【鼻血出た!!!】スーパーチリッチとの壮絶ラリーを制し、モンテカルロベスト4!!!(2018モンテカルロ準々決勝)

2018 Monte Carlo (Masters1000)
Quarterfinal
Kei Nishikori def. Marin Cilic[2], 6-4,6-7(1),6-3

完全復活!?

世界3位を破ってのマスターズベスト4進出!! 文句なし!! 復帰後初の鼻血試合です!

試合内容が濃密すぎて、どうやって記事を書こうか悩んでいます。
6-4,5-4でマッチポイントを握るまではもう文句のつけようがない試合運び。ずっと入らなかったサーブも次々決まって40-15。
マッチポイントを握ったサーブは「まじか! ここでそのサーブ!」でした。
しかし直後にダブルフォルト。これも「まじか! ここでそのサーブかよ!」でした。
これが非常に痛く、チリッチの開き直りを呼んでしまいました。

チリッチは2ndセットでブレイク先行したところで膝を痛め、MTOを取りました。
その影響かミスを連発して次のゲームでブレイクバックされ、その後のプレーが心配されました。

しかしこのマッチポイントを握られて以降はまるで別人のように元気。全部のショットをフルパワー。しかもガンガン入ってきます。
幾度となく苦杯をなめさせられてきた「スーパーチリッチ」に変身されてしまったのでした。

錦織も本日のディフェンス力は非常に高く、ウィナー級をことごとく返しますが、チリッチも同じく返します。ラリーのレベルが上がりすごい試合になってきました。
それでもやはり先手を取るチリッチは強く、じわじわと返球が甘くなってタイブレークでは完全に打ち抜かれてしまいました。

あれだけ打ってあれだけ入ってくるのはどうしようもありません。
ただ、あの状態にチリッチがなってしまったのなら割り切って、自分もリスクを取って攻めてもよかったかもしれません。
よく返してはいましたが、チリッチにとって難しくない球になってしまったのでますますチリッチのミスが減ってしまいました。
膝の影響もいつの間にか感じないくらい、動きもよくなっていました。

つくづくあのダブルフォルトが痛かったなと思います。

チリッチのサービスのコースは、完全に予習の通りでとにかくデュースサイドはフォア狙い一辺倒。
過去にはセットの変わり目でコースを変えてくるということもしてきたのですが、今日は最初から最後までデュースサイドはワイドサーブでした。
アドサイドはデータと違ってセンター(やはりフォア狙い)が多かったのですが、これはイメージ通り。データの方が1試合のものなので今日の方がチリッチぽい配球です。

とにかく極端で、さすがに錦織もフォア狙いを分かっていました。
それでも分かっていても厳しいサーブ。ファイナルセット、疲れが少し見えたときは返球率が悪くなりました。

ファイナルセットに入るとさすがに多少、チリッチにミスが出てきました。
それはそうです、あれだけのテンションであれだけの球を入れてくる状態がずっと続いたらたまりません。
一度抜かないと最後まで持ちません。

錦織は苦しい状況にも関わらず、最後まで崩れませんでした。これは大きな進歩で、去年も今年の復帰後もこれができていなかったと思います。
楽々キープしていたのに突然崩れてブレイクされたり、セカンドサーブのリターンミスを連発したり、そういうことは今大会見られません。(単発はある)
苦しいながらもなんとか凌ぎ、ギリギリのラリーを取ってキープを続けます。苦しいカウントで良いサーブも出るようになりました。
そして迎えた4−3。手首が痛そうで、体力的にもきつく、もうここで勝負を掛けるしかないと思いましたが、その思いが通じて錦織がセカンドサーブに対するポジションを前に取ります。リターンで攻めて取り、次は左右に目一杯走ってフォアの超・アングル・パス。ガッツポーズ。ここでかなりチリッチに重圧が掛かりました。
しつこくしつこく返してくる錦織に対し、早めに決めてしまおうと思い切り打ったチリッチのショットがネットしてついにブレイク。
そして次のサービスゲームでも畳みかけるように1stサーブを入れ、雄叫びも出て世界3位から大きな勝利です。

