クレーのガリンに勝った!久しぶりにナダルとの対戦が実現!!(2021バルセロナ2回戦 vs. ガリン レビュー)

2021 Barcelona (ATP 500)
2nd Round
Kei Nishikori def. Cristian Garin[13], 7-6(5),4-6,6-1

今日もものすごい紆余曲折、良い面と悪い面を出しながらもファイナルセットは1回戦に続き覚醒、「負けそうで負けない」、「なんか最後には勝ってる」という錦織らしさは存分に発揮した試合でした。

昨年のハンブルクで0-6,3-6と簡単に敗れたガリンに対する勝利で「次は見とけリスト」から削除できるだけでなく、目標としていたナダルへの挑戦権を手に入れました。

ナダルと錦織の名前が並んでいるドローを思わず記念に写真に取ってしまいました。

クレーコートのガリンはトップ10級ですので価値は大きいと思います。
ただ、ガリンの調子もそれほど良くなかったかなと思います。2ndセットはサービスゲームに隙がなく強かったものの、全体的にはミスが目立ちました。

錦織は今日も1stサーブポイント率が2ndサーブポイント率を下回り、「1stサーブを入れない方が良い」状態になってしまいました。

それでいて1stのイン率は71%と高いので、これはもう、1stサーブ(と、その後のラリー)のクオリティが悪いとしか言いようがありません。

実際、スピンで甘いコースに入ったサーブを簡単に深く返されて、フォアのフレームでミスといった場面が多く見られました。
ガリンは錦織のスピンサーブを苦にしていませんでした。
試合中に気づくことは難しくても、あとからスタッツを確認することはできると思うのでぜひともチームで戦略を練ってほしいです。

1stからのポイント率が低いことは、1stの後は攻めなければならないという意識も関係している気がします。
実際、サーブのクオリティ自体は2ndサーブが1stサーブを上回ることはありませんので、その後のミスの差がポイント獲得率の差につながっていると考えられます。
2ndサーブからのラリーのほうが丁寧なのではないでしょうか。

1stセットはそれでもガリンのミスに助けられ、特にタイブレーク3−5から3本連続でミスをもらったことはこの上ないラッキーでした。

2ndセットはガリンがサービスゲームで1stサーブから93%という高いポイント率でがっちりとキープ。錦織の動きも落ち、心配されました。

しかしファイナルセットでまた、足とフォアが復活するという、13年錦織を見続けている私でも未だに理解できないほどの超人的なゲームメイク力を見せています。
この状態へのコントロールは、おそらくそれほど器用にはできないのだと思います。
2セットかけてその日のデータがたまった状態であること、感覚の蓄積、試合の終わりが見えた状態でのメンタル的な開き直り、相手の疲労などの条件が重なって起きる現象だと思います。

バックハンドは試合を通じて安定しており、非常に助けられました。
相手のドロップショットに追いつけなかったり、ネットプレーのミスも気になりましたが、(試合中はダメ出しをたくさんしてしまいましたが)、とにかくファイナルセットが大正義過ぎて、最終的にはとても強い印象が残りました。

明日のナダル戦はとにかく、大一番です。
1回戦負けもありえた状態からのこの僥倖を噛み締めて試合を楽しみましょう。

21 件のコメント

  • 団長、今日もこんな遅い時間からの、世界一早い錦織圭の試合記事うp、ありがとうございます!(^0^))♥
    やっとクレーでのフットワークを思い出したのではないでしょうか?
    明日は、ようやく辿り着いた久方ぶりのラファ戦
    初めっから、今日のファイナルセットみたいに飛ばしてねーヾ(⌒(ノ-ω-)ノ♥
    とにかく、良い試合を魅せて欲しいです!😍😍😍
    圭、おめでとうo(^▽^)o♥

      引用  返信

  • 団長さん、またまた素早いレビューをありがとうございます!

    「1stからのポイント率が低いことは、1stの後は攻めなければならないという意識も関係している気がします。」というご指摘は鋭いですね。それでミスが出やすいという分析ですよね。なるほどと思いました。

    今回の勝利は二重にうれしいですね。去年の雪辱も果たせたし、久しぶりにナダルと対戦できる!
    でも、面白いと言えば面白かったけれど、何とも不思議な戦いでした。
    第1セットはお互いにミス多くブレーク合戦の挙句タイブレークに突入しましたが、そこでも二転三転し、ずっとハラハラのし通し。ガリンの連続ミスに助けられてこのセットを取れたけれど。最後のクロスのアプローチ、団長さんも”変態”と言わんばかりに驚いてましたが、決めるぞ!という気迫が出ていました。
    第2セットは互いに体力と気力が落ちた感じでしたが、ガリンのサーブは良くなって、一度もBPも握れぬまま、冬眠に入ったのかと思うほど静かにセットを失ったのに、第3セットに入ると急に蘇り、集中力研ぎ澄まされ、サーブも改善し、フットワークも戻ってきて、良い組立てから目の醒めるような素晴らしいプレー連発、相手を圧倒して取り、ただただビックリ!相手のバックを何度も攻めてからの回り込みフォアストレートウィナーがよく決まっていました!

