【プレビュー、大会情報追記】2016デ杯ワールドグループ1回戦 日本 vs. イギリス プレビュー

現地でアンディ・マレーと握手する錦織圭

出場すべきか否か?毎回、物議を醸すデ杯ですが、今回は出場する意義が大いにあるように思います。
ひとつは貴重なマレーとの対戦機会であること。
ひとつはこれまでデ杯が錦織のキャリアにとって重要な転機となってきたこと。
それに何より昨年の覇者であるイギリスに僅かとはいえ勝つ可能性も感じられること。

私も毎回、ツアーへの影響を心配しながらも最終的には全力で応援してしまいます。
だってデ杯、熱くて燃えるんですもの。
やっぱり見ていて面白い大会だし、選手が国を背負って全力で戦う姿に胸が熱くなります。

アカプルコの早期敗退によって、当初想定されたよりは故障リスクも下がったと思います。
西岡、ダニエルを招集する代わりに添田、伊藤を招集しなかったことから読めることは、シングルス勝負。
若い2人の伸びに賭けた植田監督の作戦と読みます。

イギリスは遅いコートを敷いたようですね。どういう意図があるんだろう?錦織対策なんでしょうか?
そうなのかもしれませんが、個人的には錦織が遅いコート苦手っていうのは半信半疑です。
基本的にはサーフェスの得手不得手はあまりないと思っているのですが。
(他の選手との比較で。本人の中でのやりやすさ、やりにくさはあると思います。)

サーブで決まってしまう速いコートは得意でないでしょうから、遅いコートまで苦手ってことになると、「じゃあどんなコートならいいの?」ということになります。
見ている側として、負けたときにあまりサーフェスに敗因を求めないほうがよいと思います。
(もちろん本人はいつもサーフェスを言い訳にしませんね。見る側としてサーフェスが悪いから負けたというのは実力がないと言っているのと同義ではないかなと思うだけです。)

だがインディアンウェルズ、てめーは(ボール含めて)ダメだw

ただしつけもの、テメーはダメだ | ニコニコ大百科

大会情報

2016 デビスカップ ワールドグループ1回戦
日本 vs. イギリス

日程

3月4日(金)~3月6日(日)

3月4日(金)現地 13:00~(日本時間 22:00~) シングルス2試合(No.1 vs No.2)
3月5日(土)現地 14:00~(日本時間 23:00~) ダブルス1試合
3月6日(日)現地 13:00~(日本時間 22:00~) シングルス2試合(No.1同士/No.2同士)

開催地

イギリス・バーミンガム
Barclaycard Arena(観客席:8,900席、コート:仮設インドアハード)

出場選手

日本(監督:植田実)
錦織圭(26) S:6位、D:857位
ダニエル太郎(20) S:87位、D:970位
西岡良仁(20)S:126位、D:602位
内山靖崇(23)S:238位、D:322位

イギリス(監督:レオン・スミス)
アンディ・マレー(28) S:2位、D:144位
カイル・エドムンド(21)S:82位、D:ランクなし
ジェイミー・マレー(30)S:ランクなし、D:2位
ドミニク・イングロット(29)S:ランクなし、D:28位

※ランキングは2016年2月22日付け

生観戦手段

WOWOW
3/4(金)21:30~ WOWOWプライム テニスのワールドカップ開幕!これが錦織圭が挑むデビスカップだ
3/4(金)21:55~ WOWOWプライム 第1日 シングルス2試合(生)
3/5(土)22:55~ WOWOWライブ 第2日 ダブルス1試合(生)
3/6(日)21:55~ WOWOWライブ 第3日 シングルス2試合(生)
3/10(木)19:00~ WOWOWライブ ハイライト

ネット上の情報(ニュース記事など)

錦織「タフな試合になる」=4日から英国戦―デ杯テニス (時事通信) – Yahoo!ニュース

松岡修造、錦織圭を育てたデビスカップの見どころを語る。王者イギリス相手に、「日本代表の絶対的勝利を期待したい」 – 産経ニュース

対戦直前の各国の状況は? [デ杯ワールドグループ]|ITF(その他ツアー)|ニュース|THE TENNIS DAILY

ジェット・ケイです 日航機に錦織圭の顔 – 社会 : 日刊スポーツ

51 件のコメント

  • 確かにハラハラドキドキでしたが、圭くん自身は負ける気はしてなかったような・・・
    ちょっとギアを上げれば確実に勝てるから、色んなことを試して感覚を掴みたかったように思えました。
    マレーも、2セット目は競ったので良かったという風なことを言ってましたし、やはり、大一番の前にはある程度競った戦いをしておく方がいいんだと思います。
    タロちゃんに、対戦相手のマックスを見せる意味でも、価値のある試合だったと思いたいです。
    途中で完全に集中切れてたんで、そんなに疲れてはないと思います。
    マレー戦では、きっと別人圭くんが見られると信じてます!
    締めなきゃいけないところでは、全て綺麗に勝ちきったところなんて、やっぱり凄い~♪

    ダブルスのことは夜考えるって、第5戦のことを計算してのことかも・・・
    本気で勝ちたいんだなって思ったのですが、変でしょうか?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。