勝ちが見えたときの錦織は本当に強い。
そしてディフェンスの良さと我慢強さが今大会、本当に目立ちます。

サーブは全然ダメだと思いますが、その状態でここまで勝ち上がってきました。
フォアも戻ってきました。
心配なのはやっぱり手首です。盛んに手を振っていましたし、痛そうに抑えていました・・・。

体力と手首にとっては今日の試合は負荷が大きすぎました。試合時間はなんと3セットマッチなのに2時間55分。第2セットなど1時間27分もかかっています。
連戦でもあり、準決勝への影響は避けられないと思います。
是非とも勝って、ナダルへの挑戦権(もう決勝に来ると思っている)を得て欲しいですが、これから先クレーで4大会もあります(バルセロナ、マドリード、ローマ、全仏)。
それを考えれば無理をしない選択もしかたないと思うし、バルセロナはスキップした方がトータルで良いかもしれません。このあたりの判断はもちろん陣営に任せますが・・・。

今、ガスケとズベレフの試合を観ていますがチリッチの球の方が速いですね。ベルディヒも速かった。
でもガスケの球種の多さ、懐の深さは凄いですね。プレーがねちっこいですし間がいやらしいです。ランキングは落ちていますが調子は非常に良さそうです。
この試合も勝つんじゃないかと思います。

ガスケにはご存じの通り大きく負け越しています。
連戦で体が不調なときなどによく当たり、雨上がりの全仏で重いボールで攻めて攻め切れないという痛い負け方をしたこともあります。
そして今回もこんなチャンスで手首と体力に不安がある状態で当たってしまいそうだとは、巡り合わせ悪いですね。
でも今日のチリッチより強いとは思えないので、やっぱり勝ちきって欲しい。もう1試合だけ、手首と体よ持ってくれ〜!って感じです。

85 件のコメント

  • いつもROM専で楽しませていただいております。
    チリッチとの試合後余韻に浸りたく、こちらを覗いていたところ圭くんのアプリからチャットインのお知らせ。
    飛んでいきますと団長のコメントに遭遇しましたw
    なんかもう興奮してしまって皆様寝れないんだと嬉しくなって初めてコメントにきてしまいましたw
    本当におめでとう!!圭くん!!

      引用  返信

  • 見ていて超疲れました。
    チリッチやっぱりライバルです。強かった~。
    その上を行った錦織に脱帽です。
    勝って良かったけど、手首が心配でなりません。
    バルセロナはスキップで良いと思います。
    というか、そもそも本当に大丈夫なのか・・・。

    それにしても団長、レビュー超速い!
    私は全部は書ききれず、もう限界。寝ます。

    でもやっぱり勝って良かった。

      引用  返信

  • ガスケvsズべレフの試合もファイナルまでもつれました。

    どっちが来てほしいか、悩む。
    クレーでガスケに勝つなんて、こんなにスカッとすることないと思う。
    でも、サーシャは錦織君の本当の強さを肌身で知らないから、明日それを骨の髄まで味わってほしい…ような気もする。

      引用  返信

  • 久しぶりに、妄想コメント炸裂させていただきます。
    錦織圭物語の第3章の幕開け・・・。
    私は、復活ではなく進化だと思います。
    実際、コンパクトなスィングのライジングショットやムーンボール、
    切れのあるスライスや、クロスのアングルショット。改良中のサーブが加わり、
    ネットプレーも切れを増しています。
    更に、フットワークを支える体感の強さは、サッカーのヒデっぽい感じになってきました。
    2軸の忍者走りも、切れが増した気がしますし、身体の柔軟性も増したのでは?
    手首の状態が改善されるとともにベールを脱ぐ進化型! 楽しみしかありません。

