錦織圭、2度の中断にも集中を切らさず2年ぶりのベスト16入り!土居美咲もベスト16入り!(2016ウィンブルドン3回戦)

2016 Wimbledon
3rd Round
Kei Nishikori[5] def. Andrey Kuznetsov, 7-5,6-3,7-5

ストレート勝利ですが、難しい試合でした。
フラットにガンガン攻めてくるクズネツォフに苦しめられながらも、今日はサービスの確率が良く、順調にキープを続ける錦織。
相手がスライスで返すと判断するや、スルスルとネットに出てボレーを決めるなど、効率的なプレーが目立ちます。

バックハンドはスライスを多用。ひょっとしたら脇腹痛の影響か?とも思いましたが、おそらく戦略でしょう。
速いテンポでのラリーを好むクズネツォフのリズムを崩す狙いがあったと思います。
脇腹は、時折触っていましたし100%ではまだないでしょうが、あれだけサーブを打てているのでまだそんなに心配はいらないと思います。

クズネツォフに攻め込まれながらもミスを最小限に留め、勝負所では思い切りの良いプレー。これを3セット続けてしっかりと王者のテニスをしたといった感じの試合でした。

クズネツォフ、42位ですがもっと上がってくる選手だと思いました。
フォア、バックともに強打が見ていて気持ちがいいくらいです。
1回目の雨の中断後、3セット目のプレーは素晴らしかった。
最後はミスの数で負けてしまいましたが、ピンチでも攻めの姿勢を崩さなかったし、力を出し切っての負けだったと思います。

今大会、本人もファンも不安なまま迎えたと思いますが、ふたを開けてみれば下馬評の高かった全仏の結果に並びました。
次はチリッチ。実力がある上にこれまた芝に向いている選手です。
しかし2014全米決勝に続き、グランドスラムでまた負けるわけにはいきません・・・
不安要素は尽きませんが、ここは大きな山場ですから錦織大先生にもう1回だけ頑張ってもらいましょう!

女子では土居美咲が初のGSベスト16入り!
男女ともにベスト16に入ったというのはあまり記憶にありません!
また日本テニス界に新たな歴史の1ページが刻まれました!
土居選手、おめでとう!!

試合後インタビュー

Q. 勝利の瞬間引き締まった表情でしたがどう感じましたか。

長い試合だったし、3セット目も0−3から逆転できて嬉しかった

Q. 2度の中断はどう感じたか。

やりにくかった。出たり入ったりで集中力を保つのが難しかった。

Q. 今日は何が良かったか

ストロークが安定していた。相手のリズムを崩すように心がけた。
サーブリターンもよかった。

Q. 雨が多いが、コンディション作りはどうしているか。

昨日も長い一日で、朝から夜8じまで待機していた。
休めたのは大きかったが、雨が多いのでコンディションを保つのが難しい。

Q. 2年前は日没での2週目だったが今回は違う。どう感じるか。

ここまでこれたので、次強敵だけどがんばります

93 件のコメント

  • プレーを見ている側からすると、あまり影響は無さそうに見えるのですが、痛みはあるのですねー…。
    プレーを重ねている以上、劇的な回復は期待出来ませんが、無理し過ぎない程度に一つずつ頑張ってもらって、故障の影が見えたら潔く退く決断も止むをなしですかね。

      引用  返信

  • 錦織も土井さんも見事でしたが、昨日の話題はやはりジョコビッチの敗戦ですね。
    あの憎たらしいほどの勝負強さが出なかったといえ、そうさせたのはサムクエリー。
    2月の錦織戦の時もつけいる隙を見せずに錦織に勝ち切った印象がありましたが、まさかジョコビッチに勝ってしまうとは。

    サーブは一級品、ストロークもしぶといですね。
    このまま大化けするのか、アップセット後のよくある次戦イマイチとなってしまうのか‥

    トップハーフはラオニッチ、フェデラー、チリッチ、錦織の視界が開けた印象ですが、なにげにジョンソンも不気味ですね。

      引用  返信

  • 圭くん

    脇腹痛と戦いながら勝ったって記事がたくさん出ていますね
    まだまだ快復には遠そうですが、続けて出て大丈夫なのか本当に心配ですが、やっぱりベスト8の壁は破ってほしいし、ジレンマです。

