日本が世界のベスト8入り!!!!(2014デ杯ワールドグループ1回戦 vs カナダ)

2014 Davis Cup World Group
1st Round
Japan vs Canada
Kei Nishikori [JPN] def. Frank Dancevic, 6-2,1-0, ret.

ダンセビッチが腹筋を痛め、残念ながら棄権。
あっけない幕切れではありましたが、日本が世界の8強入りです!!!!

これは大快挙と言っていいでしょう。それも何より、昨日のダブルスを勝ったから得られた勝利です。あれは本当に大きい勝利でした。
これまで日本に取っては苦い敗戦も多々ありましたが、勝つときはあっけないということは得てしてよくあるものです。

それにしても錦織は強かったですね〜。試合も無理なく勝っているので体力も十分。3連戦でも体はびくともしてないようです。
ストロークはさらに精度と威力が増しているし、サーブも190km/h台をバンバン打っています。何より、動きが一段と速くなり、まるでナダルのようなコートカバリング力を随所に見せています。
これからのシーズンが本当に楽しみです。

2回戦はチェコがオランダ。しかも、次も日本での開催が決定しています!!
これで9回連続か10回連続かな?強運すぎます。

そしてその前に、消化試合とはいえ5試合目の添田vsポランスキーが始まります。
2回戦を見据えるとこれは単なる消化試合以上の意味を持ちます。ここに勝って自信をつけ、2回戦そしてトップ100返り咲きに向けてチャレンジしてほしいところです。

38 件のコメント

  • 現地組です。今回は、3日皆勤。圭くんのスーパープレイ、ウッチーのナイスプレイ、感動でした。さあ、豪くん、がんばれ!!

      引用  返信

  • 素晴らしい!
    大快挙ですが、ニュースでは大きく取り上げられないんでしょね〜。
    でも、その方が圭君にとってはいいのかも。
    間違いなく進化してるので、これからもチャン師匠と、地に足を着けて着実に進んでいってほしいです。

      引用  返信

  • 流石にWG史上初。
    早速、Yahoo総合トップにきていますね♪

      引用  返信

  • 祝、世界ベスト8入り、&ワールドグループ初勝利!!d=(^o^)=b

    チームジャパン、圭、おめでとう!(*^o^)/\(^-^*)

    しかし、これからは団長がおっしゃるように、No.2の復調は不可欠です!

    頑張れ、添田!p(^-^)q

      引用  返信

  • 大快挙ですね。錦織選手は勿論、低迷時代を支え続けてきた添田選手をはじめ関係者の皆さんの努力あってのことですね・・・本当におめでとうございます。日本がWGで勝利するなんて夢にはみていましたが実現するとは・・・日本チームの皆さん、本当に ありがとうございます。                                         カナダチームも飛車角落ちの状況で最善を尽くされて良い試合を見せていただいて素晴らしかったですね・・・感謝

      引用  返信

  • 「おめでとうございました。」昨日に続いてですが(笑

    さて次のQFですが、オランダもチェコも前回対戦は1935年でアウェーでした。その際にはチェコには1-4で負けてますが、オランダには5戦5勝でした。再来月の日本でのQFはおそらくチェコとの対戦となると予想してますが、昨日書いたとおり圭の3連勝で79年前のリベンジを果たしてほしいですね。

    そしてSFに進めばフランス・ドイツの勝者との対戦ですが、またしても日本開催になりそうです。

    がんばれ圭、がんばれ日本!

      引用  返信

  • 日本、やった!! 飛車、角落ちのカナダでしたが、運も実力のうち。

    竹内監督の時代に、鈴木、本村、岩渕から上手いこと若手への切り替えを進めてきた結果が出ました。
    今後は脂ののった錦織選手を中心に、どう次の世代を組み合わせていくかですね。伊藤、杉田、守屋を飛び越して、内山、西岡、ダニエルにいってしまうかも。

    2Rはチェコでしょうか? Berdych、Stepanekのフル稼働でしょうね。この2人のダブルス、デ杯で14勝1敗の驚異的な成績です。

      引用  返信

  • デ杯って2人くらい強いのがいるだけで好成績がでるから、逆に彼らが怪我をした場合のリスクも高いんですね。今回は日本にとって幸運でしたが、逆に日本が錦織添田を欠けば、ゾーンレベルの国に完敗することもありうるわけで、デ杯の怖さを感じました。

      引用  返信

  • 二回戦チェコに決まりましたね!
    どうもベルディッチは今季アウェイでのデ杯は参加しないそうです!そして、ステパネクも微妙だとか…
    これはベスト4チャンスですかね!!