    チームKが目指すのは、頂上アタック!
    現段階のランキングなどはあまり眼中にないのかもしれません。
    完成は2020年! そんな長期的展望に立った物語です。

    明日の対戦相手は、その物語の過程で意味を持つ相手になるはず!
    となれば・・・、皆まで言わず、ですね^^

    団長様の熱い記事を読んで、思わず長い書き込みをしてしまいました。
    乱文、長文、ごめんなさい。

      引用  返信

  • 泣けました・゜・(つД`)・゜・
    試合の途中で、こんなふうに天に向かって拳を突き上げる錦織選手を見たことがあったかな。。。?

    今できることを駆使して瞬時に放つショットの数々に、色んな不安を乗り越えてショットを選択する勇気と、最後まで決して諦めない辛抱強さ、相手にも自分にも負けまいとする心の強さを感じて、自然と涙が出ました。

    それでいて、時折見せる笑顔に、心の余裕とちょっとした遊び心を感じて、試合を楽しんでるんだなぁと嬉しくなりました。

    力強いガッツポーズや雄叫び…ずっと見たかった錦織選手を復帰後はたくさん見られるようになって本当に嬉しい。

    勝負強い錦織選手、お帰りなさい。
    チャンコーチの拍手とガッツポーズが、今日は多かったな(^^)

    手首と膝。満身創痍の二人。
    それでいて、時間が経つ程に上がるクオリティ。
    本当に、素晴らしい試合をありがとうございました。

    錦織選手、復帰後の大きな大きな勝利、MSベスト4、そしてチリッチ選手に見事なリベンジ、おめでとうございます!

    試合後のコメントや表情には、手首の痛み以上に充実感や自信、やる気を感じます。とってもいい表情です。
    無理は禁物ですが、行けるところまで行ってほしい。

    今日も恒例の、
    トレーナーの皆様、手首の神様、クレーの神様、宜しくお願いします!!!🙏🙏🙏

      引用  返信

  • 書き込みが多くなってしまい、すみません。
    興奮冷めやらぬまま、サーシャVSガスケ戦、見入ってしまいました。
    ガスケ選手も素晴らしかったですが、神が選んだ対戦相手はサーシャ選手。
    やはり、高みを目指すためには、若手のホープと戦わざるをえないですよね。

    先程、体幹を、体感と書いたまま、修正できませんでした。ごめんなさい。
    明日、アドレナリンが出過るのではないかと、ちと心配ですが、
    テーピングがないということは、筋肉系の張り?
    ならば何とかなるかもと思いつつ、お休みなさい。

      引用  返信

  • 下団様
    「ええでぇ~」の連発、恐れいりやした。団長様も心配されるくらいの爆発でしたな。その気持ち、うーん、よく分かります。
    私は、歯を食いしばって、両手拳を爪が食い込むほど握りしめてガッツポーズしてしまいました。
    SFは、A・ズベレフが相手ですが、去年のようなハングリーさが見えないと感じたのは気のせいでしょうか・・・・
    まあ、相手は関係なし。敵は内なる我が身に・・・です。手首の神様、バルセロナはスキップしてもあきらめますから、あと2日こらえて下さい。お願いしまーす。

      引用  返信

  • 素晴らしい試合でした。
    感動。そしてやはり錦織圭はすごいなって思いました。
    錦織圭がやめれない!

