どんなにショックな敗戦でもあきらめてはいけない。何度でも挑戦しましょう(2016全仏4回戦)

2016 French Open (Grand Slam)
4th Round
Richard Gasquet[9] def. Kei Nishikori[5], 4-6,2-6,6-4,6-2

1stセット4−2デュースでの雨の中断後、完全に流れが変わりました。
簡単に2本ミスをして4−3に。
その後も錦織がミスを連発。そしてガスケを乗せてしまった。

ガスケは終始素晴らしいプレーをしました。特にバックハンドはノーミスに近かったのではないでしょうか?
ディフェンスもよく、ギリギリの球でも確実に返してくる。
でもそれにしても錦織のミスが多すぎましたね・・・。

第3セットは良かったです。良かったけど遅かったですね。
エネルギーを使いすぎましたので、第4セットまで持ちませんでした。
セットを取られてがっくり来なかったガスケも良かったですね。

ラリーの配球としては、バックのクロス以外に安定感があまりなかったのでかなり苦しかったですね。
中断前まではガスケのフォアを狙って上手くいっていたのですが、その後は角度が付かず苦労しました。
バックのストレートはサイドを割り、フォアのクロスは力がありませんでした。

ストロークの角度が付かない中、ガスケはコート後方に陣取って確実にディフェンス。ローリスクでした。
そしてまったくミスをしない。
錦織はハイリスクな攻めの連続を強いられ、なかなか決まらなかったのでちょっと打開策がなかったです。
でもそうさせてしまった原因はやっぱり錦織の凡ミスだったと思います。
錦織のミスと、ガスケのスーパープレーが重なってこの結果。早い段階で第3セットのプレーができればもう少し違っていたと思います。

今年、ここまで非常に頑張って良い結果を出してきました。試合内容も良かった。
ですが総決算の全仏でこの結果となってしまったことは非常に残念です。

何回戦で負けたとかそういうことよりも、GSでの負け方が良くないのがそろそろ気になります。
2014全米決勝 vs. チリッチ 相手絶好調&自分調子出ず
2015全仏QF vs. ツォンガ 自滅&最後相手が底力
2015全米1回戦 vs. ペール 相手絶好調&自分ミス
2016全豪QF vs. ジョコビッチ 攻撃しすぎて自滅
2016全仏4R vs. ガスケ 自滅&相手絶好調

好調な相手が多かったものの、ほぼ自滅がらみです。
「ベスト4の常連になる」&「GSで死闘を演じる」
今年の目標ですが、マスターズ1000ではいい感じですが次はそれをGSでもやることですね。
優勝候補と言われながらもベスト4以上に来たのはまだ全米の1回だけですから、ベスト8の常連からもう1歩なんとかしてステップアップしたいですね。

ですがこれまでの頑張りが無駄になったわけではないので、それはそれでしっかり評価してあげないと錦織がかわいそうです。
力は着実についています。
トーナメントだからいろんな要素があって、1回でも負けたら終わりなので厳しいです。
逆に相手が調子悪くて簡単に勝ち上がってしまうこともあります。
このショックから錦織本人がどう立ち直るかが心配ではありますが、気を取り直して前を向くしかないです。
絶対にグランドスラム制覇のチャンスは来ます。

内容的にも様々な意見は避けられないかもしれませんが、どうか感情的にならずにコメントをお願いしますね。
あと、試合内容や戦略等への建設的な批判は良いと思いますが、錦織はもうダメだとかそういうのもいりません。
ここは錦織を応援するブログなので、思うのは勝手ですがわざわざここでいう必要はありません。
錦織はダメじゃないと思っている人たちのためのブログですので。よろしくお願いします。

454 件のコメント

  • ローマのノヴァーク戦見てから全仏準決あたりまでイケんぢゃね? って思ったけどなぁ……ま~だショックから立ち直れない……しばらくテニス見るの嫌になったわ

      引用  返信

  • 現時点でのレースランキングです。
    1・ジョコビッチ選手  7150点
    2・マレー選手  4725点
    3・ナダル選手  2930点
    4・錦織選手  2680点
    5・ティエム選手  2600点
    6・ラオニッチ選手  2335点
    7・ワウリンカ選手  2325点
    8・ゴファン選手  1725点
    9・モンフィス選手  1675点
    10・ベルデイヒ選手  1540点
    11・バウティスタ=アグー選手  1445点
    12・キリオス選手  1340点
    13・クエバス選手  1228点
    14・フェレール選手  1170点
    15・フェデラー選手  1140点
    16・ツォンガ選手  1080点
    17・ガスケ選手  1060点

    上位17選手が1000点を超えています。ゆな さん、これで良いでしょうか?(`・ω・´)ゞピシッ!

      引用  返信

  • 下団さんありがとう♪とってもわかりやすくて凄いですぅ(*^o^)/\(^-^*)ノヴァーク勝っちゃうのかな……あーぁ@下団

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。