    それにしても、全仏と全英の間の空きがないのはやはりよくないですよね。
    1つ思ったんですが、芝シーズンを先にやってからクレイに移ったらどうなんでしょうね?
    こっちのほうがシーズンの均衡が取れる感じがしますが。。いろいろ難しいんでしょうか。

    れたすさん

    クズネツォフは、私にはオスカー俳優のエディー・レッドメインにしか見えないんですがどうでしょう。
    新しいハリポタシリーズの主役でもある可愛い顔の人で、どちらも応援したくなります。

      引用  返信

  • すみません、コートキーパーでしたね
    コ-トキーパーもボールボーイならぬボールキッズも,
    トレーニングされていて、選ばれた誇りを感じます

      引用  返信

  • ジョコ陥落びっくりしました。
    フェデラー、錦織、ラオ、チリッチあたりには大チャンス到来ですね。
    目下優勝候補筆頭はマレーだと思いますが、反対側も荒れに荒れて、決勝フェデラー×ズブレフなーんて妄想もしたりしています。
    ズブレフが優勝なんかしたらシンデレラボーイ誕生でそれはそれで盛り上がりそうですね。
    二週目、目が離せなくなってきました!!

      引用  返信

  • たいたい脇腹の傷みの正体が、ド素人にはよく分からないのでもどかしいのですが。捻挫や脱臼やヘルニアなどは想像がつきますが。筋肉疲労なのか、裂傷なのか?湿布して安静にしてれば治るのか?マッサージがいいのか? 試合中はテープと痛み止めで大丈夫なのか?少しは動いた方がいいのか?少なくとも外科手術は必要としないみたいだし。

    どなたか推測も含めて解説いただければ、幸いです。よろしくお願いいたしますm(__)m

      引用  返信

  • @ebicci

    全仏と全英を入れ換えるとして、他前哨戦の大会スケジュール調整のほかに、
    少なくとも芝の育成、管理の問題は出てくるでしょうね。
    1ヶ月早くあの芝を揃えられるかどうか…

    そういうことを考えるのも楽しいですね!

      引用  返信

  • 下団さん、ありがとうございます、コートキーパー、鍋島さんもそう言ってましたね!

    ebicciさん、私もエディレッドメインは好きな俳優の一人です☻ 
    ファンタジー系はあまり興味がないので、ハリポタも実は一回も見たことがないのですが、秋のスピンオフ?はエディなのでもう前売り券買ってありますwww

    ジョコさんが消えたとなると、ラオ君!?それもやだなあ、と一瞬先を見すぎましたww
    まずは月曜日、チリさんとの大一番!!

      引用  返信

  • @かたこり さん

    単なる推測ですが、左脇腹の錦織が抑えてたり揉んだりしている箇所を考えると、筋肉の炎症ではないかと思います。おそらくひねったか伸ばし過ぎた事による軽い断裂も考えられます。まあいわゆる肉離れの軽いのではないかと思います。あくまでも推測ですが。完全に肉離れになったら動けませんから、そこまでではないものの、試合を続けている中で悪化させる可能性はあります。本来は1カ月位の安静が必要では?
    とにかく悪化させないように、でも勝ち上がってもらいたいです。ああ、ジレンマ。

    これではないかと思われる解説を発見。
    http://nikubanare-taisaku.com/entry6.html

    ”体幹を回旋させる動作をした時に、腹斜筋の肉離れが発生しやすいのです。
    例えば、野球のバッティングのスイングや、サッカーの方向転換などが、典型的なパターンになります。”

    と書いてありますが、テニスのスイングやサーブ、逆を突かれた時もまさしくこの動きですね。

      引用  返信

  • ウィンブルドンベスト16おめでとうございます。
    過去最高の成績に並び、さらに上を目指してほしいところですが、
    脇腹痛を抱えながら、4回戦以降の戦いは厳しいことが予想されます。
    多くのファン同様、ベスト8でフェデラーとの対戦を見たい1人ですが、
    勇気ある撤退の準備はしておきます。
    休み1日しかありませんが、回復できるよう願ってます。