    ソースはフローランダバディさんのtweetです。

      引用  返信

  • やはりチェコが勝ちましたね。
    錦織はダブルスでも結果を出した以上後戻りはできないというか、今後も三日間フル稼働になるんでしょうか。
    カナダ戦ではダブルス推しでしたが、私としては次はとにかくシングルスにベストで臨んで欲しいという気持ちですね。
    チーム戦と考えると苦しいのは間違いないですが、トップ10というよりトップ5と言っていいベルディヒ戦が日本でそれも5セットマッチで行われるのは歴史的で意義深いことに思えます。
    できればサトロバさんにも来て欲しいですね(笑)。
    もちろんステパネクの技巧も楽しみにしてます。

      引用  返信

  • と、書いたそばからまじょまじょさん情報が(笑)
    確かにあの2人、何年も頑張りまくってますもんね。
    プレーオフ回避は決まったから今年はお役御免ということですかね。

      引用  返信

  • スケジュールを微調整して、デ杯に間に合うように日本へ帰国してきた甲斐がありました!WOWOWでの観戦でしたが、3日間堪能しました~

      引用  返信

  • まじょまじょさん、今確認してきましたが、ダバディ氏、たしかにそのように言っていますね。
    プレミア情報、ありがとうございます。

    勝敗の鍵はStepanekがこの時期に来日するかどうかでしょうね。
    Stepanek(50位)とRosol(48位)相手にシングルス3勝はきついし、Stepanekはダブルス10位ですからね。(Nestorは16位、Dancevicは358位)
    Dlouhy(複54位)・Rosol(複64位)ペアでも大変ですが、これにStepanekが絡んだダブルスに勝ちを計算するのは錦織・内山ペアといえども難しいと思います。

    とは言っても再び大チャンスですから、勿論勝ちにいくしかありませんが。

      引用  返信

  • Keiko@Egyptさん!
    日本いいなぁ、僕はニューヨークからネットで観戦でした。
    テニスチャンネルでは米国vs英国をやっており、ホームの米国がクレーコートを選択という。。。
    そして、野球場の中に臨時テニスコートを作っているように見えた。

      引用  返信

  • 準々決勝は、ちょうど北米ハードシーズンから欧州クレーシーズンの切り替え時期でツアースケジュールも立て込んでますよね。
    そうすると錦織はシングルに専念した方が良さそうですが、流石にダブルスが厳しい以上また例のごとく添田次第になります。最近の不調を考えると微妙ですね。やはり内山の更なる成長に期待しつつ錦織に3連戦を任せることになるんでしょうか。

    結局、チェコ戦のオーダーは添田の復調次第な気がします。添田は去年のマウイCHからウィンブルドンまで絶不調だった分失うポイントも少なく変なプレッシャーがないと思うので、ロソル・ステパネクに勝てそうなレベルまで戻って来て欲しいです。

      引用  返信

  • Best8うれしいです!
    次もホームということも、併せての朗報で、楽しみが増えて喜んでいます。
    昨日のダンセビッチ選手、お気の毒でした。あれが圭君だったらと思うとゾッとします。
    無理すると、あんなになってしまうということを目の当たりにしました。
    チェコ戦は、皆様のコメント読んでると選手のオーダー難しそうですね。
    チケット取れるかな???
    もっと指定席増やしてくれたらなって思います。
    発売日当日からオークションで高値付けて売るやつ、許さんで〜

      引用  返信

  • ベスト8本当にすごいことです! 3日間テレビとビデオでしたが、とっても感動しました。
    圭君のダブルスと3試合目のシングルはキレキレでした。
    ケガしないかと、どきどきしてましたけど、大丈夫なようでほっとしています。
    カナダの応援チームは頑張っていましたね!
    私は、文句言うよりほめてあげたいです。
    是非、日本チームも次は、鳴り物を。。。どなたか応援団長さん! よろしくお願いします。 笑

    4月は圭君ヒューストン参戦の模様(4月10日~)ですが、そうするとかなりキツいスケジュールですね。
    http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2014/01/5/Houston-2014-Querrey-Nishikori-Commitment.aspx

    ところで、私のiPhoneから鼻血さんのブログが見れなくなってしまいました。画面が真っ黒いままなんです。
    なんでかな??

