切っている) と、本当に疲れた様子でした。
そしてファンへの言葉を振られて、日本の最近起きた災害へのお見舞いコメントを真っ先に述べるなど、どこまでも謙虚で優しい大坂。人間としてもチャンピオンです!!!

次は錦織の番だ!!

おめでとう、大坂なおみ!!!!!

228 件のコメント

  • テニスGS優勝とオリンピックで金メダルとるのとどっちが難しいと思いますか?
    ジョコビッチだって取ってないんですよ。ビッグ4で金メダルがないのはジョコビッチだけだと思いますが?
    なおみちゃん、国民栄誉賞もんでしょう。
    無理なら、県民栄誉賞はどうですか?大阪府と北海道のダブルです(^^)

      引用  返信

  • キリ丼さま
    ロジャーさまはダブルスで金メダルを獲っていますがシングルスはありません。4年に一回の開催なのに二回も金メダルを獲っているマレー選手はすごいです。

      引用  返信

  • 国民栄誉賞に対する私のイメージの問題かも知れませんが、スポーツ選手が活躍すると、すぐに公的に表彰したがるのは違和感を覚えますし、どちらかと言うとこの類の話には嫌悪感を感じます。

      引用  返信

  • マナー講師さま
    そのお気持ちわかる様な気がします。
    スポーツ選手側の責任は全く有りませんが、「内閣の支持率アップのダシに使われてるんじゃね?」的な受賞も過去にいくつもあった印象も有りますし。

    そんなものが無くても、大坂なおみという選手を応援する📣のみですけどねぇ〜。

    勿論、もし受賞したら心から「おめでとう㊗️」と思いまし、無くても私達の誇りいわゆる「ピープルズ・チャンプ」的に変わらず応援をし続けるのみです!😤

      引用  返信

  • マナー講師さま
    私も同感です。
    あまり若いうちに与えて欲しくない。スポーツ選手には引退時に表彰してほしいかも…。乱発するとありがたみが薄れます(^◇^;)。

      引用  返信

  • 大坂選手、4時半に羽田について、9時半から記者会見。

    うーん、大変。
    なるべく早く試合前の練習に集中させてあげて欲しい。

      引用  返信

  • 下団さま
    私のコメントにレスいただいていたのに気付きませんでした。失礼しました。
    そうですか、あのマッケンローでさえ文句を言っていたのですか。当時、全米は何でもありだなと思ってましたが、アメリカ人、それもマナー破りの代表のような選手にもそう思われていたとは、意外でした(^^;)

    今回の件、昔話と結びつけて、だから全米の観客はマナーが悪いと言うつもりはありません。
    どなたかのコメントにあったように、素晴らしい試合に水を差すなという意思表示という側面が少なからずあったのだろうと受け止めていますが、表彰式では控えてほしかったですね。

      引用  返信

  • 国民栄誉賞の重みも少しずつ下がってきたのでしょうか・・・
    なおみちゃんのGS制覇は国民栄誉賞を授与するかどうかはともかく、他に類を見ない偉業だということです。
    ROMさん、フェデラーはバブさんと組んだダブルスでしたね。失礼しました。
    (将棋の羽生永世七冠の国民栄誉賞受賞は当然と思いましたが、囲碁の井山七冠は疑問でした)

      引用  返信

  • 帰国後、そう、帰国なんです。予想通りの歓迎の中、NISSINのあとにNISSANというスポンサー周りに、よーでけてるねーと彼女は気付くでしょうか?
    時計はシチズンで、IMGは日本の企業を集めてますね。これを糧に日本での試合が増えて欲しいもの。ジャパンウィメンズオープンの格上げとか、新設トーナメントとか、各企業は頭において下さい。なんせ、露出しないと広告の意味はないのですから。
    国民栄誉賞はさっさと頂いた方がいいと考えます。ビッグタイトルを取るたびにとやかく言われるより、貰ってしまえば済みますからね。
    フェドカップを楽しみにしてますが、ビーンズでやってくれるかな?あの距離感で、大坂選手を観ることできたのはついてた。というより、駆け上がりの速さにまだ、頭がついてこない。

      引用  返信

  • ROMさん
    いつも反応が早くて素晴らしい!ありです(笑)

      引用  返信

  • グランドスラムタイトル獲得は、とてつもない偉業。
    グランドスラマーとなった大坂なおみ選手は、テニス界のスーパースターです。
    日本人の大坂なおみがグランドスラマーになったのではなくて、グランドスラマーの大坂なおみが日本人だっただけ。
    何とか賞は、「グランドスラムタイトル獲得」という偉業の前では何の価値もありません。
    彼女に賞をということ自体が、偉大な世界的スターである彼女に失礼だと思います。

    なんだか、堅い感じに書いてしまいました。。。
    セレナを体力的にも精神的にも崩壊させて、クリス・エバートにお辞儀までしてもらったなんて、素晴らしすぎる!!