      引用  返信

  • 例えば、筋肉痛ならば彼以外の選手も抱えている訳で、まぁ完全に治らないままに又疲労を重ねたからかも。とは思うんですが。基本的に自分の身体のキャパ以上の筋肉を使っているからなのか?ああ~もどかしい~

      引用  返信

  • クエリー選手、1RでTBを2つ落としての2セットダウンからのファイナルセット12-10の壮絶な逆転勝利からの進撃ですので、結果として中断はクエリー選手に味方しましたですかね~?
    アカプルコの頃に、圭 大好き!さんが今シーズンのクエリー選手の状態の良さを指摘されていましたが、さすがの観察眼です(`・ω・´)ゞピシッ!
    クエリー選手自体は肘?手首?の故障がなければ、錦織選手よりも先にトップ10入りしていたと思われる逸材です。故障後は、思うような結果が残せない、好調が長続きしない等の状況ですが、これを機に、再浮上してくるかもしれませんね~m(__)m

      引用  返信

  • @yuri 大先生さま!
    早速のご解答有り難うございます。感謝です!でもその負のスパイラルが終わる事があるのでしょうか? 今のナダルの不調もそれかな? いつになったら100%の状態に戻れるのか?観戦してる方もお腹に鉛を抱えているみたいでー苦しいです。チリッチ様どうか、お手やわらかに!ってどっちも真剣勝負だわなー

    @ebicciさま
    私もエディだわん、と思いながら見ておりました。ファンじゃありませんが。劣勢になっても爽やかな表情を変えない所か、ハラショー! でした。圭くんもいつまでも眉しかめてないで、強がりでもいいから笑顔見せたら~ と思いました。勝者なんだから入場時にも胸を張って出てきて欲しい。

      引用  返信

  • D樹さん
    やっぱり芝の成長とかが関係してるんでしょうかね〜
    全仏と全英を入れ替えると、全英は4月くらいになるので、結構まだロンドンは寒いですよね。
    でも、クレーから芝より、ハード→芝→クレー→ハードのほうがアジャストもしやすそうな気もします。
    とにかく全英と全仏の間の短すぎて、ピーキングを持ってくのが大変なのもケガに影響しますよね。

    ジョコは、今回は燃え尽き症候群てきなことを言われていますが、去年も全仏のショックから立ち直って全英に来るのが大変だという話でした。
    ナダルが最近全英で早期敗退しているのも芝が苦手以外にも同じような理由な気がします。
    彼にとって最重要の全仏に全力を注いで、どっと疲れとかが来るんでしょう。
    その昔、全仏を余裕で勝てているときは、全英に照準をあてる余裕と打倒フェデという強い目標があったんだと思います。

    でも長い歴史の間にきっとこんな話はどっかでててるんでしょうが実現しない理由があるのかなあ。知りたいです。

    Yuriさん
    脇ばらの件、興味深い資料をありがとうございます。
    1つきになるのですが、圭くんは利き手と逆の左脇腹ですよね。素人目にはなんでそこがサーブの時に痛いのか不思議な気がします。この記事を読むと、普通にフォアもバックも痛いんでしょうかね?今までサーブだけが痛いのかと思ってました。ベンチでも顔をしかめてたけど痛いのかな〜 かわいそすぎます。
    本当に続けいて悪化しないのか、それが心配で。。
    最悪ロジャーカップは欠場でもオリンピックは元気に出てほしいです。

    れたすさん
    クズネくんもエディーも日本の女性に人気がでる感じですよね!童顔の細面という。
    わたしもスピンオフのハリポタ、子供達と行こうかと思ってます。