      引用  返信

  • 皆様‼️おはようございます🙇
    起きて、携帯でこちらを覗きましたら…
    何という迷惑なことを😱
    皆様、申し訳ありません🙇

    mika さん、お久しぶりです🙇
    第2セットの落としかたが痛かったし、アカプルコからの病を考えれば、せっかく戻りつつあった試合での体力も御破算も当然かと思い、無理かと思いましたが…
    感動するばかりです😭

      引用  返信

  • 【2018年モンテ・カルロQFのチリッチのサーヴ解析】

    先に報告した、これまでのチリッチのサーブの傾向について、モンテ・カルロQFの対錦織の試合のデータで調べてみました。サーヴの方向は目で見てカウントしたのでたぶんミスがあるだろうし、特にMid Sectionの定義をどうするのか(単に1/3のジオメトリーで区切るのか、ボディー・サーヴに限るのか)よく分からないので、大まかな傾向ですが、様子は分かると思います。まとめの図は前と同じくこちらから。本当はアド・サイドのパリティを逆にして、(コートを見た通りに)ワイドを左側、Tを右側にすべきなのですが、データの整理上逆です(やや見にくくてすみません)が、右利きの場合のFHとBHを明記しているので、分かるかと思います。

    1stサーブ
    ◯ デュース・サイドは、これまでの記録以上にワイド(錦織FH)一辺倒だった。
    ◯ アド・サイドも、これまで以上にTセンター(錦織FH)狙いだった。

    2ndサーブ
    ◯ デュース・サイドは、これまでの記録と同じくTセンター(錦織BH)狙いだった。
    ◯ アド・サイドも、これまでと同じくワイド(錦織BH)狙いだった。

    要するにチリッチは、(これまでの他の試合と同様に)1stはFH、2ndはBHを狙ってくる。

    ここまでは団長の解析と同じですが、面白いことに、被ブレークやタイブレークのアンダー・プレッシャー状況になると、チリッチは裏をかいてサービスのパターンを変えてきます。

    ◯ 錦織のBPチャンス(4/14コンバージョンだった)では、特にアド・サイドで、これまでとは逆にワイド(錦織BH)を狙ってくることが多かった(5/9回)。
    ◯ タイブレでも、それまでのパターンとは違って、散らしてきている印象(統計少ないのできちんとは言えませんが)。

    なので、これらアンダー・プレッシャーでのチリッチのサービス・パターンは憶えておくと次戦で役立つかもしれません。

      引用  返信

  • おはようございます。
    昨日はあちゃこちゃに力入れて応援していたようで、ソファに座っていながら試合が終わってみれば筋肉痛…な事態になっておりました(^◇^;)。
    2セット目のマッチポイントは惜しかった。けれども復帰途上の錦織選手にとって経験を積む上では良かったのでは…と思うことにしました(ポジティブシンキング大事!)

    次はズベレフ弟選手ですね。私も団長さまと同じくガスケ選手が来るだろうと思いながら睡魔に勝てず寝てしまいました。

    ところで一部で話題のおされ〜なミネラルウォーターですが、モンテカルロマスターズのスポンサーからメイカーを割り出しました。”OREZZA”というコルシカ島産の炭酸入りミネラルウォーターです。日本では一本500円程?ネット通販してるようなので、現地観戦気分を味わいたいあなた!いかがですか?もしかしたらナポレオンな気分にもなれるかも??

      引用  返信

  • おはようございます\(^o^)/
    今日も最高の朝です☀️
    今、モンテカルロは夜中の12時頃?
    しっかり眠れているといいなと思います。

    結局今日はガスケ選手をやぶったズベレフ選手が相手ですか!(◎_◎;)
    どう戦ったらいいんですか⁉️団長さん‼️
    ワシントンでの試合は衝撃でしたからねえ…………(´・_・`)
    あの時は錦織選手、消耗しきった状態での対戦でしたが、今回は違う!!!とは
    思います(¬_¬) 消耗しているのは同じだけれど、残っている力がまだ眠っている…
    ……と感じます。体が強くなりましたよね、ホントに。
    ただ、手首のことがあるだけに体力が残っていても、ハンデはある……………(-。-;
    どう戦いますか? キリ丼さん同様、私もあの時の飛ぶ鳥を落とす勢いは少し陰っ
    ているような気がしないでもないです。ここにきて見せてくれているしつこいディ
    フェンスと多様な攻めをうまく使って、ズベレフ選手をイラつかせる…なんてどう
    ですか? 勝敗はともかくズベレフ選手が錦織選手をリスペクトしたくなるような
    プレーを見せてくれさえすれば……って、いやいや、いやいや、それは欲張りすぎ
    るってもんですね。
    もう一度初心に戻ってコートに立ってさえくれれば感謝感謝の気持ちでいることに
    しよう(⌒▽⌒) 錦織選手!がんばって\(^o^)/

