錦織圭、快調に初戦突破!(2016リオオリンピック1回戦)

2016 Rio de Janeiro Olympic Games
1st Round
Kei Nishikori[4] def. Albert Ramos-Vinolas, 6-2,6-4

NHKには翻弄されました。
22:35予定の放送が、女子バレーを放映し続けたためなかなか錦織の試合が始まらず。
頼みのライブ配信はなぜか女子ばかり放映して錦織の試合は放映せず。

結局、gorin.jpのライブ配信で見ることができましたが、回戦が混雑していたようで見れなかった人も多数いらっしゃったようです。

オリンピックは他の競技も沢山あるので、その競技の試合が白熱するとこういうこともありそうです。
TVの放映予定の他に、NHKとgorin.jpのライブ配信はチェックしておいた方がいいですね。
スマホのアプリでも見れると思います。

テニスのライブ配信予定 – gorin.jp

ライブ・見逃し | NHKリオデジャネイロオリンピック

そういえば、この試合はセンターコートのオープニングマッチだったんですね〜。名誉なことです。
観客も、人数は少なかったけどノリノリでした。

さて肝心のテニスの内容は・・・良かったと思います!
ラモス=ビニョラスは、錦織の好きなタイプの選手ですね。恐らく。
ある程度スピンがかかった球を錦織は好む傾向があると思います。
溜めて打てることと、打点を高くできることがその要因だと思います。
もちろんスピンの効いた球がいいところに入ってきたらきついのですが、先手を取って攻めることが出来ていたので非常に楽そうでした。
といっても、ラモス=ビニョラスも33位ですから強い選手なんですけどね・・・。

とにかく、脇腹の影響を感じさせないプレーで、健康でありさえすれば錦織はつええな・・・って印象でした。
ジョコビッチ、マレーが化け物なので一歩及んでいませんが、錦織もすでにかなりツアーの中で抜けた存在になってきていると思います。

サービスの確率は悪かったものの、しっかり打てていましたし良かったと思います。

リターンは1stセットは非常に良かったのですが、2ndに入るとラモス=ビニョラスがボディーを駆使するなど考えてきて、特にスライス系のサーブがボディ気味に入ったときに錦織は苦労していました。

4−4で錦織のリターンの明らかに体勢が低くなり、リターンの返球率も高まりました。
ここで一気に取るぞという気合いが感じられ、最後はスマッシュを返すディフェンスでブレイク。
まったく危なげのない勝利でした。

そしてこの試合の中で珍プレーが。

錦織のサーブでラケットがすっぽ抜け(またもや!wwww)。なんとこのサーブが入り、諦めかけていたところにリターンがいい感じで戻ってきて錦織はあわててラケットを拾うw

即座にバックハンドを打ち、結構なラリーが続いた後に錦織がポイントwwww

こんなことあるんですね。ってか、ラケットすっぽ抜けるってどういうこと?w やったことないです。
でも錦織は何回もやってますねw 汗で滑った? いやいや、緩く握ってるのかな。
なんとも笑えるプレーでした

次は2回戦、まだまだ先は長いですが、初戦としては文句の付けようがない内容だったと思います。
練習時、「このコートは合っている。打ちやすい」と語ったそうです。
期待したいですね!

このあと、コート2の第2試合でダニエル太郎が、コート4の第3試合で杉田祐一が戦います!
NHKのライブ配信で放映予定が入っています。

3)ダニエル太郎1回戦 男子シングルスほか【ライブ】 | NHKリオデジャネイロオリンピック

5)杉田1回戦 男子シングルスほか【ライブ】 | NHKリオデジャネイロオリンピック

こちらも応援しましょう!

110 件のコメント

  • デルポンのゆ〜ったり見えるフォームからいきなり凄いスピードでドンッて来る重そうなフォアに以前のデルポンが帰ってきたと嬉しくなりました

    オーレオレオレオレ〜とデルポンの応援が多い中 ジョコもさすがにNo. 1で人気者ですね ジョコの良いプレーにも大きな声援が起きてました
    ジョコはバッグもブラジルカラーで片手のリストバンドもブラジルカラーの物をしていて王者の余裕を感じましたが コートを去る時の涙が印象的でした
    ジモニッチとのダブルス楽しんで頑張って欲しいです

      引用  返信

  • ネットを挟んだ2人の長いハグに目頭が熱くなりました。デルポトロ選手はジョコに勝った喜びとは別に、いろいろな思いが交錯していたように見えました。ジョコの勝者を称える潔い笑顔にもグッと来ました(T_T)
    デルポ選手、完全復帰のきっかけになりそうなビッグマッチ。これからのデルポ選手の再躍進、脅威ですね・・・。

      引用  返信

  • 両手首の手術、それから長い長〜いリハビリ生活。暗く先の見えない道で、もう諦めてしまおうかとも思ったとFacebookで気持ちを吐露していたのを思い出すと更に感動が押し寄せてきます。本当に本当に心からおめでとう!!

    そして…、錦織選手には「今に見とけリスト」からデルポトロ選手を遠慮なく抹消して貰いたいですね
    d( ̄  ̄)!
    私、こう見えて気持ちの切り替えが早いんです!

      引用  返信

  • ブラウン選手にも涙(T_T)でしたが・・・
    素晴らしい激闘でしたね・・・鳥肌ものでした🐔
    彼等の戦う姿勢をしっかりと見て、ITFとATPには猛省してほしいですね(; ・`д・´)
    ついでにドーピング漬けの皆さんも(; ・`д・´)

      引用  返信

  • 信じられない様なことが起きる!凄い!だから錦織圭を期待してもふしぎは無い!これで ポワトロが復帰して マスマス面白く成りますネ!

      引用  返信

  • すごかったですね、ジョコとデルポン。
    なぜか私のライストは途中で切れ(たぶん少しディレイになっていたみたい)、最後のポイントと2人の涙を見れていませんが。。
    2人の気持ちを思うと複雑ですが、デルポトロは本当におめでとう!やっぱりすごい人です。
    エレベーターにも閉じ込められたらしいけど。。

    セルビアは小さい国ですから、ジョコビッチに対する期待も大きかったでしょうね。。
    でも、4年後もきっとジョコはバリバリ全盛期かもしれません 笑

    そしてジョコ山はどうなるんでしょう。デルポンに当たるのも嫌ですからなんとも言えないですが。

    ITFは本当、みんな無償で頑張ってるんだから、少しでも選手の特になるように頑張ってほしいですよね。
    ATPも協力するべきだと思います。でもポイントのつかないことがどれだけマイナスになったか教訓にしてまたプラスの方向に働きかけてほしいです。

      引用  返信

  • @ebicciさま
    上のコメでデルポトロ選手エレベーター閉じ込め事件のニュースネタを貼り付けておきました。40分間!しかも同国のハンドボール選手に助けてもらったって!それでも数時間後にはジョコビッチ選手と対戦し、勝利!どんな心臓だ?

    私はオリンピック、デ杯のATPポイント付与に関しては一国からの人数制限があることから一定の選手達にとても不公平なので元から反対です。
    でももっとしっかり話し合いをして日程的な選手の負担は減らして欲しいと思います。

      引用  返信

  • ラケットを落としたプレーを見ているうちに
    もしかしてラモスは紳士的なプレー(フェアプレー)が身についている人なんじゃないかと
    思ってきました。普段の練習なんかでも相手がこけたりしたら思わず相手の前に返すとか。
    ただびっくりして様子を見ただけ?
    圭さんだったらどうしたかな?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。