      引用  返信

  • ebicciさん、真っ黒、私も困りました!
    下にスクロールしてみて下さい。たぶん出てきます…

      引用  返信

  • 皆さんと同じく、ハードな連戦で体調が心配ですが、今日の地元新聞には「筋肉痛はあったけどプレーに問題はなかった」というコメントが載っていてとりあえず一安心しました。
    日刊スポーツには、以前からの膝の痛みなどがなくなってきたという嬉しい記事がありました。
    http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20140203-1252523.html

    4月のスケジュールはとりあえずエントリーしておいてキャンセルもありえると思っていますが、どうなんでしょう。
    錦織選手が連戦を楽にこなせる鉄人に生まれ変わったのなら、それに越したことはないのですが。

      引用  返信

  • >ばぁばさん
    ありがとうございます。
    今、携帯見たら、普通に直ってました! もしかして、団長さんかどなかた直してくれたのかな?

      引用  返信

  • 日本チーム勝利おめでとうございます!!
    3日間有明で精一杯応援してきました。
    日本チームのベンチの前には小さな日の丸が並んでいて
    その一枚いちまいに「We Are The “TEAM”」と書かれていました。
    まさしくTeamみんなで掴んだ勝利だったと思います。

    圭くんは、ガラスのエースと言われて久しかったですが
    本当にたくましく、頼もしいエースになりました。
    もう、文句なしに「鋼のエース」です。

    若手も伸びてきているし、今後のTeam Japanに期待です!

      引用  返信

  • maruさんがおっしゃるとおり、まさに「ハガネのエース」になってくれました。

    3日間有明に通いましたが、圭くんの動きの速さ・「あそこからあんなところにショット」の素晴らしさに
    うなりました。
    内山選手のダブルスの活躍も頼もしかったです。

    WGベスト8に進出できたのはまさにTEAMの力ですね。
    伊藤選手は今回参加していませんが昨年の韓国戦で勝利しています。
    いままで代表として戦ってきた全ての選手たち、そして監督やコーチたち、トレーナー、
    戦略のため情報収集・分析をする担当者・・・みんなの勝利です。

    ベスト4をかけたチェコ戦ももうすぐ。
    また応援に燃えたいです!

      引用  返信

  • 初投稿です!
    昨日生観戦して日本代表の初ベスト8入りに立ち会えて、この時代に生まれてきて良かったと思えました笑
    敗れたカナダの選手、サポーターの方々も本当に素晴らしかったです!
    特に、カナダの応援はこっちまでわくわくさせてくれるほど気持ちが良かったです。
    我々日本のサポーターも見習わなければならないことがたくさんあったと思います。
    個人的にチェコ戦までに以下のような応援ができると日本代表の選手も気持ちよくプレーできるのではないかと思っています。
    ・相手選手が良いプレーをしたときも素直に拍手して讃える
    ・拍手だけでなくて、カナダの応援みたいに日本特有の応援をつくる
    ・両国にとって不快にさせない応援にする

    添田選手も記者会見でカナダの応援をある意味お手本にすべきだといってましたし、WGで戦うには選手だけでなく我々サポーターも変わらなければならないと感じました。

      引用  返信

  • ひむらさんと同意見です。
    昨日観戦してきましたが、カナダサポーター…どんなに劣勢でも頑張ってました!そして楽しんでました!

    コロシアムに入る前の歩道で何やら遠く後ろの方からお腹に響く太鼓音と声が…。「何だ何だッ!?」と振り返るとカナダサポーター!
    そのまま応援しながら入り口へ(驚!)

    チェコ戦はせっかくのホームだし日本もそれくらいの気合いでサポートしないとッ!って思っちゃいました。

    動画貼っときます。
    興味のある方はどーぞ(笑)
    http://youtu.be/pbXokVLskvk
    もしくは
    https://mobile.twitter.com/dami3660/status/429981901479100418

      引用  返信

  • ばぁばさん、最終日にばぁばさんの近くの席にいた者です。
    お会いできたことが嬉しくて、たくさん話しかけてしまいすみませんでした。ばぁばさんたちの用意されてきた応援グッズすばらしかったです!近くで応援できて楽しかったです。お礼がお伝えしたくて初投稿してみました!