    最後に団長さんのツイキャス名言集
    “セカンドで取れてるのにファースト入れにいく必要は全くない”
    “ファースト入らないことを祈る”
    “ほんとに不思議な選手。もう13年見てるけど、それでも理解できない”

    以上のように言わせる錦織圭はやっぱりすごい!

      引用  返信

  • 団長さん、お疲れにもかかわらず真夜中のレビューのアップ。ありがとうございます。
    ホントに第三セットの錦織選手は、時折ミスはでるものの、久々にゾーンに入っていた感がありますね、とにかく、ラリー中は、返って来たボールは何であれ厳しく打ち返すという気迫がありました。体力もちゃんともったし。

    とにもかくにも、故障のない状態でナダル選手と試合ができることが応援団としてこんなにうれしいことはありません。自信をもって、そして楽しんで試合をして欲しいと思います。

      引用  返信

  • ナダルは、昨日の試合も調子良くなかったみたいで、1stダウンからの逆転勝ちみたいです。つけいる隙は、ありそう!今日も、全力応援ですね!

      引用  返信

  • 団長さん お疲れのところ、レビュー記事の速攻アップありがとうございます。
    ツイキャスも楽しませていただきました。

    錦織選手、第1セットはガリン選手のミスに助けられたこともあったとはいえ、
    タイブレではあいかわらずの勝負強さ。
    最終セット、いきなりギア上げたのか、人が変わったのか、めざましいプレーでしたねー。
    リズムに乗っていた。

    サーブ改善を強く望みます。以前の羽子板打ち(笑)よりましになったとはいうものの・・・
    魔球サーブが欲しいです。

      引用  返信

  • 昨夜は2セット目中盤で睡魔に勝てなくなり就寝しました。起きてすぐに試合結果確認してホッとし、団長さまのレビュー記事を読みました。最後まで見ればよかった〜と。家事が終わったらiPad占領して見ることが決定しています。

    今大会、鼻血ワイドサーブが少ないように思えるのですが…。肩の問題?単に調子が悪い?それとも私の気のせい?

      引用  返信

  • ガリン選手、団長さんもクレーコートでトップ10級と評されてますが、おっしゃる通りだと思います。
    錦織選手が深い球に僅かに下がった瞬間にドロップショットを繰り出してきたりで巧い。
    全体的に見てみますと、やはり錦織選手の速いペースに巻き込まれて、知らず知らずのうちに本来のガリン選手以上の動きを要求されてしまい、最後の精度を欠いてしまったのかな❓とも思いました。
    ファイナルセットは、疲労も絡み❓それが多く出てゲームカウントで大差がついたのかと・・・(。´・ω・)?
    それと錦織選手の凄さを改めて感じました。過去にもコメントしたことがありますが、典型的なクレーコートでの戦い方をせずとも欧州クレーコートで戦える能力は素晴らしいです。
    ナダル選手にもう一段上のレベルに引き戻してもらいましょう(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 皆さん、全力応援お疲れ様でした。疲れましたが、勝ちましたので、何とも爽やかな朝ですな〜^_^
    1stサーブですが、ポイント率が2ndより悪いなら、確率が50%を切っても、コース、スピードともに質を上げてもらいたいなと思います。コースは、ワイドが多すぎる気がしていて、もう少しセンターを狙ってもいいのではないかと、夜中であるにもかかわらず、叫びながら応援していました。(隣の御家族の皆様、心よりお詫び致しまする、、、)
    いよいよナダル戦ですね!いろいろな要素はありますが、1stのポイント率が最低70%を越えないと勝つのは厳しいかなと思います。ミルヌイコーチ殿、何とか策を与えて上げてくださいね!よろしく頼みます。今日も全力応援、皆さん、頑張りましょう!