      引用  返信

  • @ebicci さん

    >1つきになるのですが、圭くんは利き手と逆の左脇腹ですよね。素人目にはなんでそこがサーブの時に痛いのか不思議な気がします。

    私も医学的な事はわかりませんが、200kも出るサーブを打つ時は全身をバネのようにして打つので、当然コアである腹筋にも相当力が入っていると思います。軽く伸ばしてもひねっても影響はあると思います。極端にいうと、どんな動きであれ、上半身を動かす以上は腹筋は必ず使っていると思います。

    試合を続ける以上は何とかして勝ち進んでもらいたいですけどね・・・。心配です。
    トレーナーさん、錦織の腹筋さんw、頑張って下さい。

      引用  返信

  • マイアミ ですか?あの対 ジョーコ戦での ほぼリミットに近いところまで 力を使い果たし、その後 バルセロナで ラファとの 闘いで 痛めたのかなとの思いを巡らしました。フォアを強振した場合、左側の脇腹に圧力が掛かります。それと特に デュースサイドからの サイドライン コーナーを 狙う ファースト サーブも同様かと思いマス。なので、バック サイドの スイングには 支障は無いと思いマス。ても、其処を傷めない様にして打つ 打ち方から 新しい答えが出る様な気もシマス。確かではありませんが ラケットを持って試してみたのですが。でも、このウィンブルドンが終わるまで 祈る様な思いで観察してしまいますネ!

      引用  返信

  • @yuriさま
    そして治療法なんですが、もし安静にしているのがベストであれば、選手を続けてゆく以上一生治らないという事もあり得ませんか。とすると致命的では?それとも現在は治りかけで、あと1,2週間だまし、だましプㇾイを続けていけば治る可能性もあるのでしょうか?こんなに長い間痛みを抱えたままで、でもまずまずの結果を残しているのを見ると、いったいどういう状況なのか、トレーナーさんたちはどの様な治療やケアをしているのかが気になります。といってもこちらも何が出来る訳でもないので、ただただ見守るだけですけどー

      引用  返信

  • Yuriさん

    そうですよね
    脇腹とはいえど、どちらかと言えば腰のあたりをさすってますよね?ニュース記事はみんな腹あつかいですが。。
    確かにちょっと今自分でやってみたら(笑)、伸ばす時じゃなくて曲がる時に痛いんでしょうね〜

    節穴さん
    真相はわからないですが、ハレまでは脇腹は大丈夫そうでしたよ。
    数年前にダスコとクレイでやった時(か、その1つ前の試合)痛めた古傷ではないでしょうかね。
    本人もそのようなことを言っていて、この時期になるとぶり返すようなことを言っていたと思います。

    この前運動不足の主人が屈伸したら似たようなところを痛めて、病院でもなんでもなかったですが、痛い痛い大騒ぎでしたから、もしかしたら実はすご〜い痛いのかも。

    今日1日ですきっと治るといいです(祈) 

    かたこりさん

    かたこりさんもエディだと思ってたんですね〜仲間です!
    圭くんのしかめっ面は、入場の時は集中しているのでまあしょうがないのかな?
    勝った時は笑顔を振りまいてもいいと思います。

    日本語のプレカンは面白いのに英語だとあまり面白くなく本領が発揮できていないのも残念なところです。でもそこも日本人らしいく好きですが。

      引用  返信

  • 男女ベスト16 は1995年に伊達、松岡で男女ベスト8を達成して以来の快挙。なのでもう1つお願いします。

      引用  返信

  • 女子の話ですが、ムグルッサもクビトバもいません。
    もしケルバーに勝てれば、次はたぶんハレプ。
    美咲さんのフォアが炸裂すればかなりいけるのでは?爆発を期待してしまいます。

      引用  返信

  • ウィンブルドンのボールパーソンは高い倍率の学校推薦を通過後、長期間に渡り訓練プログラムをみっちり受けるそうです。その間学校はお休みしなければならないとか…。
    何年か前にイギリス在住の友達が自分の息子にやらせようと思ったら全力で拒否されたとがっかりしていました。

    過酷な訓練を受けているから試合が滞りなく進むのですね〜。動きに無駄がない。

      引用  返信

  • 素人考えですが、脇腹の古傷に関しては、最重要課題としてケアしてたはずから、やはり単純にハレの屋根を空けちゃったことが原因ではないかと私は思います。
    あの時、雨のために、試合前の練習が充分できなかったと言っていたこと。
    仕上げて会場入りしたのに待たされたこと。
    待っている間寒かったなんて、そりゃあまずいですよね。
    あれは何だったのでしょう。未だに謎です!