      引用  返信

  • 私も何でドロップ使わんのかなぁ “ここで使えー!”とか叫びながら見てましたが、前の試合で2度?失敗したからか、手負いのチリッチに配慮したのか。対ズベレフ弟(ミーシャだかサーシャだか分かんなくなった)には華麗なネットプレイを見せて欲しい。チリッチがもう呆れる位強烈なコーナーショットを打ちこんで来たから、余裕もなかったのかなぁ。

    しかしながら、錦織以前はテニスのテの字も知らず、サーブの時に何で相手のいない方に打たないのかい?何で15-30-40なんだ、そこは45だろう、などと思ってた自分が、今は画面に向かって、ほらダウン・ザ・ラインが空いてる!!などと勝手な事を叫びまくってるんだから、我ながら恐ろしい!(笑)

    ま、もっぱらmicchi師匠だのみのフード専科ですが。ROMさま伝授の水も興味津津だけど、ハマッたら財政破綻必須なので、見るだけ、見るだけ。

      引用  返信

  • micchi師匠
    ズベレフ弟さんはハンブルク出身なんで、ここは無難にハンバーグ・ステーキでどない? 正直土鍋はもう飽きた(笑)

      引用  返信

  • かたこりさん,
    ははっ(≧∇≦)同じ、同じ。
    13-30-40 の意味がわからなかった。なんで???
    でも、これ、ホントテニスの試合を面白くする仕組みですよね。
    単にポンポンポイントが入って勝負が決まるんじゃ、あのドキドキワクワクは
    得られないでしょ( ̄▽ ̄) ドラマがありますよね………。

    さっき顔洗った時ふっと映像が頭にはっきりと浮かびました(´・_・`)
    試合後のネット越しに挨拶するズベレフ選手が錦織選手に尊敬の眼差しを送り、
    錦織選手がいつもの柔らかい眼差しでエールを送る……。
    ハッ∑(゚Д゚) ちょっと病気⁉︎ 頭ん中テニスでいっぱいになり過ぎ?
    ヤバイヤバイ(゚o゚;; 今日は外に出て気分転換してこようっと。
    この場面、ホントになったら「デジャブ………?」って思うことにします(笑)
    しばし、ここを離れます。ではまた✋

      引用  返信

  • かたこりさま
    ここは最後まで土鍋で行ってもらいましょうよ!!なんてったってクレーですし!
    ロシアのボルシチの肉代わりにドイツソーセージ入れるのはどないですか?土鍋で煮込めば完成!
    ビーツの代わりにトマト缶、サワークリームの代わりにヨーグルトでボルシチ風にしてしまえば家庭でも簡単に作れます。

      引用  返信

  • 団長さまへ
    おはようございます🌞
    力の入った振り返り、ありがとうございます(*゚∀゚*)
    まさに泥仕合ならぬ鼻血試合でしたね🐽
    準決勝の相手、ズベレフは今日21歳の誕生日🎂だそうです。
    記念の日を勝利で飾りたいかも知れませんが、そうは行かせません😤
    経験と技で勝る錦織選手が、決勝の舞台は上がるのを是が非でも見たい🙌
    皆んなで今夜も全力応援しましょう📣ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

      引用  返信

  • 錦織くん、本当に勝ったんですか〜〜〜〜?
    怖くて、観てられなかった。でも、ベッドに入っても気になって、チラチラこちらを見てました。圭君がラケットを投げた、というのを見て 眠りにつきました。本当ですか? 恐る恐る、ヤフーニュースを見ないようにして、ここに来ました。
    手首は、手首は、、、 録画見ます。
    最後まで応援された皆さま、お疲れ様でした。ありがとう!!!