      引用  返信

  • 団長さま、レビューありがとうございます。
    負けそうで負けない、なんか最後には勝ってる、その通りですがぺジャ戦に引き続き課題はあれど勝てたのがとにかくうれしいです!
    しかもファイナルセットではフォアも復活。このタイミングで復活ってナダル戦に向けていいことですね💕
    時々ある、ファイナルになってフットワークも戻り、サーブの調子がよくなり相手を振り切るって私にとっても謎なのですが、13年ウォッチしている団長さまにも謎なんですね。2016年の全米マレー戦もある意味その一つだったと思っているのですが。。不思議ですね。

    ファイナルセットの休憩でちょっと肩を押さえてましたが、調子は大丈夫でしょうか?サーブのスピードのなさと関係しているんだったら心配ですが、ナダルも無傷ではないし、リオ五輪のようなこともあったし、チャンスはあるんじゃないかと思ってます。
    今晩が楽しみです♫

      引用  返信

  • ガリン選手の胸板って、圭の2倍くらいありそうだったし、すげーガタイの良い選手。
    下団さんの言ってたフォアの胸板問題。
    だけど、ちょっと体重ありすぎじゃないですかね?欧米人中南米人的にはフツー⁈
    初っ端第1ゲームのガリンのスーパーな動きを見ていて、この体重のガタイで、3セット同じ動きは出来ないに違いない、と思いました。
    でもこんなガタイの凄いヤツ、おまけに体力有り有りの24歳に勝つなんて、圭って、ホント天才❣️としか思えない。
    でもなあ。第2セットでガリンが最初落ちたのに付き合っちゃってさ⤵️フェデラーなんかだと絶対付き合わないで、ビシーッとストレート勝ちよ。
    まあ、針の穴を通すようなセンシティブな圭のプレイだから、難しいんだけど…。
    今日のナダル戦、身体がなんともなければ、面白い試合になるのになー。どうなんでしょ⁉️
    ナダルは、リオ五輪のリベンジに燃えてるハズ🔥

      引用  返信

  • 団長さん、あの試合直後にレビュー記事を書いてくださって、お礼より前に睡眠時間割いてのレビュースミマセン💧っていう感じです。少しは寝られたのでしょうか?錦織同様、体力温存をお願いします。ありがとうございました😊
    私の中には錦織選手の素晴らしさしか残っていません。幸せなこと。
    本人がペジャ戦後もっとミスを減らさないと上には勝てないと言ってましたので、みていた感覚ではウィナー量産!ミスもあったけれどペジャ戦50よりはずっと少なかったような印象でした。でも、いつもあるウィナーとUEの数を示したスタッツを探しても、なんでかなくて…、残念です。
    サーブの話題沸騰中ですが、ウロウロスタッツ探しをしていた時に面白いデータを見ました。セットごとのサービスwonなんですけど、1セット目は確率70% 1stwon42% 2ndwon69% 2セット目は確率61% 1stwon75% 2ndwon46% 3セット目は確率83% 1stwon59% 2nd won71%でした。パッと見て2セット目が普通の選手のスタッツの雰囲気 1セット目がなんだか相当変で、3セット目も団長さんがずっとこぼしてた(スミマセン💧)2ndの方が高いって変でしょ?フォルトすると安心みたいな 笑 でも勝負としてはその1セット目と3セット目に勝ってるんですよね………。どういうことでしょうね??? 私の無知で大胆な素人判断の結果…………。
    「錦織の試合の勝敗に1stサーブwonは関係ない!今の時点では…」きゃー!怒られるぅ!錦織のテニスは不思議すぎるのは誰もが認めるところ。常識を超えてるんじゃないでしょうかね?結局2つのサーブでやりくりして、後はストローク勝負プラスあれこれの技を駆使して、ゲームメイクするのが秀逸👍 後は勝負強さで勝ちをもぎ取るという…。前代未聞のテニスプレイヤー錦織圭!安定したいいサーブが打てるようになるまでの限定の話ですけど😅
    あのティームに完勝したウィーンの頃のサーブはすごくよかった。あの頃のように打てるようになると信じてます。ペジャ戦でもガリン戦でも、団長さんが指摘していたファイナルセットでのサーブフォームの変化で急に良くなるあの様子を見ると👀そのうち安定してくると。そうなったらいいなあ。勝ち方が断然楽になりますからね。 
    今夜のナダル戦ではどんな錦織が出てくるのか⁉️ 楽しみ〜‼️