    体がほぐれるまでかなり慎重にプレーしていたようでしたが、とにかく湿度が高いのも古傷には響きますよね、痛みが出てくると筋肉が硬くなるので、再発のためのこの上ないステージとなってしまったのではないでしょうか。
    勿論、それ以前から、少々やばい気配はあったでしょうから、どこで起きてもおかしくなかったので、ハレを恨むわけではありませんが。。。

    ジョコさんの敗退を聞いて、咄嗟に怪我と言いかけて口をつぐんでしまいましたが、
    ほとんどの選手が不発弾を体内に抱えて、引火だけを避けながら闘っているのでしょうから、付き合っていくしかないのでしょう。

    チリッチ戦では、少しリミッターを外した試合になるでしょうが、
    長かったヨーロッパシリーズで得たことの集大成になるのかな?
    我慢強い試合運びと、ここぞでギアを上げるタイミング。
    身体以上に脳が疲れる試合になりそうです!
    それには、とにかく睡眠、睡眠、また睡眠。。。
    勝敗に関わらず、本人が納得できる結果で終わって欲しいです。
    全ては来年のために!

      引用  返信

  • @かたこり さん

    いやいや、あくまでもその手の怪我だと想定しての話ですが、
    完治してしまえば元通りになるはずです。完治にかかる時間は怪我の程度によるので2,3週間から2,3か月まで幅があります。最初の1、2週間程度は安静にしているのが一番大事なので、試合や練習を続けてるのはあまり良いことではないと思います。

    ここからは想像ですが・・・、
    おそらくはハレの後、全英のために早く芝に慣れないと!とまだ回復途中にも関わらず、練習開始&エキシビで動き過ぎたのがいけなかったのではないかと思っています。

    とはいえ、ここまで騙し騙しながらも勝ち進んでいるので(すごいです)、何とかもう少し持ってくれ~!せめてロジャーと当たるまではお願いします。

    怪我に関してはあくまでも、メディアや錦織の話からの私の個人的な分析です。
    実際にはここまで酷くなく、勝ち進めることを祈るばかりです。

      引用  返信

  • @おばっち さん

    今回の怪我は古傷は関係ないと思います。
    以前の怪我はもう4年以上前(2012年)の話ですから、完治しています。
    古傷・・・という言い方がちょっと独り歩きしていると思います。

    実際に古傷があるわけではなく、以前痛めたところと同じところ痛めた可能性があるだけだと思います。錦織が抑えているところを見ていると、実際は違う場所なような気もしますし・・・。

    ただ、選手はそれぞれ身体の使い方の癖があると思うので、同じところに負荷をかけるような体の使い方をしてるんだと思います。それによって、以前痛めた個所と同じ場所を痛める可能性はあると思います。

      引用  返信

  • @yuri さん 

    @おばっち さん

    圭くん本人は3、4回目と言っていますから同じ個所なんでしょう。それを古傷というのがが適切かどうかという問題だと思います。

    >おそらくはハレの後、全英のために早く芝に慣れないと!とまだ回復途中にも関わらず、練習開始&エキシビで動き過ぎたのがいけなかったのではないかと思っています。

    芝に対しての苦手意識がそうさせたのかもしれないですね。「勝って行って芝を好きになりたい」というようなことを言っているみたいですし。

    >ジョコさんの敗退を聞いて、咄嗟に怪我と言いかけて口をつぐんでしまいましたが、

    左肩を怪我という情報も見ました。土曜日の朝からおかしかったとも、。そのことに本人は触れていないので、確かなことは言えませんが、少しは影響があったのではないでしょうか。

