錦織、終始プレーが落ちずセカンドセットは圧巻のベーグル(2021東京オリンピック3回戦 vs. イバシュカ レビュー&準々決勝 vs. ジョコビッチ プレビュー)

本日は、鼻血ブログの象徴、「錦鯉」モデルのG-SHOCKをお披露目!! ジョコビッチ戦に向けてこのネタを温めていました。今日はこれで応援します!!!

2021 Tokyo Olympic Games
3rd Round
Kei Nishikori def. Ilya Ivashka, 7-6(7),6-0

連日暑い中、熱い戦いが続いてフォローする方も大変です。
当然ながら選手はそんなものではなく大変で、命の危険すらあると思います。
メドベージェフはポイントごとに腰を折り、膝に手をついていました。
それでも諦めず、最終的には勝ったのですから本当にすごい執念です。
ATPポイントは付きません。それでも自分と国の名誉のために戦うひたむきな姿を見ました。
錦織圭も同じです。酷暑の中、昨日は単複を戦い抜きました。必死に自分と向き合い、戦っています。

イバシュカ、予想通りいい選手でした。
イメージよりは強く打ってきました。
錦織と初対戦の選手がよく取ってくる戦法です。
3ブレイクずつ。お互いにキープに苦労したサービスゲームでした。錦織はイバシュカのボールと暑さの両方に苦しめられたものの、プレーレベルの上下はあまりなかったように思います。少なくとも、自分としっかり向き合って焦らず、コンスタントなプレーを心がけているように見えました。

それが生きたのがタイブレーク。4-6という大ピンチから、普段と変わらないストロークを打った錦織に、フォアで体が開いてミスを2本出したイバシュカ。
体力がきつい中、ポイントの欲しさが体の動きに出てしまい狂いが出てしまったのでしょう。
ここが試合の明暗を分けたと思います。

タイブレークを落としたイバシュカは、体力的にも精神的にもここで折れてしまい、2ndセットは一方的な展開になりました。

錦織、さすがにこの暑さの中では無駄なセット、無駄なゲームは相手に献上できないという意識があり、しっかりとしたプレーを続けています。
特にサーブとフォアが、これまでと比べて底上げされていると思います。
頼もしいです。

ダブルスでは流石に疲労の色が隠せず、サーブのスピードもボレーのキレもいまいちでしたが、これは仕方ないでしょう。
それよりも第1シードのパビッチ/メクティッチの強さが半端ではありませんでした。
錦織のリターンにはきっちりポーチを合わせてくるのに、自分たちのリターンは日本ペアのIフォーメーションを打ち破ってくる。
世界一のペアの実力を見ました。

マクラクランには、まだミックスダブルスがあります。メダルを取ってもらいたいですね。

さて! 今日はついにジョコビッチ戦!
ジョコビッチにとってもこの暑さはきつく、ノーダメージではないはずです。
無敵の男ですが、決して打ち破ることは不可能ではないはずです。
地の利と、精神力と、流れを味方につけること、それで勝利を目指しましょう。
ジョコビッチと試合するときの最大の課題は、「どれだけ攻撃的に行くか」のプレーバランスの設定だと思います。

ラリーを普通に続けても打ち破れないということで、積極的に攻めた試合がこれまで多かったと思います。
それでうまくいくこともあれば、ミスが増えてかえってジョコビッチを楽にさせた試合もありました。
うまく行った試合でも試合全体を通じて続けることはできず、「嵐が過ぎるのを待った」としたり顔で言わせてしまったこともありました。

攻めも守りも必要となる試合になるのは間違いありませんが、私は一番必要なのは、「しつこさ」かなと思います。
やっぱり、攻めてミスをしてしまうとジョコビッチは非常に楽です。「丁寧に返しさえすればポイントが取れる」とは思わせてはいけません。

