40LOVEレポート:ヤングvsハース(2008ロサンゼルス)

錦織圭本人がライバルとして最も意識している選手、ドナルド・ヤング。

今年の成績はあまり振るわず、最近では「ヤングはもう錦織のライバルじゃないんじゃない?」という声も聞かれていました。

そのヤングが、ロサンゼルスで行われているCountrywide Classicでハースを破る金星をあげました!

Countrywide Classic
Los Angeles, USA
International Series – Hard
Total Prize $475,000

1st Round
D. Young def. T. Haas, 6-2,6-4

ヤングの調子が良かったのか、はたまたハースが油断したのか・・・スコアだけでは全く分かりませんが、現地で見たら話は別です。
というわけで本日も現地特派員の40LOVEさんに頼りっぱなし(笑)。
特別観戦レポートをお楽しみください。

今日のハース対ヤングの試合はスコアではわかりにくいけど内容的にはかなり面白い試合でした。

全体を通じてヤングが積極的に攻めて行き、殆どのラリーを圧倒していました。恐らく、ハースはヤングを過小評価していたと思われます。

今日のヤングは左利きのサーブを効果的に使い、ラリー戦でも返しまくっていたので経験があるはずのハースが逆に無理なショットを連発して先にミスるという、予想外の展開になりました。

あれだけラリーを続けると結局ハースの様な実力者でも精神的に押されてくるんですね。ハースのショットに切れと思い切りのよさが段々無くなっていくのがよくわかって驚きました。ということでヤングは今日久しぶりに大金星をあげました。

試合後のインタビューで、ブライアン兄弟のお父さんのウエイン(大会の司会を担当)が

「試合前に、君のエージェントが1回戦の相手がハースだなんて不運としかいいようがないって大会関係者にこぼしていたけど?」

と聞いたところ、ヤングはジョークたっぷりに 「僕のことをたしかとても信頼しているはずなのに」と答えて、観客からしっかり笑いを取っていました。でも本当に嬉しそうでした。

ヤングは気持ちが乗ってくるとテニスも絶好調になってくるイメージがあるので、これをきっかけに昨年末みたいに好調になるかもしれませんね。

錦織もこの勝利に刺激を受けないわけはないでしょう。

ファンとしても、こういうアップセットを見ると「錦織もいけるんじゃ・・・?」という気にさせられます。

本当にプロの世界は勝ったり負けたり。勝敗を分けるのはほんのわずかな差なんですよね。

不振のヤングでもハースに勝った。怪我明けの錦織がオリンピックで快進撃をしても全く不思議ではありませんね。

それにしても40LOVE様様です。

「40LOVEの錦織圭を鼻血が出るまで~」に改名しようか、真剣に悩んでいます(笑)

だってコンテンツのレベルが全然違うんですから。
私はナダルプリンとか、似てないフェデラーの似顔絵とかそんなんばっかり思いつきます…。

よし、いまから北京行くか!(無理!)

7 件のコメント

  • だんちょ、
    人脈もその人の才能ですよ~。
    だんちょだからこそ、すごい人があつまるんですよ~。

      引用  返信

  • 団長、団長には
    AIGリポートという今年の重大な任務が(今ミスタイプで妊婦と打ってしまいました^^;)待っています。
    そこに全精力を集中し、パワーを発揮してください。

    40LOVEさんの現地ならではのホットなリポート
    いつも楽しみにしています。
    ありがとうございます~。

    勝利後のコメント、ウィットに富んでいて良いですね~。
    好調だとよくわかるエピソードでした。

      引用  返信

  • 40 Loveさんのレポートありがとうございます。いつも負けているヤングしか観たことがないので、嬉しいですね。シモンやマリーなど、しぶとくリターンをしているうちに、フェデラーやジョコがイライラになってしまいましたよね。ヤングもアグレッシヴ・ディフェンス選手として真価を発揮しましたね。

      引用  返信

  • GS2Wに、錦織対ヤングなんていう日がいつか来るんでしょうか。
    40LOVEさん、ありがとうございます!!

    今日、ドロー発表、何時でしょう?
    団長の対戦相手の「研究会」開催かな。
    嬉しくて、信じられない。
    団長、試合のない時期をよく乗り切りました!!
    あの手この手に、本当に楽しませてもらいました。
    もう少し試合なくてもイイかも…と、最近思いはじめてましたよw

    Tennisnakamaさん、
    アグレッシヴ・ディフェンスプレイヤー…ナダルも1位になって、注目のプレースタイルですね。
    先日はマレーにこのスタイルでやられてしまいましたが、ジョコビッチもこのスタイルにあてはまるのでは?と思います。
    いつもブログを楽しく拝見しています。

      引用  返信

  • nosaさん、皆さん、いよいよ今日ドローの発表ですね。
    発表は現地時間11時です。
    昨日最終のエントリーリストを確認しましたが、なんとカナダのニーミエールが最後にエントリーを決めたようです。錦織の1回戦、彼と当たるといいんではないかな?
    まあ、良いドローを期待したいですね。

      引用  返信

  • reikoさんが言ってますが、団長さん人脈でございます。
    40LOVEさん、いつもありがとう!!!

    ドローです。いやー、本当に長かった・・・・。
    いきないりフェデラーだったり。
    日本時間だとお昼ごろですね。
    楽しみです。

    現地入りの様子の映像もどこかで映してほしいですね。

      引用  返信

  • 速報です

    対戦相手が、ウィンブルドンベスト4、ランク34位のシュットラーに決まった模様。
    ソースは、ヤフーの毎日新聞のニュース。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。