    今回のデ杯は「応援」について色々と考えることが多い3日間でした。カナダの応援団はさすがワールドクループ!と思いましたし、それに負けまいと2日目、3日目は日本のサポーターも皆さん応援の仕方を本当に工夫されていてすばらしいと思いました。これまで自分も一生懸命応援しているつもりでしたが、まだまだできることがあるはず!と思って反省しているところです。選手の皆さんにはいつも感動や元気をたくさんもらっているのですから!

    とはいえ、自分に何ができるかなぁ…と悩んでおります。。応援団あったら参加したいなぁ。。

      引用  返信

  • デ杯の応援に関して、ひむらさんのご意見に賛成です。
    楽天のような個人戦はともかく、デ杯は団体戦。応援で選手を盛り上げたいです。
    今までも、応援団長さんが音頭をとって下さっていて本当に感謝なのですが、豆ドームならともかく、広い有明コロシアムにおいて一人で会場全体をまとめることは大変すぎると思います。

    今回のカナダ応援隊は、最初こそ太鼓の音で驚きましたが、全員がよくまとまって、ポイントごとに立ち上がり声をだし精一杯カナダチームを盛り上げていました。
    そして、最後は日本チームの勝利にエールを送ってくれていました。

    日本の応援は個人個人の声援に頼ることがほとんどなので、試合が劣勢になると会場が沈んでしまいます。
    応援したいと思っても、どうしたらよいのかわからない方も多いはず。
    ただカナダの応援を真似するということではなく、何か日本独自の応援を考え出す時期に来ているのではないでしょうか。
    応援隊がどのような形で可能なのかはわかりませんが、グループで指揮をとってもらえれば会場全体が応援にも参加しやすくなると思います。
    いつも本当に観戦を楽しませてもらっているので、何かお手伝いできることがあれば。。。。。

      引用  返信

  • 圭は全豪あたりからやっぱり風邪気味で咳が止まらなかったようですね。熱がなくてよかった。
    http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20140203-1252523.html
    ベルディヒさん、ステパネクさんが出ないかもしれないとなれば、次も大チャンス。タイトなスケジュールの中、選手の皆さんには頑張ってもらうしかありません。ワールドグループに定着している国にはトップ10クラスの選手1人と、ダブルスのスペシャリストが必要。圭は両方の役を担ってるから大変です。「若手に育ってもらわないと」というコメントはとてもわかります。ウッチーがダブルスに目覚めたみたいなので期待が持てますが、ペアも一緒に育てたい。それにしてもプレッシャーのないときの添田って強いなあ。
    応援団は欲しいですよね。体育会系のでもいいし、Jリーグのゴール裏風で、浦和レッズみたいになれば凄い。赤いジャパンのTシャツとFILAのタオルは必須ですよね。選手のデカ顔パネルは・・・
    昔のデ杯では修造さんが旗を持って走り回ってました。私もやってみたいですが、勇気がありません。
    カナダの応援団は日本にいるカナダを母国とする有志がネットを通じて集まったそうですね。私は大好きでした。楽しんでたもん。

      引用  返信

  • 今から4月が待ち遠しいですね!私も、指定席増やして欲しいと思います。…と、連日、指定席が「かたまり」で空席のままなのが腹立ったなあ。誰か買い占めたけど、売りさばけなかったみたいな、ね。ああいうことは、本当にやめていただきたいですよね。
    この記事読んで、気持ちを引き締めて、2回戦へGo!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140203-00000004-wordleafs-spo

      引用  返信

  • チェコといえば一昨年のワールドチームカップで対戦してますね。クレーでしたが伊藤選手がステパネクに勝ち、添田選手がベルディヒにフルセットの惜敗でした。ダブルスも二人で組んで善戦してました。他の2試合ではダブルスでの佐藤文平選手の奮闘や添田選手のロディック倒もあって面白かったです。                        今度のチェコチームはベストの布陣ではないようですが、強敵には変わりありませんね。経験も踏まえて添田選手の復調がまたれますね。でも、あまり勝ち進むと個人の選手活動に影響がでそうですし、かといってベスト4が目の前にある…デ杯での活躍を機に飛躍した選手も沢山いますし…贅沢な悩みというか、テニスファンには幸せな妄想が続きそうです。

      引用  返信

  • きのこさん、投稿ありがとうございます!
    お礼だなんて。こちらこそ、一緒に応援してもらえて嬉しかったです。「変なおばはん」と思われてなくて良かった(汗)