リターン返球率を高め、まずはラリーに持っていく。ショットの深さに注意する。有利な場面を選んで攻撃する。
負けパターンのときは、五分の場面から有利な場面を作るために無理なショットを打っているときだと思います。
しつこくプレーすれば、ジョコビッチだって時々、攻撃できる球をくれると思います。もうダブルスもなくなりましたし、あとの試合のことは考えず、しつこくしつこくプレーする! これで行ってほしいと思います(それが非常にしんどいのですが・・・)。

私の中では、現地で見た2017年全仏QF マレー戦の第1セットの錦織のプレー(6-2で取った)が、最もそのイメージに近いです。
攻めと守りがはっきりしており、繋ぐところは繋ぎながらも、攻められる球が来たらすかさず打ち込むというプレーでした。
少なくとも、ポイントが欲しくて欲しくて、というプレーではなく、「じっくり、しつこく」行くことができていたと思います。
今日もそのイメージで行きたい。

第1試合が15時からになり、多少は涼しい17時ごろからに試合は始まります。

172 件のコメント

  • スコアほど悪くなかったというのが、率直な印象です。
    ただ、良いプレーをしても倍返しされるといういつものパターンが(T^T)
    それでも、このオリンピックでルブレフ選手にも勝って、テニスのレベルが引き上がったことは朗報。
    後半戦、期待したいです。

      引用  返信

  • 小型クーラー?送風機?まで持ち込む気合いの入り様。
    氷まくらは使わなくて大丈夫だったようですが、隙を見せませんでした。

    しかし、トップ10にも勝ちましたし、ここからは年末に良い位置までランキングを戻すことを目標に頑張ってほしいです。

      引用  返信

  • 下団さん
    確かに本物のテニスファンの方で「無邪気でピュアで未熟で可哀想なヤツ」っていないでしょうねぇ〜。逆にいたら「あったらコワイセレナーデ by嘉門達夫」ですけどねぇ〜・・・😅

    まぁ冗談はともかく、個人的には今季終了時にシード常連のトップ30あわよくばトップ20辺りに復帰してくれれば復帰の第1段階としては上々かなと思っています。

      引用  返信

  • aoiです さん
    全く同感です。
    ジョコビッチ選手の鬼カウンターが疲労を促進してしまい、
    第2セット後半はタンクがほぼ空になってしまった感がありました。
    あの究極のカウンターに対抗するのは至難の技だと思います。
    あれがジョコビッチ選手の強さなんですね。
    今日の様な疲労困憊状態では厳しかったです。
    今日は「ジョコビッチの強さ」を再確認しつつも
    「あとちょっと」のところまで対応できた、という手応えはあったんじゃないかと思います。
    錦織選手のオリンピックは終わりましたが
    後半戦に向けて素晴らしい再スタートが切れたと感じています。
    ツアー再開が楽しみでなりません。

      引用  返信

  • ゆうた団員👿、真面目な話・・・(;^ω^)
    シングルスを諦めてダブルスに専念してくれ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    と、ドローを見た瞬間に思った自分が恥ずかしい_(._.)_
    年末に何とか24位以内に入っていてほしいですね(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • ベスト8まで行っても1ポイントも付かないのは哀しいですねー。
    錦織本人もポイントは欲しいでしょうから来週も出たいところでしょうが3週連続なのでどこかは抜いてくるのでしょうね。
    ファン心理としては正直見たいところです。

      引用  返信

  • すごくがんばっていたと思います。
    ベスト8まで進めたし、よく動けていたと思います。サーブも一回戦など特によかったし
    リターンもネットにかかることがいつもより少なかったと思います。
    今日の試合は疲労がすごかったので仕方ないと切り離して考えています。
    体力に余裕があるジョコビッチ選手と同じようにプレーすることを求めるのは酷なことだと思います。
    動ける範囲を超える返球には、もう追う力が残っていなかったと思います。
    表情がすっきりシャキッとしていたし、言葉づかいも丁寧だったのが印象に残りました。