      引用  返信

  • 昨夜の第3セットのスーパープレー、凄かったです。
    2014年の全米ジョコビッチ戦を思い起こさせる様な攻めだったと感じました。
    対ナダル戦であっても昨夜の第3セットのプレーが再現できれば
    (ただし、最初から最後まであのレベルを保てれば、という条件付き)勝機はあると思います。
    試合が進む毎に相手も強くなりますが
    錦織選手のテニスのレベルもそれに合わせるかの様に上がるので、観ていて本当に楽しいです。
    ワクワクドキドキの錦織劇場、今夜も開幕してほしい。

      引用  返信

  • 今日は寝不足ですが、朝からずっとゴキゲンです。天気も良いし何より錦織が勝ってくれたし!
    実はドロー発表時は半分諦めてました。クレーコーターで今好調のガリン…。錦織は復帰途上だしここまでかなと。でもやってみないと分からないもんですね。やはり、錦織は私の想像を超えた才能の持ち主なんだと改めて認識しました。
    だからナダル戦もやってみないと分からない!ファイナルセットのあのキレッキレの状態なら良い勝負が出来そうです。ドロップやサーブのコース等修正できる所は修正してナダル戦に自信を持って臨んでもらいたいです。
    私も全力応援の準備をして今晩に備えねば😉寝不足がずっと続きますように🙏

      引用  返信

  • あけびさん
    先の投稿をした時はあなたのコメントを読む前でした。
    今読ませていただいて、全面的に共感します。
    「錦織選手の不思議」を私たちファンは堪能しましょう。

      引用  返信

  • 復帰直後の錦織の言葉「アップダウンを少なくしていきたい」が耳に残っています。ついにマスターズ1000を制したチチパスを圧倒したマイアミオープン第2セット。クレーコーターガリンを圧倒した本大会ファイナルセット。かつて世界4位にまで上り詰めた錦織がオーバーラップして見えました。いや、この瞬間風速はひょっとしたらそれ以上になる期待も抱かせます。しかしそんなイージーミスを…というシーンも続いたり…。トップクラスでの紙一重の戦いで必要な頭と身体がまだ一致していないかもしれません。

    一方でクレーシーズン初戦の本大会、1回戦ペジャ戦は団長も気にされていた単発な攻めでかろうじて勝利でしたが、2回戦ガリン戦はオープンコートを作る組立てが多く見られての勝利。クレーキングのナダル戦に向けて上り調子はいい試合を期待せずにいられません。団長の多彩なショット(●意、ズボン●ぎ、そしてスマッシュの叫び声など…)とともにツイキャス楽しみながら今夜も観戦予定です。

      引用  返信

  • 風さん、いつもお声掛けありがとうございます😊
    なんでですかねー?錦織選手の試合を見たあとはもう、いろいろ言いたいことが溢れてきますよね。しかも、勝っても負けても(๑>◡<๑) それも不思議錦織圭ゆえですか?笑 
    15年も錦織を見てきた団長さんでも不思議がるんですよ(´⊙ω⊙`) ネタの宝庫 笑 
    最近の最高傑作「いったいあなたは錦織のなんなのよ!」状態の人がひしめき合う、こちらのブログがあるからこその喜びと、本当に団長さんには感謝してます。みなさまにもね。

      引用  返信

  • 今夜はナダルの名前を冠したコートで試合っすよね🤔
    コート名&リオ五輪リベンジ🔥とくれば、ラファ様は負けられない試合なんだよなぁ…

    それでも、昨晩の第3セットの絶頂期のニシコリを彷彿とさせるプレイを観ると、期待してしまう自分がいる…
    ATP500以上はTV放映するって、NHKかBSテレビ朝日が言ってませんでしたっけ⁈最近半ボケ状態のあじゃこの記憶だからアレですが。
    TV放映してくれたら、団長のツイキャスと一緒に楽しめるのにな〜♪

    団長ったら、只今、ジネルホテルに連泊中とか。バルセロナオープンツイキャス実況を視野に入れたお泊まりではないですか?勝ち進むハズ、と🤔

      引用  返信

  • あじゃこ,

    本当にガリンがたいがいいですよね。私は中南米に住んでたことありますが彼らは背も低めで華奢ですよ。(人種も入り混じってるので言い切ることはできませんが)ただ年とると太めの人は増えてきますが、、

      引用  返信

  • Euroさん、
    あ、そうなんですか😳有難うございます❣️
    私は中南米の方は華奢というイメージが全く有りませんでした💦確かに背はあまり高くない印象ですが⤵️
    じゃあ、ガリンはいろいろ混じって⁈あのガタイなんでしょうかね🤔

    デルポトロも、ペジャも、ガリンも皆ガタイ良くデカイので。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。