      引用  返信

  • ROMさん、(*^ー゚)b グッジョブ!!

    記者会見でなおみ選手、優勝後に錦織選手からお祝いメッセージをもらって嬉しかったと言っていました。ローマ字で書かれていたので混乱したが、自分はひらがなで「ありがとう」と返したと。
    大会中、錦織選手が応援してくれていたとのこと。お互いに刺激を受け、高めあえるといいですね。

      引用  返信

  • ROMチャレンジ
    日清→日産→日航→日立
    清々しく生まれ飛び立つ(ウームイマイチか?)

      引用  返信

  • グランドスラムのシードが少なくとも2019の間は32のままになるそうですね!(よかった!)
    (今年のアップセットや、20シードの大坂なおみ選手が初戦でシードと当たる可能性もあった、というのが理由であるらしいです!)こんな影響も与えたのですね!!!

      引用  返信

  • 私は大坂選手の人柄、人間性の素晴らしさこそが称えられるべきもの、という気がします。
    (決して大袈裟な表現ではないと思ってます。)
    彼女のインタビューの発言を聞く度にその思いを強く感じます。
    全米優勝は素晴らしい偉業ですが、彼女にとってはきっと
    通過点のひとつなんじゃないかとさえ思います。
    錦織選手は先を越されたという意見もあるかもしれませんが、そんなことは問題じゃないです。
    錦織選手のこれまで成し遂げて来たものは大坂選手の優勝で色褪せるようなものではけしてありません。
    大坂選手も錦織選手も自分の限界を超えるべく、頂点を目指してこれからも頑張っていくことでしょう。それを見届けることができる幸運を噛み締めたいと思います。

      引用  返信

  • 団長さんのツイッターで紹介されてる内田暁さんのインタビュー記事を
    読みました。内田さんが言っているように予言めいていてびっくり!
    この精神があっての、今回の優勝なんだな。
    この結果はまだまだ通過点と思えてしまうことがまた凄い(^◇^;)
    これからの成長がほんと楽しみな選手の1人です。

    さらにその下のツイッターから……………
    大坂なおみ選手自身が日本人と感じてるなら、論争は終わりじゃない?
    おっしゃる通り( ̄▽ ̄)

      引用  返信

  • 一つピースを増やせる。
    NISSAY

    先日の大坂選手のインタビューの中で、グダグダの質問をする記者に司会の方が「もう、いいです」と切り捨てたのは痛快でした。

      引用  返信

  • 大坂さんの全米オープン初優勝❗という明るいニュースに、日本中が元気を貰っているようです。
    大坂さんの活躍で、その関連企業の株も上がり、結果、日経平均もアップ❗私は、それが一番嬉しいですぅ。
    錦織君への一極集中が削がれ、これから、錦織君は、ストレスフリーとなり、自分の目指すテニスにより、集中出来る。ありがとう、大坂さん❗

      引用  返信

  • 全く反応がない(自虐)スタッツ・ネタですが、WTAのトップ100選手の2018年のサーブ&リターンのデータをみてみました(データ元:WTAスタッツのページ)。プロットは、こちらにあります。

    A)サーブ&リターンゲーム勝率(1ページ目のプロット)

     スタッツの中でも、実力を最も反映する指標の一つと考えられるのが、サーブ&リターンゲーム勝率です。このプロットが意味するのは、現在の実力でグループ分けすると(それぞれのグループ内でレシーブ型→サーブ型の順に)、
     1)ハレプ
     2)スティーブンス、ケルバー、ウォズニアッキ、スビトリナ、クビトバ、大坂
     3)メルテンス、ベルテンス、ムルグッサ、セレナ
     4)シャラポワ、セバストワ、キーズ、バーティ
    となるということです。