      引用  返信

  • 団長さんはヤフコメ見るなと言っていたけど、つい見てしまった。
    でも、私が見たある記事のヤフコメは10連続全て錦織選手を称えるコメントだったので、嬉しくなって全部にいいね👍️押しました。
    トレンドのツイッターもジョコビッチ選手の強さ(しかもゴールデンスラムがかかったジョコはハンパない)に脱帽のコメは多かったものの、私が見た中では錦織選手に否定的なものはあまりなかったな。
    完敗の中にも、ジョコビッチ選手じゃなかったら決まってたであろうというポイントもいくつか見られたし、たしか2連続で190キロを超えるサーブポイントもあったし、疲労の色は隠せなかったけど、今大会自体すごく収穫があったんじゃないでしょうか。
    このオリンピックが良いきっかけとなって、後半戦の大活躍を期待してます!

    風さん、ありがとうございました。
    誰に対してもですけど、アンドロイドジョコにまたこっぴどくやられちゃいました。
    でも、諦めないぞ!👊

      引用  返信

  • 錦織君、ありがとう!!!そしてお疲れ様!!!
    オリンピックに出てくれるだけでうれしいのに、ダブルス、シングルスともにベスト8の大活躍!五輪3大会連続ベスト8って、長年に渡って高いレベルの実力を維持していることの証明ですよね。

    今日は残念な結果でしたが、果敢に攻めようとしていた姿は素晴らしかった。サーブもリターンも頑張ってました。(ファーストが入らなかったとか言ってたけど、やっぱりハモ理論知らんのかな?)組立てよく攻める場面も結構ありました。が、決め球のミスや凡ミスが多かったのは、相手にミスさせられたのもあるけれど、疲れからミスしたのもかなりあったように思います。もしシコる戦略を取ったとしても、ミスが出ただろうな、今日は。

    それにしても、ジョコビッチの集中力は半端なかったですね。楽勝で勝ち上がってるからタンクもさほど減っていなかったのでは。左右に振りながらコーナーを狙って深く打ってくるのがすごかった。コントロールがいいからミスしないし。ミスしても次は必ず修正してくるし。一球ごとに修正してみせるぞ、って感じでしたもんね。錦織の修正力の高さを知っているから、先手必勝と唱えながら打ってたんだろうな。
    どこに隙があるんだろう?相手の綻びを見つけて、チャンスをこじ開ける力を持っている錦織でも、あんなに早く先に修正されたら、追いつけないですね。
    団長さんがおっしゃってましたが、守備も攻撃も上手くて高いレベルで使い分けられるのがジョコビッチのすごさですよね。将棋やっても強そうだ。

    ジョコビッチとの試合はまずはフレッシュな体で臨み、頭脳戦で上回ることが大事なのかも。

    今回、オリンピックの錦織圭の試合はどれも見応え十分、中身が濃くて、感動、感動の連続でした。(これで悪口言う人がいたらその人は心無しだよー)
    酷暑の中、本当によく頑張った!今日の敗戦だって、完敗だけど、ハイレベルラリーの連続でしたよね!

    ポイントこそつかないけれど、錦織が今回の連戦で得たものは大きく、今後に必ず生きると信じてます!これからも錦鯉の皆さんと熱く応援していきたいです。

    団長さんもお忙しい時期なのに、かなり無理して(でも楽しんで)沢山の記事を書いてくださり、ツイキャスもしてくださって、ありがとうございました。これからもよろしく!

      引用  返信

  • 応援する我々も、試合途中でいきなりほかの競技に切り替わる、アニメ番組に負ける、楽しみにしていた録画放送はいいところがカットされる、なかなかライブ放送が決まらなくてやきもき、錦織君が今やブレークするかというところで手話ニュースが入る(いや、それ自体は仕方ないけど)、などなど様々な妨害?に負けず、あの手この手で錦織君の試合を追いました!
    この情熱!誇りに思わないとね。

    錦織君もここからはまた自分のために戦う日々ですね。
    自信を取り戻したハードコートシーズンだというのがまた楽しみ。
    ルブレフ戦の錦織君がこれから何度も見られそう。