    ジョコさんほどの選手でもそうなのですから、身体のケアが1番大切ということだと思います。

    ハレの後「トレーニングも変えていかないといけないのかなと思う」と言った圭くんの言葉を信じて見守りたいです。今年はこのままいけるところまでいくということでしょうが、来年からはきっとフィジカルコンデションも万全にWBに臨んでくれると期待しています。

      引用  返信

  • @yuri さん、

    「いけなかった」ということはないと思います。
    その代償として、痛みが長引いているのかもしれませんが、
    その成果で、勝ち残っているとも言えるのですから。
    「回復のためにできることはすべてやっている。」
    という言葉は、チームへの信頼感を示すもので、それがあるから闘えている!
    私もそこは全面信頼しています。

    あのエキジビは、WBをどう乗り切るかを判断するために必要不可欠だったと思います。その結果、リッミッターを設けることで一週目をクリアできたのではないかと。
    ま、すべては結果論ですけどね^^

    勝ち進めることを祈る気持ちは同じです!

      引用  返信

  • 基本的に筋細胞は分裂しないと考えられるので、例えば一度肉離れをした場合、完全に元の状態に戻るということはなく、「完治」というのは周りの筋繊維が死んだ筋細胞の代わりを果たせるようになった状態の事をいうと思います。
    もし錦織選手の脇腹が筋膜炎(軽い肉離れ)だとしたら、古傷が開く、ということも十分ありえます。
    ただ、トップアスリートに限らず肉離れは部活レベルでも起こすので、それだけで致命的、ということにはならないと思いますが。。。

    故障を抱えた上での健闘、というと僕には2014年のマドリードが想起されますね。

    いや、とにかく最後までどうにか悪化しないでほしい

      引用  返信

  • 話がだいぶ逸れてすみませんが…
    トロイツキ選手、審判への暴言で罰金が科せられるそうで
    どちらが正しいのかは正直わかりませんが、一つだけ思ったのは、審判も選手と同じ、いやそれ以上に真剣に全力でジャッジしてほしいという事
    審判のジャッジは絶対だと思う、だからこそ、責任は重大だと思います
    息子が部活の試合で(テニスではないですが)
    度々審判の誤審に泣かされる事があったので、なんとなくトロイツキ選手の気持ちに同情してしまいました…

      引用  返信

  • ジョコビッチ負けちゃいましたね。
    サーバー相手だとタイブレ勝負になるので、さらに
    芝となるとさすがのジョコもかなり厳しい状態かと感じていました。

    やはりタフなクレーシーズンのあとの芝はコンディション調整難しそうですね。

    ラオニッチチャンスですね。
    ビッグサーバーだし芝だし、面白くなりそうです。
    あとベルディヒは地味にいいドローですね。

    錦織選手はあと1つでフェデラーですが、さすがにここあたりからはハラハラします。
    GS優勝はトップ4を3戦連続勝たなければならないと言うことにまだまだ高い壁感じます。

    少し前までは、トップ10の壁が厚くシーズン終わってみれば、19位(2012)17位(2013)トップ10よりも10位台キープも故障少し長引けば危ないハラハラな時期もありました。

    今もその頃感じた壁とハラハラがあります。
    トップ4or3への確変前の地力を蓄える時間の3年目が今年なので、なんとかWBをしのいで、後半のハードコートシーズン爆発して欲しいです。

    この2年、みんなに対策されてもトップテンキープしているし、今年のレースランキングはここ暫くトップ4だし、3年前ランキング17位だった事を思い出すと感慨深いです。
    ハラハラする素晴らしい試合を応援できる事に感謝です。

      引用  返信

  • 私もここのブログのおかげで本当にテニスを見るのが楽しくなっていて、感謝感謝です。

    圭くんには、なんとかロジャーさんまでたどり着いてもらって、その後トロフィーも!と妄想が止まりませんー!そう思わせもらってこれまた感謝です。

    土居さんもほんとにすごいですね。あの身長でバシバシ打つ、クールビューティーですね!

    今年はともかく、来年のランキングは今年とがらっと変わるのではないかと思わせる今年のウィンブルドンになってますが、その時には我らの圭くんが変わらず、そしてもっと上に来ていて欲しいですね。これまた妄想ですが、妄想で終わって欲しくないですね!明日も全力応援です!