    ハレプがサーブ&リターンゲーム勝率合計120%で抜け出していますが、それに続く大坂を含むグループは(サーブまたはリターンが得意はあるにしても)合計ポイントで同じで、見事に横一直線です。その他のトップ10のプリスコバとガルシアは、リターンが悪いです。昨年ローラン・ギャロスを制したオスタペンコは今年絶不調です。

    過去3年間のGS覇者は、2017年RGのオスタペンコ以外全員グループ1−3、準優勝もほぼ全員がグループ1−4です。グループ1&2から誰がGS制覇してもおかしくないと思います(実際、2017−18年のGS制覇は8人全員名前が違います)。従って、大坂がまたGS制覇する可能性は大きいと思いますが、サーフェスの得意な順番でいうと、USO=AO>WB>RGの順番でしょうか。

      引用  返信

  • B)1st&2ndサーブポイント勝率(2ページ目のプロット)

     ビッグサーバーは、セレナ、バーティ、ゲルゲスら(後者二人はあまり知りません)ですが、現在のトップ10がビッグサーバーという訳ではないです。大坂は1stサーブも2ndサーブもバランスが取れたスタッツです。

    C)1st&2ndサーブリターンポイント勝率(3ページ目のプロット)

     トップ10でリターンが良いのは、ハレプ、スティーブンス、ケルバー、ウォズニアッキ、オスタペンコらです。メルテンス、カサトキナ、シャラポワ、謝淑薇らもリターンが良いですね。 大坂はリターンを強化したいところです。

    D)ATPとWTAの比較(3−6ページ目のプロット)

     サービス&リターンゲーム勝率、サーブ&リターンポイント勝率で見ると、男女のテニスには明確な差があり、それぞれトップ100選手について成績をプロットしてみると、ほとんど男女の重なりがなく別れています(ちょっとビックリ)。トップ100の平均的な(勝率5割)選手でみると、男子(女子)選手は5(3)ゲームに1回ブレークしていることになります。なので、女子選手の試合の方が圧倒的にブレークが多い、ということになります。この違いの主要な原因は、たぶんサーブだと思います。

    纏めると、スタッツから見た大坂選手のプレースタイルは見た通りサーブ型で、男子選手でいうとツォンガ、ミロッチ、キリオスあたりに相当するということになりますが、リターンを強化すればさらに強くなる余地がある、ということです。

      引用  返信

  • 禮さま
    なかなか反応出来ずすみません。ただただ、「すごい」としか表現のしようがないもので(^◇^;)。
    大坂選手はまだネットプレーが苦手なようなので、それが向上すれば更に強くなるのでしょうね。

      引用  返信

  • また話を蒸し返すようで恐縮ですか、ストリコバ選手がセレナの愚行をバッサリ切っていて、痛快です
    http://www.livetennis.com/category/wta-tournaments/barbora-strycova-blasts-serena-williams-for-u-s-open-final-meltdown-20180914/amp/?__twitter_impression=true

    「セレナの試合だけルールが変わるのかしら。そうなら教えて」
    「彼女はこういうことは、自分が負けてる時にやるのよね」
    「ナダルがセレナみたいな行動をしたことを見たことがないわ」
    (かなり意訳です)

    彼女のコメントは、多くの女性選手の心の声かも😅

    (禮さま、話の流れを変えて申し訳ありません🙏)

      引用  返信

  • なおみ選手今日は国技館で大相撲観戦ですね。
    白鵬からの招待でしょうか?周りから写メいっぱい撮られてます。

      引用  返信

  • 今日、NHKで大坂なおみ関連番組の放送があるので、お知らせまで。

    【BS1スペシャル「ヒロイン誕生!大坂なおみ 全米優勝の軌跡」】
    9月17日(月) 18:00~ BS1

    【スポーツ酒場“語り亭”「緊急開店 祝!全米オープン優勝 とことん大坂なおみ」】
    9月17日(月) 19:00~ BS1

    NHKには、「なぜ大坂なおみの試合を放送しないんだ!」という批判や問合せが多く、全米オープンを放送したいのはやまやまだったでしょうが、放送権を持っていないので仕方ないですよね。
    せめて、こういう特番で取り上げようということなんでしょうね。

      引用  返信

  • 大阪なおみはまだまだ発展途上の選手
    東レでもし、早期敗退しても、格下に敗退なんてマスコミには書いて欲しくないな
    1回戦の相手も簡単ではないしコンディションも良くないだろうから、難しいと思います
    まあ、応援あるのみですが

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。