      引用  返信

  • あ~、今日はせっかく私用外出をもらって、BS1の予約をしたのに、まさかのサブチャンネルへ、、、(ó﹏ò。)
    念のため、テレ東も予約しておくんだった~(´・ω・`)ショボーン
    追従しないセットトップボックスがダメなんだけど、録画対応はこの機種だけだからなぁー(´+ω+`)
    見逃しがあがるのを待ちます。・°°・(>_<)・°°・。

      引用  返信

  • サーブについての発言を再度確認してみました。
    インタビューで「サーブが入らなすぎて、自分のリズムに持ち込めなかった。」と言ってますね。ということは、いいサーブを入れて、自分のリズムに持ち込むことを今回目指していたってことですよね。
    やっぱり、ハモ理論わかってるのか!

      引用  返信

  • ROM さん
    インタビュー動画のご紹介
    ありがとうございます。
    インタビューに答える錦織選手は清々しい顔をしていたのが
    印象的でした。
    「今日の試合は残念だったけど今週はいい試合ができて、
    いい感覚が戻ってきた」といった内容の話が聞けて嬉しいです。
    今後に繋がるテニスができて本当によかったと思います。
    本人も怪我前のテニスを早く取り戻したかったはず。
    オリンピックをきっかけに手応えを掴めたようで、
    これこそが最大の収穫だったんじゃないでしょうか。

      引用  返信

  • インタビューの中で「来週からまた始まるので」言っていませんでしたか。それはツアーが始まるという意味?それとも、自分が試合に出るという意味?

    ワシントン、デルノデスカ。ヤスミマスヨネ?

      引用  返信

  • ROMさん
    アップありがとうございます。

    スポーツ紙のネット記事で「パリ五輪に前向き」と「来週のワシントン500に参戦」という文言が気になっていたのですが、恐らくはこの動画内の「次の機会・・・」という言葉が前者の文言で「来週から・・・」という言葉が後者の文言にそれぞれ変換されたのかなぁと。

    決して間違った変換だとは思いませんが、余す事なく話す西岡選手と違い錦織選手のコメントって時折「行間を読む必要性」がある様に思いますし今回のコメントの解釈ってビミョーに難しい・・・ただソレを読み取る作業も錦鯉の醍醐味かもしれませんねぇ〜🤔

      引用  返信

  • ものすごくレベルの高いラリーが何度もありました。
    勝ち負けは別として、その瞬間、錦織選手は楽しかったんじゃないかな。

    ジョコビッチ選手山以外だったら、メダル圏内だったと確信しました。
    レベルアップしたシーズン後半戦が楽しみです。

      引用  返信

  • 次は勝ちましょう。
    何回負けようが、しつこく応援しますw
    諦めなきゃいつか勝てるって信じてますから。

    勝つまで立ち上がれ!錦織圭!!

      引用  返信

  • ROM, さん
    知りたかった錦織選手の直接の言葉、お知らせしてくださってありがとうございました。悔しさをにじませながらも、4試合戦ってきた充実感が伺え、私も清々しさを感じました。勝負の世界はホントに厳しく、優勝者以外はすべての選手が、負けて終わるのが悔しいですね。あっ!そうだ。オリンピックだけは、銅メダルの選手が、勝って終われますね。だからリオは最高だったんだよなあ(^_^)v
    次戦はどこかわかりませんが、体さえ戻れば今の感覚で早く戦いたいのかもしれません。頼もしいわあ🎵
    6日間7試合戦いきれたことも財産の一つと言えるかも。大会を通しての体力というものも身につけていけば、さらなる飛躍は間違いなし✌楽しみしかありませんね。

      引用  返信

  • aoiです, さん、
    ありがとうございます、予約済みです。
    ただ、やっぱりジョコ戦はフルバージョンを残しておきたかったので、めっちゃ残念です><
    見逃しは画面が小さくてちょっぴり不満ですが、フルで見れるのでやっぱり良いですね!!(≧∇≦)
    単複全試合、フルバージョンで残しておきたいくらい、素晴らしいオリンピックでしたm(_ _)m
    圭、たくさんの感動をありがとう!!!!!!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。