      引用  返信

  • 圭くん、勝利おめでとうございますm(__)m
    地上波で久々に見れてうれしいです!今、1ヶ月ぐらい東京に研修に来てて、本当は勉強しないとダメなんですが、スマホでこっそり見てます(*_*)
    アクビを噛み殺しながらのインタビュー、お疲れさまです~(笑) 次もがんばれ。脇腹、心配ですが。

      引用  返信

  • 明日は皆さんの期待のこもった一日になりそうですね!土居選手にも、そして、我らが圭君にも頑張って欲しいです。どうかお天気も良くて圭君の脇腹というか腰!?の痛みがなるべくひどくなりませんように!全力応援します!

      引用  返信

  • アレも 一種の ハリポタの世界。息を凝らして持ち続けてきたものが 堪えられない ラインの 瞬間 で ポッと 弾けて ひとりの人間 に転がり戻った ジョーコでした。サム クゥエリーも やる気を一致させて 網をかぶせてました。🎾 丈を見続けるよりも 子供の顔を見る 当たり前の パパもんに 気が付いて ホッとしたのだと 云えなかったインタビュー。ジョン マックが 興奮気味なれど、 錦織圭は 脇腹の問題を耐えながらの 進行中です。マレーは マレーで忙しい。圭 は 無視しながら タイトロープのバランスを取る丈で精一杯であくびが出た。俺も眠いし。

      引用  返信

  • そういえば、ご覧になったかたもいるかもしれませんが、脇腹についてをコメントしている動画がWBのFBにアップされていました。
    https://www.facebook.com/wimbledon/videos/10153903306813732/?__req=d

    今週痛みが消えることはないと言っていますね。
    あと、出し尽くしたってどういう意味でしょうね〜

    もうちょっとでベルディヒとサーシャの試合が始まりこちらも楽しみ。サーシャ、直近でフェデラー破ってますからね〜でも今日ですでに3日連続なんですよね。
    月曜日はさすがに試合やらないんでしょうか。

      引用  返信

  • 背筋力、上半身のパワーで劣る日本人選手は、バッグハンドは両手打ちでパワー不足を補えますが、サーブとフォアハンドを打つ時は、右利きの錦織選手ならば、左の引手が重要になります。
    日本人ではビッグサーバーと言える錦織選手のサーブ力と世界のトップ選手と互角に渡り合えるフォアハンドですから、相当な負担が身体の左側にもかかると思います。
    疲労が溜まったり、サーフェイスの移行時期にフットワークの乱れから、バランスを崩したり等で、痛めてしまっても仕方ないのかもしれませんね・・・m(__)m

      引用  返信

  • デルポトロ、プイユの前に力尽きました。残念です。
    でも今後に期待できそうですね。

    ツォンガとイズナーもフルセットバトルです。
    ツォンガ頑張れ!

    ebicciさん
    動画のリンクありがとうございます。

    出し尽くしたって何を~!?
    気になりますね・・・。

      引用  返信

  • イスナー・ツォンガ戦 13-13ですよ。通常の倍ゲームになっちゃってます。いつまで続くんだ!と思ったら、WOWOWさん、センターコートに切り替わっちゃいました。それはないでしょ。

      引用  返信

  • イズナーMP

    ツォンガ、凌いだー
    第33ゲームって…いつまで続くの
    まさか、70-68 まではいかないよね…(^◇^;)

      引用  返信

  • ツォンガが勝った!
    ファイナルセットだけで128分❗️
    ツォンガは、明日、ガスケと4回戦
    タフだわ(^^;;

    イズナー、お疲れさまでした。

      引用  返信

  • 19-17

    ツォンガさん、おめでとう。イスナーさん、残念でした。最後は疲れてましたね。足にもきてたみたいだし、。

    うーん、ビッグサーバーも大変ですね。対戦相手によっては、消耗戦になってしまうんですね。有利なはずのサーフェスでこうなってしまうのは辛いですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。