      引用  返信

  • あけびさま
    13は不吉じゃね(笑) 考えたら単に言い易さの問題か、と思った。フィフティーン&フォーティ・ファイブとか言いにくいもんね。日本人には絶対無理。かと思えばdeuceなど編み出してくるし(笑) 時に思いっきりjuice!の人もいますよね(笑)

    ROMさま
    土鍋洗って乾かしたばかりだけれど、ソーセージ鍋美味しそう。あっさり和物が続いたから、こってり系もええでぇー! ここはドイツ・ビールをお供に。と言いながら秘かに師匠の”ちゃぶ台かえし”を期待してる私(笑)

      引用  返信

  • ロシアベースのドイツ人って事で…。名前からまーったくなんも思いつかんかったんですぅ〜(^◇^;)
    micchi師匠の応援フードが楽しみ!!
    (((o(*゚▽゚*)o)))♡

      引用  返信

  • 遅れながら今ヤフーニュースで知りました!!チリッチに勝ったー!!!鼻血さんのブログ見にいかなきゃ!ときたところ、やはり鼻血でた!でしたね。笑

    いやーこのままいってほしいー!!!!!keiさんがんばれー!!!!

      引用  返信

  • ROMさま
    ハラハラとコショーを振って、ハラショー!(ドイツ語ならブンダバー!) は如何ざんしょ(笑) テニス技術の事などさっぱり分からんが、食べることの食いつきは凄いです。

    圭くんはモナコで何食してらっしゃるのでしょうね?高級日本料理? 案外ラーメンなんか食べてたりして。(あ、カップヌードルで食傷気味かな)

      引用  返信

  • Grannyさん, “投げた”といっても叩きつけたわけではなく、コートにバウンドさせた程度です。余計なことを書いて、ライブ観戦する気をなくさせてしまったとしたら誤ります。
    昨日の試合は、その一瞬だけ不安というか嫌な印象を持ちましたが、それ以外はポイントを取られても、セットを落としても、なぜか余裕を持って観ていられました。
    自分の観戦感覚だけのことなので他の方に理解してもらえないとは思いますが、エースを取りに行かずとも、ドロップショットを使わずとも、厳しいショットをしっかり返して相手のプレーを限定させながらさりげなくポイントを重ねているように見え、恐れ多いですがフェデラー選手の試合を観ているときと似た感覚でした。
    単に、長期離脱からまだ半年も経っていないので負けてもしゃーない、という思いがあるだけかもしれませんけど・・・。

      引用  返信

  • はるぴさま
    ズベレフ弟選手のお誕生日は4月20日です。錦織選手との準決勝は4月21日…。
    という事で、

    もうそんなの関係ねぇ〜!!

    です!!d( ̄  ̄)

      引用  返信

  • 昨日のチリッチ戦、最後の数ゲーム、錦織君の集中力、研ぎ澄まされてる感覚❗私てきには、アレヨアレヨという間に勝利したと言うか……暫く狐につままれた?ような感覚に陥っていました。

      引用  返信

  • 江戸マイクさん、誤るなんて、、、
    私のメンタル弱すぎ! バルセロナに向かうべく、自分に言い聞かせてました。ジョコビッチも行ってるじゃないか〜と。
    ファイナルは、割と淡々と進んでいたようで、少し安心しました。とは言え 無理はしないで欲しいです。マドリッドもローランギャロスも錦織くんを待ってるのだから〜!