    前回、私はHブロック?(日本選手裏)を錦鯉で占拠したいと思い、こちらで呼びかけましたが、私自信がチケット争奪戦に乗り遅れて、二日目以外は別のブロックしか買えませんでした(涙)

    初日にカナダのデカ顔を真正面の席で見て、度肝を抜かれましたが、次の日、何と、日本選手のデカ顏が4つ、「倍返し!」ウレッシー
    彼女達は、印刷会社に勤めてて、夜な夜な作ってくれたそうです。
    私もあと30歳若ければ赤毛のカツラ被って踊りたかったです。

    日本は、いつもはっぴのおじさんが音頭を取ってくれてますね。
    チェコ戦、応援頑張ります!

      引用  返信

  • 日本の快挙に創作意欲満々です。ネタ帳に溜まったので投稿させて下さい。「錦織川柳2014①」

    枕辺のライスト眩し三が日  激戦を制すや空の煙草入れ  チャンも名を刻むトロフィーにキスをした  小刻みにステップの足影分身  日は豪々眼光炯々つばの陰  攻めに攻め右に左のナダルかな  玉の汗織り成す錦輝かん

    柴又の仏の顔は何度でも  駅降りて早まる足の歩道橋  鳴り物に負けじ届けよ皆の声  前衛に立つ先輩のその背中  閉じ屋根の足りぬ光量ブレ写真  ちびっ子に挟まれサインねだりおり  有明を赤く染めゆく朝日かな  シャンパンの滴に顔もきらきらと

    若葉風クレー育ちのD太郎  木犀や今ひとたびの銀の玉  ツアー追う都市名季語の如くなり  ステンシルこすり最適打球感  流れ良しでもバスルームブレイクね  目を伏せて敵のウィナーへサムアップ   お粗末様でした。

      引用  返信

  • C太郎さん、シーズン開幕早々から、力作・秀作の数々ありがとうございます。
    そんな中で、私は、「右に左のナダルかな」と、「目を伏せて」にサムアップ!
    それと、「都市名季語のごとくなり」が、まさに私達錦鯉の一年ですね。
    C太郎さんの創作意欲を掻き立てる、名勝負、活躍が満載の2014年シーズンになりますように!!

      引用  返信

  • C太郎さん、いつもHighレベルの作品群、素晴らしいです!!
    どれもう~んとうならせてくださいますね~( ^^) _旦~~
    私もChrisちゃんさんと同じく、「都市名季語の如くなり」が胸に響きました。。
    「流れ良しでもバスルームブレイクね」には超受けました!!
    圭くん本人や修造さんにも教えてあげたいわ~!!

      引用  返信

  • Chrisちゃん、感想をありがとうございました。
    自分で言うのも何ですが、僕は「赤く染めゆく朝日かな」が好きです。錦織という太陽に照らされて埋まっていく観客席。その中から次世代の選手が出てきて、また新たな太陽となる。そんな願いを込めてます。
    駄作が溜まったら、また投稿します。

      引用  返信

  • ジェルミさんもありがとうございます。
    実は公式ブログのコメ欄にもチョコチョコっと句を書き込んじゃってます(笑)

      引用  返信

  • デ杯、カナダ戦は本当に感動的でした。
    特に第二戦のウッチー・圭のがんばりには心打たれました。
    ダブルスは勝手に育つ、のではなく、ファンも育てる気持ちがないといけないのかな。←反省。

    そして次の開催へ向けてのテニス協会様へのお願い。

    どうか、エンド席A・B14列目センター座席は一般客の為に残しておいていただきたいです。
    関係者席にしないで欲しいのです。
    すでに関係者席は、ロイヤルボックスやコートサイド西側にたくさん設けられています。
    また、カナダ戦では、前回の試合より、コートサイド西側の席がさらに多くの関係者席で占められるようになりました。
    関係者席はロイヤルボックスとコートサイド西側でもう充分なのではないでしょうか?
    一般の観客は、良いポジションで見ようとそれはそれは熱心に有明に朝早くから駆けつけたりします。
    チケットの出費もバカになりません。
    どうか正規の値段を払う一般の熱いテニスファンに対しても心遣いをお願い致します。

    もしもこれをお読みになったデ杯開催関係者の方がいらっしゃいましたら、どうかよろしくお願いします。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。