      引用  返信

  • 団長さんの記事や皆さんのコメントを読んでいたら興奮が甦って来ました。
    チリッチ選手は、最後までもの凄い迫力で錦織選手に襲いかかって来ていましたね。それを凌いでよく勝ったなーと思います。(手も痛そうでしたし)
    技と技、気持ちと気持ちのぶつかり合い。少しでもひいた方が負ける。
    呼吸するのを忘れそうな打ち合いでした。二人に素晴らしい試合をありがとうと言いたい。

    あのオサレ~なミネラルウォーターに注目されている方が結構いらっしゃる。(^^)
    そして情報もありがとうございます。
    500円~700円位のなら、話しの種に1本だけ飲んでみたいかな~。
    でも錦織選手の応援で喉が渇いた時にグブグビ飲むことは出来ませんね。(^^)

      引用  返信

  • かたこりさん,
    えっ?
    13って何?
    かたこりさん、何言ってるかわからない???
    で、自分のコメントを見た…………ら、はうっ∑(゚Д゚)
    笑いました😂

    ジュースって言ってたし………。(^◇^;)

      引用  返信

  • 目が痛いし(ΦωΦ)手も痛い・・・(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    物凄い力で手を合わせて祈っていたみたいです。
    嫌な落とし方でファイナル突入で、チリッチ選手のサービスゲーム3ゲームで2ポイントしか取れてなかったのに・・・
    4-3 の場面からの集中力は見事でしたね~
    無理は禁物ですが、今夜のSFに勝利すれば、全仏でのシード入りが濃厚になります!!
    錦織選手!!頑張れ~\(◎o◎)/!

      引用  返信

  • ROMさん,
    1日ズレてるのですね_φ(・_・
    ありがとうございます。
    じゃあ、余計でも遠慮なく行っちゃいましょう👊(^。^)

      引用  返信

  • よく勝ちましたね。
    ファーストセットの入りから、押されまくってたかと思いきや、ブレイクポイントは与えていなかったと知り、驚愕しました。
    印象的だったのは、錦織の勝負勘の鋭さですね。素知らぬふりをして(自分は感づきましたが)セカンドアタックしたときには、やっと戻って来た!!と大喜びしました。
    もう四連戦になるので多くは望みませんので、先ずは無事に大会を終えられる事を願うばかりです。

      引用  返信

  • ようやくレビュー記事を書ききりました。
    https://yuri-san.com/tennis116/

    錦織の活躍が嬉しすぎて、連日こちらでシェアさせていただいています。
    ちなみに以前より団長からは許可を頂いてますので、うざいと思った方はスルーでw。

    とにもかくにも錦織がマスターズの準決勝に戻ってきたことが嬉しくてたまりません。

    それも個人的に好きなモンテカルロに、6年ぶりに帰ってきてのこの成績!
    何回も、「もっと頻繁にきたらどうなの?」とインタビューで言われても「考えときます。」って、どこまでも見ペースな錦織。

    でも、是非!毎年出て欲しいです。

      引用  返信

  • 前の自分のコメントですが、すみません。興奮していて字の間違いに気づかず。

    見ペース → マイペース
    ですね。

    失礼しました。

      引用  返信

  • 今晩は。
    まだまだ昨日のチリッチ選手戦の興奮が冷めませんね。団長さまのポップな分析記事と、時々CMについても感想を述べられる呟きとともに、1日中ニヤニヤしていた私です。

    さて、他の大会も強いニシコリ・リターンが相当嬉しいらしく、次々とお祝いの呟きを。
    まずはカナダMS(=ロジャース・カップ、トロントですね)の公式から。
    https://twitter.com/rogerscup/status/987422863639494656

    続いてワシントン500(=シティ・オープン)の公式から。こちらはセッピ選手戦勝利後速攻で呟き。
    https://twitter.com/CitiOpen/status/987068699336171521
    なぜにMSでもないワシントンが? 
    フォーラムでご紹介済みですが錦織選手、実は既にワシントン500にアーリー・エントリーしています。公式HPの2018プレイヤーズ・リストをご覧ください。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。